Tai_Tai さん プロフィール

  •  
Tai_Taiさん: シアワセ色のテーブル
ハンドル名Tai_Tai さん
ブログタイトルシアワセ色のテーブル
ブログURLhttp://festoon.exblog.jp/
サイト紹介文記しておきたい日々あれこれ、残しておきたいレシピの記録
自由文特にレシピ掲載
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 192日(平均1.1回/週) - 参加 2017/05/22 09:37

Tai_Tai さんのブログ記事

  • なつかしい大学芋 
  • 秋から冬にかけて特に食べたくなるおイモさんリクエストもあり、大学芋です。恐らくこのポイントは蜜の煮詰め方私も何となく感覚で作るのでこれ!と言えることがないのですが、・ただひたすら煮詰める。・あまり掻き回さない・カラメル一つ手前煮詰めすぎた時のためにコップに湯・大匙を控えさせ、とっさの時は一さじ湯を加えて緩めます。此の時飛ぶこともあるので注... [続きを読む]
  • ふわふわ林檎ケーキ
  •   多分私が作る林檎ケーキの中では一番生地がふわっとしている。卵と粉の割合がジュノワースに近い。リンゴはもっとたくさん入れたいと思う。実は予想よりリンゴの層が少なめでしたわ。当初、生のリンゴを使用するのでこのレシピの粉が少ない分べとつくかと思い少々遠慮した。次回は改良版で行こうと思った次第。それでは!(材料)20?マンケ型 or底が抜ける18〜20セン... [続きを読む]
  • 重陽の節句にちなみ 菊花の扱い
  • ちょうど一か月後10月28日が旧暦9月9日重陽 菊の節句菊の花を見かけるようになった。食用菊花は花芯(写真左下部)を除去、花弁を外して使用します。湯を沸かし、お酢を小匙1ほど入れ煮立ったら花弁を一度に入れ噴きこぼれぬ程度に火を落とす。箸で天地を返して全体に火をとおす。(ほぼ1分)流水で即洗い流し、絞ってボールにあげたところ*************... [続きを読む]
  • 旧暦会 笹の節句
  • 旧暦七月七日は今年八月二十八日にあたる。recipe鮭と大葉の夏のちらし寿司(写真なし)ふだん草とパプリカの白和えトマトを添えて丸十(サツマイモ)は大学芋に素麺は炙りイチボ肉とクレソン・焼きナスのサラダ仕立て梅肉ソース添えてウナギのうざくデザート:抹茶羊羹ふだん草とパプリカの白和えトマトを添えて丸十(サツマイモ)は大学芋に素麺は炙りイチボ肉とク... [続きを読む]
  • 夏場嬉しい梅肉ソース
  • 梅肉ソースは梅干しを出しで溶いて火にかけます。きゅうりと長芋を粗目にたたいて梅肉ソースをかけていただくのもおいしい。其の他ソーメンにかけたり、焼いた肉、焼きナスいろいろ工夫でき、目先が変わってよいです。【梅肉ソース】ひと煮立てさせてから水溶き片栗粉でとろみをつける。出汁・・・・・・・・200ml梅干しの果肉・・・・30g酢・・・・・・・・・T1薄口醤油・・・・・・T1水溶き片栗粉・・・... [続きを読む]
  • 作り置きの酢
  • 甘酢と吸い酢酢の物を手軽に作るコツはこの合わせ酢を作っておくこと。大量に作らず、数回分。冷蔵保存が長くなってきたらオリーブ油などでドレッシングにして使い切る位が丁度よい。右:吸い酢左:甘酢【甘酢】酢・・・・・50ml水・・・・・150ml砂糖・・・・T4鷹の爪・・・1本※きゅうり・蕪などの塩もみすると塩分が残るのでこの塩分にぁバズをかけて丁度良くなる。 大根おろしの酢のものをす... [続きを読む]
  • 旧暦会 端午の節句
  • 端午の節句 今年は5月30日でした。辛口ガールズトーク炸裂と言いながら気の合った女3人衆本音トークに”ホッ”とするいつもながら野菜をたっぷり摂れるようレシピは工夫します。recipeそら豆とズッキーニはりはりじゃがいも味噌ドレッシング和え焼き物:のどぐろと鯛の西京・粕漬けほうれん草の胡麻和え根菜の炊き合わせだし巻き卵酢の物:大根アワビきゅうり中華風おこわ蓮の葉... [続きを読む]
  • 葉生姜 谷中生姜の甘酢漬け
  • よくよく調べてみると葉生姜は嘗て東京日暮里界隈で栽培されていたところから産地の名をとり谷中生姜と呼ばれるようになったそうな。他にも「三州」「金時」などあります。さて、筆生姜を作るにまずは葉がみずみずしいこと、根の部bンが白っぽい若々しいもの、茎に伸びるところが美しく赤い色がさしている。こんなことを注意しながらお湯を沸かしましょう。(下準備)酢・・・・50cc、水・・・・200?砂糖... [続きを読む]
  • 紫蘇の実の塩漬け
  • 梅雨時は青梅が出ると次は早生の大石プラムに始まり様々なプラムがしばらく展開その間わずか一週間ほど見かけるのが杏子。そして、箱売りの山椒の実が過ぎると今度は青しその穂。保存瓶がいくつあっても足りないくらいの時期です。 今回はスーパー歩いていたらパック入りしその穂見つけた。これも年に一回行事の青しその塩漬け。あると便利、お料理ひきたつ便利品。いつもこれを作ると、祖母の姿が目に浮かぶ。大好... [続きを読む]
  • ルバーブとクルミのケーキ
  • (材料)全卵・・・・・・・・・・3個砂糖・・・・・・・・・・120gアーモンドパウダー・・・50g薄力粉・・・・・・・・・150gコーンスターチ・・・・・・・・ 30gBP・・・・・・・・・・・t1(2g強)溶かしバター・・・・・・100g牛乳・・・・・・・・・・50gくらい※ルバーブ10%シロップ漬け・・2本分くらい胡桃・・・・・・・・・・30g... [続きを読む]
  • フルーツ酒あれこれ…まずはグズベリー酒
  • 何年か続けた日本酒原酒で漬ける梅酒。造らなくなって数年。その間はウォッカでフルーツ酒を作っていた。そして 今年原酒を再び使用することにした手始めはグズベリー酒(左)そして中央は杏子の種さてどうなるでしょう?(材料)日本酒原酒・・・・・400mlグズベリー・・・・・200g(へたを除いた重量・・約一割がへた)氷砂糖・・・・・・・80g(果実... [続きを読む]
  • ルバーブとバナナのマフィン
  • (材料) 薄力粉・・・・・・・・・・・120g B.P.・・・・・・・・・・・・・小匙1強全卵 ・・・・・・・・・・・・・1個 きび砂糖・・・・・・・・・・50gバナナ・・・・・・・・・・・・・・1本牛乳 ・・・・・・・・・・・・・50ml 溶かしバター ・・・・・・50gクルミ・・・・・・・・ ・・・・・・8粒ルバーブジャム・・・・・・・大匙4紙ケース・・・・・・・・・・・・4枚 (作... [続きを読む]
  • ガスパチョ ベーシック
  • (材料)二人分完熟トマト・・・・・・150g〜200g玉ねぎ・・・・・・・・・15g赤パプリカ・・・・・・・30gセロリ・・・・・・・・・30gパン粉・・・・・・・・・T2※水・・・・・・・・・・・50ml塩麹・・・・・・・・・・t1くらい(出来上がりに塩味調整)オリーブ油・・・・・・・T1※白ワイン・・・・・・・・T1(日本酒可)胡椒とガーニッシュ用パセリ・・適宜(作り方)... [続きを読む]
  • 桑の実 
  • 2016-06-07 19:46:07 | お役立ち保存食従弟のお庭で桑の実が生ったのでお裾分け?お裾分けというより略奪のような様相頭抱えてるお料理苦手な嫁さんから其の儘我が家で引き取った。さてと、ジャムを作る。桑の実で作るジャムは初めてだが、他のジャムと同様につくる。しかし洗いながら、思ったもんだ発酵させたらどんなかしらん?違法にならない程度発酵させてみよっと!さあ、どうなるか... [続きを読む]
  • 塩漬け山椒の実
  • 梅雨時は青梅が出ると梅干し用の黄色い梅。次は早生の大石プラムに始まり様々なプラムがしばらく展開その間わずか一週間ほど見かけるのが杏子。そして、箱売りの山椒の実が過ぎると今度は青しその穂。保存瓶がいくつあっても足りないくらいの時期へと移り変わっていきます。 **********************************そろそろ山椒の実を見かけますので便利な塩漬けのご紹介。佃煮も... [続きを読む]
  • 牛肉のそぼろ
  • 豚ひき肉で作ったもの牛肉の煮一般には細切りにして生姜と調味料で煮詰めていく。私は火にかける前にひと手間血抜きをする。こちら応用編でそぼろ煮です。最初からひき肉を使用することで手順を簡単にする。しっかり煮詰めて瓶詰にすると保存がききます。おかずが足りない時白いごはんにぱらぱら!或いは炒り卵や錦糸卵を添えて一人の時やお弁当の二色ごはんとか・・・... [続きを読む]
  • シイタケときくらげの佃煮 甘辛煮
  • 箸休めとしても重宝オイル漬け同様作り置きがあるとピザに或いは卵焼き・白和えなど幅広く活用できる佃煮風。オイル漬けと同じ材料で佃煮封を作った時の画像位ご準備ください※裏白きくらげ(乾)・・・・・約30g(膨潤させ細切りでC1杯半になる)生シイタケ・・・・・・・・・・(どんこのように厚手)中4枚酒・・・・・・・・・・・・・・・・・70〜80gみりん・・・・・・・・・・・・・・大匙4... [続きを読む]
  • フェンネルのピクルス
  • 最近は新種のお野菜が随分と豊富調理法をフォローするのも大変ということで、その中からフェンネルをご紹介ハニーピクルスは春先から出てくる色鮮やかなお野菜で作るピクルスフェンネルの柔らかなところを薄切りしたり左側・・はがした一枚の株を薄くせん切りにしたもの右側・・株に続く軸の部分を角切りにしたもの。。。※新キャベツをせん切りにして子のピクルスを少し加えて混... [続きを読む]
  • 蕨とぜんまい あく抜きの方法
  • 蕨(わらび)です。灰を添付してあったので、ひたひたのお水とその灰をまぶして一晩つけたもの。其の後丁寧に洗って下部のかたいじくをおとしたもの です。このままでもよいかと思ったのですが、やはりさっと熱湯をかけて十三ほんの少し(t1)冷めるまで置き、真っ茶色に変色した水を取り替えながら4時間ほど置くとこのように!根元にぬめりがあればあく抜き成功! [続きを読む]
  • 林檎のケーキ
  • ※ マドレーヌ方式・BP使用(材料)紅玉林檎・・・・・1個半薄力粉・・・・・・140gBaking Powder・t1砂糖・・・・・・・120g塩・・・・・・・・一つまみ全卵・・・・・・・3個バター・・・・・・90g(熱めに溶かす)(準備) オーブンは160度設定 18cm経丸ケーキ型にバターを塗り底に紙を敷き周囲は強力粉をはたいておく。(作り方)<ol... [続きを読む]
  • ソラマメのスープ
  • 初物が友人から送られてきたので早速そら豆のスープ。バリエーションを換えてつくったものの・・・素朴に!あまり手を・・・いえいえ手は掛ける!しかし材料凝らない!そのほうが「そら豆」のおいしさが出るようです。今までは結構クリーム必須でしたが、これって「そら豆」の味が消える。では、レシピ!(材料) 出来上がり400?(4人分)そら豆・・・・・鞘・中袋から取り出して10... [続きを読む]
  • ザワークラウト(仏シュークルート)
  • 新キャベツが出回ってしばらくして気温の上昇と共にザワークラウトを作ります。乳酸菌の発酵が失敗なくできる季節なんですよ。一日に野菜350g摂るために我が家では朝からスープは欠かせません。特に冬場はサラダは体が冷えるのか火が通ってしまったスープ。かと言って火をかけたものでは酵素が体に入ってこない。そこでプラス少量サラダ。此の少量サラダに忍ばせるのがザワークラウト。基本キャベツで作る物ですが、コー... [続きを読む]
  • 甘夏で作るママレード
  • ゴールデンウィーク後半はキッチン仕事三昧甘夏が飛び込んできて風味違いをつくりつつ・・・レシピ提供です。・・・↑写真では花びらが入っていますが、レシピでは除外しております。(材料)甘夏ミカン・・・・・・・2個グラニュー糖・・・・・・上記ミカンの重量×60%レモン皮と果汁・・・・・1/2個分お好みでコアントロー・・適宜厚手の鍋(アルミ製は適当に非ず)、スパテラ、ストレー... [続きを読む]
  • クラムトッピングのスイートポテト
  • ちょっと甘いものが欲しい時キッチンにある物だけでできるのでよく作ります。内径7cmのフランス生まれのカラフルなココットが私のお気に入り小さいので食べ過ぎずよい!(材料) 内径7cmのココット5個分サツマイモ・・・・・・Mサイズ1本砂糖・・・・・・・・・T2バター・・・・・・・・10g生クリーム・・・・・・T2お好みで林檎スライス・15枚薄力粉・・・・・・・・15g砂糖・・・・・・・・・... [続きを読む]
  • 今シーズンお初
  • 穏やかな日差しもあたたかく、誘われてガスパチョです。今年のガスパチョ一弾はフェンネル入りたぶん今までで一番のお気に入りかも・・・忘れぬうちにメモメモ(笑)(材料)2人分トマト(光樹)…中小1個半160gセロリ・・・・・・・・・・20g赤パプリカ・・・・・・・・30gフェンネル・・・・・・・・60g塩レモン(レモンコンフィ)・・・・・小匙1塩麹・・・・・・・・・・・小匙... [続きを読む]