フォトフェス さん プロフィール

  •  
フォトフェスさん: 花が撮りたい。
ハンドル名フォトフェス さん
ブログタイトル花が撮りたい。
ブログURLhttp://fanblogs.jp/photofes/
サイト紹介文写真を趣味にしているフォトフェスです。 花を美しく撮りたいと日々精進しております。
自由文自己紹介
野鳥・花・風景を中心に写真を撮っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供208回 / 194日(平均7.5回/週) - 参加 2017/05/14 18:40

フォトフェス さんのブログ記事

  • ムスカリ・ブドウヒヤシンス
  • [基本情報]花の時期は3~5月花の色は白、桃色、赤、紫草丈は15~20cm花の大きさは0.5~0.7cmの花が5cmほどの花序を形成する葉っぱは細長い日照 日向か半日陰耐寒性 強い[花言葉]「高貴な生活」「夢にかける思い」など[育て方]日向から半日陰で水はけの良い土を好む。多少陽当たりが悪くても花が咲く。球根の植え付けは11月が適期。[撮り方]草丈が低いが群生して咲く傾向にあり葉っぱが地面を覆うように生い茂る性質なので斜め上から [続きを読む]
  • ロウバイ・カラウメ
  • [基本情報]花の時期は12~2月花の色は黄色樹高300~400cmの落葉低木花の大きさは2~3cm日照 日向か半日陰耐寒性 強い[花言葉]「おしゃべり」「慈愛」[育て方]陽当たりが良い場所を好む。半日陰でも育つが日照時間が短いと花のつきが悪くなる。土は肥沃なものを好むので植え付ける前に腐葉土をすき込むと良い。苗木の植え付けは12月~2月の間が適期。病害虫に強いので育てやすい。剪定は花が終わってすぐに樹形を整え絡み枝や密集した [続きを読む]
  • ウツギ・ウノハナ
  • [基本情報]ウツギ[空木]という名前は幹や枝が中空であることが由来花の時期は5~7月花の色は白樹高100~200cmの落葉低木花の大きさは1~2cmの花が房のように10〜20cmの花序を作る葉っぱは楕円形で先が尖る日照 日向か半日陰耐寒性 強い[花言葉]「秘密」など[育て方]陽当たりが良く水はけが良い用土であれば特別肥料を必要としない。野生種は水はけの良い斜面などによく生えている。[生息地]山地(1000〜1700m)の道端や斜面[撮り方]野 [続きを読む]
  • ゲウム・ダイコンソウ
  • [基本情報]花の時期は4~7月(標高が高い場所では8月まで見られる)花の色は赤、橙色、黄色草丈は40~60cm花の大きさは2~3cm葉っぱは菱形で縁がギザギザしている日照 日向か半日陰耐寒性 強い[花言葉]「前途洋々」「将来有望」など[育て方]陽当たりと水はけの良い場所を好む。ただし夏の暑さに弱いので西日が当たる所は避けた方が良い。また鉢植えなどなら真夏の日中の直射を避け風通しの良い涼しい場所を選んだ方が良い。用土を作る [続きを読む]
  • ポンポンギク
  • [基本情報]花の時期は9~11月花の色は白、赤、桃色、紫などで、半球状もしくは若干ガク側に向けても花が咲く草丈は10~50cm花の大きさは3~8cm葉っぱは長く縁がギザギザしている。日照 日向耐寒性 強い似た品種にピンポン菊があるが、こちらは花が額のところまで放射状に咲く。[花言葉]「高貴」「君を愛す」[育て方]陽当たりと水はけが良い場所を選ぶ。植え付けは苗を買ってきて4から5月の霜が降りなくなった時期が良い。用土は赤玉 [続きを読む]
  • ミズキンバイ
  • [和名]水金梅水辺に咲き、キンポウゲ科のキンバイソウに似た花を咲かせることが由来[基本情報]花の時期は7~9月花の色は黄色草丈は20~50cm花の大きさは4~8cm葉っぱは細長い楕円形で艶があり、少し萎れた感じ日照 半日陰絶滅危惧種指定されている[花言葉]「秘めた熱愛」「水龍」など[生息地]池や沼などの水辺[特徴]花びらの先は浅くくびれて散りやすい。午後には花の近くの葉っぱに触れただけでも落ちる。*** 今日も御覧 頂き [続きを読む]
  • デンドロビウム
  • [基本情報]花の時期は2~6月花の色は紫、白、赤、黄色など草丈は50~80cm花の大きさは3~8cm葉っぱは細長い日照 日向か半日陰耐寒性 弱い[花言葉]「華やかな魅力」「わがままな美人」など[育て方]基本的には鉢植えで育てた方が良い。用土は素焼き鉢の場合は水ゴケを、プラスチック鉢ならバークや軽石・ヤシ殻チップなどを混ぜたミックスコンポストを用いる。風通しの良い半日陰を好み寒さに弱いので冬は8℃以上が保てる環境に置いた [続きを読む]
  • オンシジュウム
  • [基本情報]花の時期は12月〜1月、4月〜6月、9月〜10月(不定期性あり)花の色は黄色、赤など草丈は10~100cm花の大きさは2~10cm葉っぱは細長い日照 半日陰耐寒性 弱い[花言葉]「可憐」「気立ての良さ」など[育て方]基本的には鉢植えで育てた方が良い。用土は素焼き鉢の場合は水ゴケを、プラスチック鉢ならバークや軽石・ヤシ殻チップなどを混ぜたミックスコンポストを用いる。風通しの良い半日陰を好み寒さに弱いので冬は10℃前後 [続きを読む]
  • ミゾソバ
  • [基本情報]名前は溝の近くなどに雑草のように生えることが由来花の時期は7~11月花の色は白と紫の複色草丈は30~80cm花の大きさは0.5cmほどが数輪まとまって花序を形成する。葉っぱは三角形日照 半日陰[花言葉]「純情」など[生息地]溝の縁、川辺、湿地[撮り方]雑草の一種だが花色も綺麗でアップで見ると可愛らしい花である事が分かる。生育環境がそろっていれば群生して咲くが、この花の特徴を生かすならアップか蜜を吸いに来たスズ [続きを読む]
  • ホトケノザ
  • [基本情報]名前は葉っぱの形が仏様が座る蓮華座に似ていることが由来。花の時期は3~5月(一説には11月から6月という人もいる※1)花の色は紫草丈は10~30cm花の大きさは1.5~3cm葉っぱはフリルのある円形日照 日向か半日陰[花言葉]「輝く心」「調和」など[生息地]畑、道端[撮り方]生育環境が整っていれば群生して育つ。群生しているなら引き(広角、または望遠で離れて)で撮りたい。アップで撮るときは草丈が低いので地際で撮るならチ [続きを読む]
  • サルビア・エレガンス
  • [基本情報]別名:パイナップル・セージでパイナップルのような香りがするハーブであることが由来。花の時期は10~11月花の色は赤 草丈は100~150cm花の大きさは4~7cmのものが15~20ccmほどの花序(※1)を形成する葉っぱは先が尖った楕円形日照 日向か半日陰耐寒性 強い[花言葉]「家庭的」「愛を求めて」[育て方]陽当たりと水はけが良い場所を好む。ハーブ用用土か、赤玉6に対し腐葉土3と川砂1の用土で育てると良い。関東より南では [続きを読む]
  • センニチコウ
  • [基本情報]名前は1000日ほど花が続くほど花期が長い事が由来し「千日紅」実際にはそれほど長くはない。花の時期は5~11月花の色は赤、白、黄色、紫草丈は15~70cm花の大きさは2cmほど葉っぱは細い楕円形で先が尖る日照 日向か半日陰耐寒性 弱い[花言葉]「色あせぬ愛」「不朽」など[育て方]一年草で陽当たりと水はけが良い、酸性気味の土を好む。(まれに多年草がある)用土は赤玉5に対し腐葉土3とピートモス2くらいの配分の物を用意 [続きを読む]
  • カンヒザクラ
  • [基本情報]和名:寒緋桜でカンピザクラとも呼ばれる元々の名前は緋寒(ひかん)桜で彼岸(ひがん)桜と聞き違えるのを防ぐため「カンヒザクラ」と呼ぶようになったと言われる。沖縄で桜と言えば このカンヒザクラになる。花の時期は3月沖縄など温暖な地ではでは1〜2月に開花するため「元日桜」の別名もある。花の色は紅色樹高は200~800cmの落葉低木花の大きさは3〜5cm葉っぱは先の尖った楕円形日照 日向か半日陰耐寒性 弱い[花言葉] [続きを読む]
  • マメザクラ
  • [基本情報]別名:富士桜、箱根桜花の時期は3月下旬~5月富士山の麓や箱根では6月頃まで見られることもある。花の色は桃色、白草丈は50~150cm花の大きさは1~2cm葉っぱは丸みがある楕円の葉で花と一緒に伸びる日照 日向か半日陰耐寒性 強い[花言葉]「優れた美人」など[育て方]基本的に日当たりと風通しの良い場所を選ぶ。用土は鉢植えや盆栽なら草花用培養土で良い。地植えなら根っこより一回りか二回り大き目の穴を掘り、掘った土 [続きを読む]
  • ツバキ
  • [基本情報]和名:椿・厚葉木・津葉木別名:カメリア17世紀から18世紀の間にヨーロッパにツバキを持ち込んだ宣教師カメルが別名の由来。花の時期は10~3月花の色は白、赤、桃色、複色など樹高は50~1000cmの常緑高木花の大きさは3~10cm葉っぱは先の尖った楕円形で表面に艶がある。日照 日向か半日陰耐寒性 強い[花言葉]「素晴らしい魅力」など[育て方]特別な用土は必要ないが鉢植えで小さく仕立てるなら赤玉6に対し腐葉土3と鹿沼土1 [続きを読む]
  • トサカケイトウ
  • [基本情報]別名:羽毛鶏頭(ウモウケイトウ)花の咲いた様子が羽毛にも見えるところが由来。花の時期は5~10月花の色は赤、桃色、橙色、黄色草丈は50~100cm花の大きさは小さな花序(※1)が集まって丸みをおぼた鶏のトサカのように咲く葉っぱは細長く、茶褐色のモノもある。日照 日向耐寒性 弱い[花言葉]「おしゃれ」「感情的」「奇妙」など[育て方]水はけが良く日当たりが良い場所を選んだ方が良い。移植を嫌うので移動する事を考え [続きを読む]
  • オオイヌタデ
  • [基本情報]花の時期は6~11月花の色は白、桃色草丈は100~200cm花の大きさは0.3~0.4cm葉っぱは細長い日照 日向か半日陰耐寒性 強い[花言葉]「安全」「無事」「節操」など[生息地]道端や荒地[余談]イヌタデに比べ草丈が高いため生育が進んでから台風などの強風が吹いたり大雨が降った後でだらしなく倒れている事が多い。またイヌタデに比べて花色が白っぽいので見栄えがしない。倒れを避け秋が深まり寒くなるまで持ちこたえた物は紅 [続きを読む]
  • ノハラアザミ
  • [基本情報]花の時期は8~11月花の色は桃色草丈は40~100cm花の大きさは3~4cm葉っぱはギザギザで長い日照 日向か半日陰[花言葉]「心の成長」[生息地]草原や荒地[余談]ノアザミに似ているがノアザミは開花時期が5から8月。開花時期が一緒のトネアザミにも似るがトネアザミは花の基部に白い線が入るが本種は額まで色が単色のまま。他にも似た種類があるがノハラアザミは秋によく見られる事とガクに棘があることで見分けがつく。*** [続きを読む]
  • キュウコンベゴニア(球根ベゴニア)
  • [基本情報]花の時期は5~11月花の色は白、赤、桃色、黄色、複色など葉っぱは丸くフリルがついている。草丈は30~80cm花の大きさは2~10cm日照 半日陰か日陰耐寒性 弱い[花言葉]「片思い」「丁寧」「幸福な日々」など[育て方]ベゴニアの名前がついているがベゴニアとは別物と考えた方が良い。暑さにも寒さにも弱いので夏の強い陽射しは厳禁で、特に30度を超えるようだと枯れる。暑さ寒さに弱い事から鉢植えで移動できるように育てる [続きを読む]
  • シクラメン
  • [基本情報]シクラメンの名前はギリシャ語のkiklos≒キュクロス(円形の)に由来し受粉するとゼンマイの様に丸まることや球根が丸い事から来ている。和名:カガリビバナ、別名:ブタノマンジュウ和名は「かがり火」の様な花姿が由来、別名の「豚の饅頭」は英名の「Sow-Bread」を和訳したことが由来。花の時期は10~3月花の色は白、赤、桃色、橙色、黄色、紫、複色など草丈は10~20cm花の大きさは2~4cm葉っぱはフリル状の円形で黄褐色や [続きを読む]
  • ネリネ・サルニエンシス
  • [基本情報]別名:ダイヤモンドリリー花の時期は10~12月花の色は白、赤、桃色、橙色、紫草丈は30~60cm花の大きさは満開の花全体で20~25cm日照 日向耐寒性 やや弱い[花言葉]「箱入り娘」など[育て方]基本的には鉢植えで育てるのが良い。陽当たりが良い場所で赤玉7に対し腐葉土3くらいの用土で育てる。水やりは過湿を嫌うので乾燥気味にする。寒冷地では冬の間は室内で育てた方が良い。[撮り方]写真を撮るなら花びらのフリルが分か [続きを読む]
  • フユザクラ
  • [基本情報]花の時期は10~1月花の色は白だが咲き始めに紅色の斑(ふ)が入る樹高100から600cm花の大きさ2~3cm日照 日向か半日陰耐寒性 強い[花言葉]「冷静」など[余談]花が咲くタイミングは同じ樹の中でもマチマチな事が多い。咲いて間もない紅色の斑(ふ)が入ったものをアップで狙うか、開花が7分ほど進んだ樹を狙うのが良い。2016年の様子と2017年10月下旬の様子だと相模原公園のフユザクラは11月中旬が7分咲きではないだろうか。[ [続きを読む]
  • シロヤマブキ
  • 別名:ロードティポスギリシャ語で原種のバラ(ローズ)に似た形(ティポス)が名前の由来花の時期は4~5月花の色は白草丈は100~200cmの落葉低木花の大きさは3cm前後葉っぱは楕円で先が尖っている日照 日向か半日陰耐寒性 強い花言葉は「薄情」など育て方は水はけと日当たりが良ければ土質は選ばないので比較的楽。剪定は花後に樹形を整えることをイメージしながら行えばよい。写真を撮るならヤマブキや他のバラ科と異なる花びら4枚と [続きを読む]