稽古人 さん プロフィール

  •  
稽古人さん: 続!稽古人、徒然日誌
ハンドル名稽古人 さん
ブログタイトル続!稽古人、徒然日誌
ブログURLhttps://ameblo.jp/bunotaiiku-kogakusha/
サイト紹介文空手とシステマを稽古するオヤジ。日々の稽古のことを中心に徒然にいろんな思いを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供472回 / 343日(平均9.6回/週) - 参加 2017/05/19 12:32

稽古人 さんのブログ記事

  • ヨガとシステマの深淵な境地をご体験ください。
  • 稲垣多朗太 サットヴァヨーガ&システマ 1dayワークショップ in Fukuoka 2018 2ndトロントとモスクワでの長期トレーニングを経て、東京で『システマの教室』を主宰する稲垣インストラクター(システマジャパン所属)が今年2度目の来福です。サットヴァヨーガの主宰者でもある氏だからこそ可能なヨーガ&システマのダブルワークショップを開催します。 【日 時】2018年5月13日(日)      12:30受付開始     13:00〜16 [続きを読む]
  • せいぜい二十余年なら。
  • 岸信行師が逝かれた、と知った。2月には佐藤俊和師が亡くなられた、と聞いた。知らなかった。そういえば、野球界で鉄人といわれた衣笠さんも、逝かれた。少年時代、若い頃に憧れていた強い漢たちが、次々と彼方に旅立たれている。ふと思った。皆さん、七十半ばに至るか至らないうちに、この世から去っておられる。わたしは、今年54歳になる。せいぜい二十余年なら、伝えるべきは伝え、唱えるべきは唱え、やるべきことをやり、無駄 [続きを読む]
  • 拳を伝える喜びを思い出す。
  • 拳の作り方ひとつ、正拳突きをひとつ、それを伝えることさえ大変で、伝わるだけで嬉しい。それを、生徒たちに教えてもらってることを忘れてはいけません。そんなことを、考えさせられている私です。さて、仕切り直しです。自分を律して、今一度、前に歩み出して参ると致します。にほんブログ村空手、システマ、ヨーガ、ニコスコの4月稽古予定は下記よりアクセスください‼?https://s.ameblo.jp/bunotaiiku-kogakusha/entry-12364 [続きを読む]
  • 私にとっての敗北とは。
  • 体罰は嫌いです。だから子供に限らず、手が出るときは、私の指導の敗北だ、と思い定めてきました。今年に入り、ちと敗北が増えました。感情が堪えきれず、手が出ます。もちろんコントロールはしていますし、それに至る理由はありますが、しょせん言い訳でしかありません。潮時かなぁ、と、そんな思いが頭を掠める蒸し暑い春の夜です。にほんブログ村空手、システマ、ヨーガ、ニコスコの4月稽古予定は下記よりアクセスください‼? [続きを読む]
  • 新しき才能と歩むのは気持ちいいものです。
  • 土曜日は6時間、日曜日も4時間半ほど稽古する週末は、正直、身体はしんどい。しんどさの分、楽しさも格別だったりもします。私の空手教室に集う生徒の皆さんは、はじめから運動能力が高かったり、器用な人はあまりいません。どちらかといえば、能力やセンスにコンプレックスがあって、というタイプが少なくないようです。でも、大抵の場合、その潜在能力に気付いてないだけで、ちょっとしたキッカケで、急激に変わり、言動も明る [続きを読む]
  • 武で学ぶべきは、いい加減、です。
  • 空手であれ、システマであれ、武術は、そもそも“最強”なんて目指してないと思います。目指すのは、いつでも、どんなことがあっても、心穏やかにいられる境地、だと思うのです。武の稽古をしてると、強い弱い、できるできない、上手い下手、などなど、瑣末なことで比べがちです。では、なにを学ぶのか。「いい加減」を身に付けるのです。きっちりしすぎては脆さに繋がります。あまりに隙がないと、いったん崩れると一気に崩壊し [続きを読む]
  • 今日も興味本位でまいりましょう。
  • 人生いろいろあります。いいことばかりがあるわけじゃない。未来は《未知がやって来る》と書きます。未知を怖れない人はいません。でも、避けることはできないのです。だから、やって来る未知との遭遇に、自ら一歩踏み出してみる…。それを『勇気』と呼ぶのなら、それでもいい。でも、そんな気張らずに《興味》を持てばいい。《興味》があれは人は身体を前に向けます。身体が前に向けば、足を前に一歩進めることもできます。さて [続きを読む]
  • 稽古して、決意したこと。
  • 小さな子や初心者が多い場合は、正座の所作から体運びは、私の真似をしてもらいます。多少の間違いは、とりあえず許容して、体操はフルバージョンをなるべく正確に。 突き、受け、蹴り、の基本三十二手を各10回ずつ、気合い入れて。…からの壱漣を通すのが通常ですが、今日の野間大池教室木曜クラス1時間目は前蹴りを修正してるうちにタイムアップ。2時間目も受けていいよ、と声を掛けてはみますが、首は横にブンブン(笑)まぁ、 [続きを読む]
  • やる気喚起、元気に突き。
  • かつて、黒帯を5名も輩出した箱崎教室水曜クラスも今は、上級者が移籍、卒業をして、9名中6名が白帯という状況。しかも、アジアな連合色が強くなり、コミュニケーションへの戸惑いからか、少し元気がないので、気合い入れて、明るく楽しくやってみました。おかげで、目の色が変わり始めました。帯が、気にはなるけど…^_^お、帯の結びが斬新すぎるけど…Σ(゚д゚lll)構えが逆なんだけど…(^◇^;)だんだん声も出てきたし、ミット [続きを読む]
  • 私らしい手を構築しつつあります。
  • 突きであれ、蹴りであれ、受けであれ、背部の動きが大事です。以前、アメリカ人の空手師範にヒップパワーと表現された時には、かなり抵抗を感じたのですが(当時の私は発勁の実践に夢中な頃でした)、今となれば、慧眼だったと思います。新しいようで、いつか来た道。いや、歩きかけた道、が正しい表現でしょうか。で、スタイルが変わりつつあります。しっくりくるのは、太気拳を学んでいた時の構えですが、これに恩師の空手がブ [続きを読む]
  • 体内ポジションとアースライン。
  • システマでの体内ポジションと、空手の型で打つ体内ポジションが、やっと理屈ではなく、一致しつつあります。ここにいて、コンバットワークやら組手をしてみると、景色と意識が変わります。圧力…プレッシャーを掛けて、相手を下がらせ、押し潰すような力が不可欠なのが“組手”という理解だったのですが、それが選択肢のひとつに過ぎないと、遅まきながら納得したところです。今さらながら、知識や情報が、体得を邪魔することが [続きを読む]
  • 型で鍛えると強くなる。
  • この1週間、空手教室は体運びと体操、壱漣を徹底しました。月曜から日曜まで、すべてのクラスで数稽古して、各技を説明して、基本を染み込ませる指導をしてきました。実を結ぶのは、もう少し先と、長い目で見ていたのですが、いやはや子供たちの成長は凄い。今日の飯倉教室で、こぞって成果が…。特に、自信がなくて口数多めな、あたふたボーイ、ハクガの蹴りが伸びること、鋭いこと、ちょっと驚きました。ハクガだけでなく、テツ [続きを読む]
  • リアルにシステマを生かす。
  • 津田IRのスペシャルクラスで修正し、ガチな組手で確信を得たクリアな感覚を、どうやって磨くか、を試行錯誤した1週間です。背部の感覚を拓くには、グラウンドムーヴが効果的でした。肩甲骨から踵への繋がり、末端と体幹の連動、頭部、両腕、両足の5方向のライン、呼吸と動きの同調、これらが知識ではなく、心もたなくも感知できたりすると、これまでやっていたローリングや四大運動も変わりました。もちろん、歩きも変わります。 [続きを読む]
  • 組手で掴んだクリアな感覚。
  • 津田IRのスペシャルクラスの翌日は、盟友F氏の稽古会に出稽古しました。空手家2人に、総合格闘技を学ぶ現役選手、彼の後輩の柔術選手、某拳法から1人に私の6名で組手オンリー。もちろん、私が最高齢(笑)圧力は衰えました。速さも以前ほどではありません。反応も鈍くなりました。でも、動けました。止まらないから、手足がよく相手を捉えました。多少、手加減もしてくれたでしょうが、やりにくさはあったようです。年寄りのなん [続きを読む]
  • 津田IRスペシャルクラスは解脱空間です。
  • 津田慎也IRのスペシャルクラス直後は、いつもの如くモヤモヤします(笑)特に今回の内容は、ここしばらく、私自身が追求してきたテーマで、ある程度、手応えを感じていて、彼のアプローチが理解できるだけに、そのレベル差が明確で正直驚いてしまいました。できるできないではなく、クリアにしてるのに反応しない…正確には反応してるが、ノイズが起きているのです。わかるだけに混乱してしまう。諦めたら、フワリとできたりでき [続きを読む]
  • なんとなく死生観。
  • 最近、寝るのが苦手になってきました。以前からショートスリーパー気味ではあったのですが、どうやら死が怖い、らしい。昔は、まったくもって怖くなかった。いやぁ、向う見ずというか、何というか。よく死ななかったな、ということもありました。去年、黒澤浩樹さんが亡くなって、昨夜、港太郎さんの急逝を知った。今朝、中西久美さんの投稿で、ジャズピアニストの内田浩誠さんが天に召されたと。行っとくべきだったな、と会っと [続きを読む]
  • ひとつに絞るとキケンですね。
  • 正義も、正統も、正解も、ひとつじゃないのに、と思います。ひとつしか認めてないからぶつかるのです。別にいいじゃん!です。ふーん、そんな見方もあるのか、と頭の端っこに留めとく感じでいいと思うのです。それができないのは、己の器が狭いだけ、と知れば、憤ることもムキになることもありません。唯一無二なものなんて、そうそうない。信じ過ぎる、まとも過ぎる、は案外怖い。そんな感覚があると、自分で考える癖がつきます [続きを読む]
  • ヤキが回りました。
  • さだまさしサンがダウンタウンの番組に出て、案山子が軽く流れてましたが…元気でいるか 街には慣れたか友達出来たか 寂しかないか お金はあるか今度いつ帰る…のところで、香川、神奈川、兵庫に巣立った若者たちを想いました。なかなかな親目線(笑)我ながら、こんなロス気分が続くとは、ヤキが回りました。歳ですかね〜。にほんブログ村空手、システマ、ヨーガ、ニコスコの4月稽古予定は下記よりアクセスください‼?https://s [続きを読む]
  • 開き直って学んで、あきらめない。
  • 稽古して落ち込んだりしませんか?そう問われました。あるに決まってます。毎回毎回うまくならないなぁ、と自分が嫌になります。でも、それだけ伸び代があると開き直ることにしてます。自分の得意なことだけやれば、私もそれなりには凄そうには見せられますが、それじゃあな、と。稽古しているわけです。できないなぁ、でも、おもしろい、できなくても、とりあえず動くか、動いてみたら、全然違うの出たけどいいかぁ、そんな感覚 [続きを読む]
  • 帯は変身ベルトでは、ありません。
  • 昇級審査をやるたびに思うのですが、やたら帯の色に固執する子もいます。一刻も早く黒帯になりたいみたいです。向上心があるのは構わないのですが、努力と実力が伴わない帯を締めても…とは考えてないようです。黒帯を締めたから強くなるわけでも、ましてやゴールでもないのに、と。話はするのです。がねー(笑)でも、子供たちの無邪気な顔を見てると、稽古が進むなかで気付いてもらえばいいか、と思ったりします。にほんブログ [続きを読む]
  • 粛々と継続することが大事です。
  • コンタクト&ボディムーヴclassとしてるので、内容にちょっと迷っていましたが、参加されたのが塩塚さんと大串さんのおふたり。顔ぶれを見て、まぁ、問題ないか、と(笑)ニコスコでやったボディワークをやりながら、身体を調え、クリアにしながら歩いて、あとはコンタクト&ムーヴを各種やりました。一時の問い合わせラッシュも収まり、パピオスタジオにレギュラークラスを据えてからは、体験はゼロ、新年度ということもあり、稽 [続きを読む]
  • 呼吸を通し、気持ち良く動いてカラダを調えます。
  • 4月になって、初のニコスコです。今日は80代、60代、50代、20代の女性5名の方が集まっていただきました。感謝です。…ということで、まずは呼吸。ブリージング。鼻から吸って、頭部を空気で満たして、口から吐く。喉まで。胸まで。お臍に手を当てて。座っている丸椅子に接している尾骶骨まで。空気を満たしつつ、立ち上がって、膝まで。足首、踵まで。足先まで。この時点で、ほとんどの人の重心が後ろになり、なかなか良い姿勢。 [続きを読む]
  • 空手も心機一転!新章突入です。
  • 正座からの所作、体運び、体操、が動作の基礎なら、壱漣は、基本であり、弐漣、参漣、も、掌サンチン、ナイファンチ、も動作を洗練する練りです。ピンアン初段、二段、三段は上記を踏まえての術理の教授と言えるかもしれません。対練は、壱漣の的当て、的合わせ、からミットの打ち込み、約束対練は、こんな感じで…??正拳中段突き??正拳上段突き→下段逆突き??刻み突きで手慣らし目慣らし…などテーマに合わせて3〜5本の鍛 [続きを読む]
  • パピオスタジオの新class始まってます。
  • 今週は無料体験会と謳ったものの、告知が遅すぎて、火曜日のブリージング&エクササイズclass(10:30〜12:00)に反応してくれたのは、彩さんとガクタカの親子のみ。これに朝クラスレギュラーの中村さんが参加してくれて、私を含めて4名でのワークとなりました。ブリージングしながら歩いて、歩きながら、足裏にフォーカス。踝、足首にフォーカス。膝に。股関節。腰に。鳩尾に。胸骨と肩甲骨に。頭蓋骨に。そうしながら、呼吸を上か [続きを読む]
  • 山の恵みに触れてきました。
  • シンプルなのは、案外、深い。一見、複雑なもの、高度に感じるものは、発信する側が理解してないか、受け取る側が勘違いしてるか、のどちらかです。そんなことを自省も込めて、思った水曜日。自然散策をすると、いろいろあっても、小さなことだなぁ、と思えます。たっぷり桜を見て、緑に触れて、心が晴れました。にほんブログ村空手、システマ、ヨーガ、ニコスコの4月稽古予定は下記よりアクセスください‼?https://s.ameblo.jp/ [続きを読む]