dango さん プロフィール

  •  
dangoさん: ときどき野虫の会
ハンドル名dango さん
ブログタイトルときどき野虫の会
ブログURLhttps://yubidango.at.webry.info
サイト紹介文散歩や庭で出会った虫たちや花や草木の、のんびりブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2017/05/21 14:13

dango さんのブログ記事

  • ヤママユガ みんなのまとめ〜さよならタマゴ・編
  • 今年の春から秋まで一緒にいたヤママユガたちのまとめ。(※卵から孵化した順に書いてみました。おおよその日数です。結構バラツキがありますね。一番初めの子は3月下旬孵化だし、終わりの子は5月上旬孵化なので、成長中の気温や湿度も関係しているんでしょう。でもそこまでは記録してないので悪しからず。) [続きを読む]
  • ヤママユガ お見合いと産卵・編
  • 産卵籠に入れて2日目の夜、動きが無かった3匹が、夜中にカサカサ暴れ出した。そこで、静か〜に見守っていましたが、どうにも交尾をする様子がない。一人が暴れたからみんなもパニクって暴れているだけというか・・。3日目の夜もそんな感じ。羽もボロボロになった。↓昼間の様子、昼間はホボ動きません。(下がメス。 [続きを読む]
  • ヤママユガ 待望の女の子・編
  • オスが生きている内にメスよ羽化したまえ・・との願いが繭らに通じたのか、「もうオスが死んでしまう・・」と諦めていた夜、待望のメスが羽化しました。気が付いた時には羽がほぼ伸びていました。オスの黄色は黄土色っぽかったけど、メスの黄色は柚子色で鮮やか、美しいです。目玉模様の中心(透明のトコ)が大きいし、模様の線もピンクで可愛い。 [続きを読む]
  • ヤママユガ 羽化は続くよ・編
  • 先日、4番目に繭になった子が羽化しました。前の子のこともあって、ここのところは毎日「羽化の前兆無いかな〜」って夕刻から何度も何度も何度も、何度も見ていたんだけど、分からなかった・・。繭から出る際に出口を溶かすから、繭が黒くなって分かるハズなんだが・・2時間くらいごとに見てたんだけど。(↑後の子の観察で判明、溶け始め後90分頃〜出てきた) [続きを読む]
  • ヤママユガ 一人ぼっちの羽化と死・編
  • まだ暑い日が続く中、8月30日に1匹目が羽化しました。2番目に繭になった子で、小さいから男の子かなぁと思っていたら、やっぱり男の子だった。羽化は9月に入ってから、とか思い込んでいたので、夜中に繭に穴が開いているのを発見して、慌てて捜索しました。天井とか壁とか窓辺とか見たけどいなくて・・「どうしよう、どっか迷子かも・・」とガックリうなだれたら、穴の開いた繭の下の床にペタッとしてた(笑。踏まなくてよかった〜 [続きを読む]
  • ヤママユガ 繭の中・編
  • 卵から育てたヤママユガの子らは、現在は長い夏眠中。順調にいけば9月10月あたりに羽化するんだろうが・・この猛暑だし・・我が家も暑い。「昆虫の体や繭は人ごときが心配するほどヤワじゃないよね」と信じて触らないようにしていますが、やっぱり心配で、木陰に移動してみたり、周りに霧吹きしたり、風の当たる所に置いたり、できる範囲で工夫はしています。そしたら先日、移動させるために掌に乗せた繭の中で、蛹がカサカサカサ [続きを読む]
  • オオスカシバ お腹いっぱい休憩中・編
  • 春のコクチナシの花壇で尻尾のあるアオムシを見る。オオスカシバの子供である。葉も蕾もかなり食べられてしまう。そうして立派に育った成虫のオオスカシバを、我が家の庭では晩春から初秋にかけてよく見かける。今年もサルビアグラニティカが咲く庭に蜜を吸いにやってくる。その姿は大きなハチにもハチドリにも見える。カワイイというかカッコイイ。食事中のオオスカシバ [続きを読む]
  • アオスジアゲハ お尻が尖って三角・編
  • 身近といえば身近な蝶ではありますが、お散歩コースに食樹の楠があまり無い・あっても楠が巨大すぎて幼虫が見つからないので、なかなか出会いが少ないアオスジアゲハの幼虫です。この子との出会いは、街路樹のすごく下の方の葉っぱにベットを作って寝ているところを発見したのでした。鳥やら狩バチやらに食べられちゃう前に連れて来ちゃいました♪ [続きを読む]
  • ミカドトックリバチ トックリ一円玉に乗る・編
  • 7月初めに制作途中のトックリバチの巣を見つけた。あまりの強風だったので我が家のミニチュア温室のガラス戸を閉めようとしたら、そこへ小さなハチが入っていくのを発見。様子を見ていたら、奥に仕舞っておいた網の上でトックリを作っているミカドトックリバチ母さんがいました。すでにトックリの底の部分は出来上がってました。 [続きを読む]