山崎ケイ さん プロフィール

  •  
山崎ケイさん: 動画から広がる世界
ハンドル名山崎ケイ さん
ブログタイトル動画から広がる世界
ブログURLhttp://kkeeii.link/douga/
サイト紹介文人気の動画ドンドン紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 193日(平均6.2回/週) - 参加 2017/05/15 17:31

山崎ケイ さんのブログ記事

  • o○ .。o●.。困難から楽しみをひねり出す。
  • 人に歴史あり。マイファミリーヒストリーはこちらを御覧ください。⇒プロフィール 宅急便時代⇒プロフィール 便利屋時代⇒プロフィール 自衛隊時代。⇒プロフィール 少年時代 困難から楽しみをひねり出す。「じゃあ、行く前に読みかたをぼくに教えていって」ジョンの言葉にパックスは笑った。「大仕事よ。アンがもっとよくなってから、教えてあげるわ」何日かたつとパックスは、昔からの方法でその仕事を始めた。だがジョンは [続きを読む]
  • 高価買取専門【スピード買取.jp】片付いて、しかもお金に成る。
  • ご自宅に眠っている着物や切手、古銭、毛皮、ブランド、アクセサリー、ダイヤモンド、お酒、時計、骨董などの査定・買取を行っています。―――――――――――――――――――スピード買取.jpのポイント―――――――――――――――――――1. 出張買取がメインで、月間12,000件以上のお問合せを頂いています。2. 最短30分でお伺いでき、また査定結果に納得頂けたら即現金支払いなど  “スピード対応”が最大のセールスポイ [続きを読む]
  • 「苦しみぬく」、という逃げ方。
  • 人に歴史あり。マイファミリーヒストリーはこちらを御覧ください。⇒プロフィール 宅急便時代⇒プロフィール 便利屋時代⇒プロフィール 自衛隊時代。⇒プロフィール 少年時代 「苦しみぬく」、という逃げ方。いやなこと、つらいこと、苦しいこと、どうしたらやめられる?どうしたら逃げられる?どうしたら避けられる?できなくなればいい。やらなくていい、言い訳を手に入れればいい。苦しみぬいて死んでしまえばいい。苦しみ [続きを読む]
  • 「使徒」が敵。人類は「リリン」という伝説上の悪魔の名。
  • 人に歴史あり。マイファミリーヒストリーはこちらを御覧ください。⇒プロフィール 宅急便時代⇒プロフィール 便利屋時代⇒プロフィール 自衛隊時代。⇒プロフィール 少年時代 「使徒」が敵。人類は「リリン」という伝説上の悪魔の名。レイという名前には、「零」と「霊」のふたつの意味が付与されていることになるが、前者は、彼女の乗るエヴアが「零号機」であることにも対応し、後者、すなわち「死神」としてのレイは、彼女 [続きを読む]
  • 綾波レイと、シンジたちとの「絆」
  • 人に歴史あり。マイファミリーヒストリーはこちらを御覧ください。⇒プロフィール 宅急便時代⇒プロフィール 便利屋時代⇒プロフィール 自衛隊時代。⇒プロフィール 少年時代 綾波レイと、シンジたちとの「絆」命令に対するレイの態度、そして、ゲンドウの眼鏡の扱いというふたつの観点で、レイの変貌を振り返ってみよう。命令というのは、主に、ゲンドウと、そして、作戦課長のミサトからの命令であるが、まず、第壱話では、 [続きを読む]
  • エヴア零号機のコアの 秘密をめぐる謎。
  • 人に歴史あり。マイファミリーヒストリーはこちらを御覧ください。⇒プロフィール 宅急便時代⇒プロフィール 便利屋時代⇒プロフィール 自衛隊時代。⇒プロフィール 少年時代 エヴア零号機のコアの 秘密をめぐる謎。「まごころを、君に」での「人の心が自分自身の形を作り出している」というカヲルの台詞などでわかるように、この作品世界の中では、魂が、自らの「形」を作り出す。という設定になっている。とすれば、零号機の [続きを読む]
  • エヴア零号機の魂が誰のものであるかを 、リツコは知ってはならない。
  • ナオコの人格が移植されたコンピューター、マギを「母さん」と呼ぶリツコが、ナオコの魂を持つ零号機には、特別な愛着を、全く示さないのはなぜかという問題である。言うまでもなく、初号機にユイの魂が宿っているということは、リツコも、知っているし、ミサトでさえ、わかっているようである。第壱話で、リツコが、シンジのことを、初号機と「わずかでも、シンクロできる可能性のある」子どもであると言い、さらに、ミサトに「わ [続きを読む]
  • 綾波レイとエヴア零号機との不条理。
  • そもそも、エヴアとの「シンクロ」とは、エヴアの、パイロットとエヴアの「魂」との交流、交感であり、レイがアスカに言ったように「心を開かなければ、エヴアは動かない」し、「エヴアには心がある」のは、パイロットの実感からも明らかなことなのだ。そして、初号機には「実験」で、エヴアに取り込まれてしまった、碇ユイの魂が、そのまま、コアに宿っており、それ故シンジは、初号機とシンクロしやすいことがあらかじめ予想され、そ [続きを読む]
  • ジャック・バウアーは、特殊部隊員になれない。
  • ハーバード大学で行われた有名な思考実験「一人を殺すか、五人を殺すか」の判断(マイケル?サンデル教授の著書「これからの正義の話をしょう」にも出てきたものです)も、実は前頭前野内側部を鍛えるものだったのです。試みに、その実験をこれからやってみましよう。あなたはブレーキの壊れた電車の運転手です。行く手のレールは二股に分かれており、ハンドル操作でどちらにも行くことができます。しかし、右側には人間がー人、レー [続きを読む]
  • 運命はバラドアジャ?リシの予言書の通りになっている。
  • Tさんはバラドアジヤ?リシの予言書を伝承するバラモンの家系の養子になった。新しく父となった人が、予言書の内容を少しずつTさんに読んでくれた。予言書は日記形式で書かれてあり、そのなかでTさんに伝えられた大事な部分は、ー九九六年十一月一日、死ぬような目に遭う」という予言だった。場所はピーペン(プノンペン)とあった。Tさんはまさかそんなことがと、さして気にも留めず聞き流した。ところが、語学の天才のTさん [続きを読む]
  • 羽生結弦選手、この喘息療法知らないんですか?
  • 24時間テレビで羽生結弦選手が郷ひろみの「言えないよ」の生歌をバックに滑りました。羽生結弦選手と、競演した少年と、スピードスケートの清水選手が、喘息だと言ってました。羽生選手は本番で滑り終わったとたん喘息の呼吸困難でアイスの上に倒れた映像もやってました。この喘息療法知らないんですか?この喘息療法でさっさと治しちゃってください。これで治して全国の喘息の人にこの方法を教えてあげてください。この喘息療法 [続きを読む]
  • 「なんとかその中で生きていくすべ」とは?
  • 介護人という仕事は、幸いわたしには向いていたようです。介護人をすることで、わたしの最良の部分が引き出されたとさえ言えるかもしれません。でも向いていない人には、これはとても辛い仕事でしょう。最初は意欲をもって臨んでも、苦痛と不安ばかりを間近に見る生活が始まります。そして、遅かれ早かれ、担当している提供者が使命を終える瞬間が来ます。ほんの二回目の提供でも最悪の事態など誰も予想していなくても起こるときは [続きを読む]
  • ”売れた”にたどり着ける最良の教材。
  • 「1ラウンドアフィリエイト」は”売れた”にたどり着ける最良の教材だと思います。スムーズに作業を進めていくコツがあります。いいかげん、良い加減に「実行」と「改善」を繰り返すことです。「実行⇒マニュアル見て改善⇒実行⇒、、、、、の繰り返し。」実行しながら作業を身につけ、マニュアルを見直して作業を修正する。これを繰り返していくことで「1ラウンドアフィリエイト」をキチンとやれるようになる。そうなれば”売れ [続きを読む]
  • アインシュタインの超脳力。
  • 人間は、普通の人が死ぬまでの間に脳細胞の十五%しか使いません。東大、京大などを優秀な成績で出るような人は、だいたい脳細胞の二十五%です。アインシュタインの脳が永久保存されていますが、変色域が四十%です。電気が通り抜けると、人間の脳は変色します。アインシュタインは、脳細胞の四十%を使いました。だから相対性理論のようなものがわかってしまう。そのような理論を打ち立てることによって、光や電子の問題などがす [続きを読む]
  • 水中では「落としちゃった」 ぐらいの過失感覚が必要なのである。
  • 私は腕を背中の後ろ方向へ回そうとする。すると何かが引っかかっているようで回りにくい。「回らないでしょ」「回りません」「なのに、皆さんは無理やり後ろに回して、そこから腕を戻そうとしています。だから負担がかかるんです。横に出してやれば、楽なんです。うつ伏せになって泳ぐので、横に出すと水中を回すことになり、隣にも迷惑をかけそうだが、そうはならないらしい。右腕を回す時は、体を右に開いているので、右腕は水上 [続きを読む]
  • 「手塚治虫」を創った母親。
  • 手塚治虫という人がいました。漫画の天才です。六十二歳で亡くなりました。池田師範付属小学校(現大阪教育大学附属池田小学校)というエリートの通う学校の生徒だったのですが、そこは先生もすごく優秀で、エリートだらけです。生徒もエリート、先生もエリート、あるとき授業中に、治ちやん(本名は「治」)がノートに漫画を描いていた。すると先生が見咎めた。「授業中に漫画を描いているとはなにごとだ」と。当時は漫画は市民権を [続きを読む]
  • ニューギニアの原住民は悪口雑言で大木を倒す。
  • 人間に魂が入っているかどうかそれを調ベようと、アメリカの心理学チームが百人ぐらいの人間を対象に臨床実験をしたことがあります。今まさに死んでいくというときに、秤に載せて量ったところ、亡くなった瞬間、平均的に二十五グラムほどその重量が軽くなった。百例からの調査です。その結果、人間には魂がある。魂の重さは二十五グラムという結論になりました。私たち人間には魂というものがあり、魂が肉体二入っているときは、「 [続きを読む]
  • 「運命はある」と解ってしまうトランプ。
  • 私は普通の人より手品とか奇術については詳しい。だからこれは奇術だ、マジックだと言えるのです。ただ、奇術やマジツクに詳しい人は絶対に種明かしをしてはいけないというルールがあるので、種明かしは基本的にしません。久村さんが見せてくれるなかには、マジツクでできるものありますが、どう考えてもマジツクにはなり得ない、マジックでは絶対無理だというのがいくつかあります。たとえばこういうものがあります。カウンターに [続きを読む]