ドイツの扉 さん プロフィール

  •  
ドイツの扉さん: ドイツの扉
ハンドル名ドイツの扉 さん
ブログタイトルドイツの扉
ブログURLhttp://doitsunotobira.hatenablog.com/
サイト紹介文海外生活のあれこれ、ドイツの日常生活、食、ビール、おすすめ品、おすすめ観光地、ドイツ語学習について
自由文仕事の関係で南ドイツの小さな街に引っ越してきたばかり。これからドイツで暮らす方や、まだドイツ生活を始めたばかりという方のお役に少しでも立てれば嬉しいです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 141日(平均6.8回/週) - 参加 2017/05/18 23:49

ドイツの扉 さんのブログ記事

  • ドイツ人らしさが見えるもの
  • やる気のないショーウィンドウは、きっとドイツあるあるのひとつ。取りあえず商品をぽいっと置いただけだったり、ちょっと工夫して秋らしくしようと思ったのか落ち葉がゴミみたいに散らばっていたり。お店の顔であるはずのショーウィンドウなのに、お洒落に飾ろうというやる気が全然感じられません。ドイツ生活も半年が過ぎ、やる気のないショーウィンドウにはいちいち驚かなくなっていたのですが、先日のイタリア出張から帰っ [続きを読む]
  • 旅行には必ず持って行くドイツのもの
  • 旅行のときに必ず鞄に放り込んで行くのがドイツの薬局で買ったセージティー。喉の痛みに抜群に効きます。旅行中は飛行機やホテルの空気が乾燥しているのと、外で埃を吸い込むのとで喉が痛くなりがち。大抵ホテルには湯沸かし器が付いているので、寝る前にお茶をいれて飲んでおくと喉のイガイガ感がかなり緩和されます。今回のイタリア出張でも喉が痛くなったのでセージティーを入れようと思ったのですが、ホテルには湯沸かし [続きを読む]
  • ドイツとイタリアで違うもの【イタリア編】
  • 出張でイタリアに来ています。夜にホテルに着いて以降何度となく「あれ?窓開いてない?!」と思って確認をしたのですが、窓は閉まっています。なのに車の音も人の声も通りのカフェでグラスがなる音まではっきり聞こえます。なんなら部屋の空気も動いているような気さえするのです。ドイツ人の夫が日本の私の家に来ると、いつもいつも「窓開いてない?」と聞いてきていた理由がようやくわかりました。ドイツの家の窓は二重窓 [続きを読む]
  • ドイツのコットン事情
  • メイク落としはふき取り派という人にとって重要なのがコットン。毛羽立ってもダメだし、ツルツルすぎてもダメ。ふんわりしつつもちゃんと汚れは取ってくれる丈夫さも必要です。いろいろ試して気に入っていたのがMüllerオリジナルブランドの大判コットン(写真右側)。最初は大きすぎる気がしたのですが、これにたっぷりふき取りクレンジングを含ませれば、表と裏で顔全体さっぱり落ちます。同じブランドだし、もう少し薄い [続きを読む]
  • ドイツの商品パッケージあるある
  • ドイツというよりはヨーロッパあるあるかもしれません。裏面は原材料や使用説明の他言語翻訳でびっちり。DEがドイツ語、FRがフランス語、ITがイタリア語というのはぱっと見でわかりますが、他は何語なのか気になったので調べてみました。HR クロアチアSL スロベニアHU ハンガリーES スペインだそうです。こうやって各言語を並べてみると、似ている単語があったり、文の構造の違いがなんとなく見えてきてちょっと面白いか [続きを読む]
  • ドイツのタッパーといえば
  • 以前購入したemsaのタッパーは、職場へランチを持って行くときに大活躍しています。水漏れしないのはもちろん、サラミやチーズなど匂いが強いものを入れても匂いがバッグの中に充満することもない優れもの。今回は(おそらく)一番小さいサイズのものを旅行用に購入しました。(↑水を入れても漏れません)何に使うかというと、化粧落としに浸したコットンを持ち運ぶため。ドイツに来てからはメイク落としはふき取り用のビ [続きを読む]
  • ドイツの肉屋で気になっていたものをついに買ってみた
  • ドイツでの生活も半年近くなりました。最初の頃は恐ろしい場所だと思っていた近所の肉屋にも通い続け、シュニッツェル以外の肉やソーセージもきちんと買えるように。実はこの肉屋でこれまでずっと気になっていたけれど買うのを躊躇していた商品があったのですが、渡独半年記念(?)ということで思い切って買ってみました。それがこちら↓25センチくらいある巨大なソーセージの中にソーセージと野菜が入ったもの。ゼリー寄 [続きを読む]
  • ドイツ人が風邪をひいたら食べたくなるものとは
  • アメリカに住んでいたころは、車酔いをすれば同乗者からコーラを差し出され、機内でお腹が痛くなったときには「生姜はお腹にいいから」とCAさんからジンジャーエールを流し込まれ、風邪をひいたときには友達が鍋いっぱいのチキンヌードルスープを持ってきてくれたものです。心遣いはありがたいけれど、体調が悪いときにベタベタに甘いソーダやチキンスープは正直結構しんどい。ちなみに、私の夫はめったに体調を壊さないのですが [続きを読む]
  • ドイツのニッポンと言えば…
  • 友人が日本からお菓子をたくさん送ってくれたので、お返しに送るドイツのお菓子を買いにスーパーへ行ってきました。最近は日本の輸入食材店にもたくさんドイツのお菓子が置いてあるので、日本にはなさそうなものをできれば送りたいところ。そういうわけで選んだものの一つがこちら↓その名も「ニッポン」!!以前日本のポッキーが「ミカド」という名前で売られてあるとブログに書いたことがありますが、「ヤーパン(ドイツ [続きを読む]
  • ドイツは安全な国なのか
  • 今日はドイツの連邦議会選挙。私に選挙権はないけれど、ドイツ人の夫がいる身としては他人事ではありません。今日は仕事の関係で街の中心部に用事があるのですが、ふと「選挙結果によっては、街で破壊行為をする人たちや気が立って他人に危害を加える人が出てきて危険かもしれない」という不安がよぎりました。私が住む町も働いている町も田舎の小さな町。ドイツ国内でも治安は良い方だと思います。それでもここ最近切り裂 [続きを読む]
  • ドイツでコンタクトレンズを買ってみた
  • 日本から持って来ていたコンタクトレンズがそろそろ無くなりそうだったので、ドイツでコンタクトレンズを購入することにしました。 ドイツではコンタクトレンズを購入するのに処方箋も検診も必要ありません。ドラッグストアの棚にも数枚組のレンズの箱がズラッと並べられているし、眼鏡屋さんの店頭でも買うことができるので、かなり気軽にコンタクトを手に入れることが可能です。 また、ドイツにはコンタクトレンズ通販のサイト [続きを読む]
  • ドイツの新築アパートあるある?!
  • 私がドイツに来る1年前から夫は今の部屋に住んでいるのですが、夫が入居したのはこのアパートが「完成」してすぐのこと。なぜあえて「完成」とカギカッコをつけたかというと、入居しても工事が続いていたから。部屋にはバルコニーがついているのですが、柵が出来上がっていないという理由で、バルコニーに出るドアからはドアノブが外され、3ヶ月ほどバルコニーには出られないようになっていました。一番困ったのがお風呂。蛇 [続きを読む]
  • ドイツ人はミューズリーに何を入れるのか
  • 健康への意識が高くてヨガやってて◯◯油の効能がどうとかっていう知識があって朝には必ずグリーンスムージー手作りして食べ物はオーガニックスーパーで買って化粧品もオーガニックなものしか使わなくて子供の服は全部オーガニックコットンで…というのがミューズリーを毎日食べている人のイメージでした。あくまでも私の中での偏ったイメージですが。ドイツではミューズリーは定番の朝ごはんなので、特別おしゃれな感じはあり [続きを読む]
  • ドイツのハーブは効果抜群!
  • 日本にいる頃は、ハーブの効果なんて気休めだとしか思っていませんでした。しかし、ドイツで生活するようになってからはハーブも立派な薬だと感じるように。ほぼ毎回「のど」から風邪をひく私がお世話になっているのがセージ。ドイツではサルバイと呼ばれているハーブで殺菌効果が強いのだそう。以前ドラッグストアで買えるお手軽なセージティーについてブログで紹介したことがありますが、薬局で買えるセージティー(サルバイ [続きを読む]
  • ドイツではなぜ吹き替えが主流なのか
  • ドイツの映画もドラマもいまいちパッとしないと思うのは私だけではないはず。もちろんドイツ映画には「名作」と呼ばれるものや、何年かに一度世界的にヒットするものもありますが、ハリウッド映画のように毎年何本も世界中の映画館で上映されるということはなさそう。ドイツ国内においても、映画館の多くは主にハリウッド映画の吹き替え版を上映しているようです。ドラマに関しても似たような状況で、私の周りの人にドイツのドラ [続きを読む]
  • ドイツで買える旅行サイズの日用品が便利
  • 海外でコスメや肌に触れる日用品を買うのはちょっと不安なもの。肌に合うだろうか、匂いがキツすぎないだろうか、と悩んでしまうものです。そんなとき便利なのがお試しサイズのミニボトル。ドイツはこのミニボトルの種類がすごく豊富で、ドラッグストアのミニボトルコーナーはかなり充実しています。シャンプー、制汗剤、ボディソープ、ローション、ヘアスタイリング剤、日焼け止め、ハンドクリームなどなど、色々なブランド [続きを読む]
  • ドイツ人にとって音楽の趣味はどの程度プライベートなトピックなのか
  • 「いつもどんな音楽聴いてるの?」と質問されることは日常生活において少なくないと思います。たとえば美容院でいつもと違う人に担当される場合、職場で顔見知り程度だった人と飲み会で隣の席になったとき、友達の友達という顔ぶれが集まるパーティーや飲み会。音楽の趣味というのはいわゆるスモールトークのお決まりのトピック。最近ふと思ったのですが、ドイツに来て以来この質問をされた記憶がありません。あえて言うならド [続きを読む]
  • ドイツのポップコーンは砂糖味?!
  • 可愛い缶入りの高級ポップコーンが流行っていた時期がありましたね。いろんなフレーバーがあって確かに美味しそう。でも、原料費を考えるとポップコーンって綿あめと同じくらいやくざな商売な気がします。そう思うようになったのは、ポップコーン用の種(?)を買って自分で作るようになってから。もちろん映画館で食べるポップコーンも、レンジでチンする袋入りの味付きポップコーンも美味しいですが、自分の家で作った炒りた [続きを読む]
  • ドイツの屋根裏部屋と不思議な窓
  • 屋根裏部屋、というものに憧れがあります。外国の小説に出てくるそれは、主人公にとっての秘密基地や隠れ家のような場所だったり、冒険が始まるきっかけが見つかる魔法の場所だったり。うちにも屋根裏部屋があればなぁ、なんて子供の頃は思っていたものでした。ドイツでは屋根裏部屋がある建物は一般的で、ホテルやアパートでも最上階は屋根が斜めになった屋根裏部屋スタイルであることが少なくありません。私にとっては憧れの [続きを読む]
  • ドイツで秋限定の飲み物といえば
  • ドイツといえばビールのイメージですが、街によってビール派の街かワイン派の街かに分かれるようで、私の住む町は断然ビールの街。一応ワイナリーもワインバーもあるようですが、数あるビール醸造所やビアガーデンに押され気味。私もいまだに地元のワインは飲んだことがありません。とはいえ、私の住んでいるフランケン地方自体はフランケンワインの産地。丸くてかわいいボトルに入った辛口で美味しい白ワインが楽しめるワインの [続きを読む]
  • ドイツ人が選ぶバックパックとは
  • 先日「ハイキング」の言葉にだまされてアルプスまで山登りに行って来ました。登山はドイツ人に人気のアクティビティらしく、場違いなほどに軽装の私とは裏腹に、子供からお年寄りまでトレッキングウェア姿が様になっています。ファッションの流行にはお金を使わないドイツ人ですが、トレッキングウェアやブーツ、登山用のギアは安物ではなく長く使えるものを買いたいと考える人が多いみたい。そんなドイツ人ハイカーたちを眺 [続きを読む]
  • ドイツ人に一歩近づいた瞬間
  • ドイツに来てしみじみと感じるのが、ここにいるとファッションの流行というものが一切わからないということ。日本では街をちょっと歩くだけで、何色が流行っているのか、どんな靴が流行っているのか、どんな服が流行っているのか、どんなバッグをみんなが持っているのかというのがすぐにわかります。でもドイツでは(都会は違うかもしれませんが)トレンドが全くわかりません。中高生くらいの女の子はかろうじてH&Mなどでトレ [続きを読む]
  • ドイツのテーブルマナーに苦戦する
  • 日本人から「お箸上手ですね」と言われるのがイラっとするという外国人は実は少なくないみたい。改めて考えてみると、お箸を使いこなすのが難しいと思っているのは、私たちがまだ不器用な子供の頃にお箸の使い方を学んだからというのが大きい気がします。お箸ネイティヴの私には知る由もないけれど、大人になってお箸の使い方を習ったら、意外とすんなり使えるものなのかもしれません。確かに私もヨーロッパの人から「日本人な [続きを読む]