murphy さん プロフィール

  •  
murphyさん: 埃まきたつ地から - 30代青年海外協力隊ケニア滞在記
ハンドル名murphy さん
ブログタイトル埃まきたつ地から - 30代青年海外協力隊ケニア滞在記
ブログURLhttps://ameblo.jp/murphywoods/
サイト紹介文2017年10月からケニアへ青年海外協力隊として派遣中。アートセラピー勉強中青少年活動隊員。
自由文英国、フランス、ルーマニア在住歴有、心理・福祉関連のお仕事をしています。産業カウンセラー、教員免許(美術)、臨床美術、表現アートセラピー、英国で考古学修士など勉強しており、アート、海外、心理学の話が多めです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2017/05/12 09:16

murphy さんのブログ記事

  • 映画「オーケストラ・クラス」
  • さて、一時帰国中です。寄付で楽器や文房具をお願いしたので、回収に奔走しています。あと、リコーダーを買おうとしてネット詐欺にあいました。AmazonじゃなかったのにAmazonが保全?してくれて、お金は返ってくることになりましたが…。さて、恵比寿で映画「オーケストラ・クラス」(http://www.orchestra-class.com/sp/)を観ました。社会的に音楽に触れる機会のない子供たちに楽器とプロの音楽家の指導を提供するフランスのプロ [続きを読む]
  • 任地生活(27) たくさんお客さんが来る
  • 我が任地は交通の要所にあるため、様々なお客さんが我が家に泊まってました。1]今年新規採用されたJICA職員さんがOJTで泊まりに来た。活動先の子供たちがいい感じに部族ごとの歌を歌ってくれたりして良かったです。みんなポップスが好きでそれもケニアンカルチャーなんだけど、私がスマホで曲を再生してあげないとそのあたりの曲は自分たちで踊ったり歌ったりできず、その代わりこういう部族の歌になるのはそれはそれでいいと思い [続きを読む]
  • 活動(34) リコーダーにはまる
  • ?近頃熱しやすく冷めやすい私にやってきた空前のリコーダーブームです。2週間くらい引きこもって部屋の隅でリコーダーを吹いていたいのですが、そういうわけにもいかないので子供の誕生日会でギフトですとか言って吹きまはさた。「蛍の光」と「埴生の宿」ですが、まあ翌週施設を出る子の誕生日なのでいいことにしようと思います。こないだクラッシックを聞かせた時の子供の反応があまりにも残念だったので(5分なのに「つまらない [続きを読む]
  • 活動(33) 誕生日カード作り
  • 施設の子の誕生日カードを皆で作る。相変わらず想像の斜め上を行くことが起こる。ので、今後のためにメモを残します。1]事前に聞いていた情報では4月生まれの子が明日誕生日だから自分の分も作れと言ってくる。(構って欲しいからの嘘?たんに誕生日がよくわかってない?とりあえず用意した画用紙が足りないから聞いた情報と違ってた、ごめん、でも用意がないからできないと謝る)2]みんなでメッセージを書くから場所あけてね、と言 [続きを読む]
  • 学生生活(4) ブラック企業に勤める子に昼ごはんをおごる
  • 8:30スタートの授業に8:40ごろ行くと、教室もないし先生もクラスメイトもいない、…私間違ったかな?って思う学生生活が続いていますが、毎週英語でレポートを書いているのは結構鍛えられている感じがします。(ちなみに今日は9:30スタートでした)驚きは時間割を見せてもらいましたが学期の終わりがその通りでなく予定は未定で、授業早めに終わりそうだからテスト9月末頃にしようかと先生が言ってました。時間じゃなくて教えること [続きを読む]
  • 活動(32) ソーシャルスキル(物品管理など)
  • あまりいい理由でなく施設を去る子がスタッフ6人の前で荷造り中。女の子たちは泣いているし完全にお別れの雰囲気なのですが彼女の荷物にしまわれていく私が施設から確保した施設の鉛筆1本。声をかけようかと思ったけどタイミングを逃し、施設スタッフにも変な顔をしてるわよ、どうしたの?と聞かれたけどスタッフ皆の前で言ったらかなりプライドが傷つくスタイルで叱られるはずと思ったら言い出せず…結局適当にごまかしてしまい [続きを読む]
  • 旅(11) マサイマラ2
  • 今回のハイライトはなんといってもライオンがたくさん見られたこと!マサイマラ、おすすめです!オスライオンの食事中、ちょっと離れたところにあった残りの餌の死骸の前あたりに私の車があったのですが、それを狙ってきたハゲタカに向かってオスライオンが吠え、撃退しに私たちの車の前まで来たのです。その時の動画。夫婦で帰っていくところ。賑やかなヌー。列をなすシマウマ。草上の昼食。国立公園内ではセスナも飛んでます。 [続きを読む]
  • 旅(10) マサイマラ1
  • レポートを抱えながら8/6〜8までマサイマラに行ってきました。ツアーの始まりは大地溝帯(グレートリフトバレー)から。リフトバレー州在住として何やら説明しています。赴任の時に下りたなー。マサイ風に写真を撮ってみました。マサイランドのナロックを通ってマサイマラに向かいますが、このシュカと呼ばれるチェックの布を皆身にまとっていました。牛をかきわけ車は進みます。子供が牛飼いや羊飼いをやってました。道が悪くて車 [続きを読む]
  • 活動(31) 人前でピアニカを演奏させる
  • 30分くらい時間取って、ケニア国歌の楽譜書き写させたのに(ドレミ書きで)、結局書いた紙なくしたりそもそもやってなかったりで私が書いて持っていくことに。「最初からそうしないからいけないんですよ!」って女の子に言われてイラッとする私はつくづく先生は向いてないですね。それ、私はいいけどあんたたちが言っちゃいけないやつ…そんなわけで本局の職員が職場に会議に来ており、その場でピアニカ演奏と劇をしました。内容は [続きを読む]
  • 任地生活(25) ケニア人と食べ物の話をする
  • ケニア人と食べ物の話をする。「日本人は1日3食米を食べるって言ってたけど、よく飽きないわね?」「米と一緒に食べる肉や魚は違うんで…」「ケニア食は食べないの?ウガリとか」「外出した時はウガリとかマハラグェとか食べてます」「ケニア食はバラエティあるからいいけど、飽きない?毎回米で」「今も家にいる時は1回ご飯炊いたら1日温め直したりして、合わせるものを変えて食べてますよ。むしろケニア食に飽きます」「毎日米 [続きを読む]
  • 思うこと(8) 嫉妬について
  • ジュリア・キャメロンのアーティストウェイでも嫉妬のワークがあったけど、私はやっぱり嫉妬って大事だと思うんです。他人と比べないで自分なりの幸せをっていうのもたしかに一理あるんだけど、自分を動かすエネルギーのひとつとして、ものすごい可能性も秘めていると思います。私もああなりたい、あそこに行きたい、という。嫉妬以外のどの感情が、私を遠くまで運んでくれるのか?嫉妬を曖昧なものにせず、燃えあがらせろ。基本 [続きを読む]
  • 活動(30) ファッションショー後の話、ピアニカ教室
  • 雨季が終わったら埃巻き立ちまくりで通勤経路で目が痛いです。さて、今回はファッションショー後の話。ファッションショーをやってから、女の子たちによく「日本でモデルやりたいからお金ちょうだい」と頼まれるようになりました。日本で働くには日本語できなきゃいけないし、モデルだって最近は知性もテストされるのよ、たくさんお金持ってて高学歴、モデルスクールに自費でたくさん行っててもなれない厳しい世界なんだからとり [続きを読む]
  • ナイロビ(18) 新隊員ブリーフィング
  • ドミトリー委員の新隊員ブリーフィングでナイロビへ。新隊員はまだケニアに対してピュアで心洗われてなかなか好きな業務です。「ケニアの冬ってこんなもんか」と言われていました。私も10月に来た時思ったより暖かいなと思ったんですよね。ナイロビに来るといつもケーキ食べてます。今回行きたい店が閉まっていて初めてショッピングモールのピザハットにも行ってみました。食べたいピザはなかったけど…。↓ナイロビケーキ祭り。( [続きを読む]
  • 学生生活(3) 他人の家賃を払う
  • Kila ndege huruka kwa ubawa wakeどの鳥も自分の羽で飛ぶ(スワヒリ語のことわざ)↑学校からの景色。遠くにナクル湖が見えます。街中からは4キロくらい。どの高い場所からも湖が見えるナクルの景色には癒されてます。最近は通い出した大学のレポートを書くのに追われています。そんな中アフリカっぽい経験をしました。「クラスの孤児院出身の子がお金に困っているから、私たちは家族だからみんなで助けよう」と言う話を先生がして [続きを読む]
  • 任地生活(25) 先客万来
  • 断水でしたが、週末水戻ってきてて3人泊まりに来たから助かっていたのですが、また断水になってしまいましたー次のお客さん来週なんですが復活するかな…ちなみに週末は大富豪にいいカードを呼び寄せるという意外な才能(笑。運です)を発揮し楽しかったです。標高1800mの私が一番低いところに住んでいてみんなにナクル暖かいですよ、と言われる不思議な集まりでした。(笑)ちなみにお酒の瓶みたいなのはお隣バリンゴ名物蜂蜜です。 [続きを読む]
  • 活動(29) 女の子と話す
  • 今日は施設の女の子とじっくり話す時間がありました。日本のセカンダリースクールの美術の教員免許持ってるんだよ、という話から、なんで学校で働かなかったの?という話になり。学校行ってる子より行けない子のサポートがしたかったから、と言ったら、「それでprobation(保護観察)の仕事してるのね。ずっとprobationにいてね」と言われて、そうだった、と思い出しました。日本だとたまにしか会わないからこういう感じにお互い分 [続きを読む]
  • 活動(28) 子供たちを図書館に連れていく
  • つ、疲れた…以前からやってみたかった施設の子供たちを図書館に連れていくプロジェクト、本日実行に移されました。何が疲れたかって、徒歩が…。位置関係としてはこう。私の家→1.1km→職場→2.1km→図書館行きの職場→図書館は職場の車に乗せてもらったんですが、残りの行程はすべて歩きだったので、帰りは職場の前を通って子供たちを置いていってそのまま家へ。元気な10代女子5人を連れて、さらにその子たちに手を引かれてその [続きを読む]
  • 任地生活(24) 断水
  • 月曜日から断水しています。私のアパートは水を買ってるから断水はないと聞いていたんですが、水道管が壊れたとのこと。貯水槽がアパートの端にあって、そこの脇の水道は出るから、そこから各部屋につながっているところが壊れたんでしょうか。貯水槽の脇の水道に行けば水が出るので、まあ井戸に水を汲みにいく感じです。私は普通に持つと10リットルが限界、それも厳しくて飲料水は買ってますが基本割高でも5リットルにしています [続きを読む]
  • 任地生活(23) 仕立屋さん2
  • ちょっと前ですが、通勤経路途中に新しくテイラーさんができたので、注文してみました。スーツ(仕立て代2000円)とワンピース(仕立て代1500円)です。もうひとつ近所にあるテイラーさんの方が安いのですが、そのテイラーさんより寸法を測る箇所が多くてちゃんとやってもらえてる感じがあります。本当は柄は反対が良かったのですが、生地的にこっちの方が良いとのテイラーさんの判断です。スーツの方がコットン100パーセント(約1600 [続きを読む]
  • 学生生活(2)
  • 土曜日に通っている大学のコース、5月から3か月って聞いてたのに終わりが10月末(というのを今日やっとこっちから頼んで教えてもらう)というのはどういうことなのでしょう?(笑)こっちの先生ってとても偉いみたいで、授業時間より教員が来るのを待っていた時間の方が長い日もあるのですが、生徒たちは皆時間通りに来て「忙しいんでしょう」と粛々と待っています。「このあと授業あるの?」って先生に聞かれたけどこっちが聞きたい [続きを読む]
  • 活動(27) カンニングと戦う
  • 女の子たちにあまりにもファッションショーの服をねだられるので、タダで楽に手に入るのもなーと思い、「アフリカの白地図暗記したら暗記した人からあげる」としていました。ちなみにケニアでは、8年生で覚えるそうです。やる気のない子が大半だったので、途中で塗り絵にして、見ながら国名書いていいという形で練習させてみたり。今日頑張って覚えた1人目が出たので、服をあげたら、他の授業に全然来ない子も急に試験をしてくれ [続きを読む]
  • 学生生活(1)
  • さてさて、土曜日パートタイム学生生活が始まりました。勉強よりケニアの文化を学びたくて通っているわけですが、先週心に残ったこと3点。(1)ノートは用語の意味を先生が読み上げたものを書き取るもの。自分がわかったことをメモしたりしていると先生に注意される。↑私はめちゃくちゃメモしてしまったけど…。読み上げたのを書くだけならハンドアウトか教科書でいいと思うんですが、そのお金がないのでしょう。部族によると思い [続きを読む]
  • AW2018(14) 小説と雨季
  • 最近アーティストウェイをやれていません…というのは、実は小説を書き始め、そちらに時間を取られているのです。なので、アーティストデートはできていますね。書きたいわけじゃない、でも気になって気になって、書かずにはいられないというような苦しい感じ。しかも舞台が150年くらい前のイギリス、フランス、アフリカで、正確に書こうとするといくらでも資料が必要…。フォークいつから使ってるの?水道は?眼鏡は一般的?など [続きを読む]
  • 活動(26) 誕生日を決める
  • 前々からやりたいと思っていたこと。施設で誕生日パーティ。日本だったら幼稚園とか児童養護施設とかでもやると思うんですが。とりあえず私の職場ではやってない。ちなみにケニアでは誕生日を祝わないということではなく、誕生日の人が自らケーキを買うという欧米スタイルですが、お祝い自体はするようです。というわけで誕生日の聞き取り調査。私も半年以上ここにいるので、たぶんこの子は誕生日知らないだろうな、という子がや [続きを読む]