バフェットマーライオン さん プロフィール

  •  
バフェットマーライオンさん: シンガポールで配当再投資生活(米国株とSG株)
ハンドル名バフェットマーライオン さん
ブログタイトルシンガポールで配当再投資生活(米国株とSG株)
ブログURLhttp://www.buffettmerlion.tk/
サイト紹介文シンガポール在住投資初心者日本人(30歳)が米国株で資産形成を目指します。現株式資産は1,200万円
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供218回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2017/05/19 18:04

バフェットマーライオン さんのブログ記事

  • VOO(S&P500ETF)鼻息荒すぎ!3週間で11%高騰って!?
  • S&P500連動型ETFのVOO。私はその安定した右肩上がりの株高に惚れて、2018年の9月から他に目もくれず(いや目移りしながらも)あなたへの集中投資を続けています。VOO保有数:70平均購入単価:US$ 257.49評価損益率:−7.0%個別株でクソ株に当たってしまうリスクを恐れてあなたを選んだ私は、最近のあなたのボラティリティに戸惑っています。よく見たら、クリスマスイブに記録したUS$215から、3週間経った(営業日的には15日ほど [続きを読む]
  • 2018年IPO米国株ら息してる?OPRA、DBXから返答はない
  • 私の住むシンガポールその地にあるシンガポール証券取引所(通称SGX)で、2018年に行われたIPO件数は15件と控えめです。(2017年は20件)一方で、私のメイン投資先である米国市場では、2018年の後半、7月〜12月の間だけで81件という上場っぷり、資金調達っぷりを見せつけています。シンガポールと米国の差は埋まることがないのだろうけど、そもそも2018年に米国でIPOしたやつら、どうしているかな?とふと疑問に思ったため今に至り [続きを読む]
  • 配当6%超のフィリップモリス[PM]魅力的でも投資しないぞっ!
  • 米国タバコ株を代表する銘柄フィリップモリス[PM]は、2018年末の株価急落で、想定配当利回りが急上昇しています。長期投資家、配当再投資家としても、とても魅力的に映る高配当の同銘柄ですが、個別株として投資することは控えています。それは「よくわからないものには投資をするな」という投資の鉄則にならってのことです。知らないな栽培方法電子タバコの開発競争を繰り広げているタバコメーカー各社ですが、それでも売上、利益 [続きを読む]
  • 含み損3桁万円は回避!でも2桁万円損失は私の体を蝕むー2019年1月投資成績
  • 日本では(Twitter界隈では?)「脱◯◯」とか「サロン」とか流行ってますね〜。私も便乗して、「脱損失」したいと思っていますがなかなかうまくいきません。脱損失サロンを運営されている方いませんか?入会に1円だって払いたくありませんが、興味はあります。(変な投資勧誘はしないでくださいね。)前週から3.3ptの回復そんな脱損失を掲げる私のポートフォリオは、現在進行系で含み損を抱えています。その損益率は−6.1%で前 [続きを読む]
  • GEの株価が+18%だと!?年初に起こった米国株式市場の異変
  • あれよあれよと株価上昇US$7.57という株価で昨年末を過ごした2018年の爆損株は、1月10日の終値でUS$8.94まで上昇し、その上昇率は驚異の+18%となっています。営業日にして7日という短期間に18%も上昇する株って・・・ホルダーには嬉しいトレンドですが、なにか不気味な、不吉な予感が頭をかすめます。すごいのはそのボラティリティです。2019年の7営業日の間に、前日比+5%を超えたのが3日あります。ほぼ無配当レベルの減配と長ら [続きを読む]
  • 時価総額世界一アマゾン、株価の源泉は「破壊」と「創造」にあり
  • ネット販売最大手の無配当グロース株アマゾン[AMZN]が、ライバル勢(AAPL、MSFTなど)の株価息切れの合間をぬって時価総額世界一になりました。時価総額は約7,970億ドル、日本円で約87兆円ということで・・・もはや大きすぎてよくわかりません。年末に転がってきた暴落とも言える市場全体の株安を背景に、最高値から−20%ほどは下落しているものの、他の巨大ハイテク企業が遠い過去の株価に引き戻されている中で、アマゾンの株価に [続きを読む]
  • シンガポールが舞台になった人気のアニメ作品まとめ
  • シンガポール政府環境局の努力によるのものか、それともカラーバス効果によるものなのか、シンガポールを舞台としたアニメ作品が最近になって、注目を浴びているように感じています。カラーバス効果とは、ある一つのことを意識することで、それに関する情報が無意識に自分の手元にたくさん集まるようになる現象のこと。引用:カラーバス効果とは 意味/解説 - シマウマ用語集子どもたちから(親も?)絶大な人気を誇るアニメ「名探 [続きを読む]
  • 2019年の相場なんて関係ない!コツコツ積み立て投資と配当生活
  • ようやく正月気分も終わって、仕事にも精がでてきた(人が周りに増えました)。雑誌、メディアでは2018年の大波乱を引き合いに早速、「2019年は投資するには危険な年」や「今こそ買い向かえ」といった囃し立てる言葉で賑わっています。私の2019年の目標は投資ルールに従い、コツコツと積み立てるだけなので、2019年の市場がどうなろうと関係ありません。2019年投資目標今後の定期的な振り返りのため、ここに目標を明示しておきます [続きを読む]
  • AWSってアマゾンの?NO!シンガポールで働く人の味方です。
  • 先日の記事『シンガポール現地採用の私が30代でも海外就職をおすすめする理由』で「海外就職は高い給与水準で収入アップが狙える」ということを書きましたが、今回はその中でもシンガポールでの就労時に収入アップが狙える根拠の一つAWSの紹介です。(アマゾンウェブサービスじゃないよ。)AWS自体は収入アップのために自分でなんとかすることはできませんが、文化や慣習の違う海外で働くのも、いろいろな発見があっていいもんです [続きを読む]
  • アプアプアプアップル業績悪化発表で株価暴落!ちょ落ち着けよ自分
  • アップル[AAPL]がやってくれました。昨年10月〜12月期の業績が下方修正され、それでなくても下がっていた株価はさらに底を突き抜けて暴落していきました。私のVOO(ヴァンガードS&P500ETF)も構成銘柄比率2位のアップル株下落を受けて損失は拡大。(ついこの間まで1位だったのに...)あぁ悲しき年初・・・まぁ個別銘柄の与える影響は小さいんですけどね。アップル株価最高値から−30%超下落しても落ち着く簡単な方法 : シンガポ [続きを読む]
  • シンガポール現地採用の私が30代でも海外就職をおすすめする理由
  • もはや第二新卒というカテゴリからも対象外扱いにされる働く30代。友人や同僚の結婚や転職も増えてきて、将来の期待と不安が20代の時より現実的に見えてきます。「このまま今の会社で働くべきなのだろうか」「最近仕事が面白くない」という悩みを抱え始める方も増えてくるでしょう。そんな時に、日本国内での転職以外にも選択肢があるということを伝えたいと思い、シンガポールで現地採用として働く私の主観的な意見ではありますが [続きを読む]
  • 1年で430万円追加購入した私の株と投資元本はどこへ消えた?
  • 2018年は大荒れに荒れて、私の株式最終損益率は−10.4%という苦い結果で終わりました。しかし、損益率はそのときの状況によって大きく変動しますし、最終的には売却時が実質の損益確定になりますのであまり気にせずいきたいと思っています。今回は損益率もそこそこにして、2018年全体で株式投資資産額・運用金額がどうなったのかをまとめています。果たしてこの記事で参考になる人がいるのか・・・想定より多く投資した2018年追加 [続きを読む]
  • 配当9%!?REITより高利回り通信株のスターハブは大丈夫か?
  • シンガポールREIT市場はおかげさま(?)で来年、活況を向かえるらしいです。REIT市場、来年は外資系の上場が増加の見通し | シンガポール・マレーシアのニュース | AsiaX私はこれまで、不動産投資は初心者に向いてないものとして、REITも含めて不動産関連の投資を避けてきましたが、世の中は私とは進む方向が違うようです。投資比率は株100%:私がREITではなく株に100%投資する理由 : シンガポールで配当再投資生活(米国株と [続きを読む]
  • アップル株価最高値から−30%超下落しても落ち着く簡単な方法
  • アップル[AAPL]はもはや田舎在住のおばあちゃんでも知っているほどの大企業です。(私調べ:回答者1)そんなアップル[AAPL]の株価は10月に上場来最高値を更新後、11月と12月で大きく下落してしまい、クリスマスイブの12月24日には最高値から−36.7%を記録する大暴落を演じています。時価総額トップクラスのアップル株価暴落を見ていると、次はどの銘柄で暴落するかと不安ばかり先走ってしまいがちですが、そんな時に心強い味方にな [続きを読む]
  • 銀行金利3.5%!シンガポールOCBCの賢い貯蓄方法
  • シンガポールはアジア屈指の高配当株市場として投資界隈では有名ですが、地場銀行の普通預金口座も一定条件をクリアすることで高いボーナス金利が得られるということは在住者には有名な話です。24時間ATM手数料のないシンガポール地場銀行の普通預金口座ですから、シンガポール在住者であればいつでも自由に預金が引き出せるというのに、各社の口座獲得シェア競争が加熱して預金ボーナス金利はとても高い水準にあります。今回OCBC [続きを読む]
  • 君たちはどうイキるか|株式投資損失育成ゲーム
  • 楽しくない含み損育成ゲームの始まり米国株は今、コカ・コーラの作り上げたサンタクロースのイメージカラーのごとく、どの銘柄も真っ赤に燃え上がっています。私の含み損くんも日に日に成長し、大きく大きく育っています。いつから含み損くんを育てるゲームに参加してのたんでしょうか。私は株式投資を、資産運用をしているつもりでした。でも資産は減る一方で、増えるのは含み損くんの下っ腹、二の腕ばかりです。私の資産を食いつ [続きを読む]
  • フィリップモリス[PM]最高値株価から−46%の大幅下落で笑えない
  • フィリップモリスの底なし株価フィリップモリスは連続増配企業で高配当株ということで、米国株クラスタに人気のたばこ株です(でした)。しかし、世界的なたばこ規制を背景に、ここ最近は株価下落が急速に進み、下げ止まりません。2018年12月24日の株価は65.97 US$で2017年6月に記録した高値122.9 US$から−46%の下落を見せています。チャートを見たらわかるように、現在の株価は2011年の株価水準と同程度ということになります。た [続きを読む]
  • 2018年騰落率を気にしなくていい理由(いや気にしている)
  • 米国株投資界隈で囁かれ始めた、米国株終わりの始まり株式投資をはじめてまだ3年も経っていないような投資初心者(私)は、騒がれ始めた悲壮感に引きずり込まれず、VOOのような代表的な米国株ETFへ投資を続けていけばいいと思っています。2018年の騰落率だけを見て、投資方針やポートフォリオをコロコロ変えてしまっては、証券会社への貢ぎ(手数料)が増えてしまい、パフォーマンスがさらに悪化しかねません。先に伝えておくと、 [続きを読む]
  • シンガポール生活鬼十則…移住検討中なら必見?
  • 電通鬼十則ならぬシンガポール生活鬼十則 lah〜電通鬼十則は仕事を上手く進めるコツ広告マンに限らず、働く全ての人に「仕事とはなにか」を強烈に印象づけさせる電通鬼十則。もうすでに記憶から薄れてきていると思いますが、電通過労死事件で槍玉に挙がったことで、ご存知の方も多いでしょう。「殺されても…」の部分などを見てしまうと行き過ぎた時代遅れの行動指針である!という痛烈な批判には納得できなくもありません。ただ、 [続きを読む]