ルマン さん プロフィール

  •  
ルマンさん: 野球プレミアム
ハンドル名ルマン さん
ブログタイトル野球プレミアム
ブログURLhttps://new-next-life.com/
サイト紹介文プロ野球特に阪神タイガースの話題を中心にブログを書いていきます。
自由文プロ野球特に阪神タイガースの話題を中心にブログを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供434回 / 365日(平均8.3回/週) - 参加 2017/05/22 13:04

ルマン さんのブログ記事

  • 明星高校甲子園出場成績
  • 明星高校甲子園出場成績●春のセンバツ出場回数4回1勝4敗●夏の甲子園出場回数8回(優勝4回)29勝4敗●春夏合計出場回数16回45勝11敗総評昔の大阪高校野球の名門明星高校。元阪神の岡田監督が明星中学に在籍し、明星高校に進学せず、北陽高校に進学したころから大学進学に力を入れるようになり、甲子園出場からは遠ざかってしまった。しかし、同ランクの私立高校の中では野球部はかなり強い方であり、大阪大会予選では4回戦・5回戦と [続きを読む]
  • 上宮高校甲子園出場成績
  • 上宮高校甲子園出場成績●春のセンバツ出場回数8回(優勝1回)19勝7敗●夏の甲子園出場回数1回3勝1敗●春夏合計出場回数9回22勝8敗参考文献 週刊ベースボール大阪大会展望号2016/7/2発売号総評90年代まではPL学園や近大付属と並んで高校野球屈指の名門校として名高い上宮高校であったが、近年は難関大学進学の方に力を入れており、夏の甲子園には28年遠ざかり、春の選抜にも1997年を最後に20年近く甲子園に出場していない。代わりに [続きを読む]
  • 関大一高甲子園出場成績
  • 関大一高甲子園出場成績●春のセンバツ出場回数5回(準優勝1回)5勝2敗●夏の甲子園出場回数1回3勝1敗●春夏合計出場回数3回8勝3敗参考文献 週刊ベースボール大阪大会展望号2016/7/2発売号総評関大一高は甲子園出場回数は春夏通算3回と少ないながら、甲子園出場成績は良く、春では準優勝1回、ベスト8が1回、夏も同じく初出場でベスト8が1回と勝率はかなり良い。現在北大阪に履正社・大阪桐蔭と頭一つ抜けた強豪校が2校いるだけに記 [続きを読む]
  • PL学園高校甲子園出場成績
  • PL学園高校甲子園出場成績●春のセンバツ出場回数20回(優勝3回・準優勝1回)48勝17敗●夏の甲子園出場回数17回(優勝4回・準優勝3回)48勝13敗●春夏合計出場回数37回96勝30敗(大阪府1位)参考文献 週刊ベースボール大阪大会展望号2016/7/2発売号総評今年残念ながら休部となったPL学園野球部。春のセンバツでは優勝3回、準優勝1回夏の甲子園では優勝4回、準優勝3回と圧倒的な実力を見せ、通算勝利数は96勝。大阪の高校では2位の大体大 [続きを読む]
  • 甲陽学院高校甲子園出場成績
  • 甲陽学院高校甲子園出場成績●春のセンバツ出場回数8回6勝8敗●夏の甲子園出場回数4回9勝3敗(優勝1回)●春夏合計出場回数12回15勝11敗(優勝3回)総評甲陽学院は今や灘に次ぐ名門として東大・京大・阪大・医学部などを目指す名門進学校となっているが、昔は野球の名門校で夏の甲子園で全国制覇の経験もある。甲子園通算勝利数は15で兵庫県内第8位。昭和初期は関西学院とともに兵庫を代表する甲子園の常連校であった。 [続きを読む]
  • 興国高校甲子園出場成績
  • 興国高校甲子園出場成績●春のセンバツ出場回数5回1勝5敗●夏の甲子園出場回数2回(優勝1回) 7勝1敗●春夏合計出場回数7回8勝6敗総評1960年代、1970年代まで甲子園常連校で夏の甲子園で全国制覇の経験もある古豪興国高校。1975年の夏の甲子園を最後に30年以上甲子園出場からは遠ざかっている。大阪大会では毎年3回戦、4回戦ぐらいまでは勝ち残ることが多い。プロ野球選手も多数輩出している名門校だけに今後の復活に期待したい。 [続きを読む]
  • 阪神タイガース年俸ランキング2019
  • 阪神タイガース年俸ランキング20191位 鳥谷 4億円1位 糸井 4億円3位 メッセンジャー 3億5000万円4位 西(新入団) 2億5000万5位 福留 2億2000万6位 藤川球児 1億9000万7位 ドリス 1億5000万?8位 藤浪 1億2000万8位 能見 1億2000万10位 上本 6000万11位 ナバーロ 5640万11位 高橋聡 5500万総評阪神タイガースの1億円以上のプレイヤーは9名と意外にも少ないです。ロサリオ・マテオの退団、西岡剛の退団 [続きを読む]
  • 阪神タイガースFAプロテクト選手予想2018
  • 阪神タイガースの28人のプロテクト選手の候補を予想したいと思います。※プロテクト選手28人福留糸井鳥谷上本北條陽川中谷大山高山植田海梅野原口坂本能見藤川球児藤浪岩貞秋山小野岩崎桑原望月馬場青柳高橋聡高橋遥才木浜地※あくまで個人的予想です。プロテクト漏れとなる主な選手を予想すると岩田、岡崎 、小宮山 、山崎憲、江越、伊藤隼太、 森越、 俊介、板山 etc・・・オリックスはおそらく岩田・江越・隼太・俊介・板山あ [続きを読む]
  • 阪神タイガース応援テレビラジオ番組一覧
  • 阪神タイガース応援テレビラジオ番組一覧●テレビ虎バン(ABC)毎週土曜日深夜1時30分から出演 下柳剛 桧山進次郎 関本賢太郎ほか熱血!タイガース党(サンテレビ)毎週金曜日20時〜※シーズンオフのみ出演 福本豊ほか週刊タイガースかわら版(JCOM(ベイコム)関西)毎週火曜17時〜出演 福間納 中田良弘 広澤克実  関本賢太郎マイク仲田●ラジオガチ虎!(ABCラジオ)シーズン中毎週月曜日夜19時30分から20時まで出演  [続きを読む]
  • 12球団球団別年俸総額ランキング2018一覧
  • 12球団球団別年俸総額ランキング2018一覧※金額は推定ソフトバンク47億7392万円巨人 38億9195万円阪神 32億2600万円楽天 22億4746万円オリックス 22億206万円広島 20億9348万円西武 20億7536万円DeNA 19億7144万円中日 19億6275万円ヤクルト 19億4896万円ロッテ 18億8058万円日本ハム 15億2388万円金満球団と言われているソフトバンク・巨人・阪神が他の9球団とは圧倒的な差をつけて1位、2位、3位を独占。 意外にも中日は落合元GM [続きを読む]
  • 阪神川藤OB会長の阪神愛と取材に対する熱心さ
  • 読売テレビの野球解説者で野球評論家、OB会長である川藤幸三氏。以前の産経新聞に特集されていました。 解説は精神論で技術的なことをほとんど言わないことから、一部の人から批難されていますが、以前赤星氏が明石家電視台で言ってたけど、選手で川藤さんのことを悪く言う人は誰一人いないそう。 というのも、赤星氏曰シーズン中は解説がない時でも宿泊費・交通費すべて自腹で阪神ナインに同行し、チームのことを誰よも見ている解 [続きを読む]
  • 阪神秋山二刀流とかつての野手転向について
  • 昨年東京ドームでレフトスタンド逆方向へホームランを打った阪神秋山投手。 金本前監督は試合後梅野や高山にも教えてあげて欲しいと言ったほど。 実は秋山は高校通算本塁打数は48本でPL学園の主砲で現在5番の福留選手の40本を上回り阪神でチームトップなんですね。 で、大谷選手のように二刀流なんですけど、秋山本人は両立は無理とのこと。長打力は糸井、福留の次にありそうな気がするんでいけそうな気がするんですけどね。 さら [続きを読む]
  • 阪神タイガース高校通算本塁打数ランキング
  • 阪神タイガース高校通算本塁打数ランキング1位秋山拓巳48本2位西岡剛42本3位福留孝介40本4位高山俊32本5位北條史也25本総評伊予のゴジラ秋山選手が48本でトップ。昨年のナゴヤドームでのホームランすごかったですよね。解説者の山崎武史さんもナゴヤドームであれだけ飛ばすピッチャー初めて見た!ってこないだ言っていました。今まで何とか野手転向の話はあったようですが、本人がピッチャーで勝負したいと断っていたとか。2位は西 [続きを読む]
  • 中村ノリ(中村紀洋)現在はYouTuber?
  • 近鉄のかつてのスーパースターでオリックス、中日、楽天、横浜と5球団を渡り歩いたスラッガー中村ノリ選手ですが、横浜を退団後、現在どうしているのか?について書きます。 メインは兵庫県西宮市苦楽園で、N’s Method(エヌズメゾット)という野球教室兼スポーツジムを経営しており、実際中村ノリ選手が小学生・中学生のプロを目指す野球少年を直接指導されてます。 さらに、最近はノリさん自らN’s stylというYoutubeチャンネルを [続きを読む]
  • 阪神タイガース交流戦年度別順位と成績一覧
  • 阪神タイガース交流戦年度別順位と成績2018年 6勝11敗 交流戦順位11位2017年 10勝8敗 交流戦順位4位2016年 7勝11敗 交流戦順位10位2015年 10勝8敗 交流戦順位6位2014年 9勝15敗 交流戦順位11位2013年 12勝11敗1分 交流戦順位7位2012年 9勝12敗3分 交流戦順位8位総評上記のように阪神は過去7年間で交流戦に勝ち越したのは3回でそれもほぼ勝率5割程度の数字。交流戦で大きく勝ち越したのは岡田監督時代の2008年の15勝9 [続きを読む]
  • 岡田彰布氏が明星高校に進学せず北陽高校に進学した理由
  • 岡田彰布氏が明星中学から明星高校に進学せず、北陽高校に進学した理由について雑誌で語っていました。 岡田氏は地元玉造にある明星中学に中学受験で入学します。 明星は進学校ですが、当時は甲子園常連校でもあり、野球がしたくて明星を受験したそう。 明星中学時代は練習試合を含めると 60何連勝するなどすさまじい活躍をしたそうですが、 明星高校には進学しませんでした。 理由は、ちょうどその頃、明星は甲子園よりも難関大 [続きを読む]
  • 阪神タイガース開幕ローテンション予想2019
  • 阪神タイガースの開幕ローテンション2019年の予想をしてみました。開幕投手はメッセンジャーで決まり。 2戦目は京セラで試合ですし、おそらくFAで阪神に移籍する西投手が務めるんじゃないか?と予想。さらに藤浪晋太郎は第4戦目に先発するような気がします。 開幕ローテに入る左の先発が岩貞のみなんで、もう1枚左の先発が欲しいところです。 開幕戦3/29(金)阪神対ヤクルト(京セラ)※メッセンジャー第2戦3/30(土)阪神対ヤク [続きを読む]
  • 李大浩(イ・デホ)韓国プロ野球成績2018
  • 現在韓国プロ野球ロッテジャイアンツの4番打者として活躍する李大浩選手の今シーズンの成績を調べてみました。※2018年成績144試合 打率333 37本 125打点※2017年成績142試合 打率320 34本 111打点 イデホ選手は韓国プロ野球に復帰して以来年々成績を伸ばしており、2年連続3割30発100打点を達成。 ファーストのいない阪神にとっては喉から手が出るほど欲しい選手ですが、NPBに復帰する意向は残念ながら今のところない [続きを読む]
  • 甲子園球場が広いと言われている理由
  • よくTVやラジオの実況でこの広い甲子園で・・・と聞きますが本当に広いんでしょうか?ちょっと調べてみました。甲子園 両翼95m 中堅118m これは12球団の本拠地の中で実は2番目に狭いです。ただし、右中間左中間が118mあり、 これは福岡ドームと並んで1番広いんですね。 広い甲子園だからホームランが出にくいというのは間違いであって、両翼のポール際とかバックスクリーン一直線のホームランは他の球場に比べて出やすいです。 た [続きを読む]
  • 呉昇桓(オ・スンファン)メジャー成績2018
  • 呉昇桓(オ・スンファン)メジャー成績2018※2018年成績73試合 6勝3敗3S 防御率2.6368回1/3 79奪三振 ※2017年成績59試合 1勝6敗20S防御率4.1059回1/3 54奪三振 ※2016成績76試合6勝3敗19S 防御率1.9279回2/3 103奪三振 総評阪神からカージナルスに移籍。カージナルスではセットアッパーから抑えに昇格し、奪三振率が飛躍的に伸び大活躍した呉昇桓投手。 今年はブルージェイズからロッキーズにシーズン途中に移籍したものの6 [続きを読む]
  • 阪神OB赤星氏今後のコーチ就任の可能性はある?
  • 阪神OBで野球評論家の赤星氏が今後阪神のコーチ就任するかどうか?ミヤネ屋(YTV)を見る限り、オファーは定期的に来てそうです。宮根さんに話をふられて、否定も肯定もしなかったんで。 TVで見る限りでは、ちょっと動揺している感じもありました。赤星氏は関西に東京に名古屋にとテレビ・ラジオに引っ張りだこなので、正直コーチをやるより収入は今の方が確実にいいでしょう。 ただ、赤星氏は以前からタイミングが合えば、またユニ [続きを読む]
  • 韓国プロ野球日本人コーチ一覧
  • 韓国プロ野球日本人コーチ一覧●起亜タイガース中村武志(バッテリーコーチ)元中日正田耕三(1軍打撃コーチ)元広島 元阪神、オリックス1軍打撃コーチ●ハンファイーグルス中島輝士(1軍打撃コーチ)元日本ハム、近鉄●斗山ベアーズ藤尾佳史(二軍トレーニングコーチ)●サムスンライオンズ芹澤裕二(バッテリーコーチ)元中日白坂契(トレーニングコーチ)元ロッテトレーニングコーチ●NCダイノス山本一彦(投手コーチ) 日本で [続きを読む]
  • 読売テレビが巨人を応援せず阪神を応援する理由
  • 読売新聞のグループでもある大阪・読売テレビは大阪の他局同様、朝の情報番組から阪神タイガースばかり応援しています。 なぜか?おそらく、巨人ファンより阪神ファンが圧倒的に多い関西でジャイアンツを応援してしまうと、阪神ファンを敵に回し、読売テレビを見なくなるからだと思います。 首都圏に次ぐ2000万人の人口を持つ関西圏で阪神ファンを敵に回すと、視聴率は取れない、スポンサーはつかないと致命的になるので、読売テレ [続きを読む]
  • プロ野球解説者のギャラっていくらぐらい?
  • プロ野球の地上波テレビ中継がどんどん減っている昨今ですが、野球解説者は年々増え続け、現在飽和状態になっているらしいです。 60代後半から70代以上の世代が詰まっていて人気のない解説者はなかなか仕事が回ってず、パイの奪い合い状態。 近年、有名な野球選手の引退の年齢もどんどん上がってきているのは引退後の野球解説者の枠がかなり限られているのもあると思います。現役にしがみつく選手もいますからね。 昔はゴールデン [続きを読む]
  • 下柳剛氏がFAで横浜に移籍しようとしていた理由とは?
  • 元阪神で野球解説者の下柳氏ですが、2003年日本ハムから阪神にトレード。実質的には戦力外となりトレードになったと本人は語っていました。 その後阪神で先発投手として活躍し、2003年見事リーグ優勝を果たし、ちょうどのタイミングでFA権を取得。 わずか1年しか阪神のユニフォームを着ていませんでしたが、FAで横浜移籍を本気で考えていたようです。なぜか?愛犬ラガーを神奈川県川崎市の知人の家に預けていた。日本ハムはまだ北 [続きを読む]