dango さん プロフィール

  •  
dangoさん: ときどき野虫の会
ハンドル名dango さん
ブログタイトルときどき野虫の会
ブログURLhttp://yubidango.at.webry.info/
サイト紹介文散歩や庭で出会った虫たちや花や草木の、のんびりブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 147日(平均1.7回/週) - 参加 2017/05/21 14:13

dango さんのブログ記事

  • キアゲハ 後ろ姿は困り顔・編
  • 今年はミョ〜にアゲハチョウ類の子らの敵が多くって、ミカンにもキンカンにもサンショウにも明日葉にもルーにも子供の姿が見えない。。敵とは。アシナガバチとかスズメやシジュウカラ。ナミアゲハのイモムシがスズメにさらわれていくの見たし。だが、それでもなんとか越冬予定のキアゲハの子ら数匹を保護できました。アシタバの花がグンと伸びて咲き出したら、そこに6匹居ました。葉っぱより卵産みやすかったのかな? [続きを読む]
  • イボバッタ 石畳と一体化・編
  • 庭の木に水をあげていると、足元で何かがピョッと動いた。我が家の庭はオンブバッタが大量にいるので、また・・と思って、でも探したが、いない。顔を地面にくっつけてみても、いない。それでも根気強く顔を地面スレスレに近づけてジィ〜ッと動かないでいると、すぐ目の前にピョンっと着地した。そいつは石と同じ色をしているバッタでした。↓この写真だと土色っぽいけど、もう少し灰色に近く石みたいな色でした。 [続きを読む]
  • オオミズアオ 羽化して夜空へ旅立った・編
  • ※「緑の大食漢〜繭を作った・編」の続き。繭になって1週間後:繭に変化なし。2枚の葉っぱと主軸の細枝で作った繭。作った時は緑でイキイキしていたご飯の葉っぱも数日でカサカサになり、細枝もなんだかカビっぽくなってきたので、繭が落っこちないように竹串にくっつけ直しました。あんまり振動を与えないように気を付けたのですが、やはりというか、異変を察知して中で暴れて繭をブンブン揺らして威嚇してました(中で体が繭に [続きを読む]
  • オオモモブトスカシバ 毛皮のマント着たみたい・編
  • 先日、家の外壁にモフモフした茶色いものが止まっていた。おそらく蛾。だが、写真を撮ろうと急いで部屋にカメラを取りに行ったが戻ったら居なかった。残念。でも、姿や大きさが似ているものに心当たりがあった。もしかすると、昔我が家に迷い込んだアイツじゃないのか?と。アイツとは、この子↓。オオモモブトスカシバ。 [続きを読む]
  • オオミズアオ なんとビッグな6齢になった・編
  • ※「もりもり食べて巨大化中・編」の続き。5齢になってからはあまり動き回らずによく食べるようになりました。写真を撮ろうと思って少し揺れると、すぐに警戒態勢になって縮こまっちゃってたのが、この頃は体をブブンッブブンッと振って威嚇します。重量感があるアタックで、手に当たると痛い。不機嫌だと(?)口をカチッカチッと鳴らして警戒音を出すことがあります。とても小さい音。何の音に似てるかなぁと考えると、親指と人 [続きを読む]
  • オオフタオビドロバチ 良質物件下見中・編
  • イモムシを狩るハチなので、益虫として大事にしてる人も多いかもしれないハチです。オオフタオビドロバチ母さんは、竹筒とかに泥を入れて→狩ったイモムシを入れて→卵を1つ産んで→泥で蓋をして(を、何度か繰り返して)→飛び去る。イモムシは蛾の幼虫らしいので、アゲハチョウは大丈夫だろうと思う。勝手な思い込みかしら。。今日は庭の野菜苗の添え木にしている竹筒や細めの鉄パイプを覗き込んだり入ったりして、巣を作るのに [続きを読む]
  • キアゲハ シマシマ幼虫蛹化・編
  • 今年も着々と我が家のアシタバにキアゲハ母さんが卵を産みに・・と期待していましたが、今年はとっても少ないです。しかも今年はこまめにアシタバに通ってくる子がもう一種類、それは、スズメ母さん。。キンカンの木やミカンの木やアシタバの葉や、とにかく念入りにご飯を探すスズメ母さん。まぁスズメも子育てで大変だからね・・。でもなるべく幼虫の救出してます、やっぱりアゲハチョウらが好きなのよ。で、先日救出第一号のキア [続きを読む]
  • ルリタテハ まとめ〜雌雄判別は困難・編
  • 全9頭の蝶が卵から無事に旅立ちました。保護した卵は全部で11個で、無事成虫になったのは9頭です。やっぱり卵から育てればハチやハエの寄生の心配がないから優秀♪ちなみに。亡くなってしまった子2匹は、2齢の脱皮の際に失敗したのが1匹・3齢初め頃元気が無くなってきて死んでしまったのが1匹、でした。全員我が家のサルトリイバラの葉裏で生まれましたが、食草は2〜3齢ごろからユリの葉やホトトギスの葉も食べました。 [続きを読む]