キムラ さん プロフィール

  •  
キムラさん: 30からやってみた
ハンドル名キムラ さん
ブログタイトル30からやってみた
ブログURLhttp://kimura-evkitty.hatenablog.com/
サイト紹介文30をこえたサラリーマンが綴る初めてのこと日常のことふざけたこと
自由文がんばるぞー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 155日(平均0.9回/週) - 参加 2017/05/19 13:43

キムラ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 思春期に乳首が痛いと父親に相談した話
  • 目立った反抗期のない思春期だった。ジャンプを母親に買ってこさせたり、壁に穴を開けたりしたことはない。壁が硬かったのと、わたしが非力なことも要因の一つかも知れないが。父親には思春期特有の第二次性徴の相談なんかもしていた。具体的に言うと、乳首が痛いと相談をしたことがある。私には産まれたときから、見ても一向に興奮しないのに乳首という 会社の自分みたいに役に立たない部品が体についている。中学2年生 [続きを読む]
  • サウナのチャンネル争いは悲しみしか生まない
  • サウナが好きである。まだまだ素人の域を脱してはいないが、以前は月に1,2回のスーパー銭湯で、今は週1回のスポーツジムで、たまにカプセルホテルで、サウナと水風呂の交互浴を楽しんでいる。昔は水風呂なんて入る人の気がしれなかったが、今となっては水風呂がなければサウナじゃないじゃん、とさえ思っている。そんなサウナだが、最近はどこの店でもテレビを備え付けていることが多い。ただひたすら12分計を眺めたり、砂時計 [続きを読む]
  • 初めてのカプセルホテルで経験値を荒稼ぎ
  • 先日また、大人の階段を一歩登ってしまった。サラリーマンの安息の地、企業戦士(サイヤ人)のメディカルマシーン、そうカプセルホテルである。終電が早く、乗り過ごすことしばしばな私が、飲み会帰り電車を見送った後にする選択肢といえば、「同僚に朝まで付き合わせる」「個室ビデオ」「ネットカフェ」「泊めてくれる家さがし」なものであった。会社の近くに住んでいた頃はさらに「タクシー」という素敵な選択肢があったのだ [続きを読む]
  • 墓参りの時でも迷惑をかける孫
  • 先月の秋分の日前後、世間的にもお彼岸ということで法事以外では初めて墓参りに行ってきた。田舎の山間にひっそりとある小さな墓地である。小さい頃、祖父母が健在だった時、顔も知らぬ先祖や親戚たちの墓参りをした記憶はほぼなく、現在も墓参りは祖父母の墓参りという意味合いで行っている。墓には他にも仲間がいっぱいいるのにである。これは子供の頃、祖父母の家にあそびに行くことを「おばあちゃん家にいく」と言っていたこ [続きを読む]
  • ズボンをパンツと呼ぶようになったのはいつからだろう
  • ベルトをし忘れてしまった。いい大人がパンツにベルトを通さずに出勤しているのである。鳥肌モノである。ふとした瞬間にパンツが落ちてきてしまったら、パンツ丸出し、セクシーコマンドー外伝状態になる。鳥肌モノである。セクシーコマンドー外伝 すごいよ! ! マサルさん 文庫版 コミック 全5巻完結セット (集英社文庫―コミック版)作者: うすた京介出版社/メーカー: 集英社発売日: 2015/12/11メディア: 文庫この商品を含むブ [続きを読む]
  • スポーツジム素人のススメ 格闘技編
  • 今回もスポーツジムについて報告するので、家に引きこもりがちで体型が気になりだしたサラリーマンには参考にしてもらって、私のように場違い感を出しつつトレーニングに勤しんでもらいたい。スポーツジムには言わずもがな、インストラクターがいる。そして数々の筋トレマシン、ベンチプレスみたいなフリーウェイトスペース、ランニングマシンやエアロバイクのような有酸素運動マシンが置いてある。マシンの使い方はある程度想 [続きを読む]
  • 5500円の小便
  • 居住地域と金額とプランと何よりモチベーションがうまいこと噛み合わさった時に、スポーツジムに、私は通う。これまで引っ越しの影響もあったが、ダイエットを決意し、何店舗かのスポーツジムに登録し、月謝を納め、そして通わなくなってきた。最近は会社が法人会員になっているジムが近所にあるためそこにお世話になっている。月額料金はかからず一回利用するごとに数百円の小銭を払うというとても経済的なヘルスケアである。法 [続きを読む]
  • 財布をなくした時にやった方がよかったいくつかのこと
  • 21日も連続で雨が降り続き、夏とは思えない8月を過ごしていた皆さん、いかがお過ごしだろう。夏の開放感も皆無、ジメジメと憂鬱な気分で鏡の中の自分に向かって「お前はイケメンだ」と発言しては虚しい気持ちに堕ちているのでしょう。天気みたいな、正直どうにもならないことで気分が左右される人間だもの、財布スられたら、そりゃ蝉の幼虫かってくらい地中深く落ち込んだ気持ちにもなる。最近ようやくその傷が癒え、あとはけたた [続きを読む]
  • TENGAで経験値を上げた勇者
  • 夏真っ盛りというのに天気はすぐれず、思えば梅雨の頃のほうが夏感あったんじゃないだろうかと思う。季節外れの曇天続きで体調も優れず、ブログのサボり癖が発症してる矢先いかがお過ごしだろうか。ドラクエにスプラトゥーンにと忙しいのだろうか。私は一切触れていないが、イカやドラゴンを食べることで楽しんでいる。久しぶりにブログを書いてみようとはてなブログの管理画面を覗いてみれば、このブログに「個室ビデオ VR」とか [続きを読む]
  • トイレの忘れ物の神様
  • トイレに入るとスマートフォンがトイレットペーパーホルダーの上においてあった。忘れ物のようだ。個室の外で「スマホ忘れちゃってさー」というドジトークを繰り広げているやつがいる。私はこのスマートフォンをどうしたらいいのだろうか。そのまま個室に放置しておけばいいのだろうか。そんな悩みもウンコを出し尽くすと、なんてちっぽけな悩みなのだろうと思えるもので、用を済ませた私は親切にもスマートフォンを持って、外で [続きを読む]
  • 夏休みの宿題
  • 学生は夏休み突入。山に川に海に繰り出し、夢に希望に恋に溺れていくのだろう。おかげで通勤電車はちょっと空いてるような気がして、助かる。汗ダラダラの中年がすし詰めの動く箱なんて危険物以外の何物でもない。学生の夏休みといえば楽しいことばかりでない。宿題というモンスターが行列を成している。宿題から今大人気のアイドル、それが学生である。行列のできる学生は、握手やツーショット撮影ではなく、ドリルや読書感想文を [続きを読む]
  • 僕の前を走り続けるトイレ
  • 連日うんこやらトイレの話で非常に恐縮なのだが、我慢できないので書かせてもらう。決して糞便が我慢できないわけではないということはご理解いただきたい。IoTだ、AIだ、技術は進歩する一方である。トイレも漏れなく進歩している。当たり前だがうんこが漏れなくのダブルミーニングになっているのは偶然である。子供の頃からウォシュレットはついていた。田舎の方だと同じ時代でも汲み取り式便所もまだまだ存在していた。そこから [続きを読む]
  • うんこのある風景
  • 人はうんこをする。悲しいかな、そういう生き物である。人に限らない、すべての生物はうんこをするはずである。犬もする、猫もする。うんこしないとされていたアイドルだって、ただの都市伝説だと最近判明している。うんこをする場所はトイレである。幼児などはオムツにすることもあるが、逆にうんこを所構わずしたら困るからこそのオムツだろう。つまりトイレでうんこをするというのは人としての尊厳に関わることであるのだ。道端 [続きを読む]
  • 一見のラーメン屋がアットホーム過ぎた件
  • 先日出先でたまたま入ったラーメン屋で起きた出来事。海外にも支店を出している割と有名店、とんこつベースの創作ラーメンとのこと。食券を購入してカウンターに座り、店主に渡す。お昼時も過ぎたということで席も余裕があり、欧米からの旅行客2名と近所のおばさん、合わせて3人だった。店主一人で切り盛りしていたがそれでも十分だった。陽気な店主で、食事を終えた旅行客に「Delicious????」とか聞いてた。南米でもないの [続きを読む]
  • 断髪式に参加した夢を見たので診断してみた
  • 説明すると難しいのだが力士の断髪式に参加した夢をみた。何故か力士の断髪式に参加している夢を見た。ハサミでちょんまげバッサリいった。これは何を暗示してるんだ。稀勢の里ではないのでファンの方は安心してほしい。― キムラ (@k1mura_evkitty) 2017年5月25日夏場所真っ最中、稀勢の里は休場、割と世の中相撲フィーバーしているからそんな夢を見ても仕方ないかもしれない。しかし私は特に相撲が好きなわけでも、上手投げ [続きを読む]
  • 意見交流会は合コンではないので新しい合コンを提案する
  • 眞子さまが一般男性と婚約したということでネットは大盛り上がりだ。「海の王子」というキャリアもありつつ、あくまで一般男性の小室圭さんは一夜にしてスポットライトを浴びるスターになった。さすがにやりすぎと思うが、マスコミはこんなフィーバーっぷりである。netgeek.bizそんな中、二人の出会いとされて注目を集めているのが「意見交換会」である。下世話な日本人は「合コンの上品な言い方」や「1000円相当の意見を持ち寄 [続きを読む]
  • 個室ビデオでVRを体験してみたら帰ってこれなくなった
  • 私が個人的に漫画喫茶、ネットカフェの上位互換と思っているのが個室ビデオである。ゆったりできる完全個室であんなことやこんなことが(一人で)できる。夢の空間、大人の男の秘密基地である。久しく行っていないなと思った折、「VR導入店舗」と気になるお知らせに五月病真っ盛りの30リーマンである私は自然と吸い込まれてしまったので、ここに体験を記す。 個室ビデオとは 個室ビデオのシステム VRとは VR体験して [続きを読む]
  • お絵かきをはじめてみる
  • 自慢ではないが(当たり前だが)絵心というものが全くない。小中学の頃は音楽室よりも美術室の方が恐怖だった。とはいえ歌も致命的に下手ではある。いつしか絵が下手な人間はバラエティ番組の影響か画伯(笑)などと嘲笑されながら呼ばれるようになり、アメトーークでは絵が下手な芸人が晒し者にされるようになった。私は立ち上がろう。全ての絵が下手な大人のために。今まで一切の努力から逃げてきたが、全てのブログが続かな [続きを読む]
  • 初めての一人BAR入門
  • 大人になったら通う馴染みのバーの一つでも持っているものだ。そう思っていた時期が幼い頃の私にもあった。現在三十路も程々に過ぎ、うまくは行かなかったが結婚も経験した。一人で飲みに行くのはちょっと恥ずかしいけど、みんなと一緒ならチェーンの居酒屋にも臆面なく入れるこんにゃくのプライド、ファミレスでも飲んじゃう子供の頃考えるとあまり近寄りたくない部類の大人。悪くはないし後悔もないが、思い描いていた、行きつ [続きを読む]
  • マストドンを初めてみた〜世界一役に立たない感想〜
  • ここ数日、インターネットの人たちの間で話題になっているのがマストドンといわれる、新しいソーシャルメディア?twitterの代わり?壁ドン?みたいなサービスである。新しいものについて登録して紹介すると読んでくれる人が増えるかもしれないという淡い期待をいだきつつ、知識0使いこなせてる感まるでなしの私が、なんとなくマストドン!を紹介しよう。これであなたもマストドンマスターだドン。まずは登録である。登録をしないと [続きを読む]
  • 過去の記事 …