さぁ〜 さん プロフィール

  •  
さぁ〜さん: 韓流ドラマに囲まれて
ハンドル名さぁ〜 さん
ブログタイトル韓流ドラマに囲まれて
ブログURLhttp://blog.crooz.jp/3888221/
サイト紹介文韓流ドラマの視聴感想やドラマにまつわる物事を更新中!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 141日(平均1.9回/週) - 参加 2017/05/16 15:52

さぁ〜 さんのブログ記事

  • ナムグン・ミン インスタ
  • 俳優ナムグン・ミンがGirl's Day ミナと撮影したCM撮影現場の写真を公開した。ナムグン・ミンは28日、自身のInstagramに「#ミナと一緒に #同じポーズ #CM撮影 #コ_ン_シ_ム」という書き込みと共に1枚のモノクロ写真を掲載した。公開された写真には、ナムグン・ミンとミナが腕を組んでソファに並んで座っている。久しぶりに会う2人のツーショットに、多くのファンたちが喜びを表している。ナムグン・ミンとミナは昨年、韓国で放 [続きを読む]
  • 「ピョン・ヒョクの愛」予告映像
  • 「ピョン・ヒョクの愛」がユーモアたっぷりの予告映像を公開した。「名物虚伝」の後番組として韓国で10月14日から放送スタートするtvN新土日ドラマ「ピョン・ヒョクの愛」側は15日、SUPER JUNIOR シウォンとカン・ソラの並々ならぬハードキャリーな相反する魅力が印象的な予告映像を公開し、期待を高めている。「ピョン・ヒョクの愛」は、無職に転落した生活力ゼロの財閥御曹司ピョン・ヒョク(シウォン) と、高いスペックを持つ“ [続きを読む]
  • 「操作」最終回まで視聴者を虜に..
  • SBS月火ドラマ「操作」を完成度の高いドラマにしたのは、俳優の演技力が大きく作用した。昨日(12日) 韓国で放送が終了した「操作」第16話の要となったナムグン・ミン、ユ・ジュンサン、オム・ジウォンの緻密な連携プレーだった。ナムグン・ミンは正体不明のメディアで働き“マスゴミ”と呼ばれるハン・ムヨン役を演じた。ナムグン・ミンは特有の繊細かつ強烈な演技で、視聴者をハン・ムヨンの揺れ動く内面へと導いた。SBSドラマ「 [続きを読む]
  • カン・ハヌル、IU
  • 俳優カン・ハヌルと歌手IU(アイユー) が10日、ソウル・梨泰院洞(イテウォンドン) の某カフェでキャッチされ、カン・ハヌルの所属事務所が二人の関係を説明した。カン・ハヌルの所属事務所であるSEM COMPANYは「カン・ハヌルとIUは、親しい同僚であるだけで恋人ではない」と説明した。この日、インターネット上にはカン・ハヌルとIUが一緒に撮った写真が公開されたが、この日はカン・ハヌルの入隊前日だったため、二人が交際してい [続きを読む]
  • アン・ネサン
  • [本  名] アン・テゴン 안태건[職  業] 俳優,タレント[生年月日] 1964年12月25日 [出 生 地] テグ(大邱)広域市出演TV 2004 SBS 週間シットコム ひとりじゃない 編集長役      2004 KBS 大河ドラマ 不滅の李舜臣(イ・スンシン) チョン・ヨリプ役       2005 KBS 青少年ドラマ 四捨五入2 担任先生チェ・ソンボム役    2005 KBS ミニシリーズ 18・29〜妻が突然18才?〜 ソ・ユノ役 [続きを読む]
  • 人気ドラマに輝いたのは?
  • 「ソウルドラマアワード 2017」栄光の大賞はアメリカのドラマ「This is Us」が受賞した。そして俳優パク・ボゴムと女優パク・ボヨンが韓流ドラマ最高のスターとなった。7日の午後、ソウル汝矣島(ヨイド) KBSホールで「ソウルドラマアワード 2017」が開催された。大賞作には「This is Us」が選ばれた。「This is Us」は黒人の子供を養子に迎え入れた白人の夫婦が、性格も肌の色もすべて違う3人の子供たちに公平に愛を分けようと努力 [続きを読む]
  • 視聴率12.2%で月火ドラマ1位を
  • 視聴率調査会社ニールセン・コリアの集計によると、5日に韓国で放送されたKBS 2TV月火ドラマ「学校2017」最終回の視聴率は4.6%(全国基準) を記録した。KBS「学校」シリーズの7番目の作品である「学校2017」は、7月17日に放送された第1話が5.9%の成績を記録した後、最終回まで4%台の視聴率に止まった。しかし、7番目のシーズンでもgugudanのキム・セジョン、俳優キム・ジョンヒョン、チャン・ドンユンなど新人スターたちを発掘し [続きを読む]
  • 魔女の城
  • 完走〜概要小さい頃に火事で両親を亡くして、結婚してすぐに夫を事故で失った女性ダンビョル。ダンビョルは、亡くした夫との結婚式当日に、バイク事故を起こしたガンヒョンと出会う。一方、ダンビョルの夫の母親であるホドクは、息子を亡くし夫にも逃げられ、ダンビョルの事も恨んでいた。そして、バツイチ同士の女たちの愛憎劇がはじまる・・・。相関図感想?3つの満点ソ・ジソク目当てで見始めたがめっちゃハマった最初はちょっ [続きを読む]
  • 韓国を電撃訪問…日本ドラマ「ご..
  • 少し前の話になるが・・・日本版「ごめん、愛してる」の韓国撮影が行われる。取材によると、長瀬智也主演の日本ドラマ「ごめん、愛してる」の撮影のため、坂口健太郎が電撃で韓国を訪問した。関係者は11日、OSENとの取材で「『ごめん、愛してる』の韓国ロケーション撮影を行う予定だ」と明らかにした。坂口健太郎は最近「重版出来!」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」「東京タラレバ娘」などのドラマに出演し、日本 [続きを読む]
  • 海神ーヘシンー
  • BS12にて視聴全51話 (韓国語・日本語字幕)英雄か、反逆者か― 対極の運命を歩んだ男たちの美しくも悲しい友情の物語 『初恋』『朱蒙(チュモン)』チェ・スジョン×ソン・イルグク 韓国きっての2大国民的俳優が競演!2005年“国際エミー賞”本選ノミネート!世界が認めた歴史スペクタクル超大作! 1200年前の激動の東アジアを舞台に描かれた壮大なサクセス&ラブストーリー! 感想あっけない死に方だったなって思う方がチラ [続きを読む]
  •  オーマイビーナス 
  • 久しぶりの更新となってしまいました(^_^;)視聴終了ソ・ジソブ × シン・ミナ夢の共演で贈る、ドキドキ?ハッピーラブコメディ【STORY】 高校時代、"大邱のビーナス”のあだ名をもつカン・ジュウン。素敵な恋人もいる、いわゆるモテモテで周囲から一目置かれていた。しかし15年後、ジュウンは仕事の忙しさとストレスから、いわゆる“ぽっちゃり”した姿で弁護士として働いていた。 恋人ウシクとの記念日に、食事に誘われたジュウン [続きを読む]
  • 「7日の王妃」KBSロマンス時代劇..
  • KBS 2TV新水木ドラマ「7日の王妃」(脚本:チェ・ジニョン、演出:イ・ジョンソプ) の制作発表会が本日(29日) 午後、ソウル江南(カンナム) 区論硯洞(ノンヒョンドン) インペリアルパレスホテルでイ・ジョンソププロデューサー、俳優パク・ミニョン、ヨン・ウジン、イ・ドンゴン、2PMのチャンソン、コ・ボギョル、ト・ジウォン、パク・シウン、ペク・スンファンが出席した中、行われた。「7日の王妃」はたった7日間、朝鮮の歴史上最 [続きを読む]
  • あなたが選ぶ韓ドラNo.1スターは..
  • NBCユニバーサル・エンターテイメントが運営する、韓流作品情報他、韓流ファン必見の最新情報が満載の「韓ドラデラックス」では、「雲が描いた月明り」のブルーレイ&DVD発売を記念して、“ベストスター総選挙〜あなたが選ぶ韓ドラNo.1スターは誰?〜”を5月23日(火) より実施する。同キャンペーンは、韓ドラDXがオススメする人気ドラマに出演するスターの中からNo.1スターを決定するというもの。「彼こそが頂上の座にふさわしい! [続きを読む]
  • 甘いイ・ジョンソクにトキメキ警..
  • イ・ジョンソクの主演最新作「W -君と僕の世界-」のBlu-ray SET1&DVD SET1が好評リリース中。待望のBlu-ray SET2&DVD SET2がいよいよ6月2日(金) に、リリースを迎える。Blu-ray&DVDリリース記念して、豪華賞品が当たるTwitterキャンペーン(3回連続) がオフィシャルサイトで実施中!マンガと現実という次元を超えたラブストーリーが巻き起こるファンタジックな世界観を、3つの動画で大解剖。Twitterで@kandoraDXをフォローして [続きを読む]