尼寺さん さん プロフィール

  •  
尼寺さんさん: 尼寺さんちのよたばなし
ハンドル名尼寺さん さん
ブログタイトル尼寺さんちのよたばなし
ブログURLhttp://ironic-blue.xyz/log
サイト紹介文尼寺に行かずに済んだオタクが、ぼちぼちと与太話をするブログ。半私小説『拷問器具さんとわたし』連作中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 115日(平均1.4回/週) - 参加 2017/05/20 22:57

尼寺さん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【ランサー】って聞くとどうしても
  • 「自害せよ」って連想してしまうFate好きの尼寺さんです。えーと、そうじゃなくて。今日はゲームの話じゃない。ブリュンヒルデこない。じゃなくて。巷で流行りの「Lancers」に登録してみったって話です。なんか、あの、フリーランスとクライアントのマッチングサイト。これで吾輩もソレ的なナニかのはしくれってわけです。え、依頼があるとは限らない?そんなー。 [続きを読む]
  • 暑いんだか寒いんだかはっきりしてほしい
  • 9月ですねえ。1年が2/3終ったって。信じらんない。今年何やってたか思い出せない程度には忙殺されてた記憶しかない。あ、コミケには行ったよ。これまで看過してるようじゃもう本格的にまずいからね……でもワンフェスは気がついたら終ってた。そんなー。趣味の文章を書ける時間がほしいよね。仕事では毎日文章たたいてるけど、それはそれでつまんなかないけど、自分の時間がほとんどとれないのはいただけない。と、思ってアイマ [続きを読む]
  • youtubeがアップデートされたメモ(動画のソースコード篇)
  • おこんばんは、尼寺さんです。仕事終ってyoutube開いたらマァびっくり、なんかアップデートされてるじゃありませんか。今日、2017/08/30実施のことなんですってね。知らなかった。見たらなんか色々変ってたけど、尼寺さん的に一番オヤってなったのは、動画のHTMLコードの取得手順が若干変ったってとこ。自分用のメモも兼ねて、手順をご紹介します。つってもこのブログ、誰も見てねえんだけどな。 手順1、共有ボタンを押す。今まで [続きを読む]
  • ねんがんの コミケせんこうにゅうじょうを てにいれた!
  • 旦那さん「ころしてでも うばいとる」まぁ、そんなことにはならないのですが。先行入場あたりましたー! うれしいなぁ、なにやろうかなぁ。せっかく誰はばかることなく準備ができるようになったので、ちょっと手の込んだことやりたいな!なんて言ってるうちにもう1ヶ月ないんだけどね。FGOやりたいけどちょっと勇気ないです。清姫ちゃんとか、槍エリちゃんとか好きです。どっちも爬虫類だ。FGOで一番推してるのはメルトリリスちゃ [続きを読む]
  • ひき肉と玉ねぎで他人丼
  • 玉ねぎを大量に消費しなければならなくなったので、豚ひき肉とあわせて卵でとじたらうまかったメモ。<材料>3-4人分ぐらい豚ひき肉(合挽きでもいいと思う)……250-300g玉ねぎ……3個鶏卵……4個割り下├醤油……大さじ4├味醂……大さじ2├日本酒……大さじ2├砂糖……適量├顆粒だし……小さじ1└水……玉ねぎがひたるぐらい<手順>1)玉ねぎは適当な大きさに刻んでおく(尼寺さんちは粗めのみじん切り)2)フライ [続きを読む]
  • 一太郎2017を買った話
  • 先日のアマゾンプライムセールにまんまと載せられて、一太郎2017を買ってしまいました。ついカッとなってやった。そもそもが一太郎派なのです。一太郎はいいぞー。なんせ、ふりがな振っても行間がのびないからな!……まぁね、Wordでものびないようにできるらしいけど。やり方を知らないんじゃあできないのと同じですよ。いちいち調整しなくてもそのままじっとしていてくれるのが一太郎さんのいいところ。文明とは何だったのか。で [続きを読む]
  • 気になる資格の話なぞしてみる
  • なんだか、前もそんなような話をした覚えがあるけれど、またする。……してないかもしれない。街なかとか、駅ナカとか、歩いていると結構な頻度で資格試験の告知を眼にします。そのなかでも最近見かけた【メディカルハーブ検定】なるアレが気になっているんです。尼寺さん、ハーブとかだいすき。ハーブティとかもだいすき。だって(かつては)女の子だ(ったんだ)もん。というわけで、ホームページを見てみました。日本メディカル [続きを読む]
  • ニューダンガンロンパV3をクリアした(本編感想)
  • こんにちは、WordPressのパスワードぶっ飛ばして門前払い食らってた尼寺さんです。復旧できてよかった。ゲーマー尼寺、今日はゲームの話をします。表題のとおりですが、今更ニューダンガンロンパV3をクリアしました。ダンガンロンパシリーズは【初代こそ至高】のやや過激派な尼寺さんなのですが、今回は、まー、まー……やってくれやがったなスパチュン。正直、これしか感想がないです。今作の云々については、流石に随所で賛否両 [続きを読む]
  • ミュシャ展に行ってきました
  • 昨日、六本木でやってたミュシャ展にようやく行ってきました。会期いつからだよってね。ギリギリまで行動できないのは本当に悪癖です。いつもはそれで結局会期を逃すのがパタンなのですが、今回は『拷問器具』さんがどうしても『スラヴ叙事詩』を見たいとのこと。テメエがミュシャ作品みたいなツラしてるくせに。関係ないけど。そんなわけで、カンカン照りの中ギロッポンまで行ってきましたという次第。最大の出物である『スラヴ叙 [続きを読む]
  • ラム肉がおいしかったレシピ
  • 羊肉をつけダレで揉んで焼いたのを丼飯にぶっかけて食ったらうまかったので、つけダレのレシピをメモしておく。【材料】(2〜3人分)ラム肉薄切り(コマギレっぽいやつ) 200gぐらい玉ねぎ 1個もやし 1袋しめじ 1パック(なくてもいい)<つけダレ>酒 大さじ2(日本酒か、日本酒と紹興酒を1:1)味醂 大さじ2醤油 大さじ6胡麻油 大さじ1おろし生姜(チューブのでよい)7センチぐらいおろし大蒜(チューブので [続きを読む]
  • せっかくなのでランキングに参加してみた
  • せっかくブログを始めたので、ランキングなるものに参加してみた。にほんブログ村さんである。右サイドエリアにひっそりバナーを貼ったので、ぜひ してほしい。以下、今日のヨタバナシ。色彩検定受けたいーー。└色彩検定:http://www.aft.or.jp/現在の仕事的には、持っててもなんの意味もない検定なんですけどね。なんとなくカッコイイじゃないですか。持ってるとセンスよく見えるじゃないですか。高校時代、カッコイイか [続きを読む]
  • タイフェスティバルに行ってきた
  • 先週の日曜日(2017/05/14)の話なんですが、タイフェスティバルに行ってきたんですよ。代々木公園で年イチでやってるタイ文化振興イベントなんですが、年々有名になってきて、近年は人出がやばい……。今年は土曜が雨だったこともあり、夕方ごろについた時点でもとんでもない混み具合でした。しかしイベントっちゅーもんは行くことに意義がある! たーのしー!はい、楽しかったです。贔屓にしてるはちみつのお店が今年も出ていたの [続きを読む]
  • 2016/07 『拷問器具』の安置場所
  • 不動産屋さんを辞した『拷問器具』さんとわたしは、暇人こと『一発屋』君を呼び出して駅近くの居酒屋で一杯つけていた。「で、どうするの?」もらってきた間取り図を横目に、ハイボール片手の『一発屋』君が言う。「それなぁ」もっともらしく悩んでいるけれど、実のところ、悩む余地はそんなにない。「駅まで5分で動線上に深夜営業のスーパーマーケットがあって更に種類の違うコンビニが3軒あるんだろ? いいじゃない」改めて周 [続きを読む]
  • 2016/06 『拷問器具』は高温多湿を嫌う 2
  •  2件めの物件は線路をまたいだ向こう側にあるというので、再び車で移動する。地理がさっぱりのわたしとは違って『拷問器具』さんは『一発屋』君の家に遊びに行ったときにこの辺りを歩いたこともあったようで、「あ、ここにつながってるんだ」などとひとりで楽しそうだ。駅からほど近い(前回の部屋より近い!)マンションの1室、玄関からダイニングキッチンに入った途端にわたしは歓声をあげた。「シンク広い!!!」実家のシン [続きを読む]
  • 2016/06 『拷問器具』は高温多湿を嫌う 1
  • やはり善は急げということで、件のお部屋を見せていただくことになった。事務所からそう離れてはいないとの事だったが車を出してもらえたので、『拷問器具』さんとふたりで後部座席へ収まる。夕方の町は賑やかだ。道幅の狭い道路を、バスが容赦なくクラクションを鳴らしながら走っていく。さっき歩いた道を車道から眺めるのは、なんだか不思議な気分がした。1件めの物件は、事務所からほど近いところにある、ドラマの撮影にも使わ [続きを読む]
  • 2016/06 必須条件【『拷問器具』持込可】 3
  • 話に出てきたついでに、わたしたちの友人こと『一発屋』君について少し話しておこうと思う。どうせこの後、頻繁に名前が出てくるに違いないのだ。彼は、わたしたちの、というよりは、『拷問器具』さんの友人だ。もうそろそろ10年近くのつきあいになるという。近頃は週末の度に飲みに行ったりお泊りしたり、ともすれば恋人であるわたしよりも『拷問器具』さんと仲のいい『フツーの友人』だ。ちなみに『一発屋』の由来は、立直後の一 [続きを読む]
  • 2016/06 必須条件【『拷問器具』持込可】 2
  • 「今度の休みに、めぼしい駅近くの不動産屋さんに行ってみようよ」「……ソウデスネ」むちゃくちゃ血を抜かれながらそんなやりとりをした、次の休日のことである。わたしと『拷問器具』さんは、居住地候補のひとつである都内某所のとある私鉄駅の改札をくぐっていた。キャスターつきの拷問器具をひきずった三十路女は非常に眼をひいたと思うので、もしかしたらわたしたちを目撃した人がいるかもしれない。だが、心あたりがあっても [続きを読む]
  • 2016/06 必須条件【『拷問器具』持込可】 1
  • 彼のご両親に挨拶をしたわたしを送って帰る道すがら、『拷問器具』さんがにやにやしながらこんなことを言い出した。「おうち決めないとね!」すっかり忘れていた。そうだ。そういえば、そうだった。「ソ、ソウデスネ」しぼり出した声は思ったよりも一本調子で、そんなわたしを見る『拷問器具』さんはとてもいい笑顔だった。つまり、わたしも彼も実家住まいなので、『新居』なるものを都合せねばならん、という話なのである。サテ、 [続きを読む]
  • 2016/04 お宅訪問 at『拷問器具』さんち
  • さて、お宅訪問篇である。日程が決った瞬間から腹の底がざわざわと落ち着かない。正直、行く前から帰りたい。しかしそんなことも言っていられないので、手土産片手にびくびくしながら行ってきました。手土産は、事前リークを参考に、わたしも大好きな鈴屋さん(http://suzuya.shop-pro.jp/)の甘納豆を持っていくことに。甘納豆はいいよぉ。いつのまにかなくなってるけど。なお非常に蛇足だが、わたしはハスの実と白いんげんが好きだ [続きを読む]
  • 2016/03 母 meets 『拷問器具』さん
  • さて、『そういうこと』になったからには、当然互いの両親にアイサツを、ということになる。アイサツがないのはスゴイ・シツレイなのだ。古事記にも書いてある(※書いてない。ニンジャヘッズなのである)。両親とは言ってもわたしは片親なので、母親の都合にあわせて席を設けた。格好としては、わたしと彼が一席設け、そこに母を招いて仁義を切ろうという感じだ。お作法通りに行くならばわたしが自宅に招くべきなのだろうが、ちょ [続きを読む]
  • 2016/02 『拷問器具』さんとわたしのこと
  • さて、誰も見ていないうちに、『拷問器具』さんとわたしの素性について書いておこうと思う。『拷問器具』さんは、わたしよりも3学年歳上だ。3歳と言わないのは、彼が早生れなので計算が面倒だから。わたしが中学1年生のとき、彼は高校1年生だ。『学年カラーが同じになる』という説明が、今まで使った中で一番通りがよかった。仕事はホームページ屋さんをしている。『悩める経営者の味方』というヤツだ。真っ当な仕事のはずなの [続きを読む]
  • 2016/02 わたしの彼は『拷問器具』。
  • 幸いにしてわたしは、女30にして嫁き遅れを回避することに成功した。つきあい始めて6年超、知り合ったときから数えるなら8年あまり。嫁ぐ立場で言うことでもないけれど、わたしたち――――わたしと『彼』こと『拷問器具』さんは、『ようやく』そういうことになった。『拷問器具』さんというのはもちろん通称だ。いろいろなところで彼はずっとそのハンドルを使い続けている。本当のハンドルには具体的な器具名を使っているけれど [続きを読む]
  • 余人もすなる……
  • ……日記といふものを、してみむとてするなり。これ、土佐日記でしたっけ。男もすなる。日記じゃないですけど、覚書とか、ヨタバナシとか、そういうことをためておける場所がほしかったのでブログをすることにしました。今、「しました」なんて気取った物言いをしましたけど(ほらまた)、丁寧語は早々にログアウトすると思われるので、こんなのは今のうちですきっと。どうせ誰が見るものでもないので、好きにやりゃあいいのだ、好 [続きを読む]
  • 過去の記事 …