馬之助 さん プロフィール

  •  
馬之助さん: 凡才!馬之助どうぶつ園
ハンドル名馬之助 さん
ブログタイトル凡才!馬之助どうぶつ園
ブログURLhttp://umanosuke2016.net/
サイト紹介文どうぶつ達への愛と感謝を込めて 気になった動物ニュースを 馬之助の独断と偏見で書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 342日(平均3.0回/週) - 参加 2017/05/16 15:32

馬之助 さんのブログ記事

  • 中国のカンガルー客がれんを投げ死亡
  • 【AFP=時事】中国南東部にある動物園で、入場者らがカンガルーの注意を引こうとれんがなどを投げ付け、1頭が死亡、その数週間後にさらにもう1頭がけがをした。国営メディアが19日、報じた。中国中央テレビ局(CCTV)が同日午後、公式ウェブサイトに投稿した記事によると、被害を受けたのは福建(Fujian)省の福州動物園(Fuzhou Zoo)。・今年2月28日、12歳の雌カンガルーに入場者らが投げ付けたれんがやコンクリートの塊が当たり [続きを読む]
  • 天王寺動物園のジャガー「ジャガオ」22歳で天国へ。
  • 2018年4月18日夜、 大阪市天王寺区にある天王寺動物園が、 ジャガーの「ジャガオ」 (オス・22歳)が死亡したと発表した。 ジャガオは昨年夏頃から白内障が悪化し、 視力が低下していた。 歩行もおぼつかない状態で、 獣医師らが治療を行っていたという。 国内で飼育されるジャガーでは 最高齢だった。死因は調査中。 馬之助の感想野生ならライオンもジャガーも よく生きて10年の寿命だけど 動物園だからこそ 22年も生きられたわ [続きを読む]
  • 韓国人の男、隣家の犬を殺し肉食べる夕食会開催 飼い主を招待
  • 【4月11日 AFP】韓国の警察当局は11日、 農業を営む男(62)が 隣人の飼育する犬を殺して調理し、 その肉を食べる夕食会に 飼い主を招くという出来事が あったことを明らかにした。 飼い主に対して別の隣人が情報提供した後、 男は犯行を認めた。 いつもほえ付けることに いら立って石を投げたところ、 2歳のコーギーが 気絶したと供述しているという。男は犬が気絶してから絞め殺し、 調理したと述べている。男は犬肉を一緒に食 [続きを読む]
  • 鹿せんべい、じらさずさっさとやれよ!外国人!!
  • 奈良公園(奈良市)のシカに 鹿せんべいを与える際に、じらすなどして 攻撃される外国人観光客が増えていることを受け、 県などは3日、 鹿せんべいの正しい与え方を 英語、中国語、日本語で記した看板を 公園内の鹿せんべい販売所に設置した。 購入前に注意点を確認してもらうことで、 トラブルを減らしたい考えだ。 県によると、外国人観光客の増加で、 人とシカとのトラブルは 年々増えているという。シカにかまれたり突かれ [続きを読む]
  • 頭に矢?刺さったカモメ 
  • 宮城県石巻市の北上運河で、頭に矢のようなものが刺さったユリカモメが見つかった。県警石巻署は鳥獣保護法違反の疑いもあるとみて調べている。このユリカモメは、国の重要文化財「石井閘門(こうもん)」近くの運河におり、近所の住民が3月28日に署に通報した。頭の左側に、紙を丸めて先をとがらせた長さ10センチほどの矢のようなものが刺さっていた。周辺には先端がテープで巻かれて補強された同じ形状のものが複数落ちてい [続きを読む]
  • シャチが話し言葉を習得、人間まねて「ハロー」と言った
  • (CNN) プールの中から 「ハロー」と呼びかける甲高い声。 発しているのは人間ではなく、シャチだった――。 国際研究チームがシャチに 人間の発声をまねさせることに 世界で初めて成功したとして、 31日に論文を発表した。 人間の言葉を教えたのは 南フランスの水族館で飼育されている メスのシャチ「ウィーキー」。訓練士をまねさせて声の出し方を教えたところ、 「ハロー」「バイバイ」「ワン、ツー」「エイミー」など [続きを読む]
  • <男鹿水族館>ホッキョクグマ「クルミ」永遠の別れ
  • 秋田県男鹿市の男鹿水族館GAOは28日、 雌のホッキョクグマ「クルミ」が 死んだと発表した。21歳だった。 同水族館が死んだ原因などを調べている。 記事は河北新報より 秋田県男鹿市の男鹿水族館によると 同日午前8時ごろ、 見回りをしていた職員が展示場内で 動かなくなったクルミを発見し、 呼吸をしていないことを確認した。クルミは2011年4月、 種の保存を目的に 国内8施設で取り組む 「ホッキョクグマ繁殖プロ [続きを読む]
  • アジアゾウ「ラニー博子」死ぬ 
  • 天王寺動物園のアジアゾウ 「ラニー博子」推定48歳が 2018年1月215日死んだ。 1970年の大阪万博を記念して インド政府から贈られて以来、 半世紀近くにわたり 市民らの人気を集め続けた。 昨年夏ごろから 両前足の化膿(かのう)が悪化し、 歩くことが難しくなっていた。薬を塗っても 鼻でぬぐってしまうため 効果が薄く、今月23日からは 展示スペースに出なくなり 24日午後から横たわったままだった。内臓に負担がかか [続きを読む]
  • ゴキブリの成長を阻害する遺伝子を発見
  • ゴキブリの脱皮に影響を及ぼす 遺伝子を発見したことを、 中部大学が発表した。 この遺伝子から生成した物質を ゴキブリに注射すると、 脱皮不全により死亡することが 確認されたとのこと。 応用による効果的な 殺虫剤の開発が期待される。 中部大学の長谷川浩一准教授らは、 脱皮に関わる遺伝子の働きを抑えることで ゴキブリを殺す技術を開発した。ゴキブリだけが持つ遺伝子を 標的にしており、 他の動物や生態系に与える影響 [続きを読む]
  • アザラシのひげも凍る寒波
  • 20日は二十四節気のひとつで 1年で最も寒い時期とされる「大寒」。 北海道、十勝地方は 夜間によく晴れて放射冷却が発生し、 朝方、例年並みの水準まで冷え込んだ。 帯広測候所によると、 十勝地方で最も低い気温を記録したのは、 陸別の氷点下21・9度だった。 帯広は同15・0度。冬季開園中のおびひろ動物園 (柚原和敏園長)では20日朝、 ゴマフアザラシ3頭が 白い息を吐きながら プールを泳いでいた。厳しい冷え込みで ひげや [続きを読む]
  • 秋田県にアザラシのヨネちゃん
  • 秋田県能代市二ツ井町の中心部を流れる 米代川で17日、アザラシ1頭が見つかった。 同市二ツ井地域局によると、 発見されたのは同日午前9時過ぎ。 県鳥獣保護委員が 野鳥観察のため巡回していた際、 二ツ井町商工会の裏手を流れる 米代川の岩場でアザラシを見つけ、 同局に連絡した。アザラシの体は白っぽく、 岩場で寝そべってのんびり。人の気配に敏感に反応するが、 怖がる様子はない。 現場は住民らでにぎわい、 「なぜこ [続きを読む]
  • インド刑務所で牛セラピー導入 ・受刑者を更生
  • 【1月17日 AFP】 インド北部ハリヤナ(Haryana)州当局は16日、 刑務所の敷地内で ヒンズー教徒が神聖視する牛を世話し、 牛が持つ「神秘の力」によって 受刑者らを更生に導く プログラムを実施すると明らかにした。 牛の保護に当たる ハリヤナ州政府の委員会によると、 このプログラムは 来月から州内6か所の刑務所で 導入される予定で、 すでに牛600頭の購入資金と 牛舎の建設費用に150万ドル (約1億600万円)の予算を 割り当 [続きを読む]
  • ペンギンも耐え難い寒波・カナダ
  • 年末年始にかけて 歴史的な寒波に見舞われたカナダは、 ペンギンすら耐え難い程の 寒さとなったようだ。 アルバータ州にあるカルガリー動物園では、 先月31日に、 寒さに強いとされている キングペンギンを屋内に 避難させたという。動物園のキュレーター、チェリ医師が 地元『CTV News』に語ったところによると、 同動物園では、 気温がマイナス25℃を下回った場合、 安全のためペンギンを屋内に 避難させるように決めている。 [続きを読む]
  • ドナウ川に落ちて凍ったキツネ
  • 世界的な異常気象で 猛烈な寒波が来ているわ。 日本も寒いけど ヨーロッパも命の危険が来るほどの 寒さみたい。 【1月14日 AFP】 寒波に見舞われてるドイツ南部 フリディンゲン(Fridingen)で キツネが薄い氷が張っていた ドナウ(Danube)川に落ちて溺れた。 キツネは氷漬けになった状態で見つかり、 氷の塊ごと切り出された。(c)AFPアメリカ・オクラホマでは 木につかまったまま リスが凍って 死んでたらしいわ。ツイッターに [続きを読む]
  • ワニの首にタイヤ・追記ワニへの謝罪文
  • 文章の最後にワニへの謝罪文を追加掲載しています。【1月12日 AFP】 インドネシアのスラウェシ(Sulawesi)島で、 首部分に自動二輪車のタイヤが 1年以上も巻きついたままでいる ワニがいることが分かり、 地元の野生生物保護当局が 発見と保護を急いでいる。 体長約4メートルのこのワニは、 中スラウェシ(Central Sulawesi)州の 州都パル(Palu)を流れる川で 2016年から定期的に目撃されてきた。だが地元住民が撮影した最近 [続きを読む]
  • はりつけ姿で死んでいたコアラ
  • 【AFP=時事】オーストラリア・クイーンズランド (Queensland)州で10日、 コアラが公園の休憩所の柱に はりつけられた姿で死んでいるのが発見された。 コアラの保護団体が 写真をソーシャルメディアで公開し、 インターネット上では 怒りの声が上がっている。 現場はブリスベン(Brisbane)から 北に175キロほど離れたギンピー(Gympie)の公園。 NPO団体「コアラ・レスキュー・クイーンズランド(KRQ)」は、 休憩所の柱を よ [続きを読む]
  • 野良犬を毒餌で殺害?レバノン
  • 【1月1日 AFP】レバノンで、 自治体の職員が野良犬に毒入りの餌を 食べさせる様子を捉えたとされる動画が公開され、 市民から激しい怒りの声が上がっている。 首都ベイルート郊外の ゴーベイリー(Ghobeiry)で撮影された動画には、 餌の入った容器の近くで横になり、 ガタガタと震えながら 口から泡を吹いている複数の犬が 映し出されており、その後、 職員が野良犬を持ち上げ、 トラックの荷台に放り投げていた。動画を公開し [続きを読む]
  • 結核ゾウ「ふく」が感謝の年賀状
  • 結核と闘うボルネオゾウ・ふく (推定19歳、雌)に寄せられた 募金のお礼にと、 福山市立動物園(芦田町福田)は 支援者に年賀状を送った。 同園は 「感謝の気持ちとともに、 皆さんにたくさんの福が訪れる一年に、 という思いを込めています」としている。 ふくは 国内で飼育されている唯一のボルネオゾウで、 全国各地から足を運ぶファンもいる人気者。ところが2015年12月ごろから 食事の量が減少。 約2400キロだ [続きを読む]
  • 赤ちゃん5頭バーバリライオンの家族
  • 五つ子のホワイトライオン、チェコで 5頭もライオンの子が生まれるのは珍しいと 書いたけど ドイツ西部ノイビートにある動物園では バーバリライオの赤ちゃんが 5頭、生まれて すくすく育っているって記事あった〜 【6月27日 AFP】 ドイツ西部ノイビート (Neuwied)にある動物園で26日、 バーバリライオンの家族の姿が見られた。 4月19日に同動物園で、 雄のシュレーダー(Schroeder)と 雌のザル(Zar)のもとに5 頭の赤ちゃん [続きを読む]
  • 殺人未遂“犯人”は猫
  • 御船町の住宅で寝たきりの女性が 顔などを切り付けられた状態で見つかった事件で、 警察は女性の傷が猫による ひっかき傷であると断定した。 この事件は、2017年11月7日、 御船町の住宅で、 部屋で寝ていた 体が不自由な女性82歳が 顔などを切りつけられているのを 帰宅した夫が見つけたもの。女性は命に別状はなかったものの、 顔などに20か所以上の傷があり、 警察は殺人未遂事件として捜査していた。警察は数年前から [続きを読む]
  • 五つ子のホワイトライオン、チェコ
  • チェコのドボルツェ村にある動物園で 飼育されるホワイトライオンの親子 (2017年7月18日撮影)。 (c)AFP/Michal Cizek 【7月19日 AFP】 チェコのドボルツェ(Dvorec)村にある 動物園で飼育されるホワイトライオンの親子。 5頭の赤ちゃんライオンは今年5月に生まれた。ホワイトライオンの五つ子は極めて珍しい。 動物園によれば、 チェコとスロバキアの動物園で ホワイトライオンの赤ちゃんが 生まれたのは初めて。(c)AFP馬之助の [続きを読む]
  • 1万年前の人骨に「集団虐殺」の痕跡
  • 2016年1月21日 12:59 発信地:パリ/フランス約1万年前、男性と女性と子どもの小集団が 別のグループに捕えられ、 縄で縛られた揚げ句に、 矢で射られたり こん棒で殴られたりして殺された──。沼に投げ込まれた彼らの遺体は、 数千年間、堆積物の中で保存されていた。これらの遺体を、 知られている中で最古の人間の 「集団虐殺」の証拠として 提示した研究結果が20日、発表された。なぜ人間は戦争をするのかをめぐる議論を再燃さ [続きを読む]
  • さみしいから?一人遊びするホッキョクグマ
  • 熊本地震で被災した 熊本市動植物園で23日夜、 人気者のホッキョクグマ、マルル(メス)が 約1年8カ月ぶりに夜間限定で公開された。 以前から浮きをおもちゃにして 遊ぶのが好きだったが、 地震後、台の上から 客のいる方向の壁に向かって 浮きを投げつける 「壁当て」を楽しむように。誰が教えるでもなく 上手に投げるようになった。一人遊びに飼育員は 「地震でお客様がいない時期が続き、 刺激がほしかったんでしょう」と [続きを読む]