愛 さん プロフィール

  •  
愛さん: ぐーたらママの非常識な子育て論 脱完璧主義
ハンドル名愛 さん
ブログタイトルぐーたらママの非常識な子育て論 脱完璧主義
ブログURLhttp://alomax.hatenablog.com/
サイト紹介文他では読むことのできない本音満載の子育て論を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 135日(平均0.7回/週) - 参加 2017/05/13 13:47

愛 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 育児書は今すぐ捨てて下さい!
  • こんにちは 愛です。育児書というのは、例えば赤ちゃんのミルクの作り方とかお風呂の入れ方とかオムツの変え方など、「お世話のやり方」を知るために読む分には問題ないのですが子どもの発達の早い遅い、子どもの性格、性質、よその子はあれができるのにうちの子はできないなどもし今のあなたがお子さんの「お世話以外のこと」について悩んでおられて一生懸命育児書や本を読んだりネットを読み漁ったりしている [続きを読む]
  • 子どもがいない人が自由で羨ましい?本当にそうでしょうか?
  • こんにちは 愛です。心新たに新学期を迎えた春がつい最近に思えますがもうすぐ9月も終わり。一学年の半分が終わろうとしています。月日がたつのは早いものです。さて本日のテーマは「子どもがいない人が自由で羨ましい?本当にそうでしょうか?」という内容でお話していきます。これは私自身息子が中一と小5になった現在も今だに思ってしまうことがあるのです。例えば、独身で子どものいない友人が「 [続きを読む]
  • 親の役割とは。
  • こんにちは、愛です。やっと小学校の夏休みも終了ですね、小学生のお子さまをお持ちの皆さま、夏休み本当にお疲れ様でございました。小学生ママの夏休みの大変なところと言ったら・毎日3食、食事を作ること・パートに行くとき、子どもだけでお留守番をさせることへの心配この2点でしょうか。これに加えて、宿題の手伝いやらレジャーに連れて行くやら子どもにとっては夏休みでも、母親にとって子どもの夏休み期 [続きを読む]
  • 子どもの夏休みが憂鬱と感じるあなたは幸せですよ。
  • こんにちは、愛です。「子どもが夏休みで憂鬱だわー」あなたがそう思っているとしたら、あなたは幸せですよ。世の中には学校でお友達からいじめを受けていたり(というか、いじめてくるような相手って友達でもなんでもないですけど)教師からいじめを受けている子だっているわけですからもし我が子がそんな状況に耐えながら学校に行っているとしたら、親としては毎日気が気じゃありません。我が子が毎日学校に行 [続きを読む]
  • 私はこんな非常識な母親です。
  • こんにちは、愛です。私には現在中学1年の「光(ひかる)」と小学校5年の「聖也(せいや)」という2人の息子がおります。反抗期と言われる時期ですが息子達は今のところ特に、母親である私に対して反抗をする様子はありません。おそらく・・・私自身が「非常識な母親」なので、もしかしたら息子たちは、私に反抗する理由がないのかも知れません。(もちろん、これから反抗期がくる可能性はありますが)私の [続きを読む]
  • 子育てが大変というのは固定概念です。
  • こんにちは、愛です。巷ではよく「子育ては大変」とか「大変な想いをして子どもを育てた」とかいいますが私が思うに、子育てが大変というのは固定観念だと思います。本来は子供を産み育てるというのはとても素晴らしい、幸せで楽しい経験のはずなのです。それを、つらく苦しいものにしてしまっているのは、実はあなたの心の在り方をほんの少し、修正すればいいだけのこと。ただそれだけなのです。パートナーが協力 [続きを読む]
  • 思春期に親の言うことを聞かない子どもになる その理由とは?
  • こんにちは、愛です。よく、思春期(中学生、高校生)辺りで、親の言うことを全然聞かなくなってしまうお子さんがいます。いわゆる「反抗期」と言われているものですね。母親の言うことは聞くけれど、父親の言うことは聞かないとかどちらの言うことも聞かないとか子どもによってそれぞれ違うわけです。子育てというのは、それこそ子どもが生まれたときからの、親と子どもの信頼関係の積み重ねでできているんですよ。 [続きを読む]
  • お子さんを大事にしたいなら、まずご自身を大事にしてください。
  • こんにちは、愛です。本当は我が子のことを誰よりも大切に思っているし、愛している。だけど、毎日家事と子育てに追われていて旦那さんはいつも仕事で家にいないし、家にいてもゴロゴロ寝てばかりで全然手伝ってくれない・・。誰も私の話しをまともに聞いてなんかくれないし、ってか、今日1日、子ども以外の人としゃべってないわ・・・そんな生活を送っているとつい我が子に対してイライラして八つ当たりをしてしまった [続きを読む]
  • 「ママ友」の定義
  • こんにちは、愛です。子育てをしていく上で、悩みの種の1つである代表格が「ママ友」とのお付き合い。私の経験上、どんなに面倒でも、子育てをしていく上で「ママ友」というのは絶対に必要な存在です。私自身、内向的な性格で、口下手なので、ママ友付き合い以前に人付き合い自体が得意な方ではありませんし、ママ友とのお付き合いというのも、できれば遠慮したい、ママ友なんていなくてもいいとさえ思っていましたが、 [続きを読む]
  • 母親の自己肯定感が足りないと子育てはしんどくなります。
  • こんにちは、愛です。子育てが人一倍しんどく感じてしまう母親の特徴として、母親である「あなた自身」の自己肯定感の低さ、があります。母親自身の自己肯定感って、子どもを育てる際に非常に重要になってきます。自己肯定感と聞くと、難しく考えてしまうかも知れませんがこれはそんなに難しい話ではなくて、母親であるあなた自身が、人様と自身を比較して落ち込んだり劣等感をもってはいないか。人様から認めてもらうこと [続きを読む]
  • 見るのは育児書じゃない。目の前の我が子です。
  • こんにちは、愛です。子育てが辛くなる原因の1つとして、育児書や育児雑誌、ネット、テレビ、ママ友などの情報に振り回されてしまうという点があります。赤ちゃんなら、○か月で寝返りをして○か月でお座りをして○か月でつかまり立ちをして1歳のお誕生日ころに歩くようになって。離乳食はこの月齢なら、このくらい食べてミルクは○ccで雑誌に載っているあの子は、離乳食をもりもり食べるのに我が子は全然食べてくれな [続きを読む]
  • 子育てとは「親が子を育てるのではなく、子が親を育ててくれるもの」
  • こんにちは、愛です。乳幼児期はそれこそ母親が朝から晩まで子どもに着きっきりで、ミルクだおむつだお外遊びだって1日中「ザ・育児」をしなくてはなりませんが、トイレができるようになり、大人と同じ食事を食べるようになり、幼稚園、小学校と進んでいくと、母親の元から離れてお友達やら先生やら地域の人との関わりが増えて行ってもちろん、いろんな人と関わっていく中で時にトラブルを起こしたり人を傷付けたり傷付 [続きを読む]
  • 過去の記事 …