ゴン さん プロフィール

  •  
ゴンさん: ゴンちゃんのページ
ハンドル名ゴン さん
ブログタイトルゴンちゃんのページ
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/bmbcg479
サイト紹介文ER−6Fが相棒で、デジイチ片手にツーリング。美しい風景を求めて旅してます。
自由文広島県は世羅在住。中四国がメインでソロツーを楽しんでます。絶景を求め、九州や信州にも足を延ばします。3年前からデジイチに目覚め、ツーリングの楽しみが倍になりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 166日(平均2.5回/週) - 参加 2017/05/12 21:17

ゴン さんのブログ記事

  • 台風が過ぎ・・・
  • 台風が東北へ移動すると、一日中降り続いた雨も上がった。まだ雲が多い空。パラっと来た雨に朝日が当たり、虹が出た。慌てて車からカメラを出し、車庫の前から撮影。今日は、かねてより実行しようとしていた「釣り」に行くことにした。釣果は期待しちゃいないが、時間つぶしにはなるかと思って。向かう場所は下蒲刈島。東広島の釣具屋で、餌となるモエビと橋の通行券を買う。往復で650円とかなりお安くなるのだ。安芸灘大橋を渡り [続きを読む]
  • 弥栄湖から吉和ツーリング
  • 3連休の最終日。いい天気だ。娘を見送った9時半。きょうこそは角島へ行くぞ…、と張り切って出かけた。予報では最高気温が28℃くらいになるとのこと。確かにあったかい。山陽道は車が多かった。なんせ後がない身なので、制限速度+15?くらいで慎重に走行する。天気はいいが、遠くを見ると少し霞んでいるように見える。PM2.5の影響下もしれない。しかしこの霞みようだと、角島大橋もパッとしないかもなぁ。…なんて事が頭の隅を [続きを読む]
  • 少しずつ秋色
  • 3連休の中日、まずまずの天気になった。午後からほんのちょっとだけKawasakiに跨った。信州ツーリングを狙っているので、修理後の調子を見るための初ライド。四国に置いて帰るときに外したゲルザブや、サイドバックを取り付ける。セルボタンを押すと、あっけなくエンジンは始動した。大枚はたいたのは痛いが、ツーリングマシンとしては申し分ないバイクなので、これ以外のマシンはいまのところ考えられないので。2時間ほどの予定 [続きを読む]
  • 庄原備北丘陵公園
  • 芝生広場から「ひばの里」へとやってきた。古い家屋を移築したエリアは、古き良き農村の原風景。日の当たる縁側。これがいいんだな〜。中では、女性が栗を剥いてました。お茶のおもてなしがあります。セルフですけど…。日曜には、いろんな体験ができる催しをやってるそうです。先週はおはぎ作りだったとか。なんか癒されますね〜。自分の生まれた家を思い出しました。農家の前には田んぼがあり、昔ながらのハデ干し(私の里ではこ [続きを読む]
  • 秋のロコツーリング
  • 昨晩は久しぶりの夜釣りに行ってきた。ターゲットは「メバル」。ポイントは蒲刈島。かれこれ20年ぶりなのでアタリの感覚がつかめず、かなり苦労した。帰宅したのが深夜3時半。カミさんが出かける車の音で目が覚め、時計を見ると8時半。朝飯を食べるとバイク屋へ様子を見に行った。無事、四国から引き揚げては来ていたが、原因は充電をしていないことらしい。ジェネレーターとレギュレーターを発注しているので、近日入荷の予定との [続きを読む]
  • 早起きは・・・
  • 携帯のアラームが鳴っている。休みなのにアラームを切り忘れていたのだ。しかもカバンの中で鳴っているので起きないわけにはいかない。トイレに行った後何気なく窓の外を見ると、なんと霧がでている。しかもけっこう濃いそう。これは撮りに行かなくては。顔も洗わずに車に乗り込む。6時半過ぎなので陽はとうに昇っている。早くいかないと霧が薄くなってしまう。車一台分ほどしか幅のない山道を上っていく。一台だけ先客の車が停ま [続きを読む]
  • 瓶ヶ森、まさかの結末
  • 国道194から九十九折れを上ってくると旧寒風山トンネルがあり、その手前を左折すると「町道 瓶ヶ森線」となる。う〜ん、しかしさっきまでの青空はどこへやら、雲が多くなってきたなァ〜。そしてやってきました東黒森。ここから見る、自然子の頭へ続く道が瓶ヶ森林道のハイライト。左に目をやると、目線と同じ高さに、幾重にも重なる山並みが見える。少し移動して、東黒森への登山道入り口へ。ベンチに座って、コンビニで買った [続きを読む]
  • 台風一過、青空を求めて山岳ツーリング
  • 週末の予報では、台風の影響が残る月曜は「雨」。なのでまったく予定していなかったのだが、起きてみると秋を感じさせる青空が広がっていた。こりゃツーリングに行かなきゃいかん!目的地を瓶ヶ森林道に決め、いざ出発。クラッチを握ると、えらく重たく感じる。そうか、この前CBRに乗ったもんだから、その感覚を体が覚えてるんだ。案の定、走り出すとやたら重く感じ、ちょいととまどってしまった。Kawasakiはニュータイヤに交換 [続きを読む]
  • ニューマシーン?
  • ちょっと長めにセルを回すと、軽い音をたててエンジンが始動した。排気音も静かで、これなら早朝の出発もあまりご近所に迷惑はかからないかも。跨ってみると単気筒なのにシートのくびれがやや広め。足つき性はKawasakiの方がよい。バイクを直立させてスタンドを上げる。う〜ん、さすがに軽い。ハンドルの切れ角もしっかりあり、小回りも取り回しも楽そう。指1本でも切れそうなほど軽いクラッチを握り、シフトペダルを踏みこむ。ス [続きを読む]
  • 萩から津和野へ
  • シーマートを出ると、K11からK10を経由して、国道315の福栄にぬけた。初めて走る道だったが、道沿いにはキリシタン遺跡の看板が数か所立っていた。交通量がほとんどないローカルルートをのんびり走っていると、シールドにポツポツ水滴が落ちてきた。雨具は常備しているので問題ないが、まさか雨が降ってくるとは思ってもいなかった。しかし本降りになることはなく、津和野に近づくころには上がっていた。街中のGSで燃料 [続きを読む]
  • 迷った挙句に・・・
  • 携帯のアラームで目が覚めた。PCで天気をチェックすると、やはり雲が多めの模様。四国の山岳ツーリングに行くつもりでいたけど、この天気じゃね〜。まァ、どこにいってもパッとしないだろうけど…。グズグズと目的地を決められないまま30分が過ぎた。あっさり行くのをやめようかとも思ったが、今日はカミさんが休みなので、帰る時間を気にせずに出かけられる貴重な日なのだ。う〜ん、四国はやめてとりあえず西の方へ行ってみる [続きを読む]
  • 彩雲を纏う虹
  • 夕方、「ザー」という音とともに夕立があった。すぐに雨は上がり、西日が射してきた。すると東の空にくっきりとした虹が現れた。肉眼では判らなかったが、画像処理してみるとダブルの虹。それから十数分の後、暮れかかった空はピンク色の彩雲が…。その彩雲を纏うかのように、再び虹が現れていた。アーチではなくなっていたが、こういう光景は珍しい。明日はなにかイイことありそうな…。 [続きを読む]
  • 遅れ咲のヒマワリ
  • 親戚の墓参りに行った際、休耕田にヒマワリが咲いていた。曇り空だったので、鮮やかさが今一つ。近所の人に聞いてみると、今年はやめようかと迷っていて植え付けが遅れたのだそうだ。お世話をしているのは、平均年齢70歳越えの「女子会」のみなさん。連作障害を避けるため、来年はお休みする予定だとか…。お世話する人は大変ですよね〜。ありがとうごさいました。 [続きを読む]
  • いろいろな夏
  • 台風が四国に上陸した日、雨が激しく打ち付けるガラス窓越しに撮影。ぼやけているのはガラスに伝う雨。よく晴れた朝。露がいっぱい降りていた。実りの時。帰省した実家の庭からの風景。霧が出た朝。少しヒンヤリしていた。ドライフラワーになりつつある紫陽花。青空ならなァ〜。足元になにやらうごめくものが…。なかなかポップなカラーです。もうひとつ虫くんを…。なかなかバイクに乗れません。きままなツーリングがしたいもので [続きを読む]
  • 夏の風景
  • 昼過ぎ、棲真寺へやってきた。駐車場には車の姿は見えず。それもそのはず、ほとんどの蓮は花を閉じていた。湧き上がる雲をバックに撮影したが、強烈な日差しにピンク色が白っぽくなってしまった。気持ちのイイ朝だった。台風の接近を予兆させるような雲。田んぼの稲も、穂がでました。これが咲くと「あ〜、夏だなぁ」と思う。夏の夕暮れはピンク色。うだるような暑さが和らぎ、ほっと一息。信州あたりの高原に行きたいなぁ〜。涼し [続きを読む]
  • 平和記念公園
  • 平和記念公園に行ってきた。元安橋近くの100円パーキングに車を入れ公園へ。まずは慰霊碑で祈りをささげる。資料館前の芝生広場では、8月6日の式典の準備が進行中だった。公園内にいる人は、そのほとんどが外国人ではないかと思われた。とりわけ中国人観光客が多いみたいで、あちこちで中国語が飛び交っていた。原爆の子の像。対岸からドームを見る。動員学徒慰霊碑。広島は蒸し暑かった。 [続きを読む]
  • 朝飯前は涼し〜い 蓮を見に棲真寺へ
  • 5時には起きるつもりだったのに、目覚めて携帯を見るとすでに6時半。いつもの時間まで寝込んでしまった。車庫でエンジンを掛けておき、大急ぎで身支度し10分で家を出た。Tシャツの上にはメッシュジャケットだけだが、ちょうどいい涼しさ。緑が美しい田んぼの間を駆け抜けていく。フライトロードを棲真寺ランプで降り、フライトロードに沿った道を走ると、5分もしないうちに到着する。駐車場にはすでに7〜8台の車が停まってい [続きを読む]
  • サラッとご覧ください
  • 毎月1回実家に帰省しているが、今月も8日の夜から10日まで帰っていた。その時の画像です。実は初めて使用してみた「多重露光」。MFにして1枚目はピントを合わせ、2枚目はピントを外してみた。これも同じ手法。Lrで明瞭度を落としたのとは少し違う「フンワリ感」がでる。けっこう近づいてもおとなしくしててくれました。シオカラトンボくん。西に傾いた太陽が当たるアジサイ。蝉の大合唱が聞こえてきた。夏だなァ〜。 [続きを読む]
  • 大山広域農道 山容を変えていく大山
  • 大山環状道路を少し引き返し、大山牧場へと下っていく。遠くに弓ヶ浜を見ながらの、解放感たっぷりの下り。大山牧場から見る大山は一番秀麗な形。ここから広域農道に入り御机まで戻れば、形が変わっていく大山を楽しめる。ペンション村の標識を左折する。あじさい越しの大山。福兼展望駐車場から。牧場に立つ一本桜。かなり南に回り込んできた。藁ぶき小屋のある御机。これから蒜山に抜けよう。鐘ヶ成。青空への登山道。鬼女台展望 [続きを読む]
  • 妖怪の天井絵 圓流院
  • 鍵掛峠を出ると、環状道路を桝水原へ向かう。大山環状道路にかかる沢は3本あり、鍵掛峠側からだと三の沢が最初にある。大山環状道路はブナ林を抜けていく快適な道だが、中でもこの三の沢を過ぎ、二の沢までの区間が一番のお気に入り。高い位置に梢があるので、ブナのアーチの下が広く、実に心地よい。桝水原までやってきた。ここまで来ると、荒々しい様相だった大山は様変わりし、端麗な姿となる。妖怪の天井絵で有名な圓流院に立 [続きを読む]
  • 梅雨の合間の大山ツー
  • 台風が接近する前の貴重な「?」マーク。あいにく、「曇りのち…」ってことだけど、まぁそんな贅沢は言ってられない。暑くなるこの時期は、早朝に出発し午後速く帰ってくる…、というパターンだが、正午くらいから晴れ間が広がりそうなので、そのころ到着するよう9時半に家を出た。予報通り、雲は多いが雨の気配はなし。風もあって走っていればすんごく涼しい。この分なら、この前みたいなトラブルは起きないだろう。東城広域農道 [続きを読む]
  • 雨上がりの紫陽花
  • 前日の雨が、わずかに残る康徳寺。紫陽花の撮影には曇り空がいいといわれるけど、やっぱり鮮やかさが少し落ちる。いつもならほとんど使わない三脚を使用してみた。三脚を調節するのが、やっぱりチョット面倒くさい。桜の根元に、寄り添うように咲く白い紫陽花。まだまだ見ごろはこれから。 [続きを読む]
  • ゆめしま海道ショートツーリング 後編
  • せっかくススメてくれたので、弓削島の東側を走ってみることにした。「弓削島一周道路」の標識があるところを右折し、軽自動車しか通れないような細い道を上っていく。こんな道が延々と続くのかと心配したが、上りきると1.5車線ほどの道になった。海は左手に広がっているのだが、木々が邪魔になり、所々しか遠望はできない。おばあちゃんが言ってた、百貫島ってのはどれなんだろう。道はほどよいアップダウンを繰り返しながら斜面 [続きを読む]
  • ゆめしま海道ショートツーリング 前編
  • 梅雨の合間、晴れではないが雨は降りそうもない。北の方を見ると少し青い空が見えていたが、山陰や大山に行くほどの時間はない。地元の産直市に置いてあった「ざくっとしまなみドライブガイド」というのを見ていて、因島の向こうに、「生名島、佐島、弓削島」といういままでに行ったことのない名前があった。生名島へはフェリーで渡らなきゃいけないけど、そんなに遠くでもないし、後は橋で渡れるみたいなので行ってみることにした [続きを読む]