oretomo さん プロフィール

  •  
oretomoさん: 若年性アルツハイマーの父親と
ハンドル名oretomo さん
ブログタイトル若年性アルツハイマーの父親と
ブログURLhttp://oretomo.blog46.fc2.com/
サイト紹介文若年性アルツハイマー型(前頭側頭型でもあり、パーキンソン症状も出た)認知症の父親と共に生きる俺
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2017/05/12 18:10

oretomo さんのブログ記事

  • 平成28年-夏-(17) 家庭教師とウソ
  •  平成28年(2016年)の8月上旬は、リオオリンピックが始まり、「天皇陛下のお言葉」もあった。 俺の住む地域は日中だけでなく夜も暑くて、家にいる時は、昼頃から夜寝る前までエアコン(冷房)を使わざるを得ない日が多かった。 節約しなければならないので、俺も母親も家にいる時はなるべく居間にいて、動かすエアコンは居間の1台だけで済むようにして、俺の自分の部屋のエアコンは、夜寝る前の部屋にいる少しの時間だけ使うよ [続きを読む]
  • 平成28年-夏-(16)
  •  7月下旬も俺と母親が、父親が入居している特養(特別養護老人ホーム)の部屋に行くと、部屋のエアコンのスイッチが入っていて、室温が高くなってくると冷風が出てきた。 いつものように俺は、ついていたラジオを消して、面会中は、家から持ってきたポータブルDVDプレーヤーを使って、父親が好きだった歌謡曲や演歌を多く含むテレビ番組を録画・ダビングしたDVD−RWをかけた。 父親は、上半身部が少し高くなっているベ [続きを読む]
  • 平成28年-夏-(15) 貧血
  •  平成28年(2016年)の7月下旬は、神奈川県の障害者施設で多くの入居者が殺されたという事件が、一番大きなニュースだった(相模原の障害者施設の事件 参照)。 この時期、俺の住む地域では、日中は暑いものの朝晩はわりと涼しいという日が多かったが、すごい雷雨になった日もあった。 母親が足の痛み・しびれを訴えたので、俺が自家用車で送迎して、整形外科医院を受診させた。 薬を処方され、それによって痛み・しびれは徐々 [続きを読む]
  • 平成28年-夏-(14)
  •  7月中旬の次の面会では、俺と母親が父親の部屋に着いた時、父親はベッドでイビキをかいて眠っていた。 しばらくすると目を覚まし、ほどなく女性の介護スタッフさん2人が来室して、その二人がかりで父親をベッドからリクライニング車椅子に移した。 この日は(特養を含む介護)施設のホールで、入居者参加型の歌イベントがあったからだ。 いつもなら、俺が車椅子を押して母親がその横で見守りながら、家族3人でホールに行くの [続きを読む]
  • 平成28年-夏-(13) 共同スペースの騒ぎ
  •  7月中旬も俺と母親が、父親が入居している特養(特別養護老人ホーム)の部屋に行くと… 父親は、ベッドでやや横向きの仰向けで、関節の拘縮で立っているヒザも横に傾いていた。 「やや横向きの仰向け」とは、褥瘡(じょくそう、床ずれ)を防ぐための体位変換によるものであり、関節の拘縮が強い父親は、窮屈そうに脇が閉まっていて、ヒザは伸びずに曲がったままなので… 身体を横向きにしておくための(三角)クッション、関 [続きを読む]
  • 平成28年-夏-(12) 最高裁の決定
  •  平成28年(2016年)の7月中旬、俺の住む地域は涼しい日もあったが、この時期らしい蒸し暑い日が多く、家では、日中の一番暑い時間帯に扇風機だけでは耐えられなくなり、やむを得ずエアコンを使い始めた。 俺は、週3回くらいの父親との面会、週2回の個別指導塾講師の仕事以外では… 歯科医院に行き、先日の定期検診で見つかった虫歯(平成28年-夏-(9) 参照)の治療を受けた。 俺は歯の定期検診や治療の時、どうしても身体に力 [続きを読む]
  • 平成28年-夏-(11) 調理スタッフさんに返す
  •  7月上旬の次に面会した日は、まず俺が(特養を含む介護)施設の受付で、役所から家に届いた父親の後期高齢者医療・限度額適用・標準負担額減額更新の書類を、特養の生活相談員さんに見せて… 前回、相談員さんに手続してもらったので、今回もお願いしたい旨を伝えたら、承諾してくれた。 俺と母親が父親の部屋に入ると、少し蒸し暑かったが、部屋の窓とドアを大きめに開けたら風が通って、それなりに涼しくなった。 父親はベ [続きを読む]
  • 平成28年-夏-(10)
  •  7月初めに俺と母親が、父親が入居している特養(特別養護老人ホーム)の部屋に行くと… この日は雨のせいか暑くはなく、午前10時頃でも父親の部屋が暗かったので、面会中は天井の照明をつけた。 父親はベッド上で、やや横向きの仰向けになっており、目ヤニが多く、ビクッとしたり、数回しゃっくりしたり、片方の手を(関節の拘縮のわりには)大きく動かしたりした。 以前より大きめの動きは、再開したばかりの訪問マッサージ [続きを読む]
  • 平成28年-夏-(9) 参議院選挙
  •  平成28年(2016年)の7月上旬、俺の住む地域は曇りや雨の日が多かった、 7月上旬に俺の47歳の誕生日があったが、もう何年も誕生日らしいことは何もしていないし、働き始めて、すぐに二人目の担当する生徒さんが決まって、その対応にも追われ、誕生日どころではなかった。 二人目も高校生で英語を教えることになったが、一人目と授業の曜日・学校・学年など多くのことが異なり、全く別の指導をしなければならず、大変だ。 俺が [続きを読む]
  • 平成28年-夏-(8) 父親への報告
  •  6月下旬の次の面会では、父親の部屋のBOXティッシュの残量が少なくなっていたので、新しいのを家から持ってきた。 いつものように俺は、ついていたラジオを消して、面会中は、家から持ってきたポータブルDVDプレーヤーを使って、父親が好きだった歌謡曲や演歌を多く含むテレビ番組を録画・ダビングしたDVD−RWをかけた。 いつものように母親が、棚の上の「看取りファイル」を読んで、父親に特に大きな問題や変化が [続きを読む]
  • 平成28年-夏-(7) デイサービス主催のイベント
  •  6月下旬も俺と母親が、父親が入居している特養(特別養護老人ホーム)の部屋に行くと、父親はベッド上で仰向けになっていたが… 片方の肩が浮くほど自分で腕を思いっきり天井に向かって伸ばしていて(といっても関節の拘縮があるので真っ直ぐには伸びないのだが)、俺と母親がその手を握って少しずつ下げたら、ようやく無理のない姿勢になった。 部屋のエアコンが入っていたが、風向きが前回と変わり、父親の顔に冷風が直接当 [続きを読む]
  • 平成28年-夏-(6) 採用試験
  •  平成28年(2016年)の6月下旬、俺の住む地域は、ムシムシしたり強い雨が降ったりという、梅雨らしい日が多かった。 母親が、かかりつけの内科医院の医師に、大きな病院で心臓を診てもらうように言われたので(平成28年-夏-(4) 参照)、その病院に俺が自家用車で送迎して、母親は精密検査と診察を受けた。 検査は2回に分けて行われ、また、その結果を後日に聞かなければならなくて、結局3回、その病院に行った。 結果としては [続きを読む]
  • 平成28年-夏-(5) 弟一家の面会
  •  6月中旬に俺と母親は、父親が入居している特養(特別養護老人ホーム)に4回ほど行った。 今年も全ての居室の窓に、夏の日差しが直接当たらないように、特養の屋根の庇に遮光カーテンが取付けられて、屋内は、日差しと暑さが抑えられて省エネにもなるようだが、晴れた昼でも少し暗い。 俺と母親は、父親の部屋に入ると、まず父親に声をかけてから、部屋の中でついていたラジオのスイッチを切って、面会中は家から持ってきたポー [続きを読む]
  • 平成28年-夏-(4) Windows10
  •  平成28年(2016年)の6月中旬に入ると、俺の住む地域は、この年の初の真夏日になるなど、だいぶ暑くなってきたと思ったら、ほどなく梅雨入りして、雨が降った時は涼しかった。 ノド痛と頭痛が残っていた俺の風邪は、それらの症状もなくなり、ようやく治ったようなので… ハローワークに行って、就職相談の窓口で、2つに絞っていた家庭教師・個別指導塾講師のパート求人の一つに、応募した(平成28年-夏-(1) 参照)。 そこの事 [続きを読む]
  • 平成28年-夏-(3) 訪問マッサージの再開へ
  •  6月上旬の次に面会した日、俺と母親は(特養を含む介護)施設に着いてすぐ、受付で特養の生活相談員さんに声をかけられた。 父親は総合病院を退院してから関節の拘縮が強くなってしまったので、俺と母親が、リハビリと訪問マッサージの再開を希望し続けていた件だった(平成27〜28年-冬-(11)、平成28年-春-(16) など参照)。 父親が元気になってきたこともあり、近日中に訪問マッサージ会社の人がこの施設に来て、俺の父親の状 [続きを読む]
  • 平成28年-夏-(2) サイドレール
  •  6月上旬も俺と母親が、父親(74歳)が入居している特養(特別養護老人ホーム)の部屋に行くと、窓が開いていて、外の少し涼しすぎる空気が入ってきていた。 父親は上半身部を少し高くされたベッドで、介護スタッフさんから午前中の(トロミ付)コーヒーを全介助で飲ませてもらっていた。 ほどなく終わり、スタッフさんは退室した。 俺は、ついていたラジオを消して、面会中はポータブルDVDプレーヤーを使って歌謡曲番組D [続きを読む]
  • 平成28年-夏-(1)
  •  平成28年(2016年)の6月上旬、俺(46歳)の住む地域は、最初の数日はだいぶ涼しかったが、その後は夏らしい暑さになった。 母親(72歳)は、まだ歯の治療が終わらず、この6月上旬も1回受診し、その際、いつものように俺が自家用車で送迎した。 俺は、手の皮膚の一部がひどく荒れてきたので、皮膚科医院を受診したら、塗り薬を処方された。 6月上旬も俺はハローワークに行って、家庭教師か個別指導塾の講師のパート求人の中か [続きを読む]
  • 目次に追加しました-14
  •  “これまで、これから12”の本編記事を一通りUPし終えたので、「目次」に「これまで、これから12」を追加しました。これまで、これから12 平成28年の初夏頃に俺が、平成27年の夏からのことを振り返り… また、先のことをどう考えていたかです。 次回から「平成28年-夏」の記事をUPする予定です。 「ランキング」と「拍手」の 、ありがとうございます。 今後ともよろしくお願い致します。ランキングや拍手を [続きを読む]
  • これまで、これから12-(4)
  •  精神障害者保健福祉手帳、後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証、重度心身医療証など、父親が若年性アルツハイマーであることによって受けている公的なサービスは、ずっと、毎年あるいは一年置きくらいで更新の手続をする必要がある。 在宅介護の頃とは違い、特養の生活相談員さんが全部あるいは一部をやってくれるものもあるが、俺が対応しなければならないものもあって、これに思ったより時間を取られている。 ち [続きを読む]
  • これまで、これから12-(3)
  •  この一年の間に、公共のメディアや場でのウソの影響が表に出てきたことを、俺は知った(平成27年-夏-(9)、平成27〜28年-冬-(13) 参照)。 しかし、もう俺は、そのようなことには深入りせず、自分の時間のほとんどを勉強に費やして、ようやく、公共のメディアや場でウソをついた人々と(直接)かかわらずに働ける資格・能力を身につけた。 とはいえ、問題のウソのこともあって認知症、ことに若年性認知症の本人とその家族に対す [続きを読む]
  • これまで、これから12-(2)
  •  父親は総合病院に入院し、入院の原因となった病気は短期間で治ったのに、それから、どんどん弱って危ないところまでいき、退院してから、特養での介護で持ち直した感じだ。 入院中、父親の担当医師は、父親が入院した原因である皮膚細菌感染症のような病気に認知症の人がなると、ガクッと弱ることが多い、と不自然なくらい強調していたが… 俺の父親は皮膚細菌感染症ではなく、認知症・若年性アルツハイマーに詳しい医師の関与 [続きを読む]
  • これまで、これから12-(1)
  •  平成28年(2016年)の春が過ぎて、父親が若年性アルツハイマーと診断されてから15年、その診断時に認知症専門医から、発症は少なくとも2年以上前と言われたので、発症からは17年以上経ったことになる。 平成27年(2015年)の夏から、平成28年(2016年)の春までの父親を振り返ると… まず、特養の中で個室から二人部屋へ移り、移ったこと自体は父親に特に悪い影響を与えなかったようだし、入居費が安くなって家計という点でも [続きを読む]
  • 目次に追加しました-13
  •  “平成28年-春”の本編記事を一通りUPし終えたので、「目次」に「平成28年-春」を追加しました。平成28年-春  俺の目標達成、そして職探しへ 俺はTOEICテストで目標スコアを達成し、職探しを始めました。 父親は、特養のベッドで寝ている時間が長く、帯状疱疹、 首つかみ等の問題もありましたが、全体的には落ち着いていました。 次回から「これまで、これから12」の記事をUPする予定です。 「ランキング」と「拍手」のク [続きを読む]
  • 介護保険の3割負担
  •  最近、文部科学省やスポーツ関連の問題などが続いているせいでしょう、私(このブログの作者oretomo)は大きな問題だと思う、8月1日から介護保険の自己負担の上限が3割になったことが、あまりニュースなどで取り上げられなかったようで、非常に残念です。 だいぶ以前の記事(健康保険と介護保険、健康保険と介護保険-(2)、要介護認定の再考-(3) など参照)で書きましたが、介護保険の自己負担の上限が3割まで引き上げられること [続きを読む]