「死ぬまでに必ず聖書を…」斎藤博之 さん プロフィール

  •  
「死ぬまでに必ず聖書を…」斎藤博之さん: 生活相談サポートセンター 斎藤博之ブログ
ハンドル名「死ぬまでに必ず聖書を…」斎藤博之 さん
ブログタイトル生活相談サポートセンター 斎藤博之ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/hnyt/
サイト紹介文弱い立場にある方々支援のNPO法人を運営。著書「死ぬまでに、必ず聖書を読んでおく必要性」を発行。
自由文長年の求道の末、56歳にしてキリストに出合う。そして、聖書に促がされ、弱い立場にある方への支援の為「生活相談サポートセンター」を設立し、妻と二人で行動開始。活動を通じて多くの神の御わざを実感する。また、40年以上も前の啓示の意味を知り、神は私(個々人)に対して変わらぬご計画があることを知る。それらの証を通じて神を知ってもらいたく本を発行。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2017/05/16 14:23

「死ぬまでに必ず聖書を…」斎藤博之 さんのブログ記事

  • イエス様が、ご自身をささげられた真の目的を考える。
  • イエスが、十字架でご自身をささげられた理由が、テトス書に書かれている。2:14 キリストが私たちのためにご自身をささげられたのは、私たちをすべての不法から贖い出し、良いわざに熱心なご自分の民を、ご自分のためにきよめるためでした。3:8 ・・・それは、神を信じている人々が、良いわざに励むことを心がけるようになるためです。・・・ 十字架の上で、私達の罪を全部背負って、ご自身をささげられた。それは、私たちを罪から [続きを読む]
  • 私たちの人生は、心砕かれて、へりくだった者になるための行程である。
  • 神とともに住まうということは、どういうことなのだろうか。イザヤ書には、こう書かれている。57:15 いと高くあがめられ、永遠の住まいに住み、その名を聖ととなえられる方が、こう仰せられる。「わたしは、高く聖なる所に住み、心砕かれて、へりくだった人とともに住む。へりくだった人の霊を生かし、砕かれた人の心を生かすためである。 心砕かれて、へりくだった人とともに住む、と書かれている。私は、この言葉に弱い。つまり [続きを読む]
  • 御言葉は、すごい。それに徹することの迫力。
  • マタイ24章にこうイエスの御言葉が書かれてある。24:35 この天地は滅び去ります。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません。 聖書は、神の御言葉である。その御言葉を、毎朝、読んでいるが、時に、雑念が混じりながら、ただ、目で追っているに過ぎない場合もある。つまり、御言葉を御言葉として受け止めていない時間が有る。しかし、イエス様は、この天地が滅び去っても、私のことばは決して滅びないとおっしゃる。 [続きを読む]
  • サターンの妨げの今日的なもの
  • サターンの最大の目的は、私達人類が、本当の神に目を向けない事、それからそらせようとすることだろう。その巧妙な手口は、いろいろな手口がある。ある時は、人を恐れに抱かせる場合もあるが、逆に、心地の良い役に立つものとして現われてくる。そういう意味で、気になるのが、テレビでの健康番組である。ほぼ、毎日のように、健康で長生きするためのと健康法、つまり「血管年齢を若くするためには・・・が必要、腸内環境を整える [続きを読む]
  • パウロの遺言と勝利宣言に学ぶ。
  • Ⅱテモテは、パウロの最後の手紙であり、殉教前でありながら、成熟した心境を語る。だから、心して読んでいます。テモテへの遺言のような聖句がある。4:5 しかし、あなたは、どのようなばあいにも慎み、困難に耐え、伝道者として働き、自分の務めを十分に果たしなさい。 これは、私へも命じれらていると感じている。クリスチャン全員に語られているのだろう。慎ましい考え方、自分の分を踏まえた謙虚な姿勢は、大事である。決して [続きを読む]
  • この世指向の魔力と、打ち勝つ習慣。
  • この世指向か、神への信仰か、聖書には多くの事が書かれてある。詩編にはこのように書かれてある。49:16 恐れるな。人が富を得ても、その人の家の栄誉が増し加わっても。49:17 人は、死ぬとき、何一つ持って行くことができず、その栄誉も彼に従って下っては行かないのだ。49:18 彼が生きている間、自分を祝福できても、また、あなたが幸いな暮らしをしているために、人々があなたをほめたたえても。49:19 あなたは、自分の先祖の世 [続きを読む]
  • 明日、土曜日から「ホープ聖書学び会」が、始まります。
  • 明日、土曜日から「ホープ聖書学び会」が、始まります。趣旨や内容は、次の通りです。札幌市等近隣の方で、参加を希望の方はご連絡ください。歓迎いたします。下記の内容で、ホームページも追って、制作予定です。趣旨私は、障がい者の就労支援を行っていますが、実社会で生きる上での支援と共に、心のサポートが重要と思っています。その為に、障がい者の為の聖書の学びの場が、何よりも必要と思い立ちました。障がい等で、人生が [続きを読む]
  • レビ記に学ぶささげる人と受け取る方。良き果実をささげたい。
  • レビ記は、聖書通読の際、簡単に読み飛ばす、代表的なものだったが、神学校での授業を受けると、イメージが変わる。さすが、専門家の講義は、すばらしい。そして感想を書きたい。ささげる場合、捧げものをささげる人と、それを受け入れてくれる方が必要になる。相手に真に喜んでいただくためには、ささげる人は、誠心誠意の最良のものをささげる。相手が神であれば、充分に慎重に、そして大いなる犠牲のもとに、捧げる必要があるだ [続きを読む]
  • 2時間弱のデボーションタイムを、1時間に削った誤りを痛感する。
  • 神学校牧師通信コースの学びを始めて、毎日、2時間半の時間をねん出する必要があった。その為、朝のデボーションの時間を、削ろうとしたら、大きな間違いだった。私は、9時に寝て、5時半に起きていた。そして、その後散歩と祈り、そして聖書通読、あわせて2時間弱のルーティーン。約10年ぐらいは、続いていただろうか。新たな2時間半を作り出すために、まずは、睡眠時間を7時間とし、4時に起きることにした。7時間あれば充分との [続きを読む]
  • 洗礼式おわりました。感謝です。
  • 今、洗礼式を終わりました。私が通っているICF教会で、またジャンセン牧師に洗礼をしてもらいました。隣りが私で、祈り等しました。写真は、洗礼槽に入る時のものです。光がさしこんでいます。今日の洗礼は特別の感動がありました。それは私だけでなく、集まった20名ほどの関係者も「とても良かった」と、心から感動されていたようです。本人に「どうでしたか?」とたずねると、「高揚感が、ハンパでないです。」と語った。新生が [続きを読む]
  • 明日、ホープのメンバーが洗礼をうけます。神様、感謝です。
  • 明日、私達の事業所ホープのメンバーが、洗礼をうける。私が通う教会の場をお借りし行う。本当にうれしい。神様、感謝です。スタッフ全員が、洗礼式に参加し、お祝いしたい。プライベートなことは、もちろん書けないが、彼は、とてもオーソドックスに救われ、そして洗礼をうける。オーソドックスと言った意味は、彼は、聖書を新・旧共に読破した上での救いだったからである。彼は、旧約聖書を読み始めた時、「引きこまれる」と感想 [続きを読む]
  • 今日、あるホームレスの方と出会う。アガペーを行なったかどうか。
  • 今日、あるホームレスの方との対応をした。昨日土曜日の夜に、携帯に電話が入り、事情を聞く。その方は、本州から札幌に、ある団体を頼ってきたものの、うまくいかなかったようだ。それで、彼が本州の支援団体に連絡のところ、私たちのところを案内され、電話がきたようだ。それで、今日、彼と会った。生活相談サポートセンターは、障がい者事業所ホープの活動に忙しいものの、そもそも生活困窮者の支援活動から始まり、既に900名 [続きを読む]
  • 今の政権と国の雰囲気に、リスクを感じる。
  • 「歴史は、繰り返す」という言葉があるが、安倍政権の昨今に危うさを感じている。それは、前に指摘したように、本当のことを語っていない、つまり、日本国のわれらを代表する首相が、うそつきとしか思えないからである。「神の目には、正しくない。しかし政治的には良い。」は、ありえない。安倍首相に悔い改めを期待。しかし、改める気持ちは、まったくないようだ。巧妙に、論点を狭め幕引きを狙っている。また、財務省に多くの問 [続きを読む]