凡盆栽人 さん プロフィール

  •  
凡盆栽人さん: Bon Bonsai
ハンドル名凡盆栽人 さん
ブログタイトルBon Bonsai
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/bon_bonsai/
サイト紹介文パセリから始まった盆栽ライフ。悪戦苦闘の中で小さな幸せを見出す超初心者の育苗記と備忘録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2017/05/18 23:52

凡盆栽人 さんのブログ記事

  • キンズ今年最後の花と実付きの様子
  • 蕾が付き始めた7月31日のキンズの様子。この数日前からこれは蕾かしらんと思える小さい粒が見え始めたけれど、ここへ来てはっきりと蕾と分かる様になった(●´ω`●)どこから見ても傷だらけでこのまま育てる気は毛頭ないけれど、徒長した枝を剪定して一部だけ針金かけ。接写でブレたけど、つぼみがちらほら。そして、9月20日今年最後の花だと思われるが、まだ咲いている。入手して最初の年なので定かじゃないのだけれど、キンズっ [続きを読む]
  • ずっといじらずに来た石化ひのきに針金かけ
  • 去年痛めてしまって春の植え替えから芽摘みもせず針金かけもせず、ず〜っといじらずに来て元気な様子の石化ひのき。植え替え直前の3月28日はこんな様子だった。でも、冬の茶色い葉から緑に戻らなかった葉枯れの部分がほんの少しばかり。雨続きだった去年の夏、8月11日のこと。一部葉枯れしてきたので根腐れを心配して塗りものから朱温鉢に植え替えた時の根の様子。そして、今年の春の根の様子。朱温鉢が効いたのか少し元気になって [続きを読む]
  • 舞姫とサルスベリ夏祭りの挿し木の鉢上げ
  • 舞姫の取り木の発根状態がすんばらしく良かったので、3月14日の植え替えと同時に古枝を挿した子たちも結構発根しているだろうと、9本挿して6本残っている内の元気そうな2本を掘り起こしてみることに。根洗いするとこの通り。ついでに、サルスベリ夏祭りの3本目の鉢上げも。またまたちみっこい子たちが誕生した(●´ω`●)去年の秋の鉢上げの時に結構根捌きをして1号鉢に無理やり入れた初雪カズラが冬を乗り越えられずに逝ってしま [続きを読む]
  • 十月桜も取り木切り離し
  • 6月26日取り木を仕掛けた十月桜の現在。取り木ポットが小さく、寒冷紗下での管理ではなかった為連日の猛暑と水切れでかなり葉焼けしているものの、発根は十分でしょう。根洗いすると、この通り。これも昨日の舞姫と同じく、素晴らしく八方根(おほー浅鉢でも針金で十分樹を安定させられるし、これも余分に長めに残さず環状剥皮ギリギリのところで切断。バラ科なので一応マイシン風呂に薬浴させつつ剪定と針金かけを施し、根は一切 [続きを読む]
  • 舞姫の取り木を切り離す
  • 皆様、おはこんにちばんは〜(。・∀・)ノ゛またまた更新が途絶えておりましたが、凡盆栽人は未来の盆栽たちと元気にやっています(`・ω・´)6月26日に取り木を仕掛けた螺旋状で腰の高い舞姫。8月3日、少し徒長したので・・・今年4度目の芽摘み。元気に水苔から根っこが次々はみ出す様子から発根十分なのは分かっていたので、9月の彼岸入りを待って切り離しを考えていたところ、最近妙に涼しいので1週間程予定を早めることにした。結 [続きを読む]
  • 馨しい香りに癒されながら瑞祥をいじる
  • 早春に我が家にやって来て、その数日後の1月16日に古葉切りをした時の五葉松、瑞祥の様子。5月がみどり摘みの目安と思っていたら、4月の中旬頃あれよあれよと言う間に新芽が伸び、すぐに葉が出てきてしまったのでみどり摘みもせずに放置。難しいと言われる松。私にとってはこの子が最初の1本目。とにかく枯らさない事が今年の課題。春の植え替えも取り木も見送り、1月16日の古葉切りから一切触らないで来た。見るとほぼ砂オンリー [続きを読む]
  • 素心ロウバイ、不要枝の剪定と針金かけ
  • 盆栽を始めるに当たって初めて購入した樹、素心ロウバイ。ホムセンで入手した1M超の庭木用の苗を段々と小さくしている。本当は6月中にやりたかった作業だけれど延び延びで来て、7月11日に取り木切り離し後の樹姿を考えて不要枝を剪定し、針金かけをしておいた。長めに残した枝は取り木切り離しの時にでも追い込む予定。素心ロウバイの新梢は硬くて、去年は1本ぽっきりやってしまった。今回もピシっと行く事3回w応急処置でトップジ [続きを読む]
  • 獅子頭の片葉刈りをしてみた
  • 節間が超短くて芽が込み合っている上に葉が独特にカールしているので、もさもさで懐に日が当たらない獅子頭。もみじとしては全葉刈りしてしまって良いものかどうかと迷っていたところ、「獅子頭の片葉刈りは7月上旬まで可能」とのキンズせんせーの記事を拝見。期限ギリの7月10日、片葉刈りをしてみた。樹高9cmの約半分にカールした葉が密集しているので、やりづらい事この上ないw他の葉をどけて対になった葉柄2本を探し出し、片方 [続きを読む]
  • キンズの軸切り挿し芽をしてみた
  • この春実生したキンズの幼苗の内一番最初に顔を覗かせた2本に本葉が出て、セルトレーの底の穴から直根が見えて来てしばらく経ったので・・・軸切り挿し芽をしようと、そっと取り出してみた。一粒の種から2本生えてきた、おいしー子たちw軸切り挿し芽は今回が初めて。本葉が伸びてきたら双葉から下1cm位を切って挿すって方法らしいけど、掘り出して見て、問題が。双葉は上部の3枚の内2枚でその後に伸びた部分が本葉だと思っていたのだ [続きを読む]
  • 舞姫の取り木、発根
  • 関東甲信地方では、1951年の統計開始以来初めての6月の梅雨明けとの発表があった。それが6月29日。そのわずか3日前の6月26日に取り木をかけた、もみじの舞姫(遅しかし、梅雨明け後の方が台風の影響もあって梅雨らしく、それから2週間弱の6月8日、ちろちろと発根を確認( で拡大※粒が大きく見えるけれど、硬質赤玉土は2〜3mmの極小粒を使っています。こっち側からも。環状剥皮の最上部が発根予定箇所と言う認識は間違って [続きを読む]
  • 鉢上げしたばかりの挿し木の十月桜が咲く
  • この春挿して数日前に鉢上げしたばかりの十月桜が・・・なんと、この真夏に咲き始めちゃいました!!Σ(゚Д゚≡゚Д゚)ここ数日台風の影響で急に涼しくなったとは言え、秋には程遠いし、親木の方には蕾らしきものは伸びて来てない。狂い咲きなのかしらん・・・wとりあえず、今日も今春の成長を順を追って書き留めておきましょー。2月7日、我が家にやって来た時は樹高31cm。腰高で無駄にでかいので一目で取り木を決めるwこの後花は2輪咲い [続きを読む]
  • 久々の更新で舞姫の現在までを振り返る
  • 更新がぷっつり途切れておりましたが、実は過労から坐骨神経痛を患い、右臀部から太ももまでの激痛で日常生活に支障を来たす状態に陥っておりました(  ゚ ▽ ゚ ;)ベ例えば信号機が青になった途端に歩道を渡り始めても、車道側の信号機が赤になっても渡りきれないと言う有様で、まるで90代のおばーちゃん状態・・・wご高齢の方々の大変さを身を持って知りました、はい。とりあえず、MRI検査から腰椎の椎間板ヘルニアやら脊柱管狭窄症 [続きを読む]
  • なんとか揃った姫りんごと深山カイドウの開花
  • どうも忙しくて、なかなか記事を書けず・・・(´・ω・`)しかし、凡盆栽人は未来の盆栽たちと毎日戯れておりまするwこの春の植え替えで撮り溜めた大量の写真と格闘しながら少しずつ記事に出来たらと思いつつ、久しぶりの投稿。姫りんご(画像右)と深山カイドウ(画像左)の開花がギリでなんとか揃った!!遺━━━━━[(゚Д゚)v]ヽ(゚Д゚|||)ノ━━━━━影!!!!2月の末には両者共に動き始めており、根の回り具合や表土の様子から深 [続きを読む]
  • 深山カイドウに根頭がんしゅ病発見
  • 2月初旬に我が家にやってきた深山カイドウ。剪定しなきゃと思いつつ放置してたら、どうやら動き出してしまった様で、芽先が微かに緑色。裏右からバラ科なので植え替えは秋にしたかったのだけれど、根っこが回りきっている様なので、植え替えしてあげることに。すさまじく根捌きし甲斐のある根っこw解すのも根洗いするのも、めっさ大変だった・・・(ハァハァん?むむっ!!これは、根頭がんしゅ病じゃないでしょーか。これが怖くて秋の植 [続きを読む]
  • 姫りんごの剪定と傷処理
  • 忙しくてなかなか記事が書けない状態が続いているので、作業をしてから記事にするまでに時間がかかっている。そんな中、先日姫りんごの剪定と傷処理をしたのでUP。去年はこんなにたわわに実を生らせていた将来有望な選手。にも、色々と問題がありまして・・・これらを解消すべく、剪定と傷処理を施す。でべそは目玉になり・・・w腰の部分はかなり大きく削られた。BeforeAfter写真撮影時は分かり辛いのでトップジンMペースト貼付前のもの [続きを読む]
  • 咲かなかった素心ロウバイを剪定
  • ご近所のお庭ではロウバイが満開の時を向かえ、その優雅な香りにうっとりする日々。一方、我が家の素心ロウバイは短枝に沢山の芽が付いていて花を期待させたものの、どうやら全部葉芽だったらしい・・・(´;ω;`)ブワワッ3月の植え替えラッシュの負担を減らすべく、予め剪定をしておくことにしたので、この子も切っちゃいましょう(`・ω・´)BeforeAfter願ったり叶ったりの位置に見える中央と右の赤丸の芽。左は本当は緑丸位の位置に [続きを読む]
  • 暖地桜桃、痛恨の剪定ミス
  • 先週箱から飛び出てきた挿し木3年生の暖地桜桃、樹高28.5cm。これはもう、ここを切るしかないでしょう、うん。と、言うことで枝を1本抜き、残った枝先も詰めて樹高16.5cmになった。残念だったのは途中の小枝と小さな芽が枯れていたこと。少し当たっただけで、ぽろっと逝った。と言う訳で主幹だけとなってしまったwさらに切り残しで肉が巻きそうもない複数個所を先日手に入れた又枝切と彫刻刀で綺麗に処理してトップジンMペースト [続きを読む]
  • 春の植え替え一番バッター
  • 新入りの紹介が後4本残っているけれど、後回しにして急遽植え替えのお話。先日UPしたウグイスカグラ白花。動きの超早い、ウグイスカグラ。ご多聞に漏れず、2月8日に我が家にやってきた時には既に動いていた。そこで植え替えをしようか、はたまた春は控えて入梅後にしようか悩んでいたところ、キンズせんせ〜がコメント欄でGoサインを出して下さったので、早速植え替え〜(`・ω・´)真夜中の植え替え。直前までベランダに置いてあ [続きを読む]
  • 底面給水トレーとセルトレー
  • 春から必要なものをネットで買い集めている。その内のひとつが育苗用の底面給水トレーとセルトレーのセット。種蒔きと挿し木に利用しようと思っている。去年種蒔きと挿し木には3.5号やら4号やらの鉢を品種ごとに用意して複数本挿したりした為、鉢上げの時がちょっぴり面倒だった。底面給水トレー&セルトレーだったら個々に育成しつつ一括管理出来るし鉢上げも楽ちん〜♪てか、鋏で切っちゃえば鉢上げいらず?(違個人的には1セッ [続きを読む]
  • またまた箱から出てきた子たち
  • 先日またまた箱から出てきた子たち。続々と我が家のベランダに仲間入りでありまするwおほ〜(●´ω`●)箱から取り出して・・・近づいてみる。前列左から〜① ウグイスカグラ 白花 挿し木3年生 9cm② ケヤキ 実生4年生 11.5cm③ 白長寿梅 挿し木6年生 14cm④ 獅子頭 実生4年生 11cm後列左から〜⑤ 暖地桜桃 挿し木3年生 28.5cm⑥ 深山カイドウ 根伏せ 接木3年生 13.5cm⑦ 舞姫 挿し木5年生 9.5cmこの内、⑥の [続きを読む]
  • スゴイ子がキタ━━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!
  • 先日我が家にスゴイ子が来ましたw姫りんご 接木10年生 樹高14cm 幹径3cmでありまする〜(●´ω`●)この子の何がスゴイってその実生りの良さ!!販売元からお写真を拝借して掲載すると・・・・・・と、去年はこんな具合に生れていた様で、すっ、すげ〜重そう・・・( ゜Д゜)y━プハァ━┛~~別にこんなに超生らせたいって訳じゃないけれど、これだけ実生りが良ければ、きっと超初心者の私の元に来ても基本的な管理を間違わなければ少し [続きを読む]
  • さらに箱から出てきたもの
  • 十月桜と一緒にさらに箱から出てきたもの、それは兼進の鋏2本。箱を開けると切れ味の良さそうな刃がきら〜ん♪家には酸性のツツジと椿がいる為もあって、鋏はステンレス製と決めている。錆び難く、長持ちしそうだし。で、今回購入したのは下記の通り。画像左:NO.804 ステンレス 丸刃又枝切 大 全長210mm 刃渡り21mm先が丸く、また、刃が直刃に比べて、薄く加工してあります。それにより、枝を切断する際、直刃に比べ、きれい [続きを読む]
  • 箱から出てきた他の物は?
  • 昨日届いた荷物には、実は十月桜の苗木の他にも入っておりまして〜たら〜ん♪一目惚れして購入した英明の2号小鉢っ(●´ω`●)色・形もステキなのだけど、このあんよがなんとも可愛くて可愛くて・・・o(〃ω〃)o何を入れるか決めかねながらも、思わず散財w手持ちでは白花の椿、一休が一番似合いそうだけど、小さい子を作るとして今年挿し木して数年間育てないと不釣合い極まりないわな・・・( ゜Д゜)y━プハァ━┛~~う〜ん、数年間寝 [続きを読む]
  • 開封の儀
  • いつもの開封の儀をとり行います〜♪箱から出てきたもののひと〜つっ!!蕾がふたつ膨らんで来ている十月桜(●´ω`●)桜は新宿御苑や河原の桜並木とかで見る見事な咲きっぷりが好きで、侘び寂びを求める盆栽にはいまいちと購入せずにいたけれど、盆栽ブログで去年幾度となく見かけて、うつむき加減に咲く花のその可憐な美しさに惹かれて購入。十月からぽつぽつと咲き続け、春には若干大きく美しく咲くと言う江戸彼岸系の桜らしく [続きを読む]
  • なぜ硬質赤玉土じゃないとダメなのか
  • 盆栽初年度である昨年、基本用土の赤玉土はホムセン産の安いものを使っていた。盆栽には硬質の赤玉土の利用が推奨されているのは知っていたが、雑木類には硬質ではなく普通の赤玉土の方が根張りが良くなる云々の理由で硬質赤玉土の利用には賛否両論ある様で、私はとりあえずと母がサボテンや草花等に使っている普通の赤玉土を拝借していたのであるw普通の赤玉土が敬遠される理由としては、粒が壊れやすい為、下記の如く鉢内の環境 [続きを読む]