shine さん プロフィール

  •  
shineさん: photo:Asian フォトアジアン
ハンドル名shine さん
ブログタイトルphoto:Asian フォトアジアン
ブログURLhttp://photoasian.com
サイト紹介文東南アジア(ベトナム、ミャンマー、タイ、シンガポール、カンボジア)の写真と情報のブログ。
自由文私は海外旅行、特に東南アジアをこよなく愛しています。なので、そんな思いを何か形にして残したいと思い、このページを始めることにしました。でも、どちらかと言うと海外旅行へ行く方への役立つ情報を上げるように心がけていきたいと考えています。

まあ、役立たないような情報もあるかもしれませんが、私の実体験を参考にしていただき、何か役立てていただければ幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 113日(平均3.0回/週) - 参加 2017/05/18 21:40

shine さんのブログ記事

  • 九份の阿妹茶楼(じょうふんのあめちゃろう)
  • 九份の阿妹茶楼(じょうふんのあめちゃろう)台湾、台北、台鉄台北駅から瑞芳駅へ。そこからバスかタクシーで15分程度で九份(じょうふん)に到着します。九份と言えば「千と千尋の神隠し」のモデルの一つと言われている場所です。ここが九份の入り口。ここから商店街に入っていきます。この細い通路にぎっしりお店が並んでいます。赤い提灯が至る所に飾ってあります。いろいろな台湾茶のお店があります。おしゃれな茶器もたくさん [続きを読む]
  • 秘湯 北温泉(その4)
  • 秘湯 北温泉(その4)北温泉には天狗の湯、ぬる湯、不動の湯などいくつかの温泉がありますが、目玉はこのプールのような「泳ぎ湯」本当に泳げるくらい広い露天風呂(混浴)。しかし、僕が行ったときに女性は誰もいませんでした。これはお風呂の中からの眺め。なぜか、ウォータースライダー?がついています。この風呂はとても気持ちがいい。山奥でこんな開放的な温泉に入れるなんて、気分がいいよ。24時間入れます。深夜に入るの [続きを読む]
  • 秘湯 北温泉(その3)
  • 秘湯 北温泉(その3)歴史のある北温泉だからこそ、昔からの古い道具がたくさん残っています。年季物の古い大時計。なかなかここまで本格派のアンティークないです。ここは売店のようですが、誰も人がいなかった。あと古い道具も展示してある。まるで古道具屋ですね。誰が何のために作ったのか、さっぱりわからないものだらけ。情報量が多すぎて頭がパニックになりそう。なぜ絵馬を売っているのかわかりませんが。そうか、鬼子母 [続きを読む]
  • 秘湯 北温泉(その2)
  • さて、北温泉に着きました。今回、江戸時代からあるという建物に泊まりましたが、4畳半です。余計なものは何もありません。廊下も古い日本家屋と言った感じで夜怖そう。この廊下を進んでいくと天狗の湯があります。おお、天狗が見える。じゃ〜ん!これが天狗の湯です。つげ義春になった気分。他にもいくつか温泉がありました。一旦外に出てこちらがぬる湯。家族風呂らしい。鬼子母神。なんなのかよくわからなかった。外はこんな感 [続きを読む]
  • 秘湯 北温泉(その1)
  • 秘湯 北温泉(その1)このサイトではずっと東南アジア縛りで来ましたが、少し視野を広げて日本の温泉も紹介していこうと思います。ということで、栃木県の秘湯、北温泉です。この温泉は有名な秘湯で、映画「テルマエ・ロマエ」でも出てきてました。上戸彩の実家の温泉という設定でした。まず今回は北温泉への道です。ただ、このサイトの性質上、寄り道が多いのでささっと行き方を調べたい人は他のサイトも参照して下さい。さて、J [続きを読む]
  • ホーチミンの日本人街(レタントン通り)その2
  • ホーチミンの日本人街(レタントン通り)その2前回の続きです。レタントン通りの15Bという路地に入っていくと日本人向けのお店がたくさんあります。今回は怪しそうなお店を中心にご紹介。カラオケとかスパ(マッサージ店)がたくさん。でもなんとなく怪しそうな看板です。バンコクで言うとタニア通りのような感じですが、タニアほど大きくはなく、こじんまりとまとまっています。たくさん日本人向けのカラオケやカウンターバーが [続きを読む]
  • ホーチミンの日本人街(レタントン通り)その1
  • ホーチミンにも日本人町があります。さほど大きなエリアではありませんが、日本のお店がたくさん集まっているエリアで、少々怪しい感じもしますが。場所はレタントン通りの東側です。いきなり、お好み焼き屋さん。上にバインセオ・ニャットバンと書いてありますが、日本のバインセオという意味です。餃子の帝王!どっかで聞いたことにある感じのお店ですが、キャラが楽しいですね。顔が餃子になってる。SUSHI WORLD。お寿司屋さん [続きを読む]
  • メコンデルタクルーズ(5)ココナツの島
  • メコンデルタクルーズ(5)ココナツの島さて、盛りだくさんのメコンデルタクルーズ、次はココナツの島に到着です。ココナツの生産で生計を立てている島です。というか、このツアーほんとに盛りだくさん。ココナツから作られた食器やクシの数々。立派なものです。ココナツから取れるココナツシュガーで飴を作っています。こっちはお酒?ヘビとか朝鮮人参が入ってる。精力剤っぽいですが。これはココナツとは関係なさそう。ずらっと [続きを読む]
  • メコンデルタクルーズ(4)驚愕のメニュー
  • メコンデルタクルーズ(4)驚愕のメニューさて、メコンデルタクルーズ。次に向かうのは昼食レストランの島です。本当はそこで昼食の後、自転車に乗って島を回るアトラクションもあったのですが、雨のため中止になりました。この島は昼食レストラン、自転車アトラクション、ワニ釣り、喫茶コーナーの島です。なので建物も鉄筋で比較的立派。この通路を進んで行くとこれが昼食用のレストラン。たしか、昼食も料金に含まれていました [続きを読む]
  • メコンデルタクルーズ(3)ジャングルクルーズ
  • メコンデルタクルーズ(3)ジャングルクルーズ前回まで。ホーチミンの旅行代理店でメコンデルタクルーズ半日コースを申し込んで、永長寺を経由しメコン川についてハチミツの島を訪れました。今回はその続きです。ちょっとした軽食の果物が振る舞われました。バナナ、パイナップル、スイカ、ドラゴンフルーツ、などなど。何かあるのかなと待っていると、今からここの村の歌が始まりますよ〜お姉さんが地元の村の歌を歌ってくれまし [続きを読む]
  • メコンデルタクルーズ(2)ハチミツの島
  • メコンデルタクルーズ(2)ハチミツの島前回からの続きです。永長寺を出発してしばらくするとメコン川に到着です。ちなみにメコンデルタというのはベトナムの南部の地方のことで、メコン川とその支流の三角州のことを言います。この三角州はたくさんあって、そこに住む人達もたくさんいます。島ごとに産業が違い見どころもいろいろあって、半日のツアーでもいくつかの島に行くのでなかなか盛りだくさんのツアーです。ちなみにベト [続きを読む]
  • メコンデルタクルーズ(1)永長寺(Chua Vinh Trang)
  • メコンデルタクルーズ(1)ホーチミンから半日観光で行ける場所となると、メコンデルタクルーズかクチトンネルがリーズナブルで手軽に行けます。料金も現地の旅行代理店で申し込むと安いです。日本の代理店で申し込むと半日コースで5千円くらい。でも、現地の代理店で申し込むと2千円以下(1500円くらいだったと思う)。朝の7時から夕方4時くらいまでたっぷり観光できます。もちろん、日本語ガイドはつきません。英語ですが、 [続きを読む]
  • ホーチミンのおしゃれなブックストリート
  • ホーチミンのおしゃれなブックストリートホーチミンの観光スポットと言えば、サイゴン大教会とサイゴン中央郵便局。そのすぐ近くにおしゃれなブックストリートがあります。ブックストリートとは本屋さんが集まった通りで、ブックカフェもあります。ホーチミンでのどかに過ごせるお気に入りの場所の一つです。サイゴン中央郵便局の向かって左側にマクドナルドがあり、そこを曲がるとブックストリートです。地図はこの記事の一番下に [続きを読む]
  • 六合国際観光夜市@高雄(その2)
  • 六合国際観光夜市@高雄(その2)前回からの続きです。台湾の南、高雄の最大の夜市、六合国際観光夜市のお店たちを紹介しています。ちなみに台湾の夜市が出て来る映画といえばウォン・カーウェイ監督『ブエノスアイレス』(原題:春光乍洩、英題:Happy Together)、アーヴィン・チェン監督『台北の朝、僕は恋をする』(原題:一頁台北、Au Revoir Taipei)などがあります。『ブエノスアイレス』はラストシーンで出てくる台北の夜 [続きを読む]
  • 六合国際観光夜市@高雄(その1)
  • 六合国際観光夜市@高雄台湾、台北から台湾高速鉄道に乗って終点の左営駅で高雄メトロに乗り換えて高雄へ。高雄は台湾で第二の都市。強いて言うなら台北が東京なら高雄は大阪って感じです。なので夜市も台北の夜市より少しローカルっぽくていい感じです。そんな高雄の最大の夜市、六合国際観光夜市は日本人には懐かしい雰囲気も感じるし、とにかく美味しそうなお店がいっぱいです。さっそくどんな店があるか見てみましょう。シュ [続きを読む]
  • ヤンゴンの南(5)トワンテーの市場
  • ヤンゴンの南(5)トワンテーの市場いよいよ、ヤンゴンの南編最終回。今回はトワンテーの市場を紹介します。トワンテーにも賑やかな町があります。このあたりは一番の繁華街。お店もレストランもたくさん集まっています。ちゃんとしたコンクリートの建物もありますよ。広い通りなのでガチャガチャとはしておらず、雰囲気のいい街でした。ここに市場があったので奥に入ってみます。販売員はどうも子供のようです。小学生上学年くら [続きを読む]
  • ヤンゴンの南(4)トワンテーの風景
  • ヤンゴンの南(4)トワンテーの風景前回まで:ヤンゴン川をフェリーで渡ったら女の子たちに案内してあげると言われ、怪しいバイカーに連れられて蛇寺、壺工場を案内された。さて、今回はその壺工場のあたりを散策してみたいと思います。というのも村の雰囲気が非常にアジアの片田舎って感じでなんだかいい風景が広がっていたからです。こういう雰囲気は僕の趣味なので、興味のない方には単なる田舎の風景でつまらないかもしれませ [続きを読む]
  • ヤンゴンの南(3)トワンテーの壺工場
  • ヤンゴンの南(3)トワンテーの壺工場さて、スネークパゴダを後にして、またこの怪しいバイカーたちの案内で壺工場に向かいます。トワンテーはヤンゴン川を南に渡ったダラ地区から更に20〜30kmほど行ったところにある村です。壺などの焼き物の町らしいですが、ヤンゴンに比べるとかなり貧困そうな雰囲気です。というか、今回のダラからトワンテーの観光は予定していたものではなくて、もともとはヤンゴン川を渡ってみようとしただ [続きを読む]
  • ヤンゴンの南(2)スネーク・パゴダ
  • ヤンゴンの南(2)スネーク・パゴダ雨宿りをしていた小屋に可愛い男の子がいたので、写真を取らせてもらいました。満面の屈託のない笑顔で思わず和んでしまった。そうこうしているうちに、雨も小ぶりになってきたのでスネークパゴダに出発した。はたしてスネークパゴダとはいったいどういう場所だろうか?ここは日本のガイドブックにはたぶんあまり載っていないと思います。怪しいバイクの彼らに連れられてぬかるんだ道をバイクで [続きを読む]
  • ヤンゴンの南(1)ダラ
  • ヤンゴンの南(1)ダラミャンマーのヤンゴンはミャンマーでは大都会。もっとローカルなミャンマーの雰囲気も味わいたいと思ったら、ヤンゴンからすぐ近くに手頃な場所があります。ダラ、そしてトワンティーという地区です。ヤンゴンの南側、ヤンゴン川にフェリーターミナルがあります。このフェリーターミナルからヤンゴン側を越えて南側のダラという地区に行くことができます。フェリー代は往復4000チャット(300円強)、川を越え [続きを読む]
  • シンガポールの怪しいスポット オーチャードタワー
  • シンガポールの怪しいスポット オーチャードタワー一昔前ならいざ知らず、今のシンガポールは経済大国。巨大なビジネスタワーが立ち並び、巨大なショッピングセンター、中華街も、インド人街も、どこもかしこも街はキレイになっている。もはや日本人が行ったところで物価は安くないどころか、セントサ島なんかに行くと日本より物価が高いくらいだし、とても清潔で健全な都市国家である。(ゲイランエリアを除き)すっかり健全な国に [続きを読む]
  • ヤンゴンのランドマーク、スーレーパゴダ(Sule Pagoda)
  • ヤンゴンのランドマーク、スーレーパゴダ(Sule Pagoda)ヤンゴンの町中に一段と目立つ金色の建築物、スーレーパゴダ(スーレーパヤー)があります。ミャンマーには至る所にこのようなパゴダが建設されており、ヤンゴンでいちばん有名で巨大なパゴダはシュエダゴンパゴダですが、このスーレーパゴダは小さいながらも町中の中心という便利な場所にあり、ホテルが近くなら散歩がてらに訪れることができます。ミャンマーは敬虔な仏教 [続きを読む]
  • 深圳のテーマパーク「世界の窓」(世界之窗)
  • 深圳のテーマパーク「世界の窓」(世界之窗)香港を北上すると中国の経済特区「深圳市」というエリアに入ります。経済特区なので巨大なビルも乱立しており、IT企業も多く、ビジネス的には中国の重要な都市ですが、もともとは沼地だったとかで、あまり観光になるようなものが何もなかった場所らしく、そのためにたくさんのテーマパークを作ったということらしい。今回はそのうちの一つ、「世界之窗」を紹介します。このテーマパークは [続きを読む]