生きること、飽きた さん プロフィール

  •  
生きること、飽きたさん: 生きること、飽きた
ハンドル名生きること、飽きた さん
ブログタイトル生きること、飽きた
ブログURLhttps://ikirunoakita.muragon.com/
サイト紹介文どうにかこうにか生きていく日々を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 353日(平均1.1回/週) - 参加 2017/05/17 19:03

生きること、飽きた さんのブログ記事

  • 0309
  • 病んでます でも、どうしてか分からない 仕事、家庭、健康、悩みの種はいろいろあるけれど。 お金があればこんな風になってないのかな。 たぶんあっても変わらず病んでる 「鬱 40代」でググルといろいろ出てくる ミッドライフクライシス?かっこいいネーミング(笑) みんな立ち止まったり、 疑問を感じたり 受け入れられなかったり 将来に不安を感じたりしてるんだな。 僕だけじゃないんだな、と思うけど やっぱり [続きを読む]
  • 0306
  • いつも同じことばかりだけど 自分の外には存在理由はあるけど 親だから 家庭があるから 命が続いてるから。 でも自分の心は空っぽ。 独りになって 考える時間が出来たときが嫌だ。 ゆっくりと沈んで 闇に包まれていってる気がする。 消えてしまいたい。 [続きを読む]
  • 0301
  • 勤務形態が変わるという。 そのため事実上残業や休出は無くなる。 2月はほぼ残業が無くて、 やっていけませんよ、そんな手取りで。 交代勤務して真夜中に仕事してるのに、 この額?と2月分の明細を見てショックでした。 日勤+バイトのほうがまた身体への負担が少ないんじゃないかと思ったり。 少し明るくなりかけてたのに、また闇に包まれてしまって。 みんな、ごめんねぇ。頼りなくて。 [続きを読む]
  • 0226
  • 家の中は寒いけれど 外は暖かい。車中は暑かった。 待ち望んでた春が近づいてきてる。 でも一番嫌いな季節。 澄んだ新鮮な空気の中、 自分だけ取り残されていくような感覚。 なにも思い通りに進まない。 [続きを読む]
  • 0224
  • あの子は僕に背を向けてしまった。 その原因は僕にあった。 でも、あの子の接し方は変わらずそのまま。 不思議な感じ。 勘違いしたり期待したり 僕が揺れ動くようになってしまった。 [続きを読む]
  • 0223
  • 仕事のこと。 閉塞感漂う毎日。 先の見えない不安。 先が見えてきての諦め。 絵を描きたい。 でも何も浮かばず。 昨日 画像を検索してて。 キーワードは「fly」 いろんな画像を観ていて 少しきっかけが掴めた ハッと小さな気づき。 重たい、下ばかり見ていた頭を持ち上げて。 そろそろ歩きだそう。 [続きを読む]
  • 0207
  • 日が落ちた暗がりの部屋が最近嫌い。 問答無用でやって来る夜が嫌い。 随分と感傷的になってる。 43の男がなってても構わないだろ。 [続きを読む]
  • 0206
  • 自分の目先の欲や願望しか見えてなかった。 疑心暗鬼にかられて言いたい放題。 あの子を困らせてしまった。 でも、あの子は向き合ってくれた。 ようやく目が覚めて落ち着いて考えられるようになってきた。 それでも日勤の時は目の前にいても挨拶程度しかできない。歯痒い。 職場だから余計な話はもちろん不要だけど。 真っ暗闇に包まれていたけれど、あの子が手を差し伸べてくれた。 そろそろ立ちあがって歩きだそう。 今 [続きを読む]
  • 0204
  • 仕事がガクンと暇になりました。 あの子がケジメと称して事実上別れました。 いろいろ起きるなー。 ため息ばかりの日々。 安全安心。なにも感じない日々の繰り返しよりはいいかな。 仕事は自分次第でやる気は維持できても、あの子とは相手あってこそ。 ポカンと穴が空いたよう。 あの子にグズグズネチネチと過去を問いただしてしまった。独りで妄想ループして悪化していく。 これ一番悪い癖。 好きと言ってくれてたのも嫌 [続きを読む]
  • 0127
  • 昨日は出勤前から雪。 ビビって休む奴、翌朝の凍結を心配して早退する奴。 僕は同僚が1人いたので朝まで。 慣れない雪が怖くないわけじゃない。 何か起きるかもしれないー半分はそんな気持ち。だから、あの子に「大好き」とひと言残して出勤。 歌を唄いながら運転していった。 今朝の帰りもOVER MEを聴きながら運転。 帰宅して鏡を見る。やつれた顔。 こんなののどこが好いのだろう。 歳の離れた子に好かれて、も [続きを読む]
  • 0127
  • 昨日は出勤前から雪。 ビビって休む奴、翌朝の凍結を心配して早退する奴。 僕は同僚が1人いたので朝まで。 慣れない雪が怖くないわけじゃない。 何か起きるかもしれないー半分はそんな気持ち。だから、あの子に「大好き」とひと言残して出勤。 歌を唄いながら運転していった。 今朝の帰りもOVER MEを聴きながら運転。 帰宅して鏡を見る。やつれた顔。 こんなののどこが好いのだろう。 歳の離れた子に好かれて、も [続きを読む]
  • 0125
  • 夜勤明け 一眠りした後の昼下がり 目を覚ますと独り 車が通る音だけ聞こえる 1番寂しくなる時間 寂しいと思えるうちはいい 性欲が湧いてくるのもまだいい それらも起こらない 無 の時がある その時が怖い [続きを読む]
  • 0120
  • death in vegasというイギリスのユニットのdirgeという曲が好きになった。 Vanishing Point-Death in Vegas.avi 偶然、バニシング・ポイントに因んだ動画をYoutubeで見つけて。そのBGMに使われていたのが知るきっかけ。 アンニュイなボーカル。それが単調に続く。聴いていて明るく元気になることはない。酔いながら聴いたら泣きながらバッドトリップしそう。 [続きを読む]
  • 0119
  • 想いが募る。 勢いでことを進めるわけにいかない。 計画的に。 思い通りにならないことだらけだけど、あの子と一緒になりたい。 それが希望であり全て。 [続きを読む]
  • 0113
  • 自分のような人間を好きになってくれた子がいる。 去年の夏は仕事のことだけで日々を過ごすのが精一杯。そんなことを気にかける余裕はなかった。 ようやく慣れてきて気持ちにも余裕がでてきたけれど。 自分は好かれている側なんだけれど常につきまとうボンヤリした不安。 好かれていて気分よく過ごせるハズなのに。 調子に乗っててもおかしくないのに。 いつか、あの子の気持ちが冷めてしまうだろうか、という不安。 自分が [続きを読む]
  • 0112
  • 二人ファンがいると以前書きました。 でも1人は、僕をカッコイイと言ってくれたものの、本命が同じ職場にいるという。 本命のことはひた隠しにしてて、僕のことは露骨にキャーキャー言って。 本命や周りに誤解されたら困るの、アンタだよ?だから騒ぐの、止めときなって忠告しました。 本命とカッコイイと思うだけは別腹か? ま、それは理解を示せる。 でも、僕と本命は同じ職場にいるのに僕のことを口にするのが理解できな [続きを読む]
  • 0111
  • 職場で問題児(40代)を僕の班に入れようと打診してきた上司。 迎え撃ってやろう。でもどんだけ問題児を入れてくる? セクハラ、パワハラ、ガキのようにワガママ言う奴。すぐに責任転嫁する奴。40代でもいろいろいるんだね。もっと大人になってるもんだと思ってたよ。 そんな振る舞いを続けていても居られるんだよな。そうすると僕は相当な良い子だ。「良い子」を演じ続けられてる。 いつ、この劇は終わりを迎える? 感動 [続きを読む]
  • 0110
  • 次から次へといろいろ起こる職場。 夜勤がしんどかったり、上からネチネチ言われて辞めたがってるオッサンたち。 僕の職場にいる女の子たちを狙っているオッサンたち。 自分は仕事ができると思って常に上から目線、周りを見下してるオッサン。なにかミスしても周りを引き合いに出して素直に非を認めない。 そいつはセクハラしたから注意して表向きは大人しくしてる……根は相変わらずだけど。 清楚ぶってオッサンウケのいい女 [続きを読む]
  • 0108
  • 今日は誕生日です。 とても寒い誕生日です。 子どもの頃は3学期の始業日にあたりやすく嬉しくなかった。 あの子は体調が悪いのに0:00丁度にメッセージを贈ってくれました。 優しい子です。 小さなことだけど、確実にあの子との二人だけの歴史が刻まれていってます。 [続きを読む]
  • 0103
  • 5年以上前の新聞の切り抜き 作家、本谷有希子に尋ねた好きな言葉。「孤高」。 憧れる言葉だけど、そうなるためには寂しがっていてはなれないよね。 寂しくて、つい手を止めてしまう。 寂しくて人の多いとこに行っても当然多くの人とすれ違うだけ。返り討ちに合ったように余計に寂しくなる。 弱っているとこんなもんか。 風邪をひいてボーッとしてる。 最後の休みなのにただ時が流れていく。 [続きを読む]
  • 0102
  • ずっと記憶にある映画 「聴こえてる、ふりをしただけ」 6年前の作品。 小学五年生の女の子が母親を亡くした後の心情を綴った話。 今泉かおりさんという女性が作った作品。 DVDになってないから定期的に思い出す。 それと同じ。 形になってないから忘れられない、気にかかる。手にできないから気になる、頭から離れない。 では金や権力で全てを手にしたら満足? 否。永久に満足なんてないよね。 正月早々…こんなもん [続きを読む]
  • 0101
  • 明けましておめでとうございました。 苦痛daysが始まります。 いつの間にか義理両親、義理兄家族が我が家に来ることになってるし、何時に来るのか決めてなかったのか、外出しているときに着いたと連絡あるし。 来たら早速、周りのことは考えずに駅伝にチャンネルを合わせる義父。子どもらのことも考えてあげてほしい。 義理家族が人の家に来ての傍若無人振りに耐えなければならない。自分の家なのに。 明日は自分の実家で [続きを読む]
  • 1231
  • 退屈な1日でした。自分で退屈にしてしまったんです。 今まで当たり前と思っていたもの、好きなもの、皆が興じていることが、本当に大切なものなのか考えるいい機会でした。 どんどん冷めていき、色褪せて壊れていくさまざまな感情がありました。 [続きを読む]