タケシ さん プロフィール

  •  
タケシさん: チャリで攻めるブログ
ハンドル名タケシ さん
ブログタイトルチャリで攻めるブログ
ブログURLhttp://www.charidesemeru.com
サイト紹介文自転車でユーラシア大陸横断をします。 その他、一人旅の記事や自転車に関する情報など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2017/05/20 23:14

タケシ さんのブログ記事

  • 近況報告などなど
  • 大変ご無沙汰しておりました。日本に帰国してから5ヶ月弱、最後のブログ更新から4ヶ月弱が経ってますね。1年間の休学ののち、4月からは立派な?大学4年生(実質5年生)として再スタートしてました。この5ヶ月間で何をしてたかというと、フィリピンのセブ島に行ったりバーベキューしたり釣りしたりサッカー観たりして遊んでました。がむしゃらに。あ、あと原チャで車に轢かれたりもしました。いや、遊んでばっかりなちゃらんぽら [続きを読む]
  • ユーラシア大陸横断 あとがき
  • 日本に帰ってきてから1ヶ月ちょいが経ちました。「帰国した後もチャリで戻ってきたの?」って会う人会う人に聞かれるんですけど、実際は普通に新幹線で輪行しました。皆の"当然チャリで戻ってきたよね"っていう期待の目がすごく痛いです、答えた後の裏切ってしまった感が半端じゃないのでそこについては聞かないでください。雪国育ちの冬生まれだけど、このクソ寒い雪の中自転車こぐのはさすがにクレイジーすぎると思います。で [続きを読む]
  • 183日目 上海 → 日本
  • 必死こいて目指してきた上海に到着して、一応こんな写真も撮ってみました。後ろにあるのはテレビ塔らしいです。イルミネーションが綺麗でした。着いたとは言っても、旅が終わった感じや達成感が込み上げてきたわけでは全くなくて、この時はなんとなくフワフワした感覚に包まれてました。というよりも「やっとゆっくり休める…」っていう安堵が大きかったです。ユースホステルにチェックインして、シャワーを浴びてそのまま [続きを読む]
  • 179日目 中国:上? → 上海
  • 上?市出発。中国の地名はやっぱり読み方がわからないのがほとんどなので、手書き入力にお世話になりまくりです。この日は洗濯物がことごとく乾いてくれなかったので、自転車の荷台はご覧の有様です。香港スタートからぶっ通しで9日目。宿に泊まったとは言ってもほとんど疲労は取れず、脚もパンパンだしケツはズキズキするし、ここらへんから大分しんどくなってきました。いつも平坦な道で使ってるギアでも、「マジで?」ってく [続きを読む]
  • 174日目 中国:于都 → 上?
  • 大晦日。2017年を少し振り返ってみると、バイトと自転車が年の大半を占めてました。支度して荷物を積んで、大晦日も変わらずにスタート。一生忘れられない年です、2017年。天気が良くて気持ち良い。脚にだいぶ疲労が溜まってきているので、休憩多めです。中国国内いたるところで見かけるモニュメント。すごく勝手なイメージだけど、小学校とかでひたすらこの文言を唱えさせられてそう。そのまま漕いで、2017年最後の夕陽を [続きを読む]
  • 172日目 中国:深圳・香港 → 于都?
  • 新年明けましておめでとうございます。大陸横断の旅は残りわずかですが、2018年もどうぞよろしくお願いします。そして話はクリスマスまで遡ります。深圳でのクリスマスは、イブの夜ほどの賑わいは無かったです。月曜日の昼間だったからってのはあるかも。聖なる日に宿に引きこもるってのもなんだかアレなので市内をブラっとポタリングしました。チェーンオイルが切れてしまったので自転車屋さんへ。店内を見た感じ自転車用品は [続きを読む]
  • 166日目 中国:肇? → 深圳
  • 宿のご家族に挨拶を済ませ、広州に向けて出発。広州まではほとんど一本道でそこまで遠くもありません。そして広州には中国で唯一、ここだけはとりあえず行っておこうと決めていた場所があります。広州市の一つ手前、佛山市に突入。ビルがわらわらと現れはじめて道路も都会の雰囲気を纏うようになってきます。こういう都会に入ると困るのが路線バスの対処で、自転車乗る人なら絶対に共感してくれると思います。バス停の横通るた [続きを読む]
  • 163日目 中国:容? → 肇?
  • 朝、寒すぎて目が覚めました。「夏は暑すぎて眠れないから野宿するなら絶対冬がいい」と思ってた夏場の自分をグーパンチしたい。寝袋から出て支度してる間に手足の指がちぎれそうになります。手袋とモコモコ感の強い靴下が欲しいです。とりあえず入った食堂で中国で初めて不味い料理に出会いました。左側のコーンスープ。もうコーンスープじゃなくて"とうもろこし湯"って感じ。日中になると気温が上がって漕ぎやすい。朝晩が寒 [続きを読む]
  • 161日目 中国:南宁 → 容?
  • 南宁。広西チワン族自治区という地方の首府の役割を果たす街です。近所をお散歩するくらいで特に何もしてないので写真フォルダが料理の写真ばっかりです。一泊30元で泊まった青年旅舎(ユースホステル)のベッドが硬すぎてほぼテント泊と変わらない寝心地でした。朝ごはんに食べた油条という揚げパンが美味しくて2日連続で通ったら店員さんご夫婦が顔を覚えてくれてました。これから自転車で上海に行きますって言ったら一本おま [続きを読む]
  • 158日目 中国:凭祥 → 南宁
  • 中国の国境にある友誼関です。前漢の時代に建設されて、辛亥革命や中越戦争の時にも重要な拠点となりました。と、Wikipediaに書いてありました。国境付近にあった両替所(テント)はお金がなかったみたいで両替できず。仕方なく途中にあった銀行のATMでとりあえず2000元を下ろしました。地図で見た感じではそこまで大きくない町だろうなと思っていても、実際に入ってみると結構規模がでかい。おそるべし大国中国、凭祥(ピンチャ [続きを読む]
  • 154日目 ベトナム:ハノイ → Dong Dang
  • 朝起きて宿の外に出たらバイクが280ドルで売られてました。歩道のど真ん中で。あーバイク欲しいなー っていう人が丁度ここを通りがかるのか、それとも衝動で買ってしまうような人がいるのか、保険的な手続きとかはあるのかないのか、いろいろ気になるところですがとりあえずハノイ出発です。ハノイの郊外にはイオンモールがあるみたいでした。行く理由も特になかったので行ってないです。あ、でも吉野家とか入ってたら行っとけば [続きを読む]
  • ベトナム・ハノイでの中国ビザ取得
  • 「ハノイ 中国ビザ」のようなワードで検索をかけてこのページに飛んで来た方もいらっしゃるかと思います。結論から言うと私、在ハノイ中国大使館に3日連続で突撃したあげく、中国ビザ取得には至りませんでした。"この悔しさは他の誰にも味わって欲しくない" という強い思いで、自分の失敗経験を踏まえてビザ取得に際して気をつける事についてまとめていきます。需要があるかはわかりませんが、少しでも誰かの役に立てれば幸いで [続きを読む]
  • 151日目 ベトナム:ハノイ
  • ハノイにはなんだかんだで6泊しました、史上最多連泊記録を更新。中国ビザの取得に手間取ったというか、結論から言うと取れなかったんですけども、なんとかなりそうな気がしてるのでリアルタイムでは無事に中国を走ってます。「自転車はそこに停めてねー」って言われたところがまさかのゴミ置き場。夜間はホステルの中に入れさせてもらえたんだけど、まぁ盗まれなきゃどこでもいいです。そんで中国ビザ取得のお話をちょろっと [続きを読む]
  • 147日目 ベトナム:NamKhan → ハノイ
  • ベトナムに入国しました。入国した途端に今まで上ってきた分を全部チャラにするかのようなものすごい下り。それでもまだ山は抜けられなかったので、作業場チックな場所をお借りして野宿しました。ベトナムでの目標は、ハノイで中国ビザを取ることと、アオザイを着た可愛い女の子と写真を撮ることです。ものすごく久しぶりに見たこの標識、"ここから市街地に入りますよ"っていう合図です。ヨーロッパでは結構どこでも見かけたん [続きを読む]
  • 144日目 ラオス:MuangKham → NamCan(ラオス?ベトナム国境情報)
  • いよいよベトナムに向けてMuang Khamを出発。少しでもエネルギーを蓄えるべく、もち米を食べたかったけどうまく伝わらなくて麺になった。麺は美味しいんだけど腹持ちが悪くていまいちエネルギーにならない気が。。出発して町を抜けたところで、何かの行事で民族衣装を着た女の子がいたので、思わず声をかけて写真を撮らせてもらいました。下心とかは全く無いです。本当です。少し恥ずかしそうな仕草がたまらなく良かったです。下 [続きを読む]
  • 142日目 ラオス:ヴァンヴィエン → Muang Kham
  • 山と自然に囲まれているこじんまりとした観光地、ヴァンヴィエン。大きい浮き輪で川に浮かぶチュービングとか洞窟のツアーが有名みたいです。欧米人と、なぜか韓国人のバックパッカーがおおい。町のいたる所で英語とハングルを目にすることができます。久々に澄んだ川を見てだいぶテンション上がった。なにも考えずに1時間くらいここでボーッとしてました。道路脇にあるサンドイッチの屋台でほとんど食事をまかなってました [続きを読む]
  • 137日目 ラオス:ヴィエンチャン → ヴァンヴィエン
  • タイの出国を済ませて、その先のメコン川に架かるタイ−ラオス友好橋を渡るとラオスに突入です。メコン川は思ってたより濁っててちょっとがっかりしました。というかここ3ヶ月くらい綺麗に澄んだ川を見てない気がする。そこからもう少し進んでラオス側のイミグレ。入国カードに記入して提出、スタンプをもらって難なく入国完了。観光15日間までならノービザで入国できます。ここの職員さん達は結構やる気が見られて良い印象でし [続きを読む]
  • 135日目 タイ:スリン → ノーンカーイ
  • スリンのリッチな宿を出発。やっぱりタイの道路はフラットでものすごく走りやすいです。んだけども同じ景色がひたすら続くので飽きて来ちゃう、朝から昼過ぎまでずっとこんな道です。はじめの方こそ新鮮で気持ちよく走れていたけど、刺激が足りないというかなんというか。ということでヒッチハイクにチャレンジすることにしました。大学一年の春にやった以来、海外では初めて。"刺激が足りないなら自分で作っちゃえばいいじゃな [続きを読む]
  • 131日目 カンボジア:シェムリアップ → タイ:スリン
  • シェムリアップ最終日の夜は雨が降ったみたいで、朝起きたら洗濯物が悲惨な状態になってました。そしてなぜかパンツが無くなってたし。もう出発する気力が根こそぎ持ってかれました。う゛ぅーーーとか だぁぁあーーーとか言いながら2時間くらいもう一泊するかどうかをダラダラと脳内会議。まぁ結局出発するんですけど。ヨーロッパくらいまでの自分だったら間違いなくもう一泊してました。なんだかんだでメンタル強くなってる気が [続きを読む]
  • 129日目 カンボジア:シェムリアップ
  • シェムリアップに着いてまずはトゥクトゥクに乗って空港まで来ました。到着ゲートにはツアーのガイドさん達が押し寄せてます。この中に紛れ込んでとある人を待ちます。サプライズゲスト、姉です。仕事の休みを取ってわざわざ来てくれました。「世界のどこかで会おう」とは言っていたんですけども、まさか実現するとは思ってませんでした。そんな彼女はシェムリアップ4度目。姉が大学生でおれが高校生の時、彼女は「ちょっと出 [続きを読む]
  • 127日目 カンボジア:ポイペト → シェムリアップ
  • カンボジアの国境の町ポイペト。カンボジアはカジノが合法なようで、おびただしい数のカジノが立ち並んでいます。将来大富豪になったら行ってみたいです、カジノ。カンボジアに入ってからは車線が右側通行になってタイと比べて道路の状態が少し悪くなりました。一応舗装はされているんだけども、穴があいていたり砂埃がすごい。まずはATMでお金を下ろしてから朝ごはん。カンボジアの不思議なところ、独自通貨のリエルじゃなく [続きを読む]
  • 125日目 タイ:バンコク → アランヤプラテート
  • バンコクのスワンナプーム国際空港、施設もだけど敷地内も広すぎる。脱出に1時間くらいかかりました。ただ寝心地は星5レベルで最高でした。カンボジアに向かいます。結局この日は特になんもなかったなーって野宿の準備をしていたら、日本人の方に声をかけられました。観光地にもどこにも日本人いねえなと思ってたらこんなところにいたのか。。タイのサケオというところに住んでいらっしゃるユウタさん(仮)、帰宅途中だったよう [続きを読む]
  • 123日目 タイ:バンコク
  • カオサン通り。物売りのおっちゃんがひたすら「アジノモトー」だとか「チャラ男ー」って声掛けてきます。日本語覚えるにしてももうちょいマシな言葉なかったのかな。昼はあまり人通り多くないけど、夜になると本領発揮します。バンコクではビザ用の写真を撮ってプリントアウトする事と、白い布と色ペンを買うのがとりあえずのミッションです。市内の方まで結構歩き回らなきゃなのかなーって覚悟してたけど、カオサン通り周辺で [続きを読む]
  • 119日目 タイ:アユタヤ → バンコク
  • アユタヤでも宿に着いてからパンクしました。スコータイの時といい、なんともタイミングがいい。空気を入れられるだけじゃなく空気を読むこともできます、自慢のウチの子。ふと見つけたラーメン屋さんに入店。調子に乗ってチャーシューサラダとビールも頼んだら350バーツもして若干後悔。どれも普通に美味しかったから良しとします。食べた後に情報ノート?のようなものを書くように頼まれて、それを見てみるとこのお店、なん [続きを読む]
  • 117日目 タイ:スコータイ → アユタヤ
  • スコータイの宿を出発する時に丁度チェックインしてきたドイツ人サイクリストのヨハネスさん。の自転車。写真を撮りながら東南アジアを旅しているみたいです。泥まみれの自転車に重装備、めちゃくちゃカッコいい。教えて貰ったヨハネスさんのHPのリンク貼っておきます。すごく綺麗な写真ばっかり。良いカメラほしいいいってなります。videt-oculu.de久々に会ったサイクリストにテンションが上がってしまって、いろいろお喋りし [続きを読む]