FEEL さん プロフィール

  •  
FEELさん: Feel。 感ジテイルカ?
ハンドル名FEEL さん
ブログタイトルFeel。 感ジテイルカ?
ブログURLhttp://feellife.info/
サイト紹介文30代隠れビアンカップル。未だ同棲せず、お互いの夢の実現に向けて仲良く過ごしています。
自由文若いあなたへ。時には悩むことも必要だ、カミングアウトがすべてではないから。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2017/05/18 22:53

FEEL さんのブログ記事

  • 最近、夢から覚めなくなった。
  • 高齢化社会に向けて、様々なところで対策が進んでいる今日この頃ですが、身近なところで高齢者がパタパタと亡くなっていくことを目の当たりにすると、少し怖くも感じます。人は誰でも死ぬぬだから、仕方がないことなのだけれども。多くの人の死因がガンです。案和ケアをしていた、モルヒネの含まれたシートを皮膚に貼っていたとか、看護していた家族の話は結構重い。そこでふと「この人たちは、なぜガンになったのだろう?」という [続きを読む]
  • 気づける人と、気づけない人。
  • FEELです。 ねぇ、知ってますか。気づける人と、気づけない人がいる話。 気づけない人は、「言ってくれなきゃわからないよ。もっとこうしたらいいじゃん」ってアドバイスくれるんです。まるで、自分が気づかないのは当たり前でかのように。 笑わかります、この感じ。 文化の違いというか、なんというか。 私はね。最近、気づける人になりたいなと思うようになりました。 [続きを読む]
  • 身の丈に合う物に囲まれて。
  • 暑い日が続きますね。みなさん、お元気にされていますか? なんて。 このブログに足を運んでくださるような方々は、もう誰もおられないと思いますが。あまりにも放置しすぎですよね。 ごめんなさい。そうそう、私にはもう一つブログがあるんですが、随分と前から、そちらのブログのパスワードがわからない。しかも、自分のブログのタイトルさえもわからないので、それも検索しようがない。どうしようもなく放置をしている状態です [続きを読む]
  • ホッとしてます。本当にね。
  • おはようございます。朝ですね。毎日が早く、驚くほどのスピードで今日に至りました。いやぁ、、、毎日、何をしてるんでしょうね 笑思いません?笑昨日はね、ホッとしたことがあるんです。4月から取り組んでいた仕事がですね、できたんです。完成版を見て、ホッとしました。あぁ、よかったなと。その前には、上司を励ます会をしました。最近、上司が仕事詰めで、耳鳴りが酷いらしくしょぼんとなっているのを見かね。彼は、あまり革 [続きを読む]
  • 誰もが敵に思える日々。
  • こんばんは。夜ですね。やっと、夜がやってきました。もう数時間もすれば明日が始まるのですが。あぁ。毎日、繰り返しです。最近、よく聴くとある楽曲があるのですが、その曲を聴くと不思議と人生が反転するのです。不運が重なったな、と思うときにその曲を聴くと、「ヤッホー!!」という出来事があり、幸運が重なったん、と思うときにその曲を聴くと、「まじか・・・」という出来事があります。最近は自分で、今の人生の傾向を変 [続きを読む]
  • 恋人に思ってるはず。
  • 大概の人が、恋人に思うはず。 「なんて、私の恋人は素敵な人なのだろう」 って。単に、惚気じゃない。自分の価値観と社会にゆさぶられた時に、ふと気付けば輝く、一つの道筋。 何年付き合っていても、彼女のことは知らないことばかり。だけど、初めから何も変わらないことがあって。 素敵な人だという印象は、何年付き合っても変わらない。 [続きを読む]
  • 素敵な連休を過ごされましたか?
  • こんばんは。FEELです。 数日、ここの更新をお暇いただきましたね。 「何か書こうかな」とも連休中に思ったのですが、 私FEEL 特に、書くこともないかな なんて思い直して、結局今に至ります。 皆さんは、連休はどうでしたか?よい連休でしたか?今朝がたニュースでしていましたが、レインボープライド東京、ですか、何やらLGBTに関するイベントが都内であったようですね [続きを読む]
  • 出会ってしまった春。
  • 春ですね。 春といえば、「出会い」ですが、私のこの春の出会いは「リュック」でした。肩に紐をかけて背負う、あのリュックサックです。 Pee さんと、某アウトレットの木の下に座って少し休憩しているときに、お店の入口に変わった形のグレーの袋を見つけました。私たち2人とも気になっていたようで、 彼女のPee あの袋っぽいもの、気にならない? [続きを読む]
  • 部屋に入って、一番にすること。
  • Pee さんの部屋は玄関から廊下、部屋の入口まですべてオートロック。蝶番がカギとして機能する田舎の私の家とは、比べ物にならないくらいのセキュリティの高さ。(蝶番(ちょうつがい)ってわかりますか?簡単なパーツを回すだけのカギです。) それだけ、都会に住む彼女の身の回りには、危険が溢れているのかもしれません。私は自分の部屋に入ると、いつも行うルーティーンの動作があって、それは、カバンを置き→洗面所で手洗い [続きを読む]
  • 美魔女の秘訣は強炭酸か?
  • 以前の席順では、その美魔女さんは、私からして後ろの島の席の方でした。 彼女の席の島には私と同年代の男性もいて、彼の机の上にはいつもコーラ。だから、仕事中に聞こえる「プシュー!」という炭酸が抜ける音は、同年代の男性の彼が出している音だと思っていました。 しかし、今回の異動・席替えで美魔女さんが隣の席になったのですが、私の横の席で「プシュー!」と言わしているではありませんか。 結構な大きな音。 [続きを読む]
  • 自分を変えるのは、自分。変わりたいから、変わる。
  • 人の価値観は、変えることができない。 今まで何度となく聞いてきた言葉だけれども、私は、「人の価値観も変えることができる」と思っている。ただし、「その人も、変わりたいと思っている」という条件がつく。そう、本人が望むのであれば、それは実現するのです。 しかし、変わろうとも思っていない人を変えることはできない。 だから、そんなときは私が変わることにしたようです。「したようです」と書いたのは、「そうしよう [続きを読む]
  • あの有名写真家も#MeToo加害者か。
  • ネットでニュースになっていましたね。有名写真家のモデルさんが、この有名写真家を相手に、#MeToo被害?を告白したこと。 私は、この有名写真家のことをこのニュースまであまり知りませんでした。「ファッション誌の撮影をする人」と思っていましたが、結構、性にオープンな写真を、このモデル女性を題材に撮影されているんですね。写真家の人を検索してみると、ちょっと驚きました。典型的な〇ロジ〇イの印象。おっそろしいなぁ [続きを読む]
  • 実家でゴソゴソするには、少しの度胸が必要。
  • Peeさんは、何度か私の実家に泊まりに来ている。 私の母親にも、父親とも会って話をしている。その会話は、カミングアウトやLGBTとは全く関係ないもので、 「遠いところへようこそ」「こんな田舎で、ごめんね」 みたいな、ちょっとほのぼのしたもの。何回会っても、私の親の会話の始まりはそこ。 その単調さに付き合ってくれるPeeさんは、優しいなと思う。 Peeさんがいつも泊まるのは、私の家の離れの家。改装してある、キレイな [続きを読む]
  • 私は、人間関係づくりが下手である。
  • 私は、人との付き合い方が下手です。 それは、このブログでもよく表れていると思います。LGBTの友人に関する考えとか、ホント下手だと思いますね。 すぐに敵を作りたくなってしまいます。 それはおそらく、自分自身を守るためなのですよね。私が、私を守るため。 そうそう。仲良くなって、傷つきたくないのですよ。今まで、何人かの女性に振られてきました。友人からの出会いを探した頃にも、なぜか恋愛目線でしか見られない体 [続きを読む]
  • 桜の花を散らしたのは誰か。
  • 彼女が帰った数時間後には、桜の花が驚くほど散っていた。まるで、彼女が来るのを待っていたかのように、Peeさんが帰った後に、一気に桜が散った。 私FEEL 帰ったら、桜がほとんど散っていてびっくりしました。危機一髪というか、ホント袈裟がギリギリだった。 そういう私に、 彼女のPee FEELが一度家に戻ったときに、川原 [続きを読む]
  • その言葉、おかしくない?
  • 彼女のPee 見て見て♪こんな、やすらかな顔をしたFEELの写真が撮れたよ♪ 私の写真を撮ったPeeさんが、その写真を私に見せてくる。特に私は、自分の写真に興味がない。しかし、ちょっと気になるのが、その写真の表現。 やすらか? 私FEEL ねぇ、『やすらか』って、そういう時に使う? [続きを読む]
  • 子供が生まれたら、職場に連れてくるのは義務なのか。
  • 私の職場は、2人産休と、これから産休に入るであろう人が1人いる。3人とも女性です。 すでに産休に入っている2人は、今この時期、異動の時期で人も入れ替わることも想定してか、次々と子供を連れて職場を訪れている。さらにはこの産休の2人だけではなく、以前この課に所属していた人、もしくは知り合いの職員がいる場合など、そういう様々な理由で、産休中の職員が次から次へと子供を連れて職場を訪れる。 そのためロビーに [続きを読む]
  • 友人の結婚式を面倒だと思っている理由を考えてみた。
  • すごく酷いタイトルでごめんなさい。この度、仲のいい人が結婚をするのですが、出席することに対して面倒に感じている自分がいます。おめでたいことですし、その「彼女の結婚」に対して決して嫌味を持っているわけでないのですが、なぜか、なぜか出席が面倒で。 友人の結婚式に出ることを、面倒に思ったことって、ありませんか? 今まで他の人の結婚式では、ここまで強く『面倒な』という思いを抱かなかったのに、なぜか今回の私は [続きを読む]
  • 多くの人の中に隠れているビアンのブログです。
  • こんばんは。「最近、FEELはよくブログを更新するな」と思われているかもしれませんね。単に、自分の中でブログに関する関心が高まっているようで、ここ最近続けて記事を書いております。 もうすぐ、このブログを初めて1年が経つようです。自分でもあまり考えていなかったので、教えていただいてありがたかったです。このまま継続できるように、ぼちぼち続けていきたいと思います。 最近Peeさんとの2人の会話も書いてみました。 [続きを読む]
  • 『辛い』気持ちを引き下げるには。
  • 「今の職場の仕事が辛い」、そう言った女性の後輩がいる。 その後輩は、上司に相談して、新年度は別の内容の業務に変えてもらった。そして事務を振り分けられてみると、彼女の仕事内容は確かに楽になった。「期日」が少なくなったから。でも、「新採用者の面倒を見る」という仕事が追加されていた。 普段から、「私は、年下の子と話をするのが苦手なんです」と、周りに言って回っていたくらい、年下が苦手らしい彼女。 すると結果 [続きを読む]
  • それって本当に節約なの?
  • 【出会った頃の話】 彼女のPee 私は倹約家なのです(えへん)。 自称、倹約家を名乗る彼女。 私FEEL どのあたりが、倹約家だと思うの? 彼女のPee お金をATMから引き出すときは、いつも少額だよ。お金は使わないように、財布に入れないの。 当時のPeeさんは銀 [続きを読む]
  • 海外在住者との恋愛はさすがに遠距離恋愛でしょ?
  • 多くの人は、恋愛でいう『遠距離』ってどれくらいを考えているのでしょう。 というのが、「仕事」の遠距離と、「恋愛」の遠距離の感覚って違いますよね。仕事なら我慢できる距離でも、恋愛だと我慢できない。とか、もちろん反対の場合もあるわけです。 でもきっと、恋人には近くにいてもらいたいと考える人が多いでしょうし、恋愛の遠距離の方が、仕事の遠距離より短い人のほうが多いのではないでしょうか。 でも私の場合、実はこ [続きを読む]