cucciola さん プロフィール

  •  
cucciolaさん: イタ飯百珍
ハンドル名cucciola さん
ブログタイトルイタ飯百珍
ブログURLhttp://cucciolasapori.hatenablog.com/
サイト紹介文イタリア人が「これだけは他国に負けない」と自負している「イタリアの食」の話題です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 215日(平均0.2回/週) - 参加 2017/05/12 21:24

cucciola さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 冷凍モッツァレッラ・チーズをめぐる賛否 
  • 向かって左側が「サレルノ産」、右側が「ローマ南部産」モッツァレッラ。先日、夫がサレルノ大学に出張し、ご当地に詳しい教授に「サレルノ一うまいモッツァレッラ」を売る店を教えてもらったといって買ってきた。暑い夏、料理がしたくなくなると、モッツァレッラは主婦の偉大なる味方になる。モッツァレッラとトマト、それにパンでもあれば、食欲がなくなる夏の食事は済んでしまうこともある。というわけでその日は偶然、夫 [続きを読む]
  • イタリア版「食育の本」
  • 通学用リュックの底から出てきた絵。「ピッツェリア」6才の娘の最近のお気に入りは、かこさとしさんの「からすのパンやさん」。私も大好きであった本であったので、娘にも買い与えたところ、毎晩町中に響くんじゃないかという大声で音読してから就寝するのがクセになってきた。バイリンガルで育つ娘には、イタリアの本も日本の本もわだかまりなく読めるものらしい。父親に買い与えられたのは、ルイス・セプルベダの「カモ [続きを読む]
  • 残り物の美学
  • 統計によると、生産される食材のなんと三分の一が捨てられているのだそうだ。Food Sustainability index なるサイトは、25カ国を対象に食卓に上ることなく捨てられていく食材を調査した。その結果、生産者から販売者に食材が届けられるあいだに傷んでしまったり、レストランやテイクアウトの食品を売る店で売れ残ったり、というのが食材がゴミ箱行になる主な理由であった。イタリアも調査対象国に入っていたのだが、「食べ物 [続きを読む]
  • 生ハムのエリートたち
  • イタリアの小学校はおやつを持参で登校する。娘のおやつは、あけてもくれても「生ハムを挟んだパニーノ」、生のにんじんスティックかリンゴという、おとぎ話に出てきそうな素朴なメニューだ。イタリアでも知名度が高いのは、「パルマの生ハム」と「サンダニエーレの生ハム」ということになっているので、我が家が購入するのはもっぱらこのどちらか。あるいは、街にある豚肉専門店自家製の生ハムを買ってくる。ところが先日、 [続きを読む]
  • それもまた立派な文化 「イタリアの食」
  • ここ数年、イタリアの食の話題はなにやら「あさましい」と思えるレベルにまで高まっている。日々、インターネットから垂れ流されてくるニュースに踊らされるのも、なんだか倦んできたなあと感じることもよくある。それなのに、つい読んでしまうのが食の話題なのだ。私はそれこそ「垂れ流されてくるニュースに踊らされる」一般庶民の一人であるから、食の話題にばかり目がいくのは、まず掲載されている写真が原因だ。それが調理され [続きを読む]
  • 過去の記事 …