馬之助 さん プロフィール

  •  
馬之助さん: 凡才!馬之助どうぶつ園
ハンドル名馬之助 さん
ブログタイトル凡才!馬之助どうぶつ園
ブログURLhttp://umanosuke2016.net/
サイト紹介文どうぶつ達への愛と感謝を込めて 気になった動物ニュースを 馬之助の独断と偏見でお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 181日(平均4.0回/週) - 参加 2017/05/16 15:32

馬之助 さんのブログ記事

  • 「羊は人間の顔を識別できる」英研究チーム発表
  • 羊は人間の顔を識別できる。イギリス・ケンブリッジ大学の 研究チームが発表。そりゃあ、そうでしょ。 識別できるでしょ。 識別できないと思うのは 人間の驕りよ。 イギリス・ケンブリッジ大学の研究班は、 8頭の羊にアメリカのオバマ前大統領や 女優のエマ・ワトソンさんなど 4人の著名人の写真に対し 反応するよう訓練を行い、その後、 著名人と初めて見せる人物の写真を見せ、 反応を観察しました。正解すると写真の下から [続きを読む]
  • シャンシャン:生後150日 体重9.9キロ歩いて屋外に
  • 上野動物園(東京都台東区)は10日、 ジャイアントパンダの雌の赤ちゃん 「シャンシャン(香香)」が 生後150日になった9日の 身体検査の結果を公表した。 体重は9.9キロで、 10日前に比べ0.8キロ増えた。 検査時に激しく動いたため、 体長は測定できなかった。 6日に初めて丸太によじ登ったという。 シャンシャンは幸せよ。台湾では木登りしたら木が傷むので電流線を木の周りに巡らしてるのよ。それを知らずに近 [続きを読む]
  • サメか…海岸で“人の下半身”見つかる
  • 沖縄県石垣市の海岸で10月30日、 流木と一緒に 人の下半身が打ち上げられているのを 警察官が発見した。 遺体は骨盤の部分から右足のあたりのみで、 何かに食いちぎられた痕が 残っていたという。警察は、サメなどに かまれた可能性があるとみている。 この海岸では先週、 大阪の30代の男女が行方不明になっていて、 警察は、この遺体が2人の どちらかとみて調べを進めている。 ANNより 馬之助の感想茨城、千葉など北のほうでは [続きを読む]
  • 台湾の動物園でパンダが誤って電線に接触
  • ジャイアントパンダの「トワントワン」、 「ユエンユエン」、 「ユエンズ」の一家三頭は 台北市立動物園の人気者。 そんなジャイアントパンダをめぐって、 あるネットユーザーがこのほど、 会員制SNSで、「動物園には 新しく植えられた木を囲むように 赤い電線が張られている。 数日前には ユエンユエンが誤って 電線に接触して 慌てて室内に逃げ込んだと聞き、 思わず手に汗を握った」という内容の文章を投稿した。 台湾の中時電 [続きを読む]
  • 乗馬クラブからサラブレッド脱走・未だ行方不明
  • 愛知県瀬戸市片草町の 乗馬クラブ「三国ウエスト農場」で 飼育中の馬1頭がいなくなっているのに 農場関係者が気づいたのが18日午後2時。 未だに行方不明みたいよ。 馬は体高約1.3メートル、 体重約300キロの雄で 10歳のサラブレッド。 乗馬用に飼育されていた。18日午前8時ごろ、 出勤してきた従業員が 馬がいなくなっているのに気づき、 昼過ぎまで 周辺を捜しても見つからなかったため、 交番を訪れ届け出た。 [続きを読む]
  • コモドドラゴンの血液成分から強い抗菌作用発見
  • インドネシアのコモド島などに生息する 世界最大級のトカゲ、 コモドドラゴンの 血液成分を参考に作った物質から、 強い抗菌作用と、 傷の治癒を早める効果が見つかった。近年では抗生物質が効かない 耐性菌が増えており、 新薬の開発に期待がかかる。 画像はAFP、記事は産経新聞より 米ジョージ・メイソン大の 研究者らのチームが 専門誌に発表した論文によると、 チームはコモドドラゴンが 自身の唾液に含まれる細菌に 感染し [続きを読む]
  • チンパンジーにも「産休」がある
  • 野生のチンパンジーの雌は 生まれたばかりの子どもを守るため、 出産前後に集団から長期間離れ、 「産休」を取ることが分かったと、 京都大理学研究科の 西江仁徳研究員らが6日、発表した。 出産前後の雌のチンパンジーは 他の雌に比べ、 集団から長期間離れて過ごす傾向がある。研究者の間で産休と呼ばれてきたが、 野生のチンパンジーは 出産の報告例が非常に少なく、 実証されていなかった。西江研究員は2014年、 タンザ [続きを読む]
  • またクマが出没・パーキングエリア
  • 中日本高速道路(本社・名古屋市)は14日、 クマが目撃されたとして、 岐阜県飛?市の東海北陸道の 飛?河合パーキングエリア(PA)を 同日午後4時10分から上下線とも閉鎖した。 同日夕時点で、解除時期は未定。 同PAは9月にもクマの目撃情報で 一時閉鎖された。 県警高速隊によると、 閉鎖の約20分前、 非常電話から 「木の上に小さめのクマがいる」と 同社に連絡があった。同社関連会社のパトロール隊員が、 PA [続きを読む]
  • 青森空港にクマ 滑走路一時閉鎖
  • これは数日前のニュースだけど クマのニュースが続くわね。 青森空港の敷地内にクマが現れ、 滑走路が一時、閉鎖されたんですって。 青森空港管理事務所によりますと、 13日午前8時50分ごろ、 青森空港に着陸した飛行機のパイロットが 制限区域となっている滑走路の脇に クマ1頭がいるのを見つけ、 管制官に連絡しました。侵入したクマは 体長が80センチほどの子グマと見られ、 およそ10分後に 高さ1メートル80セン [続きを読む]
  • 小学校侵入のクマ射殺→「可哀想」と苦情多数
  • 岐阜県高山市の小学校で、 野生のツキノワグマが授業中の校庭に侵入し、 地元の猟友会が警察の指示のもと クマを射殺する出来事があった。 この騒動をめぐり、「クマがかわいそう」との問い合わせが市や 学校などに寄せられている。地元の猟友会や学校、 市の担当者はJ-CASTニュースの取材に、 クマの射殺を決めた今回の判断について 「妥当だった」と口を揃える。 どの担当者も、射殺に反発する 問い合わせが来たことに 困惑を隠 [続きを読む]
  • 攻撃的な犬はホルモンに違い
  • 攻撃的なイヌと友好的なイヌはどこが違う? 人間にも言えることなんだけね・・ 以下national geographicより 攻撃的になりやすいイヌと そうでないイヌがいるのはなぜだろうか。米アリゾナ大学の心理学者で 人類学者のエバン・マクリーン氏は この違いに興味を抱き、 ホルモンで説明できるのではないかと考えた。そして、オキシトシンと バソプレシンという2種類のホルモンが、 それぞれイヌの友好的な行動と 攻撃性と関係ある [続きを読む]
  • パンダのようなヒグマ
  • これは先月9月のニュース。 今テレビをつけたら パンダのようなヒグマを捜索! ってのがやってたから日テレニュースをしっかり見直し〜 北海道函館市で 見た目がパンダのような 野生の動物の映像が撮影された。今月21日に 北海道函館市の山中で撮影された映像には、 耳と両目のまわりが黒く、 一見するとパンダのように見える 動物が映っていて、 木にしがみつき こちらを伺っている様子が分かる。突然現れたこのパンダの様な [続きを読む]
  • 観客の目の前でキリンを解体・デンマーク
  • デンマークの皇太子夫妻が来て 雅子さまが大喜びでお出迎えし、報道されているけどデンマークって残酷な国よ。 ここからは残酷画像が出るので 要注意よ。 2014年、 デンマークのコペンハーゲン動物園が、 近親交配を防ぐためとして 殺処分したキリンを来園者の前で解体した上、その死骸を餌として ライオンに与えたことで、世界の動物愛好家たちから 激しい怒りの声が上がっている。近親交配を防ぐためなら 別のところで飼育して [続きを読む]
  • さよなら、ゾウのはな子さんたち
  • 福岡市動物園で一番の人気ものだった ゾウのはな子が先月末、死んだ。 推定46歳の雌のアジアゾウ。 たくさんの人たちが、その死を悼んでいる。 福岡のはな子さん46歳で天国へ。「パチン。パチン」。 がらんとしたゾウ舎内に、 乾いた音が響く。 はな子の担当飼育員、福原晋弥さん(43)が、 花の長さを1本1本はさみで切りそろえていた。 はな子に手向けられたヒマワリやユリ、バラ……。 バケツに丁寧に生けた後、 ゾウ [続きを読む]
  • 池田厚子さんの池田動物園・シカ脱走から4カ月で捕獲
  • 岡山市の池田動物園から 6月に脱走したニホンジカが3日、捕獲された。 同園が発表した。忠政智登士副園長は 「長い間、地域の皆様や 池田動物園を愛する多くの皆様に ご迷惑をおかけしました」と頭を下げた。 この日、同園の南にある国神社の駐車場で 飼育係長の鵜島基博さん(47)がシカを発見。麻酔弾を撃ち込んだ。 その後、職員7人で同神社の北西 200〜300メートルの墓地で捕まえた。捕獲場所の周辺に 野生のシカ [続きを読む]
  • ボス猿の交代劇
  • 報道ステーション放送のボス猿の交代劇 実に印象的だった・・・ 宮崎県串間市幸島のニホンザルの群れで、 意外な形でボス猿の政権交代が 行われた可能性が指摘されている。きっかけは半年ほど前、 浜辺の砂が浅瀬に堆積し、干潮になると、 島と本土が陸続きになったことだった。普通は陸続きになっても 猿は渡らないが当時のボス『ケイ』は本土へと渡り、 餌を貪り食っていた。なかなか帰ってこない間に 8月に台風5号が発生。そ [続きを読む]
  • 「柴犬スタッフ」、高齢者癒やす 大津の施設
  • これは去年の京都新聞に 掲載されたニュース。 ↓ 大津市坂本1丁目の 老人ホーム「ハーネスト唐崎」で 日中を過ごしている柴犬2匹が、 入居者や施設の職員の癒やしになっている。人によく懐き、 お年寄りの表情を和ませるなど 施設のコミュニケーションの潤滑油として 一役買っている。職員らは 「2匹ともスタッフの一員」と話し、 愛情を注いでいる。 2匹は、雌5歳の「小春」と、雄4歳の「虎太郎」。 2匹は同ホーム玄関 [続きを読む]
  • 『川島なお美動物愛護基金』設立へ
  • 2015年9月24日に 胆管がんのために亡くなった 女優・川島なお美さん(享年54)のブログが24日、 マネージャーによって更新され、 この日に三回忌法要が 行われたことを報告した。 夫でパティシエの 鎧塚俊彦氏のエッセイも紹介され、 川島さんの遺言に基づき「『川島なお美動物愛護基金』設立に向けて 奔走しております。 女房の犬(猫)の 殺処分を少しでも減らしたいという 素直な思いの実現のためです」と活動していることを [続きを読む]
  • 秋田県でツキノワグマによる農作物被害相次ぐ
  • 農園のブドウやモモなどが ツキノワグマに食い荒らされる被害が、 秋田県北部を中心に相次いでいる。 収穫後に放置された農作物に 引き寄せられるケースが多い。 実りの秋を迎え、自治体の担当者は 「出荷しない農作物を廃棄する場合は 地中深くに埋めるなど、 管理方法を見直してほしい」 と呼びかけている。【川村咲平】 毎日新聞 馬之助の感想こんな子供連れのツキノワグマに出遭ったら 恐ろしいわ・・・以前のニュースで岐阜 [続きを読む]
  • 上野動物園のパンダよちよちと数歩前進
  • 上野動物園(東京都台東区)は20日、 生後100日目を迎えた ジャイアントパンダの 赤ちゃんの写真と動画を公開した。後ろ脚の踏ん張りが利くようになり、 体を支えよちよちと 数歩前進できるようになった。 生後6カ月ぐらいで しっかりと歩けるという。一方、赤ちゃんの名前については、 中国の風習に倣い 生後100日をめどに発表する予定だったが、 同園の金子美香子教育普及課長は 「いろいろな調整事項があり、 まだ決定 [続きを読む]