ヤッサン さん プロフィール

  •  
ヤッサンさん: サラリーマンの胃がんと節酒とダイエットとの闘い
ハンドル名ヤッサン さん
ブログタイトルサラリーマンの胃がんと節酒とダイエットとの闘い
ブログURLhttp://fishroyalroad.net/
サイト紹介文節酒でお小遣いの節約とダイエットを実現します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2017/05/09 15:36

ヤッサン さんのブログ記事

  • 夏はダイエットに最適かもしれない
  • 6月終盤に梅雨が明けてしまいました。連日、暑い日が続いています。夏になると食欲がなくなるので、個人的にはダイエットに向いていると思うのです。本日、ジムに行って体重を測定してみました。どうやら筋肉量も変わらず、体重を維持できているようです。最近、お酒も止めているので調子もいいですね。しかし、あまり痩せすぎるのも良くないのかもしれません。私はこの体重がベストなので、これ以上痩せると貧血になりそうです。 [続きを読む]
  • 水虫治療のその後の経過
  • 水虫と判明した時のあの痒さを思い出すと、必ず完治させてみせる!という思いで現在も治療しています。5月14日から治療を開始したので、もうすぐ1.5カ月ガ経過した事になります。当初貰って塗っていた「ルリコンクリーム」ですが、2週間経ってもあまり症状が変わりませんでした。2週間後に再度、病院を訪れると先生から他の塗り薬に変えてみましょう。という指示を与えられました。貰った塗り薬は「テルビナフィン塩酸塩クリーム」 [続きを読む]
  • 生まれて初めて水虫になった。サラリーマンの宿命か?
  • ゴールデンウィークが明けて、どうも足の指が痒いなーと思っていた。よく見ると足の指に赤い斑点が。。。丁度、会社で仕事しているメンバーに体中に斑点がでている病気の人間がいたので移ったのかなーと思っていた。しかし、いつまで経っても体全体に広がる様子もないし、なんか指の裏がカサカサにひび割れている。。。ひょっとして・・・・と思ってネットで調べてみると。。。水虫の症状にソックリでした。症状としては水虫の小水 [続きを読む]
  • サラリーマンとして入社した日に辞める新人達について
  • 今日、ネットを見ていると気になる記事があった。最近のサラリーマンとして採用された新人は入社した日に辞める人がいるようだ。まあ、入社した日に辞める人は少数なのだろうが記事を見ていると1年目で辞める人は多いようだ。辞めた理由は以下のようなことが書いてあった。・自分がやりたいことが、この会社ではできないから。・就職するのに売り手市場な為、内定もらってから本当にやりたい仕事をみつけようとして結局、見つから [続きを読む]
  • アルコール依存症とアルコールの怖さ
  • 世間ではTOKIOのメンバであるところの山口達也氏が、焼酎を1本空けて女子高校生にキスを迫るという失態を犯し、和解は成立しているが書類送検されて、かつ芸能活動の無期限謹慎という重い処罰を受けています。普通のサラリーマンだったらここまで酷いことになったのか?という疑問もありますが、芸能人という世間への影響力がある人間がこのようなことをしてはならないということなのでしょう。下手をすれば逆にサラリーマンの方が [続きを読む]
  • ダイエットを初めて1年が経ちました。
  • ダイエットを始めてから1年が経過しました。大きなリバンウンドが無いように気を付けてますが大きなリバウンドを何とか回避しながら、今まで過ごしています。ダイエットを経験して思うのは結局、食事の量と体重変化はダイレクトに関わるということでしょうか?いくらジムで走っても、食事量により体重はリアルに変化します。それと、お酒を飲むと一気に増えますね。これは体内の水分量が関係していると思います。人間の回復力は非 [続きを読む]
  • とある企業の働き方改革
  • 最近、残業の削減が叫ばれる中、仕事が終わっても直接家に帰らずにブラブラ暇つぶしをして帰るサラリーマンをフラリーマンと言うらしいです。この気持ちが最近、理解できましたね。最近、私の会社では残業代の把握が困難という理由から年棒制が解除されまして。定時勤務後の仕事は残業代が払われるのですが、不要な残業代を削減する為?良いように受け止めれば、働き方改革の一環で「早く帰れ!」コールが発生します。で、定時に会 [続きを読む]
  • 上級救命士の資格を得ました
  • この歳になって、色々な資格に興味を持つようになりました。その中の一つで上級救命士の資格を取得しました。この資格はそんなに難易度は高くないと思います。講習と簡単な実技試験だけで取得できます。3年毎に更新する必要がありますが、この資格を取得したきっかけはある狩猟グループに所属している人が公民館で講師を呼んで講義をするから来ないか?と誘われたのがキッカケです。妻が病気になったのもあり、緊急時に人命救助の [続きを読む]
  • 正月太りからのダイエットへリバウンド克服
  • 正月太りでリバンウンドを覚悟していました。正月休みが終わってから通常と同じダイエット食に切り替えてみましたが、夏場程の効果はありません。冬は活動量が少ないのか、生活スタイルが変わったと思わないのに体重が下がらないですね。夏場に比べて平均で1Kg落とせないのが辛いところ。土日に太って、平日に痩せる生活を続けるのが良いのか?ジムに通って筋肉がついたから痩せれないのかもしれません。今の状態で過ごせば、リバ [続きを読む]
  • 鬱病(うつ病)物語 復帰編7
  • システム開発には設計段階で何回もお客様との打合せがあるのですが、その後もKさんは毎回欠席するようになりました。前日までは出社するのですが、当日必ずドタキャンするのです。休む当日の連絡方法が朝早い段階(5〜6時)でのメールであり、確認が必要な内容をメールで返信してもその後はチェックもしていない状況でした。こんな状況でしたので、休みの連絡は電話でするようにお願いしたのですが、変わることはありませんでした。 [続きを読む]
  • 鬱病(うつ病)物語 復帰編6
  • さて、お客様との打ち合わせの前日。既存機能と変更予定の内容をKさんとレビューしました。コン吉「それでは、調査した結果を説明してもらえますか?」Kさん「はい、この機能が変更になると思われます。」コン吉「不明点や、お客様に確認することはありますか?」Kさん「明日、資料を説明する際にヒヤリングしようと思います。」コン吉「では、明日は一緒にヨロシクお願いします。」 次の日、お客様先に出社しました。別の打ち合 [続きを読む]
  • 2018年の正月太り結果 気を抜くと、この結果
  • お正月休みも終わりですね〜。今年は甥っ子が成人式にでたようで、自身の加齢を感じずにはいられません。この正月休みは里帰りするでもなく、旅行に行くでもない自宅待機の生活を送りました。自分で作る料理が美味しくて、ランニングもしていましたがダイレクトに体重へ反映されたようです。休み期間中に約2.5Kg増です。うーん、またダイエット頑張らないと70Kgを超えたら戻って来られなくなりそうです。今日から、サラダ生活を復 [続きを読む]
  • 鬱病(うつ病)物語 復帰編5 来訪
  • 翌日、職場にKさんが来ました。コン吉「お久しぶりです。今回はヨロシクお願いしますね。」Kさん「コン吉さん。よろしくお願いします。」コン吉「体調の方は大丈夫ですか?」Kさん「医者からも大丈夫だと言われています。」コン吉「残業も可能ですか?なるべくしないよう調整しますが、どうしようも無い場合はお願いすることになると思いますよ?」Kさん「大丈夫です。」コン吉「そうですか、私もサポートするのでよろしくお願いし [続きを読む]
  • 冬のリアルランニングは耳が痛くて辛い
  • お正月休みになったので、近くのジムが休みになりました。連休中は絶対に太るのが判っていますので、なんとか防がなければなりません。体力の減少とダイエットを兼ねて12月30日に近くの公道をランニングしてみました。約40分間、ペースも分からないのでゆっくりと走ってみた感想ですが、昼間にも関わらず寒さで耳が非常に痛かったです。また、ランニング中、ランニング後に気がついたのですが、公道で走ると膝と足首に負担が多く掛 [続きを読む]
  • 鬱病(うつ病)物語 復帰編4 仕事依頼
  • 2016年の春でしたが、ある日課長から電話が掛かって来ました。課長「こん吉さあ、明日からKさんを行かせるからヨロシクね。」コン吉「え? いきなりですか? 今やっているプロジェクトでそんな余裕無いですよ。コストが成り立ちません。」課長「コストのことは、なんとかするから今、会社でKさんにお願いする仕事が無いんだよ。」コン吉「現場で仕事しても、Kさんの体調は大丈夫なんですか?」課長「医者から大丈夫という判断を貰 [続きを読む]
  • 鬱病(うつ病)物語 復帰編3 再会
  • Kさんと改めて再会したのはそれから1年後でした。久しぶりに会社に出社するとKさんが机に座って、本を読んでいました。うつ病で休職すると、職場に復帰する為の経過処置として以下のケースをとることが多いようです。①午前中とにかく出社する。この際、業務ではなく本を読んで会社で過ごすことに抵抗感を無くすようです。②定時間内は会社で過ごす。ここでも業務ではなく本を読んで会社で過ごすことに抵抗感を無くすようです。上 [続きを読む]
  • 鬱病(うつ病)物語 復帰編2 出会い
  • 一緒に仕事をするようになるKさんと出会ったのは2012年に始まった新プロジェクトに参加せよ!と私が取締役から部署移動を命じられた時に遡ります。私は当時、東北大震災を背景にした環境系のシステムを担当しており、主メンバーとして働いていました。この時も取締役に社内の決済に新企画を持ち込んでプレゼンを行った時に、いきなり命じられました。コン助「以上でプレゼンを終わります。問題なければ投資の許可をお願いしたいの [続きを読む]
  • 鬱病(うつ病)物語 復帰編1 はじめに
  • この記事を書く前に一言書いておこうと思いました。ここに出てくる同僚は、うつ病を患っていて一緒に働いている側(私)から見た情報しか書くことができません。私はうつ病の入り口付近に踏み込んだことはありますが、うつ病は人によってそれぞれ症状が違うので、巻き込まれる周囲の人達も困難な対応を求められています。私の会社でも、うつ病復帰者の為に従業員への教育が行われています。教育の内容は概ね以下のような内容です。① [続きを読む]
  • 明日は妻の生検の結果
  • 日本は寒波の影響で、とても寒い日々が続いています。今日はクリスマスイブです。最近のクリスマスは恋人でお金を掛けて過ごす事が少なくなったようです。会社の同僚も、一人で過ごす人が多いようです。私のようにバブル期を過ごした人間には時代が変わった実感が大きいですね。さて、明日は妻の2回目の生検の結果ですが、問題ありませんでした。検査結果を聞いて、夫婦ともに安心しました。これからも油断はできないのでしょうが [続きを読む]
  • 明日は妻の生検の結果が判明する
  • 明日は妻の2回目の生検の結果が判明します。やはり不安なのでしょう、本人はもう聞くのが嫌だと言っております。こんな時にどんな声を掛けて良いか分からないのが辛いところです。「大丈夫だよ!」と言っても何の慰めにもならないでしょうし。。。子供も明日で幼稚園が終りのようです。結果が判らないのに、あれこれ考えても仕方がありません。。。検査結果が問題無いことを祈るのみです。Copyright © 2018 サラリーマンの胃 [続きを読む]
  • アラフォー後半からの資格は何を取ろうか?
  • 資格について考えてみました。資格なんて取れるのだろうか?若い頃と違って、記憶力も落ちているのは実感しています。自分の為になる資格を取るのが良いのでしょうが、今後会社をクビになっても使える資格が良いと考えています。ハローワークで頑張れば取れそうな資格を調べてみました。募集地域は東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に絞りました。合計で27,754件の募集に対して、私が取ろうとしている資格を条件にしているものは。 [続きを読む]
  • 家で作るチャーハンの方が中華料理店より美味しい
  • 妻が入院してからというもの料理をするようになりました。これが、やってみると以外と楽しいです。チャーハン、チキンライス、オムライス、カレー、シチュー、野菜炒め、広島風お好み焼き、焼きそば、親子丼、等々。子供が喜ぶレシピを中心に料理を作っています。チャーハンや野菜炒めはウェイパー(味覇)や創味シャンタンを使えば、ほとんど中華料理店と同じ味になりますね。《廣記商行》味覇(ウェイパー)【500g】posted with [続きを読む]
  • 物悲しいけど仕方ない!てんやの天丼が値上げになった。
  • 私が東京に来て、食事で一番美味しくて驚いたのが「てんや」の天丼です。入社したての頃、安い給料で食べれる500円で買える天丼はとても美味しく感じました。しかも、味噌汁まで付いて来ます。我が家では奥さんも、てんやの天丼が大好きです。ちゃんとしたところで天丼を食べれば、あっというまに1,000円を超えますからね。この価格を今まで保ってきただけでも褒めるべきでしょう!値上げしても食べますよ。。。730Kcalとカロリー [続きを読む]
  • 銀行大リストラ! 大量に発生する人材の行く手は?
  • 大手銀行の大リストラが始まりました。みずほが1万9000人、三菱UFJが9500人、三井住友が4000人の削減を狙っているということです。銀行への就職といえば、絶対安泰と思われた時代も終焉を迎えることになりそうです。一般的には、マイナス金利の影響で利益圧迫だとか、AI改革による人作業の消滅、仮想通貨による銀行業務の消滅といったことが騒がれていますが、私は、去年の郵政民営化により、ゆうちょ銀行が銀行のライバルへ加わっ [続きを読む]