薬剤師X さん プロフィール

  •  
薬剤師Xさん: 薬剤師なんかやめてやる
ハンドル名薬剤師X さん
ブログタイトル薬剤師なんかやめてやる
ブログURLhttp://yakuzaishi-ko.seesaa.net/
サイト紹介文薬剤師となってちょうど7年。それは考えていた理想の生活とあまりにも違っていた。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2017/05/12 11:08

薬剤師X さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 肉料理と一緒に飲むと危険な薬
  • 薬には、油に溶けやすい薬と水に溶けやすい薬の二通りがあるのをご存知ですか?水に溶けやすい薬は問題ないのですが、もう一方の油に溶けやすい薬、いわゆる脂溶性の薬の場合はちょっと注意が必要です。脂溶性の薬の場合、食事に含まれる脂分が多いことで薬が溶けやすくなって、薬の効き目が以上に強く出てしまうことがあるんです!!効き目が強く出るということは、イコール副作用のリスクもその分高くなってしまうということです [続きを読む]
  • スポーツファーマシスト
  • 先日、私が勤める薬局に知っている人は知っているであろう、ちょっとだけメジャーなアスリートの方がいらしゃいましたw病院で副鼻腔炎との診断を受けたものの、ご本人がドーピング検査対象なので私のところへとやってこられたのです。そう、私はこう見えても公認スポーツファーマシストなのです!なんて偉そうなこと言ってますが、この資格って国家資格ってわけじゃなく講習を受講すれば頂けちゃう資格なんですけどね。といっても [続きを読む]
  • 薬剤師は薬を飲まない
  • 何年前だったかな…。薬剤師の女性が書いたという「薬剤師は薬を飲まない」って本を読んだことがありました。薬というのは病気の治療には効果がなく、毎日の食事と運動で治るものであるという趣旨の本なのですが…。これが、まあ、ホントに薬剤師が書いたのって思うくらいおかしなところが満載の本でしたねw必要ないのに薬を服用することは良くないというのは同意できるのですが、生活習慣病の薬やインフルエンザ治療薬などについ [続きを読む]
  • 薬剤師 転職サイト
  • 私の同期にドラッグストアの薬剤師がいました。 いましたということは、今はドラッグストアの薬剤師ではないということ。 じつは彼、先月末でそれまでのドラッグストアを退職して病院勤務の薬剤師に転職したそうなんです。 聞けば、それまでいたドラッグストアはたしかに給料は良かったのですが仕事量も多く、一番は夜遅くまでの勤務がやっぱり辛かったそうです。 ところが驚いたのは今度の病院薬剤師の年収です。 それまで勤務し [続きを読む]
  • 薬剤師 転職 派遣
  • 薬剤師の転職サイトなんかを見ると、正社員で年収700〜800万円、派遣で時給4000円とか書いているのを見ると、初めは釣り文句だろうと思っていたんですが、これってやっぱり事実のようです。私の同期にドラッグストアの薬剤師がいることは以前お話ししたと思います。彼の給料はハッキリ言って私より上だし、年収も私より数段上です。私が500万半ばほどだった時に、彼は入社してすぐに年収600万オーバーだったのを見てなんとも言えな [続きを読む]
  • 薬剤師のあるある
  • 薬剤師をやめたくなったら、会社に行きたくなくなってしまいます。あるある…って思います。でも、よく考えるとこれは薬剤師に限ったことじゃありませんねw業界トップクラス!薬剤師転職サイト「薬剤師転職ドットコム」無料会員登録 [続きを読む]
  • 薬剤師に女性が多いのは転職しやすいから
  • 薬剤師に男性よりも女性が多いのは、男性よりも女性の方が需要があるからなんだってずっと思ってたんですが、じつはそうじゃないようですよw薬剤師の職場環境というのが、ライフスタイル的に女性の望むようなものに近いってことのようです。同じ医療関係の仕事でも、医者や看護師など夜勤などがあって大変なのに対し、薬剤師はほとんど定時プラスαで帰宅できる職業ですからね。そして、薬剤師は比較的高給なうえ転職や就職が比較 [続きを読む]
  • じつは薬剤師にうつ病は多い
  • 私がうつ病になりかけたというお話しをしたことがありますが、これは私が調剤薬局に勤めていて、その人間関係の軋轢から個人的に精神を患ったと思っていました。でも、よくよく見聞きしていると、じつは薬剤師でうつ病になる人は意外と多いようなんですね。薬剤師以外の方は分からないかもしれませんが、薬剤師という職業はかなりストレスの多い仕事なんです。薬を扱うという業務に加え、同僚がすべて専門性が高い人ばかりという特 [続きを読む]
  • 薬剤師のスキルアップ資格で年収アップを狙え
  • どの職業でも一緒ですが、一般の会社というのは年功序列が多く、就職してからの同年代の年収というのはほぼ一緒です。もちろん営業成績で歩合が発生するような会社は例外ですが、概ね同期入社の会社員は大差がないはずです。でも、やはり給料は高ければ高いに越したことはないわけで、これから結婚ということを考えると、少しでも年収アップを考えたいものですwそれにはやはりスキルアップとして、認定薬剤師の資格を取得すること [続きを読む]
  • 他の病院も受診していることを内緒にしている患者さんからのクレーム
  • 患者さんからの看護師へのクレームは色々あるんですが、私が一番納得がいかないのは重複投与や相互作用の処方を避けるため、患者さんのためを思ってやったことに対してクレームをつけられることです。私が勤める薬局の患者さんの中に、複数の病院を受診しているのにも関わらずドクターに言っていないため、同じ薬を処方するようになるような人が時々おられます。以前、二か所の病院から処方されていたので主治医に疑義紹介したとこ [続きを読む]
  • 薬剤師は妊婦さんとポッチャリさんが苦手
  • 薬剤師を長い事やってると、何度も何度も同じような場面や状況に巡り合うことがあります。いわゆる、何々あるあるですねw中でも、気の弱い私が困るのが妊婦さんとポッチャリさんです。ホントに駆け出しのころ、局にやって来た患者さんのポッコリしたお腹を見て「妊娠してらっしゃいますか?」って言ってしまい、ポッチャリの患者さんの気分を害したことがすっかりトラウマになってしまいました。その時に先輩からは「決まり文句だ [続きを読む]
  • 薬剤師の結婚
  • 私、夢を持って薬剤師になったんですが、今の職場に就職した時に先輩から言われた言葉がずっとトラウマになってます。その先輩から言われた言葉というのが、「合コンに行ったら仕事が薬剤師とは絶対に言うな、もし言ったら女は去っていく」ということ。つまり給料が安い薬剤師を、女性は結婚相手に相応しくない職業としているので、仕事が薬剤師だと言った時点で女性が引いて行くということらしいですwそういえば、高卒で就職した [続きを読む]
  • 高給取りの薬剤師を目指すなら
  • 同じ業種で同じ仕事をするなら、当然いただく給料は多い方がいいわけで、年収が多い会社に就職するのが当たり前かと思います。少なからず私も、今の仕事量ともらっている給料を考えると明らかに不満があるからこそ転職を考えていたわけなんですよね。じつは私には秘策があります。ただ、まだその秘策は実践していませんw今の職場に不満があるのにどうして転職しないのか。それは今の職場に好きな女性がいるからなんです(//∇//)ポ [続きを読む]
  • 薬剤師だってうつ病になる
  • 入社して3年ぐらいたったころ、私はうつ病になりかけたことがあります。今でこそ笑い話で済ませられますが、うつ病になる薬剤師はけっこう多いそうですね。もしあの時、完全に壊れてしまっていたらと思うとゾッとしますw薬剤師だから、一般の人と比べるとある程度の医療知識は持ち合わせていたので、これはおかしいぞと思ってメンタルクリニックへ行ったのが、今になって思えばよかったんですね〜一人住まいだったので、誰も気が [続きを読む]
  • ドラッグストアの薬剤師
  • 私の同期にドラッグストアの薬剤師がいます。ハッキリ言って私の年収よりも彼の年収の方が数段いいです。うちに来ないかと誘われたこともありますが、話を聞いてみるとなかなか踏み切れませんでした。実際、いいところばかりが目に入りますが、メリットもあればデメリットもあり、いいところばかりではありません。ドラッグストアの薬剤師のいいところは、自分主導でお客様に適切な薬を選ぶことができ、それによる感謝の気持ちをダ [続きを読む]
  • 薬剤師をやめたい理由
  • 薬剤師をやめたい理由。というか、そう思いながらも今日まで続けてきたので、正確にはやめたかった理由ということになるのかな。これはどの仕事についている人にも言えることかもしれませんが、職場での人間関係が嫌で嫌でしょうがなかったからです。希望に満ちて入社したものの、イヤな先輩薬剤師からのパワハラとモラハラの毎日が続く。狭い空間で逃げ間もなく、否が応でも顔を突き合わせて仕事をしなければならない…。本当にウ [続きを読む]
  • 薬剤師の年収
  • 大学の薬剤師養成課程を卒業し、薬剤師の国家試験を受けて国家資格を取得してめでたく薬剤師に…。そういう流れだったのですが、やっぱり現実は想像していたものとは違い、結構な重労働の仕事でした。それにも関わらず、手にした給料の安いこと安いこと…。ネットなんかで薬剤師の年収を見てみると、5百数十万の平均年収とありました。できればそこに転職したいものですwま、薬剤師と言っても、その薬剤師が就く職場にもいろいろ [続きを読む]
  • 過去の記事 …