カウンセリングルーム 横手(三鷹)しゃべりば さん プロフィール

  •  
カウンセリングルーム 横手(三鷹)しゃべりばさん: カウンセリングルーム 横手(三鷹)しゃべりば
ハンドル名カウンセリングルーム 横手(三鷹)しゃべりば さん
ブログタイトルカウンセリングルーム 横手(三鷹)しゃべりば
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/etutant_ta0215
サイト紹介文個人カウンセリングのご案内 グループカウンセリングのご案内 ワークショップのご案内
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2017/05/11 09:48

カウンセリングルーム 横手(三鷹)しゃべりば さんのブログ記事

  • カップアイス(素敵な人)
  • その人は毎朝、2時に起きる。そのあと歩いて、5、60件、新聞を配る。3時頃にはいつも明かりをつけて、新聞を待っているというお年寄りに会う。私も社会と繋がっているんだよ〜って、誇らしげに話してくれた。この仕事をしてから、決まった時間にお通じはあるし、ご飯も美味しい・・・。おまけに、ここ、ここ見て!と、まあるいお腹を指さしながら、一石二鳥と笑う。彼女に出会った日は、月に一度の給料日だった、らしい。こんな [続きを読む]
  • 賞味期限
  • その人は、もうすぐ賞味期限が切れるので、協力してねと言いながら、私の必要な物をくれた。ある方は、自分が食べて美味しかったから、と言いながら、メロンを送ってくれた。メロンは見るから高価そうで、めちゃくちゃ美味しかった!母はそれを食べて、長生きしてよかった!と口にした。本当に美味しくて、何かしらのお返しをしたくなった。そして必要なものはといえば、賞味期限が短くはなかった。今になって、賞味期限の裏にある [続きを読む]
  • 7月・学習会のお知らせ
  • 7月の学習会のお知らせをいたします。「5月19日開催の学習会のお知らせ」で少しふれましたが、「カウンセリングの技術」を最初から読み始めました。最初からはおろか、序からの再読です。新しく参加者される方は、ぜひこの機会をご活用ください。日程は下記の通りです。日 時   平成30年7月21日(土)午後1時半から午後4時くらいまで 場 所   高橋悦子宅 横手市平城町7−19(針生皮膚科医院より徒歩1分) [続きを読む]
  • 走っていた。1分でも1秒でも早く会いたくて走った。あなたに会える日は、いつも走っていた。そして、こぼした。何を食べてもこぼしてしまう私。どうしても、まともに食べることができないのだ。あなたは笑った。そんな私を見ては笑った。20年経っても、あの優しい笑顔を覚えている。 [続きを読む]
  • 第19回横手しゃべりばへによせて
  • お母さんたちの愛を感じた、「しゃべりば」だった。ある方は、息子の可愛がっていた生き物が亡くなったことである方は、初めて恋した?娘のことでそしてある方は息子のため、おしゃべりな自分を封印していた。たまには話していたけどね、(笑)。“ 癒しでは、人は変わらない。”それは友田が、生前よく口にしていた言葉だった。A子さんは、息子さん(小4?)がとても可愛がっていたハムスターが亡くなって、泣いている姿を見た。 [続きを読む]
  • 軽やかに超えていった
  • 上田がぬけ吉田が抜けて、森本君は予定通りに愛工大へと移り、3月まで7人もいた部員が、4人となった王者・協和発酵キリン。パラ王者の岩渕君はいるけれど、絶対という文字はないんだけれど、それでも彼に勝利は望めない。(ごめんなさい??、岩渕君。それでもあなたの試合からは、たくさんの勇気をもらったからね。)実質3人、彼らはどうやってシチズン、愛工大、アートの猛攻をくい止めるのだろうか?想像しては無理、無理の文字 [続きを読む]
  • 友罪
  • “ 抑えきれない衝動、どこに向かえばいいのか、だれに向ければいいのかわからない。抑えて抑えて、抑えきれずに罪を犯し深い闇に入った。”大なり小なり、だれの心の中にもきっとあるはず・・・闇の深さと重さに10年、17年経とうと悩まされ、夜な夜な、うなされる。どんなに他人から殴られようとも抵抗しないどころか、殴られた以上に、今度は自分で自分を傷つける。それでも、犯した罪からは1日たりとも逃れることができない、 [続きを読む]
  • 5月19日開催の学習会によせて
  •  3年かかって、28ページまで進んだ「カウンセリングの技術」でしたが、この日新しい方がいらしたことで、全員一致で、再び “ 振り出し ” に戻りました。また序からの新しい学習の始まりです。おそらく私などは、この序をおそらく5回(?)以上は読んでいるかと思うのですが、何かこう襟を正さずにはいられなくなるような、数々の言葉に出会いました。何度も何度も会っている言葉なのに、初めて会ったとしか思えないほどに気持 [続きを読む]
  • マサの卓球(ゴキブリ卓球)
  • どんなボールにも食らいつく。どんなカウントでもあきらめない。160cmの体をめいっぱい、手も足も腰も、もちろん頭も、使えるものならすべて使って、これでもか、これでもかと打ち続ける。勝っても負けても、あなたの試合が終わると、へとへとになる。涙が溢れて止まらなくなる。まもなく、私もがんばろう!のエネルギーが、体中にみなぎる。自然に勇気が湧いてくる。 [続きを読む]
  • ありがたい!
  • 朝は目覚ましなしで起きる。朝食はゆっくり時間をかけて、〆にドリップでコーヒーを入れる。カウンセリングに卓球・・・一日が、ほぼ好きなことで回っている。できるだけ、苦手な人に会わないよう、会っても近づかないよう、そこだけは努力する(笑)。夜には135mlのビールを1杯、そのあと、ご飯をしっかり食べる。夜には卓球動画か、本を読んで、ほぼ10時には床に就く。この繰り返しの生活の中、決まってこぼれる言葉に気づいた。 [続きを読む]
  • 第19回横手しゃべりばへのお誘い
  •  昨日でやっと世界選手権が終った。男子は水谷・張本のダブルエース、女子は石川・伊藤・平野の3枚看板を要し、共に金メダルを目指して、どちらも近年にないくらい強いチームという、お触れ書きで始まった。が、終わってみると、やはりというか当たり前というか、中国の壁はとてつもなく厚く高かった。そして男子はその中国の壁どころかベスト8で韓国に敗れ、メダルもとれなかった。 今回はすべてシングル戦、1体1の、個人と個 [続きを読む]
  • 5月・学習会のお知らせ
  • 5月の学習会のお知らせをいたします。今月は下記の日程で行います。前回同様、友田不二男氏の「カウンセリングの技術」を読んでの予定ですが、それ以外にも、こちらを読んで学習したいという方がいらっしゃいましたら、ぜひ、場にご提示くださいませ。また初めての方は、学習会の進め方など、2月の学習会のお知らせを参照ください。日 時   平成30年5月19日(土)午後1時半から午後4時くらいまで 場 所   高橋悦子 [続きを読む]
  • スーパーばあちゃん
  •  朝はだいたい、6時半に起きる。塩・砂糖・醤油はもちろん、オリーブ油も使いたい放題、補充の心配はなし。  最近買ったコードレス掃除機、軽い、軽いと毎日、掃除をしている。そのあと私が使うと、ほぼ2分で切れる。充電は知らない。  朝の連ドラ時間は、彼女のおしゃべりタ〜イム。音が重なって、いまいち筋がわからない。 「ザ!鉄腕DASH」が、大のお気に入り(だった)。7時半から始まる?ため、7時からお風呂に [続きを読む]
  • ずるしても〜 まじめにも〜♪
  •  できるだけ自分の心に真摯にとか、できるだけ誠実にではなくて、100%と言い切るほど誠実に真摯に向き合って、カウンセリングを行う。それが、私のカウンセリング(面接場面)に取り組む姿勢である。結果として、真摯でないことや誠実でないことはあるかもしれないけれど、私自身の取り組みはいつも、100%であることを肝に銘じて行っている。  が一旦、カウンセリングを離れたときの私は、いい加減や雑多、ときに不誠実な自分 [続きを読む]
  • 自律について
  • 自立とは他の助けや支配なしに自分一人の力だけで物事を行うこと。ひとりだち。独立。 自律とは他からの支配や助力を受けず,自分の行動を自分の立てた規律に従って正しく規制すること。(Weblioより)または、….経済的にも技能的にも、自ら立った(=自立)後は、自分で「方向づけ」して行動ができるようになる。(いわば「内的な独立」と言ってもよい)この状態が「自律」である。(HR pro 村山昇氏より)さらには、自立強化型 [続きを読む]
  • 4月・学習会のお知らせ??
  • 4月の学習会のお知らせをいたします。今月は下記の日程で行います。前回同様、友田不二男氏の「カウンセリングの技術」を読んでの予定ですが、それ以外にも、こちらを読んで学習したいという方がいらっしゃいましたら、ぜひ、場にご提示くださいませ。また初めての方は、学習会の進め方など、2月の学習会のお知らせを参照ください。日 時   平成30年4月21日(土)午後1時半から午後4時くらいまで 場 所   高橋悦 [続きを読む]
  • in ふらっと?
  • 何かがあるというわけではない。何もないからこそ・・・、というわけでもない。むしろ雑多な感じで、物でけっこう溢れている。なのに、妙に落ち着く。それは今でも、あの初めて足を踏み入れたときの感覚と変わらない。空気がゆったりと流れて行き、こちらに、微塵の俊敏さも要求しない。一度、お出かけくださいませ! [続きを読む]
  • とある日のセミナー&第18回横手しゃばりばによせて
  •  3月のとある日、とある大学名誉教授のセミナー、「なぜ増える若者のひきこもりと自殺」に出席してきました。その中で、とても気になった箇所がありました。それは「攻撃性」ということ。・・・攻撃性は自分にとって、居心地の良い状態を模索し、生きていくためのエネルギー源となるものであり、否定すべきものだけではない。(勉強、仕事、恋愛・・・・・)勉強なり仕事なりスポーツなりに向かえればいいのだけれど、攻撃する対象がみつ [続きを読む]
  • 心がふるえる
  • 「地位や名誉、お金ももちろん大事かもしれないけれど、私はどれだけ心がふるえるかで、人生はきまると思う。」恥ずかしいくらい立派な言葉、なのに手帳に残っていた。誰が言ったものなのか、その記載はなかった。昨夜の出来事、心がわなわなした。鷲づかみとはこれを云うのかもしれない、って、思った。人はどんな人生を歩んできたら、こんな小説を書けるのだろうか。これほどまで心がふるえる物語には、近頃、お目にかかったこと [続きを読む]
  • 軒下から春??
  • タッ、タッ、タッ、ターとひっきりなしだった音が、ゆっくりのポタ、ポタ、ポタ・・・に変わって、今日などは無くなったのか、音が止んでいた。春はこんな軒下からもやってきて、もう頑張らなくとも大丈夫よを、告げて来る。暖かくなって雪解けが進んでいくように、固まったまんまの人との関係も、暖かさ、いや温かさから(どっちでもいいっかあ!)解けてくといいな。 [続きを読む]
  • 学習会、そしてグループカウンセリングによせて
  •  私は悦子さんたちのようにはできない?と思うのですが、と言葉になる人よりは、せめて、できるできないは別にして、悦子さんたちのやっていることに興味がありますという方を募集します。私も60歳を過ぎ、若い頃に比べると体力がなくなってきました。ほんの少しでもOK、興味を持って来てくださる方にエネルギーを使うことに決めました。 ロジャースをベースに、日本では友田不二男氏が行ってきたカウンセリングを中心に、学習 [続きを読む]
  • 第18回横手しゃべりばへのお誘い
  • 寝る前に搔く。夜中に目覚めたら、窓越しに積雪を確認。朝起きたら掻く。掻くだけではなくて、朝には、ブルが掻いた岩のような塊をもどかす。そして日中、また掻く。ひたすら掻く。一日に、この作業を何度繰り返すことか、、、そんな3カ月を戦い抜いて、やっと迎える春3月。今年は本当に、本当に春を焦がれた。間違いなくやってくるであろう春、3月24日、この春も「しゃべりば」を開催致します。お一人でも多くの方と出会える [続きを読む]
  • 心から②(マニュアル)
  •  心が弱っている人に「がんばってね。」は、使ってはいけない言葉らしい。あるカウンセリングの、マニュアル本みたいな物に書かれていた。し、多くの人たちがそう習いましたとも、聞いた。確かに一理あるとは思いながらも、私は時々使うことがあるみたい。というか、そう言っている自分に気づくことがある、が正しい。それぐらい、目の前のその人を感じて、「がんばってね。」と言う時がある。前回書いた友田の、心からにどう連動 [続きを読む]
  • 心から
  • 第2章 カウンセリングの技術第2節 単純な受容(P24)カウンセラーは、つねにクライエントの発言に対して心から耳を傾け、クライエントを最大限に「理解する」ように努めなければならない。このような努力を払うとき、クライエントの発言に対して、「フムフム」「ウムウム」「ハァ」「ハァ、ハァ」「ええ」「ええ、ええ」「はい、そうですか」「ああ、そうですか」というカウンセラーの発言は絶えずなされている。××××× [続きを読む]
  • ♪ウォウ、ウォウ、ウオ〜♪〜♪
  • 何気な〜くテレビを見ていたら、昨日つまりは2月9日(金)から、浜田省吾『旅するソングライター』という名の映画が上映されているというニュースが飛び込んできた。〜業界初!一夜限り<ドルビーアトモス>全国21劇場、初の一斉上映も決定!コンサート会場の興奮をDolby Atmos® (ドルビーアトモス)の多次元サウンドでリアル再現〜の太文字。全国21という見出しがあったので、もしかしたら、わが秋田でもと微かな希望、実際には [続きを読む]