ozuno さん プロフィール

  •  
ozunoさん: 柚子にお願い
ハンドル名ozuno さん
ブログタイトル柚子にお願い
ブログURLhttp://blog.ozuno.online/
サイト紹介文映画。音楽。思想・哲学。文学。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供206回 / 194日(平均7.4回/週) - 参加 2017/05/13 22:23

ozuno さんのブログ記事

  • 100円詐欺? クレジットカードで
  • にほんブログ村母は認知症だが、100円をカードで使ったらしく、何年も使っていないカード会社から請求があった。母は相当ボケており普段カードを使わないし、使うことができないと言っても過言ではない。それに、100円という切りのいい額面が気になって、カード会社に連絡した。税込み100円などという商品は、考えることができない。あるとすれば、軽微な保険契約等に加入してしまったのではないかという可能性だ。認知症 [続きを読む]
  • アマゾンは資本主義のモンスターなのか
  • にほんブログ村業界の巨人という意味で言っているのではない。文字通りのMonsterという意味である。ネット・ニュースは暇つぶしに見るが、今読んだアマゾンのコラムに関してはいささか驚いた。情報ソースは田中道昭という人で、リソースはプレジデント・オンラインである。記事中、大雑把に言ってアマゾンが労働者を抑圧しているという点についてまでは、フムフムと読んだ。アマゾンは宅配業者を不当労働に駆り立てていると感じる [続きを読む]
  • 裁判員 専従にすればいいのに
  • にほんブログ村裁判員候補者名簿に登録させたという知らせを受け取った。私は裁判員制度自体に反対である。アメリカは独特の歴史風土があるから、陪審員精度を維持できているのだろうが、日本は違う。そのマネをしても始まらないのに、誰が考え付いたのだろう。残念ながら、これは法的義務なので、原則的には拒否できない。ただし、呼び出しに応じない者が半数近くに上るという。呼び出しとは、裁判員に選定されるくじ引きに出頭す [続きを読む]
  • 宝エステート
  • 機械警備の求人募集があったので応募した。「ちなみに年齢はおいくつでしょうか」人事担当者は言った。「51ですが」「は・・・。何か資格はお持ちですか」「指教責の1号。機械警備業務管理者」それだけ言えば、機械警備の人員募集には充分なはずだった。「あはは。経験がおありなんですね。他に資格は?」「消防設備士も持っていますが」「ウチはね、普通の機械警備とは違うんですよ。マンションの管理会社なんで、その対応が主 [続きを読む]
  • 生きていても、死んでいても同じ
  • にほんブログ村→朗読サイト表題は、ご存知ドストエフスキーの「悪霊」キリーロフのセリフです。修辞学的に考えて、文節を前後入れ替えると、違った効果が出てしまいます。「死んでいても、生きていても同じ」これでは、特攻隊員かなにかのようになってしまいます。違うんですね。もっと柳が風に吹かれるような、飄々とした態度なんです。やはり、「生きていても、死んでいても同じ」という境地が、完全な自由をうむのです。世の中 [続きを読む]
  • キリーロフ
  • にほんブログ村→朗読しています今日は予知夢がありました。その内容については、プライベートな事なので書きません。ところで、近頃気になっているのが、ドストエフスキーのキリーロフです。小説「悪霊」ですね。40過ぎると、身近な人がポツリと亡くなります。50を過ぎればポツリポツリ。年の近い従弟が亡くなったり。今日も近所の同年輩の方が亡くなったと案内看板が立っている。それで、自分の寿命は一体いつまでなんだろう [続きを読む]
  • 古史古伝
  • にほんブログ村→朗読バージョン時代性とでもいいますかね。1980年代には古史古伝ブームがあって、本屋には「謎の〜ナントカ史」といった本が結構並んでいました。私、結構買って読みました。世界には、まだ少しの人しか知らない秘密があるんだということが、アイデンティティになっていたように思います。帰属意識というよりは、固有性の確保でしょうね。アメリカから、カウンター・カルチャーが入ってきていた。お仕着せでは [続きを読む]
  • 時の轟音
  • にほんブログ村 →このテキストは朗読しています坂本龍一のレインという曲が凄く好きなんです。ベルトリッチの映画「ラスト・エンペラー」の挿入曲です。曲とも言えない程のハシ曲なんで、当時はビデオ・テープから音楽テープにオーバー・ダビングして聴いていました。「ラスト・エンペラー」はいい映画ですが、指三本折ってそこへ入れられるかといえば、そういうわけにもいかない。けれども、レインのシーンだけは忘れられ [続きを読む]
  • 魂の復権
  • にほんブログ村→私が朗読しています!一体、中世の熊野詣の熱意は、なんだったのかと思うわけです。ある意味では、場所はどこでもよくって、江戸時代にはお伊勢参りになるでしょう。しかし、それはどちらも天皇制に関わっている。神武東征。紀元頃、九州の筑紫の野に興った人たちが、何を思って勝手に、近畿地方はおれらのもんだと考えちゃったのか、謎に包まれています。今の常識から考えると、地勢的には、まず中国地方から平定 [続きを読む]
  • 吉本隆明の講話
  • 糸井重里の「ほぼ日」で、吉本隆明の講演が配布されていて、この頃毎日聞いている。吉本は知識人だから講演なのだけれど、聞いていると講話に思える。ふと思ったのだが、昔のお坊さんは、こんな集いを持っていたのじゃないだろうか。だから偉いと尊敬されていたのじゃなかったろうか。なにしろ僧とは知識人のことで、お寺はその拠点だったはずだ。自分だけ悟っても、世に関わらないのなら、無用の長物だ。恐らく吉本隆明くらい語れ [続きを読む]
  • タコ・チーズ
  • にほんブログ村この間から、スーパーでアフリカ産蒸しダコが目に入っていた。「足一本5百円とな? 高い。それになんでアフリカ産なんだ」昨今の漁業環境の悪化に伴い、タコはずっと獲れていない。まあ、それでも、時には食いたい。「そうだ! チーズと合わせてみないか」結果は、芳しいものではなかった。まずアフリカ産の蒸しダコがダメだったし、カマベールを買おうとして、「切れてるカマンベール入りチーズ」を買ってしまっ [続きを読む]
  • ワルチング・マチルダ
  • ワルツとは、旅の謂いだよと、トム・ウェイツは語っておりました。ちなみに、マチルダは殺人鬼です。そんな者とワルツを踊りに行くというのは、なにかサンボリズム的な旅のスリルですね。ギブソンがいい音出してます。ハーモニカもグッド。スプリングスティーンかと思っちゃいました。トム・トラバーツ・ブルースって、酔っ払いの戯言みたいになるビデオが多い中で、オヤブンは大した貫禄でございやす。この人は上手い! ボブ・デ [続きを読む]
  • 月暈
  • 若い頃は、西洋の詩が好きでしたが、齢を食うと漢詩の方がよくなってきます。篠笛でも練習しようかな。劉基に、秋夜の月黄金の波という詩句があります。月の周りに輪がかかる気象現象を月暈といいます。あるいは、この月の輪を波と見立てたのでしょうか。私は中年くらいから、いつでもこの月の輪が見れるようになりました。日によってカラーも違うのです。グリーンが入ったり、ピンクが入ったり。もう10年以上になるので、幻覚と [続きを読む]
  • 画像の盗用は犯罪です
  • にほんブログ村不心得な人は、結構見かけます。ツィッターでも、そういう人見ました。中国人女優の画像を顔だけ除外して、さも自分のもののようにアイコンに使っていたのです。これだけで、誠実さのカケラもない。私は注意しました。「グーグルの画像検索で、元画像が簡単に検索できるんですよ? あなた、それ犯罪ですよ?」意味がわからなかったようです。スマホでネットやり始めた人には、著作権意識が薄いか、無いようです。そ [続きを読む]
  • とりあえずBGMでも
  • にほんブログ村不心得な人は、結構見かけます。ツィッターでも、そういう人見ました。中国人女優の画像を顔だけ除外して、さも自分のもののようにアイコンに使っていたのです。これだけで、誠実さのカケラもない。私は注意しました。「グーグルの画像検索で、元画像が簡単に検索できるんですよ? あなた、それ犯罪ですよ?」意味がわからなかったようです。スマホでネットやり始めた人には、著作権意識が薄いか、無いようです。そ [続きを読む]
  • アイム詞集
  • 「どこの観覧車」アイムさんの詞集が出ました。333円です。もうちょっと安くすりゃあ、もっと売れて回転もいいのにと言ったけど、わからないというか、数字にこだわりがあるんだから、もう、仕方がないよね。ちょっと面白い人生の人だし、才能はあるよ。気に入ってもらえたら嬉しい。 [続きを読む]
  • 友達でいさせて
  • クレイグ・アラン・ヒューは、すぐにてもプロ・デビューできるね。この訴求力はすごい。CDあったら、買うよ。CDはないけど、パトロン募集しているみたいだ。毎月1ドル払えとかさ。勝手にここでアルバム作ってやるよ。これは凄い親密な感じがしていいね。We could jump! [続きを読む]