セレス さん プロフィール

  •  
セレスさん: 大学受験のあれこれ
ハンドル名セレス さん
ブログタイトル大学受験のあれこれ
ブログURLhttp://shuri02.blog.fc2.com/
サイト紹介文大学受験情報、予備校や塾、勉強法について語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 161日(平均5.2回/週) - 参加 2017/05/14 13:06

セレス さんのブログ記事

  • 来年度、医学部定員9419人 地域枠316人
  • 医学部医学科の定員が決まりました。10/17付の産経ニュースから。 文部科学省は16日、2018年度の国公私立大81校の医学部入学総定員を、17年度より1人少ない9419人とする計画を公表した。 緊急医師確保対策などに基づく臨時定員317人分が17年度に終了するが、卒業後の地元勤務を条件に奨学金を設ける「地域枠」として19年度まで再度の定員増を可能にし、18年度は49校に316人分を充てる。 うち私立 [続きを読む]
  • 大学入試改革、学力以外の資質見抜く 阪大や関学など
  • 大学入試改革に苦心している様子がうかがえる記事です。10/16付の日本経済新聞から。 大学入試改革を前に、関西の大学が学力試験以外で受験生を選抜する体制づくりを急いでいる。大阪大は米国の専門家を招き「入試のプロ」を育成するセミナーを開催。関西学院大などは高校在学中の取り組みを査定するシステムを開発した。受験生を多面的に評価するノウハウは国内に少なく、先行事例として注目を集めそうだ。 大阪大が今夏に開い [続きを読む]
  • 入試科目に「忍者・忍術学」 三重大大学院、18年から導入
  • 個人的に気になるニュースでしたので、取り上げてみました。8/27付の日本経済新聞です。 「忍術」試験を突破して大学院生に――。三重大は大学院の人文社会科学研究科地域文化論専攻で、来年2月の入試から選択科目として「忍者・忍術学」を導入することを決めた。同専攻では、忍者関連の授業が複数設けられ、修士論文も忍者をテーマにすることができる。 山田雄司人文学部教授によると、学術的、科学的に忍者を研究する人材を育 [続きを読む]
  • マーク式と民間試験が必須に 国立大入試の英語
  • 大学入試「新テスト」に関する記事です。10/13付の日本経済新聞から。 大学入試センター試験に代わり2020年度に始まる大学入学共通テストの英語について、国立大学協会が現行のマークシート式問題と民間の資格・検定試験の両方を受験生に課す方針を固めたことが、13日わかった。国立大82校が参加する11月の総会で正式決定する。 共通テストの英語は24年度から民間の資格・検定試験に全面移行する。実用英語技能検定(英検)やT [続きを読む]
  • 23区私大の定員抑制「大賛成」 兵庫知事
  • 23区内私大の定員抑制に関する記事です。10/4付の日本経済新聞から。 兵庫県の井戸敏三知事は4日の記者会見で、東京23区内の私立大学・短大の定員増や大学新設を原則認めないとの政府方針について「大賛成だ」と述べた。2002年に大学などの都心立地を制限した工場等制限法が廃止されて東京一極集中が加速したとの見方を示し「23区内で学べば東京で仕事をする率が高くなる。それを少しでも抑制できないかという発想だ」と説明した [続きを読む]
  • 宇宙から森林調査 信州大や森林組合が衛星利用
  • 大学についての記事をひとつ。9/22付の日本経済新聞です。 信州大学などは21日、宇宙から森林を調査する実証研究を開始すると発表した。人工衛星の画像から松枯れの被害状況などを精密な地図にまとめる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の委託を受けて2020年度にJAXAが打ち上げる衛星で実用化を目指す。これまで難しかった松枯れ被害の全容を初めて解明できるようになり、森林資源の保全対策に役立つ。 研究は信大・先鋭領 [続きを読む]
  • 23区の私大定員増、文科省認めず 小池知事は反発
  • 23区内私立大学の定員抑制派も動いていました。9/29付の朝日新聞から。 文部科学省は29日、東京23区内の私立大学・短大の定員を抑制する告示をした。2018年度は定員増を、19年度は大学・短大の新設を原則として認めない内容。東京の一極集中を緩和するために安倍政権が打ち出した措置の一環だが、小池百合子・東京都知事は反対を表明しており、総選挙の争点にもなる可能性がある。 23区内の大学に通う学部生は全国 [続きを読む]
  • 「23区私大の定員増認めず」正式に告示 文科省
  • 23区内の私立大学の定員について記事が出ました。9/29付の日本経済新聞です。 文部科学省は29日、東京23区内の私立大学と短大の定員増加を、一部の例外を除いて認めないことを正式に告示した。大学・短大の新設も認めない。若者の東京一極集中に歯止めをかけ、地方創生につなげることが狙い。同省が行ったパブリックコメント(意見公募)には「学問の自由に反する」など否定的な声が多く寄せられる一方、「学生の質の確保につなが [続きを読む]
  • センター試験の出願開始 10月6日まで
  • 9/26付の産経ニュースから。いよいよ今年も始まります。 来年1月13、14日に実施される大学入試センター試験の出願受け付けが26日、東京都目黒区の同センターで始まる。出願は郵送で受け付け、10月6日の消印まで有効。センター試験に参加する国公私立大は、過去最多となった前年と同じ694校の予定で、公私立短大は154校を見込む。 地理歴史と公民、理科の一部で、同一教科内の科目間の平均点に20点以上の差が出 [続きを読む]
  • 山形大発ハム・ソーセージ 年内に発売
  • 最近、大学受験に関する話題がないので、別のネタを。9/22付の日本経済新聞から。 山形大学は21日、同大ブランドのハム・ソーセージを年内に発売すると発表した。山形県庄内地方で耕畜連携などによる食料自給圏づくりを実証し、全国各地のモデルとして発信することをめざす「庄内スマート・テロワール(食料自給圏)」の一環。山形県鶴岡市にある大学附属農場で飼育する豚20頭をもとに地元で加工、販売する。 発売するのはハム、 [続きを読む]
  • 大学定員抑制 都議会が反対意見書を可決
  • 23区内の大学定員抑制に関する記事です。9/21付の日本経済新聞から。 東京都議会は20日、東京23区内の大学定員増を抑制する政府方針に反対する意見書を可決した。「大学の教育・研究体制の改革・革新を滞らせ、大学の国際競争力を低下させる」と懸念を表明。「東京と地方が共存共栄し、日本全体の発展に寄与する取り組み」を求めている。反対派の動きが活発です。東京都が、知事をはじめあらゆる活動で反対意見を出していますね。 [続きを読む]
  • 立教女学院、短大の募集停止 教職員が無効求め申し立て
  • こんな疑似が出ていました。9/15付の朝日新聞です。 学校法人立教女学院(東京都杉並区)が18歳人口の減少などを理由に、2018年度から短大生と幼稚園児の募集停止を決めたところ、教職員24人が「財務状況についての説明が虚偽だ」などと主張し、決定の無効を求めて東京地裁に仮処分を申し立てたことが分かった。短大の廃止が全国で相次ぐなか、その是非が法廷で争われる異例の事態になっている。 立教女学院の理事会は1 [続きを読む]
  • 焦点:私大の倒産回避に「イエローカード」、少子化で検討
  • いよいよ大学の倒産が視野に入ってきました。9/12付のYahoo!ニュースから。 文部科学省は、経営悪化が著しい私大に対し、事業撤退を含めた早期の是正勧告をできるような制度改正の検討に入った。複数の関係筋によると、少子化に伴う学生の定員割れが深刻化し、4割の私立大学が赤字経営に転落。「大学倒産」で学生に影響が出かねないと判断したからだ。具体的には経営改善策を促す「イエローカード」の財務基準を定める方向だ。 [続きを読む]
  • 英語民間テストで要件案 文科省「複数回実施」を外す
  • 大学入試の新テスト「共通テスト」に英語の外部試験を使うことになりました。それに関する記事です。9/7付の日本経済新聞から。 文部科学省は7日、2020年度開始の大学入学共通テストで導入される英語の民間資格・検定試験について、活用のための要件案を公表した。「読む・聞く・話す・書く」の4技能をバランス良く評価していることなどを求める一方、全都道府県での試験の複数回実施は要件から外れた。 民間試験の活用などに [続きを読む]
  • 23区の大学定員抑制「撤回を」 小池都知事、林文科相に要請
  • またまた23区内の大学定員抑制についての記事です。抑制反対派が積極的に動いています。9/11の日本経済新聞から。 東京都の小池百合子知事は11日、林芳正文部科学相を訪問し、2018年度以降、東京23区内の大学の定員増加を認めないとした政府方針の撤回を求める要望書を提出した。 小池氏は人口の東京一極集中の問題と、学生数の抑制には「関連性が見いだせない」と指摘。政府方針が「マイナスの効果をもたらさないようにお願いし [続きを読む]
  • 私大連盟「人材育成に影響」 23区大学定員で意見書
  • 23区内の大学定員抑制についての記事がまた出ていました。9/7付の日本経済新聞です。 日本私立大学連盟は7日、東京23区内の私立大・短大の定員増を2018年度以降は認めないとする文部科学省の告示の改正案に「私立大学が新規分野の教育によって新たな人材を育成することを禁止するに等しい影響をもたらす」との意見を文科省の意見公募(パブリックコメント)に提出したと発表した。 私立大への影響を指摘する一方、23区内への流 [続きを読む]
  • 大学定員抑制方針、見直しを要請 小池知事が地方相に
  • 23区内の大学定員抑制についての記事です。賛成派と反対派のやりとりが激しくなってきました。9/4の日本経済新聞です。 東京都の小池百合子知事は4日、梶山弘志地方創生相と会い、東京23区内の大学の定員増加を抑制する政府方針に反対し、見直しを求める要望を出した。小池氏は政府方針について「大学の教育・研究体制の改革・革新を滞らせ、大学の国際競争力を低下させるにとどまらず、人こそ資源の我が国の国益を損なうことに [続きを読む]
  • 東大、過去最低46位に 英誌の世界大学ランキング
  • 9/5付の日本経済新聞から。世界の大学ランキングについての記事です。 英教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)は5日、今年の「世界大学ランキング」を発表、日本の大学で最も順位が高い東京大が昨年の39位から順位を下げて過去最低の46位となった。 THEは東大の順位下落は資金不足や中国などの大学が急速に順位を上げていることが主な原因と分析。フィル・バティ編集長は、近年東大の順位が下落傾向に [続きを読む]
  • 医学部に全国初「臨床心理学科」…香川大に設置
  • 今回は変わった学科の紹介。全国初に魅かれました。何事も最初というのは新鮮ですよね。9/1付の読売新聞から。 香川大は30日、2018年度の医学部臨床心理学科設置と大学院農学研究科の再編が正式決定したと発表した。 14日に文部科学省から設置を認める連絡があった。長尾省吾学長は「既に決まっている創造工学部の新設、経済学部の改組と合わせ、四つの改革すべてが認められた。魅力的な学部、学科を目指すので、地元の [続きを読む]
  • 進む有力大学の“東京ローカル化”、早慶は70%台に
  • こんな記事が出ていました。8/26付の日刊工業新聞です。東京23区の大学規制、さらに国際競争力を低下させる恐れ 東京23区の大学の学生定員や学部の新増設を規制する方針を政府が打ち出した。東京一極集中の是正と地方の活性化が狙いだというが、効果は疑わしい。むしろ日本の大学のを弱める危険性がある。 実は地方から東京への進学は減少している。文部科学省の統計では、都内の大学に入学した東京圏(埼玉、千葉、神奈川含む) [続きを読む]
  • 大学定員増抑制に23区反発
  • 23区内の私立大学定員についての記事です。8/30付の日本経済新聞から。 東京23区内で私立大学・短大の定員増を原則として認めない政府方針を巡り、反発や戸惑いの声が広がっている。23区長でつくる特別区長会は29日、定員増抑制に反対し、学部などの新増設を引き続き認めるよう求める要望書を政府に提出した。若者の東京一極集中の是正を目指す政府と、大学誘致を街のにぎわい創出の核にしたい23区の隔たりは大きい。 文部科学省 [続きを読む]
  • 指定国立大、東大など3大学に 経営の自由度向上
  • うおお、見過ごしていました。6/30付の日本経済新聞。以前、お伝えした「指定国立大」の件です。文部科学省は30日、子会社を使った事業展開や高い能力を持つ教授の好待遇での招へいなどが可能となる「指定国立大」に東京大、京都大、東北大の3大学を指定したと発表した。経営の自由度を高め、研究や教育で世界のトップ大学と肩を並べる大学への成長を促す狙いがある。ほかに東京工業大、一橋大、名古屋大、大阪大の4大学は将来の [続きを読む]