発達 さん プロフィール

  •  
発達さん: 発達障害とうまく付き合っていくための体験談サイト
ハンドル名発達 さん
ブログタイトル発達障害とうまく付き合っていくための体験談サイト
ブログURLhttp://hattatu.org/
サイト紹介文発達障害の経験談・体験談と発達障害とうまく付き合っていく方法を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供220回 / 157日(平均9.8回/週) - 参加 2017/05/11 19:20

発達 さんのブログ記事

  • 発達障害の仕事は?まずは専門の支援機関に伺ってみよう!
  • 発達障害者は脳の機能が健常者とは異なっていて、日常生活の様々な面で問題が起こります。失言や衝動的な行動、更にはケアレスミスを連発してしまうのです。近年では発達障害の人でも生きやすくなるように様々な治療法や、また就労支援制度がいくつも用意されています。その為、例え障害を抱えていたとしても働くことは可能です。障害者でも働くには?まずは自分の特性を知る!発達障害と言っても、その特性は数多くに渡って分類さ [続きを読む]
  • 発達障害を理解するには?小さい頃からしっかりと向き合って!
  • 発達障害の発見は子供の頃に早期発見できれば、その後の改善も早いうちから取り組むことができます。勿論、発見が遅れても改善することはいくらでも可能ですが、早く発見することが望ましいです。もしも子どもに何か異変を感じたら、すぐに専門家の方に相談をしてご意見を頂きましょう。子どもだから衝動的な行動をするのは当たり前と思わないで、脳の特性が関係している可能性を考えるべきです。子どもの様子がおかしい?その原因 [続きを読む]
  • 恐るべきADHDの衝動買い!スマホ依存の先に何が待っている?
  • 電話が発明されたことがきっかけで、電子機器はどんどん発展してきました。手紙を書く手間も省けるようになり、電子メールによってコミュニケーションも気軽にできるようになっています。また携帯電話やスマホの登場によって、インターネットでの買い物もより便利に行えるようになりましたが、それが衝動買いの原因にもなっています。スマホは便利ですが、扱い方を間違えないように気を付ける必要があります。便利なスマホ?利用し [続きを読む]
  • 画期的なADHDの食餌療法!どんな栄養素が必要となる?
  • 発達障害の改善方法は研究によっていくつも解明されていて、その中の一つに食育療法があります。現代人の食文化は西洋化が進んだことによって、高カロリーで塩分の高いレシピが多く出ていて、それが原因で高血圧になることが多いのです。また、忙しい現代社会では食事をまともに摂ることができず、それが原因で精神が不安定になります。しかし現代では安価で栄養を摂れるレシピも数多く揃っているので、一度調べてみましょう。そう [続きを読む]
  • ADHDの治療法は?研究によって多く発見されている!
  • ADHDという衝動的な行動や不注意を頻繁に起こす障害についての研究が進んでいて、また改善法もいくつも発見されるようになりました。それを実践することで、生きやすくなった人も多くいます。もしもケアレスミスや失言を頻繁に起こして、それが原因で周りから責められることが多いと感じていたら、一度ADHDの特性を考えましょう。そして改善策を探せば、悩みは解決されます。ミスが多い?原因はADHDという脳の特性!周囲から失敗を [続きを読む]
  • ADHDを改善できる?理想的な行動療法はいくつも揃っている!
  • ADHDによる衝動的な行動やケアレスミスを改善することは時間がかかりますが、決して難しくありません。近年では研究が進み、そして改善例もたくさん出ています。まずはADHDを改善する為の行動療法についてたくさん知って、その中から自分にとってのベストを生活に取り入れましょう。そうすれば、ADHDの悩みが解決する日も来ます。ADHDを改善するには?まずは環境を整えて!ADHDを始めとした多くの発達障害は決して簡単に改善するこ [続きを読む]
  • ADHDの過活動はプラスになる?行動力に結び付けるように!
  • 衝動的な行動が目立ち、人の話をあまり聞かずに先走る人がいます。周りが注意すれば一度は改善してくれますが、またすぐに衝動的な行動に走ってしまいます。けれど、それは当人の性格に問題があるのではなく、脳の特性が関係していることが多いのです。ADHDという特性によって、過活動に走るケースもあります。過活動とは何?脳の機能によって起こる衝動!過活動とは過度に活動する状態のことを言い、何かを始めるとそれが終わるま [続きを読む]
  • ADHDの原因とは何か?脳内で何が起きているかを迫る!
  • 最近ではADHDの知名度が上がり、それに伴ってTVやネットなど各種メディアでも積極的に取り上げられるようになりました。また、関連する書籍も多く出版されています。その為、近年ではADHDのことについて知る機会が多くなり、自分からその特性について迫ることも可能です。身の周りにADHDらしき人がいて、また自分もADHDと思ったら一度調べてみましょう。ADHDとは何か?脳の機能に特異な性質がある!ADHDは注意欠陥多動性障害の略称 [続きを読む]
  • 忘れ物を頻繁に繰り返す?原因はADHDという脳の特性!
  • 大事な書類やカードを忘れてしまい、周りに怒られてしまう人がいます。本人は気を付けているつもりでも、慌ただしい生活を過ごしていては改善することが難しくなっています。そうした人は子供の頃から忘れ物に悩んでいて、そのことで周りから責められ続けたせいで無気力になってしまい、強いトラウマも残っているのです。けれど、それは当人の性格ではなく、脳の性質が関係しているので改善する可能性はあります。忘れ物の原因は? [続きを読む]
  • 落ち着かないことが多い?当人の責任ではなくADHDが原因!
  • 周りをきょろきょろと見渡したり、また貧乏ゆすりをするなど落ち着きのない人がいます。周りから注意されれば一度は収まりますが、またすぐに落ち着きがなくなります。当人もわかっているのですが、やめられないのです。これは当人の努力不足や性格が原因ではなく、脳の特性が関係していることが多いのです。ADHDという特性を抱えていることが原因で、衝動的に体を動かしたくなってしまうのです。落ち着かない?原因はADHDという障 [続きを読む]
  • 広汎性発達障害の人との接し方は?あまり気負いしすぎないで!
  • とっつきにくかったり、少し変わっていると思っている人がいたら、どういう風に接したらいいのかわからなくなります。悪い人ではないけれど、どこか近寄りがたい雰囲気を作っています。一方で、その人からすれば普通に接しているつもりでも、相手から反感を買って自信を失っている場合が多いです。その為、人付き合いそのものに抵抗を抱き、余計に距離が開いてしまいます。それは当人の性格ではなく、脳の特性が原因で対人コミュニ [続きを読む]
  • 衝動性による買い物を治すには?まずはADHDのことを知って!
  • 欲しい物がたくさん買えたら嬉しくなりますし、また幸せな気持ちにもなります。しかし頻繁に買い物を行ってはいつかお金が無くなりますし、何よりも収納にも困ります。また買い物をし過ぎていると、いつか必要もないものを反射的に買うようになってしまい、いわゆる衝動買いにまで陥る恐れがあります。これは当人だけで解決することは難しいので、一度精神科に通うことをオススメします。買い物が多い?ADHDが原因になっている!AD [続きを読む]
  • 学習障害の特徴とは?いくつもの種類と改善法がある!
  • 勉強が苦手な子供がいます。文字の読み書きができなかったり、簡単な計算にも時間がかかってしまい、それが原因で学校の授業について行けなくなります。すると勉強ができないせいでいじめの対象になり、また親からも成績が悪いことを厳しく叱られてしまい、子供は落ち込んでしまい無気力になってしまいます。人生に充実感が持てなくなるのです。勉強ができないのは当人の努力不足と思う人もいるでしょうが、それは違います。もしか [続きを読む]
  • スマホで衝動買いを繰り返す?現代のADHDに迫る新しい依存症!
  • 衝動買いを繰り返す人は昔から多く、欲しいと思ったらその瞬間に買い物をしてしまい、その結果予想外の浪費をしてしまうのです。当然ながら、家計にもダメージを与えます。近年では直接店舗に訪れることなく買い物が可能となって、インターネットを通じた支払いも普及しています。現金を持つ手間がかからなくなり、クレジットカードの使用によって買い物がとても便利になりました。しかしその利便性が衝動買いを引き起こすきっかけ [続きを読む]
  • パニックになることが多いのは何故?原因は広汎性発達障害!
  • 人混みの中にいたり、また突発的なトラブルになると平常心を失ってしまい、最悪の場合としてパニックに陥ってしまう人がいます。そうなると、人目も気にせずに奇声を発したりする人もいます。わがままを言う為に騒ぐケースも勿論ありますが、不安のあまりに動揺する人も少なくないです。性格の問題ではなく、脳の特性が関係していて、広汎性発達障害という障害を抱えている可能性もあります。感情が不安定になる?脳の神経の障害が [続きを読む]
  • ADHDの治し方の一つは?睡眠時間にも気を配る!
  • 近年では過剰な労働が頻繁に起こり、それが原因で睡眠不足に陥るというケースが増えています。無論、企業も働き方改革を行っているので労働者の人権も改善されるようになりましたが、それでも労働に悩む人は多いです。睡眠不足に陥ると健康面で様々な問題が出て、またストレスから自殺衝動に駆られてしまう危険もあります。ADHDの人は刺激に弱いので、尚更注意が必要です。居眠りが多い?睡眠不足が原因になる!学業や仕事の最中に [続きを読む]
  • こだわりが強い?それは広汎性発達障害の特性の一つ!
  • とある分野に異様なまでのこだわりを見せたり、またその対象への愛情が深いあまりに豊富な知識を得る人がいます。周りから見れば少し奇妙かもしれませんが、それを気にせず没頭します。こだわりが強いと、周りとの和を乱す要因にもなりますが、好きなことに没頭する為の原動力にもなり得ます。それは脳の特性が関係していて、ある部分の機能が弱い一方で、他の部分が異様なまでに発達していることがあるのです。広汎性発達障害と呼 [続きを読む]
  • 大人になって発達障害を知ったら?積極的に情報を集めよう!
  • 子どもの頃、勉強が苦手だったり一ヶ所に留まっていることが苦手だったとしても、その若さのおかげである程度は許されます。しかし大人になったら、責任を背負うので知識不足であることは許されないです。また、仮に勉強や運動が得意だったとしても、社会ではある程度の対人コミュニケーションが求められます。インターネットが発達したおかげで、交流は世界にまで広がりましたが、それでも他者への配慮は求められます。しかし現代 [続きを読む]
  • 発達障害かもしれない人がいる?周囲は正しい理解が必要!
  • 周りに変わっている人がいたら、距離を取りたくなります。例えば、空気の読めない言動を繰り返したり、ちょっとしたトラブルが起こればパニックを起こします。そのようなことを頻繁に起こしては、周りからの評判は悪くなります。けれど、当人も決して悪意がある訳ではないのです。そのような人達は脳の発達に障害があり、その影響で自分をコントロールする力が弱くなっています。このような状態を発達障害と呼ばれるので、改善には [続きを読む]
  • 学習障害の対処法は?文字や数字によってそれぞれ異なっている!
  • 勉強が苦手な子供がいて、学校の授業について行けずに落ちこぼれていってしまうケースがあります。酷い時になると、勉強ができないという理由で周りからいじめの対象になってしまい、当人が勉強に強いトラウマを抱くのです。当人は苦手を克服しようと努力をしますが、思うようにいかないです。そもそも、知識が身に付かないだけではなく、文字や数字の識別そのものが困難となるケースがあり、学習障害を抱えている可能性があります [続きを読む]
  • 衝動的な行動で失敗ばかり?ADHDとうつ病は繋がっている!
  • 失敗が続くと周りから責められてしまい、それがきっかけで落ち込んでしまいます。周りからの信用も失ってしまい、自己評価に走ってしまい、ついにはうつ病も発症してしまうのです。自分が駄目な人間だから失敗を繰り返し、そして空気の読めない発言をしてみんなから嫌われてしまうんだと、自分自身を責めてしまいます。しかしその失敗は当人の性格ではなく、ADHDという脳の特性が原因である場合もあります。自分の失敗を悔やむより [続きを読む]
  • ケアレスミスを減らすには?ADHDの人に配慮した環境が必須!
  • 誰にでもケアレスミスはありますが、ADHDの人は脳の障害によって不注意や忘れ物が多く、頻繁にケアレスミスを起こしてしまいます。しかしその障害を知らなければ、当人は自分を責め続けてしまいます。ADHDは決して簡単に解決する問題ではないです。当人の能力に問題があると考えるのではなく、どうすればその特性をプラスに活かすことができるかを考えることです。ケアレスミスの改善には?日々の習慣から!ADHDは衝動的な行動や集 [続きを読む]