KIKORI さん プロフィール

  •  
KIKORIさん: 返上!片づけられない女
ハンドル名KIKORI さん
ブログタイトル返上!片づけられない女
ブログURLhttps://fromnowon-tidy.blogspot.jp/
サイト紹介文こどものアレギー発症を期に、片づけられない女を返上!片づけられる女になります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 191日(平均0.6回/週) - 参加 2017/05/13 20:27

KIKORI さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 1回15分の片付けを実践
  • 片づけられる女になることを決意表明!なのに、なかなか苦手な片付けは進まない。やる気をだすために鉄のサプリメントを飲んでスマイルセルフトークをしながら日々がんばっているKIKORIです。以前読んだ本『ほんの1分で一生が変わる 魔法の片付け術』著 小松易には、片づけは1回15分で行うとあった。だから今回は、家事の合間に15分間だけ片づけてみたわ。この本では、5分で片づけたい場所のものを出し5分でものを分けて減らし5分 [続きを読む]
  • ここまで片づけてきて思ったこと
  • 片づけられる女になることを決意表明!なのに、なかなか苦手な片付けは進まない。やる気をだすために鉄のサプリメントを飲んでスマイルセルフトークをしながら日々がんばっているKIKORIです。今日は、子ど部屋をかたづけました。いらなくなったテキストをまとめプリント類を捨てたわ。基本的に、こどもからは全部捨てていいと言われているけどこどもは全く中を見ずに言っているので一応いる、いらないの判断をしてから捨てるの。時 [続きを読む]
  • やる気を出すためには血流が重要だった
  • 田中ウルヴェル京さんの本『成功の種を蒔く』に幸福な人間とは、自分自身が自ら幸せであることを選択して生きている人とあったから私だって幸福になりたいと思って幸せであることを選択しようと思ったの。だから、すぐには解決できないことに向かって気分を落ち込ませてるなんて幸せではないからもう止めようと開き直った。だけどね、気分の落ち込みの進行は止まったもののどうにもこうにも行動に移せないのよ。あれもしなきゃ、こ [続きを読む]
  • 落ち込んだ気持ちの折り返し地点は開き直り
  • 気分が落ち込んでしまったとき美味しいものを食べたりたっぷりと寝たら、少しは回復したりもするのだけど今回はズドーンと落ち込んでしまって本当に回復するのに時間がかかってるの。前回ブログに書いた身体的コーピングのスマイルセルフトークを続けながら、どん底に行かないよにふんばっていたわ。と言っても、落ち込んでるときに自分から鏡の前になんてなかなか立てない。だから、トイレに行ったときとか、洗面所に行ったときと [続きを読む]
  • 『鏡の中の自分に笑って話しかける』はコーピングの手法だった
  • 前回は、落ち込んでるときに、どうやって気持ちを上げるか。それは、『鏡を見て笑う』。笑いながら自分に話しかける。そうやって、自分で自分の心にエネルギーをチャージする。ということを書いたわ。そして、笑い方まで書いたところ。前回のブログはこちら↓落ち込みまくった私はどうやって戻ってきたかで、笑いながら鏡の中の自分に何を話しかけるか「大丈夫、大丈夫」どう大丈夫かなんて深く考えない「まだいける!」どういける [続きを読む]
  • 落ち込みまくった私はどうやって戻ってきたか
  • 落ち込みまくって医者に行った方がいいか!?というほど精神的に病んだ私がどうやって戻ってきたか……あ、まだ完全ではないから部屋が片付いてはいないのだけどでも、昨日はこれを捨てたわ壊れて動かないのにもしかしたらまた動くかも!?と思ってもう3年くらい…?もうどれくらい経ってるかもわからななくなってるけど兎に角そう思って捨てられなかったポップアップ式のトースターどうして、また動くかも!?と思ってしまったか [続きを読む]
  • 心にエネルギーを!落ち込んだ気持ちはどうやって上げる?
  • 片付けをするには、本当にエネルギーがいるのよ。『片付けを始めると人生が好転する』(『ほんの1分で一生が変わる魔法の片付け術』著 小松易)というし、断捨離で有名なやましたひでこさんも『セルフイメージは、使うモノを入れ替えることで変えることができる。住んでいる家の状態を変えることで、変えていける。』(『大人の断捨離手帳』著 やましたひでこ)と言ってるわ。さらには、ときめきのお片付けで有名な近藤麻理恵さ [続きを読む]
  • 片付けにはかなりのエネルギーがいる
  • 前回の投稿からだいぶ時間が経ってしまったわ。もう1か月以上も経ってしまったことに自分でも驚いてる。ああ、早く片付けられる女にならないとそう思って片付けに関する本を読んだり日々少しずつ片付けをしたりしていたのだけどどうにもこうにも片付けに手をつけることができなくなってしまってブログもかけなくなってしまったの。できなくなってしまった理由は片付けとは全く違うところで個人的に落ち込むことが発生して精神的に [続きを読む]
  • 『捨てる』ができるようになるために本を読んでみた2『断捨離』2
  • ああ、早く片付けられる女にならないとそう思って読んでみた本は『大人の断捨離手帳』著 やましたひでこそして前回は、この本によると『捨てられないものはない。捨てるか、捨てないか。 それを決めるのは自分自身。自分で自由に決めていい』とあったところまで紹介したわ。自由にといっても決められないのよ!私。そこについて、この本では次のような興味深いことが書いてあったわ。『「もったいない」という気持ちは、ものを愛 [続きを読む]
  • 『捨てる』ができるようになるために本を読んでみた2『断捨離』1
  • ああ、早く片付けられる女にならないとそう思って読んでみた本は『大人の断捨離手帳』著 やましたひでこ私が片づけられない大きな理由は捨てることができないってことだから片付けというより捨てるに主題を置いた本がいいと思ったわけ。だとすると『断捨離』はもってこいだと思ったの。まず最初に『片付けとはモノと向き合い、そのモノと自分との関係を問い直すこと。そして関係が終わったモノをしかるべき方法で手放し、始末をつ [続きを読む]
  • 『捨てる』ができるようになるために本を読んでみた1
  • 捨てることができない女だってことがわかった私は本を読んでみた。最初に読んだのは『ほんの1分で一生が変わる魔法の片付け術』著 小松易ほんの1分で一生が変わるだなんてこどものアレルギーのことを考えたらとにかく早く部屋を片付けたい私にはもってこいだと思ったわ。イラストもふんだんに使われて読みやすかったし。で、この本にあった片付けとは出して分けて、減らし戻す(しまう)こと。さらに、この本では出して を5分 [続きを読む]
  • 片付けはどうしたらできるようになるか3〜捨てるとは〜
  • 前回の記事で書いたのは片付けとはいかにものを捨てることができるかにかかっている。そして、この捨てるってことがいかに厄介なことかってことが分かった。ということだったわ。言い換えれば、私は捨てることができない女だってことが分かったのよ。どういうことかっていうと、こどものアレルギーの症状改善のために早く片付けなくちゃと思って目の前のものから片づけ始めたのよ。まずは、リビングに飾ってあったこどもが学校など [続きを読む]
  • カビ!?真っ黒な窓を掃除してアレルギー症状が緩和
  • こどものアレルギーが酷くなって汚名返上! 片づけられない女!と、決意表明したものの片付けが苦手な私そんなに簡単に部屋は片付かないだけど、こどものアレルギーはどうにかしてあげたい。なので、部屋中を見まわしてみたわ。手っ取り早くこどものアレルギーを軽減する方法はないものかそうしたら見つけてしまったのもの凄いものを!真っ黒な窓。最初は、なんで汚れてるんだろうって思ったの。全く近寄らないところの窓なのにど [続きを読む]
  • 片付けはどうしたらできるようになるか2
  • 前回の投稿から2か月以上経ってしまったわ。決意はしたものの本当に片付けって私は苦手。でも、どうしてもきれいをキープできる女になりたくて考えを巡らせていたの。本も何冊か読み自分にあった片付け方法はどれだろうって考えに考えたわ。それでこんなに時間が経ってしまったの。でも、そんな考えてる間にもこどものアレルギーは症状が現れてこどもは苦しそう。片付けとは別に掃除は念入りにしたわ。念入りというよりは普通と違 [続きを読む]
  • 片付けはどうしたらできるようになるか
  • 決意表明してからそろそろ一週間が経つわ。この一週間、私は何をしていたか。片づけに没頭…ってそんなに簡単にはいかないわね。だって、片づけ方がわからないから。そうよ、分かってたらもうとっくに片付いてるわよ。片づけられない女になんかなってないしアレルギーに苦しむこともないしこどもまでアレルギー地獄に引きずり込むこともなかったわよね。だからこの一週間で、片づけるってどうすればいいの?って、学んで、考えてい [続きを読む]
  • 決意表明!片づけられる女になる
  • 片づけられない女であることは自覚していたのだけれど特に困らなかったのよね。片付られていない部屋でも何がどこにあるか把握していたし掃除機は最低でも週に一度はかけてたしハウスダストのアレルギーがあるから自分の体が試験紙みたいなものであー限界と思えば徹底的に掃除すればアレルギー反応も収まっていたし。だけどね家族がいるとそうはいかなくなってきてね。物が増えすぎね。一人分と家族全員分では大違い。我が家は4人 [続きを読む]
  • 過去の記事 …