ひろ改めひろポン さん プロフィール

  •  
ひろ改めひろポンさん: 僕の体の半分は音楽で出来ている
ハンドル名ひろ改めひろポン さん
ブログタイトル僕の体の半分は音楽で出来ている
ブログURLhttps://mymusicforlife.com
サイト紹介文80年代洋楽からアニソン、声優アーティストまでアルバムやライヴをレビューします。
自由文80年代洋楽を聴いて青春を過ごしてきたアラフィフのおっさんです。
今は、声優アーティストやアニソンにはまっています。
CDやDVD、ブルーレイなどを紹介していきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 344日(平均3.2回/週) - 参加 2017/05/14 14:15

ひろ改めひろポン さんのブログ記事

  • 僕を形作った洋楽アルバムたち Vol.146 MR.BIG − BUMP AHEAD
  • グランジの波に押しつぶされた名盤 MR.BIG − BUMP AHEAD前作の成功を受けて、道を踏み誤る1991年リリースのMR.BIGの2ndアルバム、LEAN INTO IT(リーン・イントゥ・イット)はビルボード誌アルバムチャートで第15位、アメリカで100万枚を売り上げました。グランジが台頭して、多くの80年代からのハードロックバンドが淘汰されていく中、なかなかの好成績をあげたと思いますね。 やはりこの成績は、アルバムからのシングルで、世 [続きを読む]
  • 僕を形作った洋楽アルバムたち Vol.144 HEART − BRIGADE
  • そして黄金期のラストアルバムへ  HEART (ハート)− BRIGADE(ブリゲイド)この作品までの流れ1985年リリースのHEART(ハート)の8thアルバム、HEART(ハート)はビルボード誌アルバムチャートNo.1を獲得し、アメリカだけで500万枚を記録。1987年リリースの、9thアルバム、BAD ANIMALS(バッド・アニマルズ)は同誌アルバムチャートで、第2位を記録、アメリカだけで300万枚を売り上げます。人気が低迷していたハートは、この2作 [続きを読む]
  • 僕を形作った洋楽アルバムたち Vol.139 AEROSMITH − PUMP
  • 低迷を乗り越え、第2の黄金期に突入 AEROSMITH(エアロスミス) − PUMP(パンプ)低迷期から復活までの歩み1970年代に大活躍していたエアロスミスでしたが、ヴォーカルのSteven Tyler(スティーヴン・タイラー)とギタリストのJoe Perry(ジョー・ペリー)の関係が悪化、アルバム5作を残して1979年にジョーが脱退します。その後、バンドはギタリストを代えて2枚のアルバムを出しますが、人気は低迷していきます。 1984年には、二 [続きを読む]
  • バンドリ! Vol.34 Roselia 5thシングル Opera of the wasteland c/w 軌跡
  • オリジナルメンバー5人でのラストシングル Roselia 5thシングル Opera of the wasteland c/w 軌跡衝撃の遠藤ゆりかさん引退2017年12月17日、衝撃のニュースが飛び込んできました。Roselia(ロゼリア)のベース、今井リサ役の声優である、遠藤ゆりかさんの引退発表です。 まさにロゼリア快進撃の真っ最中でこれからどれだけ伸びるか、非常に大きな期待を持っている中でのこの知らせに、身も凍る思いがしました。もちろん、人の人生 [続きを読む]
  • 僕を形作った洋楽アルバムたち Vol.135 CHICAGO − CHICAGO17
  • スタイリッシュに変貌を遂げた老舗バンドの名盤 CHICAGO(シカゴ) − CHICAGO17(シカゴ17)CHICAGO(シカゴ)との出会い“素直になれなくて”洋楽を聴いたことがなかった中学の前半の時代でしたが、それでも彼らのこの名曲は耳にしたものです。美しいピアノのイントロ、ハイトーンが透き通るようなヴォーカル。そして、一度聴いたら忘れなられない心をつかむ美しいメロディ。 洋楽に詳しくなくても、当時ほとんどの人が耳にした [続きを読む]
  • 僕を形作った洋楽アルバムたちVol.126 TOTO − TURN BACK
  • なぜ売れなかったかわからない3rdアルバム TOTO − TURN BACK(ターン・バック)よりハードでギターオリエンティッドなアルバムへ1979年にリリースされたTOTOの2ndアルバム、HYDRA(ハイドラ)はビルボード誌アルバムチャートで第37位、アメリカで50万枚、世界でも200万枚と、ヒットしたデビュー作を大きく下回る成績に終わりました。 1stアルバムに比べると、プログレ要素が加わり、また、コンセプトアルバムとしての雰囲気がち [続きを読む]