よしだ さん プロフィール

  •  
よしださん: 教える仕事に勇気を
ハンドル名よしだ さん
ブログタイトル教える仕事に勇気を
ブログURLhttps://ameblo.jp/yumij301/
サイト紹介文「教える+コーチング講座」実施中。コミュニケーションのお悩み解決、自律学習に興味のある方に是非!
自由文日本語教師で、先生業専門コーチングセミナー講師です。先生業のお悩みは「教え方」でしょうか。私は学習者・同僚の先生との対人関係やコミュニケーションなのではないかと思っています。教える仕事にまつわるコミュニケーションのお悩みを軽くすることができたら嬉しいです。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 214日(平均2.6回/週) - 参加 2017/05/14 16:26

よしだ さんのブログ記事

  • 日本語教師、コーチングの効果はこんなところに
  • 今年、自分にどんな変化があったかなぁと、しみじみ振り返る時期になりました。 コーチングを学んでから、「こんな効果が!」と思ったこと。 学習者に対してではなくて、意外と自分自身に効果があったなぁと感じます。 以前の私は、新しい授業やクラス、初対面の学習者がとっても苦手 「やったことのないこと」 「会ったことのない人」 「知らない教材」など・・・。 何故かというと、 「やったことない」   ↓「失敗するかも? [続きを読む]
  • アクティブラーニング、トライ&エラーの記録
  • 何かぼーっとする。と思ったら、今週は代講と新規のレッスンがあったからかもしれない。 その代講レッスンで、ジグソーリーディングをしてみました。 今日はそのトライ&エラーのご報告です。 読解と会話のクラスで「やりかた任せます。楽しくやってください」との依頼だったもので、楽しんでいこうと思いました。 N2レベル(多国籍5名)企業のグループレッスン 教材は「三浦雄一郎さんに関する読み物」 私はコーチングをしてい [続きを読む]
  • 第三回 サタデーナイトワークショップ開催しました
  • 先日、Coto Language Academyにてワークショップを行いました。 こちらは私が非常勤講師として楽しく働いている学校です。 今回のテーマは「学習者と教師の違いを授業に活かす」 アイスブレイクのテーマは「教えやすい学習者・教えにくい学習者」 「あの学習者は教えにくい!苦手!」と感じるのは何故? みなさん「教えやすい学習者」はけっこう共通しています。 ・・・が、「教えにくい」はいろいろ。 前半は心理テスト「Big-Fiv [続きを読む]
  • 日本語の会話クラス、ワークショップのようにできる
  • グループワークが大の苦手だった「教える+コーチング」講師の吉田です。 ワークショップは楽しいな、と思い始めたのは最近のこと。 ちゃんと考えられたワークショップは学びが多く、ワークの時間もあっという間に感じます。 参加者どうしの安心感があり、学びがあり、活動に集中する。 ・・・これって、授業も同じですよね。 「あっという間に感じる授業」っていいと思いませんか。 「対話型ワークショップ研究会ーワールドカフ [続きを読む]
  • 時間のムダ?これも自分なりの働き方
  • 冬の朝は暗くて眠い。でも、朝が好きです! ここは週2回、朝のレッスンで訪れるビル。 レッスン開始の20分前に着いて、ここの椅子で少しゆっくりします。 レッスンの確認をしたり、ぼーっと通勤する人を見ているときも。 ちょっと早いでしょうか? でも、この時間が必要なんです。私には。 電車が多少遅れても、遅刻しないし。 あなたのプチストレスのもとは何でしょうか。 私の場合は「あーっ!もう、時間がないっ!」とか [続きを読む]
  • 学生がワイワイガヤガヤ、授業に戻すには?
  • 近所の公園で紅葉を楽しむ『教える+コーチング』セミナー講師の吉田です。 いつも感想・気づきのメール、ありがとうございます! 今日はみなさんと、ひとつのお悩みを共有したいと思います。 『授業中、学生どうしが盛り上がってしまったとき、うまく授業の流れに戻せないのですが・・・』 私はこのお悩みがすごくわかります。 正直、私もそんなとき授業の流れに戻すのはヘタ。 日本語学校であれば、何かの拍子に母国語で”ワ [続きを読む]
  • 日本語のやさしい『声がけ習慣』
  • 学習者に「がんばって!」と、言うことの多い私たち。 学校では、ほぼあいさつのひとつ(?) でも、思ってみると 「センセイも、がんばって!」と言われたら、どうでしょうか。 「ありがとう、私もがんばる」って思います? 「え?!もう、がんばってますけど」って思います? 「私、がんばってないように見える?」って思います? どちらにしろ、何かビミョーな感じがしませんか。 学習者に「がんばって!」よりも「(いつ [続きを読む]
  • 第2回スキルアップセミナー、土曜の夜に!
  • 先週のことですが、土曜の夜にワークショップを開催しました。 ここは私が非常勤講師としてお世話になっている楽しい学校(Coto Language Academy)です。 先月から3回にわたり「コーチングから学ぶ、教え方のコミュニケーション講座」と題して行っています。 今回のテーマは『最初が肝心!学習者の目標設定について学ぼう』でした。 私たちは常に学習者の目標達成に関わっています。 それで、このテーマです。 ところで、です [続きを読む]
  • 日本語教師 学生からのフィードバックにドキドキ
  • 私たちの感情は、一喜一憂している。 生徒の言葉に、態度に、その表情に。 「今日のレッスン、楽しかった!」・・・ 「先生の授業が好きです。」・・・ 「今日は難しかった(ため息)・・・」・・・ 「ぜんぜん、わかりませんでした!!」・・・ 以前は、 「楽しかった」と言われると舞い上がった。 「わからなかった」と言われただけで、落ち込んだ。 生徒からのフィードバックには、良くも悪くも感情が揺れる。 それは、 [続きを読む]
  • 日本語教師に限らない、疲れやすい先生のトリセツ
  • 「疲れやすい先生」? それは私です。 授業が続くと、すぐバテてしまいます。 以前は「経験が足りないから、緊張して疲れるのだろう」と思っていました。 たしかに経験を積むと、それほど緊張しなくなります。 でも、疲れやすいことに変わりはないです。 レッスンによっては2コマくらいでバテバテ。 『今の1コマで白髪、増えたな、私。』って思うこともあります。 私は、もともといろいろな刺激に敏感で、それで疲れてしまう [続きを読む]
  • 日本語の教室、生徒同士の仲が良くないとき
  • (北アルプス、わさび平小屋にて) クラスのみんな仲が良く、いい雰囲気だと、嬉しくなります。 反対に、 クラスの雰囲気が、バラバラだだったり、殺伐としていると気になりますね。 教室に入ったとき、全員しーんとしてスマホを見ているクラスも。 「このクラス、みんなのレベルも雰囲気もバラバラ。」 「まとまりがない。協力的じゃない生徒が多い。」 「〇〇さんと、〇〇さんは仲が悪そう。」 「ペアワークやグループワークを [続きを読む]
  • 日本語教師養成講座、やっておけばよかったこと
  • (生徒さん手作りの和菓子女子力高い) 養成講座に通っている読者さんから、メッセージをいただきました。 養成に通っていたのは17年前です。 思い出すのは、きびしかった実習と、孤独だった試験勉強。 個性的なクラスメイトと先生たち。 人生であれほど勉強したことはないくらいです。 でも、実習、そんなにきびしかったかな? 今思うと、当たり前のことを言われていたんじゃない? 「導入から練習の流れがわかりにくい」 「 [続きを読む]
  • 『信頼される先生』への第一歩
  • 果物がおいしい季節になりました。 そう言えば、今年は苺や桃をあまりたべなかった・・・とふと思い出しました・・・ 今日は『学習者の話の聴き方』について書きます。クラスに、反応がうすーい学習者はいませんか。 何をやっても響かないというか、無反応。 そうすると、 『この授業、つまらないのかな?』『そもそも、やる気がないのかな?』と思ってしまいますね。何をしたらいいのか・・・と困ってしまいます。そんなとき、 [続きを読む]
  • 先生業とプライベートのバランス
  • 最近は自然を求めて、一人で山歩きをしていました(´∀`) 「一人で山に行って、何が楽しいの?」 「さびしくない?一緒に行く人、いないの?」 って、よく聞かれます。 正直、 「さびしくないよ。むしろ一人のほうが、気楽なんだよねー。」としか言えません。 自然の中を無心に歩いていると、さびしいというより、自由で爽快なのです。 天候の変化にドキドキしたり、強風に震えたり、素晴らしい景色に出会ったときの素の自分。 [続きを読む]
  • 勇気をくれる人がいる
  • みなさんにとって、無心に夢中になれることは何でしょうか。 私は「山登り」です! 高尾山レベルから始めて、奥多摩の山々、尾瀬で山小屋デビュー。 そして最近では北アルプスも一人で縦走しています(^^ (ここまで来るのに数年かかってます) 好きなことは夢中になれるし、続けられる。 続けて行くうちに自然にレベルアップしている感じです。 ところが、仕事となるとそこまで無心になれないのが現状 自分がやっていることが [続きを読む]
  • 教師と学習者が迷走する前に(試験編)
  • もし地図もガイドブックもなしで、こんな道を歩いて行くとしたら、どんな気分でしょうか。 切り立った崖の上を、横に張られた針金だけを頼りに、ゴールにむかう・・・ 初めてのことに挑戦するときって、ワクワク、ドキドキ、楽しみ、でも怖い! あなたは、こんなときやる気になるタイプですか? それとも、不安のほうが強いでしょうか? 初めてのレッスンで、学習者が「試験を受けたい」と言ったとします。 以前の私は「じゃ、合 [続きを読む]
  • グループワーク嫌がる学生、どうする?
  • めっきり涼しくなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 先週、北海道に行ったのですが、朝夕は暖炉に火が入っていました! このまま夏が終わるのか・・・過ごしやすいけど、さびしいです。 ところで、みなさんは学生の頃、グループワークってしていましたか。 私の時代は・・・・ たまに理科の実験と、家庭科の料理の日があったぐらいでした。 普通の授業とちがって、座って勉強しなくてもいい時間です。 他のクラスメートは喜 [続きを読む]
  • ついつい目が行ってしまうモノ
  • 残暑がじりじり続くこの頃、みなさんお元気でしょうか。 夏かぜや、疲れがでる時期かもしれません。 私は初めてする仕事があったり、ワークショップ、放送大学の試験など、なかなかハードな夏でした。 週末、久々に岩手の実家に帰省。 実家の窓から外を眺めると、目に飛び込んでくるのは山の緑が7割、空の青の色が3割。 車の車窓も同様。 ただ、ぼーっと緑を眺めるだけで、とっても気持ちがいい! 『私、そんなに自然を求め [続きを読む]
  • みんな違う、それがいいんだよね
  • 先週末、『学習者の本音を引き出すたったひとつのコツ』と題して、講師をさせていただきました。 サタラボという日本語関係者の集まりで、みなさん学ぶ意欲が高いです! 超ベテランの方や有名校の教務の方もいらっしゃるので、前日から緊張状態 でも、みなさんは教師としての私を見に来るわけではないです。 「教師がコーチングをするって、どういうこと?」・・・を聴きに来るのだと言い聞かせ、これまでの失敗談から、コーチン [続きを読む]
  • ティーチングにコーチングを取り入れるメリット その1
  • 今日も涼しい日です。 ・・・が、外を歩いてみると、けっこう蒸し暑い。 スーパーでパイナップルを買ったのはいいけど、夕食の材料を買うのを忘れてしまいました ところで、今日はティーチングにコーチングを取り入れるメリットについて書きます。 その1は、『学習者の自律学習が進むこと』 コーチングでは、学習者自身が決めた目標、やりかた、ペースを優先します。 自分で決めたことは、『やってみたくなる』のです。 もし [続きを読む]
  • この人とは合わない!と思ったら・・・『タイプの違い』を活かす方法
  • みなさんはお盆休みでしょうか? 私は普通に授業です。代講レッスンがあるので、普通より気が抜けない事態です(^^; 最近、『この人の仕事ぶりが好きだなー』と思っている人がいます。 『ありがとう!』、『おかげで助かる〜!』と言いたいことがたくさんあります。 私とは全く違うタイプだと思うんです。 ・・・が、何故かその人の仕事ぶりをみると、私もやる気がでます! 多くの人は、人間関係において『タイプが違うから合 [続きを読む]
  • 無料メール講座のご案内
  • こんにちは。吉田です。 みなさんは夏休みに入っているころでしょうか。 それとも、休みはまだまだ先の話という方も、 休みなんかない!という方もいらっしゃいますよね。 今日はちょっとしたお知らせがあります。 無料のメール講座を始めることにしました。 タイトルは『コーチングから学ぶ、教える仕事のコミュニケーション講座』です。 スキルアップしたい先生、悩みを持つ先生に手軽に読んでいただきたい、そんな気持ちか [続きを読む]