yuruboy さん プロフィール

  •  
yuruboyさん: ゆるやまブログ
ハンドル名yuruboy さん
ブログタイトルゆるやまブログ
ブログURLhttp://yuruyama.com
サイト紹介文関西発の日帰り登山やハイキング、登山装備についてのんびり更新しています!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2017/05/23 00:10

yuruboy さんのブログ記事

  • 冬の訪れを感じながら、苔むす北八ヶ岳を周遊してきた。
  • アルプス界隈にある小屋は既に営業を終了しているところが多く、山はまたも長い長い冬の眠りに着こうとしています。雪山には中々気軽に行けるものでもないですし、アルプスではなく地元の低山が登りやすいシーズンというわけです。余談はこれくらいにして、今回は北八ヶ岳ロープウェイを利用して、北八ヶ岳を周遊してきました。吹きすさぶ風は明らかに冬の厳しさを呈していましたが、樹林帯に囲まれた苔の世界は今なお生命が息づい [続きを読む]
  • 「ヒガエリ」登山が示すスピード至高論と自己顕示欲の塊。
  • 日常生活では満たされにくい承認欲求やら自己顕示欲が、SNSなどで割と簡単に満たされるようになった昨今。登山記録をYAMAPだったりヤマレコに投稿すれば、「いいね!」が簡単に手に入ります。やはり「いいね!」がつくと何気に嬉しかったりします。それはさておき、自分もここ最近やっとこさTwitterを始めたわけですが、時折「日帰り」と称した山行記録がブログだったり各種山行サイトに投稿されているのを見かけます。自分がフォ [続きを読む]
  • しがない個人が目指すウルトラライト。そのテント泊装備を見ていきませんか。
  • 丁度1年前のこの時期テント泊装備の重さに心が折れ、疑問を抱いたため軽量化、いわゆるウルトラライトの道へ走りました。(笑)それから何かと装備を揃え、日帰りだけでなく縦走も楽しめるくらいには装備が固まりつつあるので、ここで晒してみます。軽量化を考えている方の何かの参考になれば幸いです。はじめにベースウェイトを構成する基本的な装備を主に紹介します。着替えや食料だったり、燃料的なあれやこれやは山行の都度入 [続きを読む]
  • 火照る背中におさらば。MINI背面パッドとの遭遇。
  • 山と道MINIを背負ってハイクをしたことのある方ならきっと感じたコト。特に夏場なら猶更。それは・・。背中が暑い。熱い。山と道miniは背面パッドに山と道minimalist padが入っていて、これが一般的なザックのフレームの役割をしています。これは背面パッドとしてだけではなく、スリーピングマットも兼ねています。つまりその特性上、断熱性があります。その結果として只でさえ暑くなる登山中の背中が更に暑くなるといった具合なの [続きを読む]
  • 火照る背中におさらば。MINI背面パッドとの遭遇。
  • 山と道MINIを背負ってハイクをしたことのある方ならきっと感じたコト。特に夏場なら猶更。それは・・。背中が暑い。熱い。山と道miniは背面パッドに山と道minimalist padが入っていて、これが一般的なザックのフレームの役割をしています。これは背面パッドとしてだけではなく、スリーピングマットも兼ねています。つまりその特性上、断熱性があります。その結果として只でさえ暑くなる登山中の背中が更に暑くなるといった具合なの [続きを読む]
  • 単独行プロ(自称)が、ソロハイクあるあるをまとめてみました。
  • 価値観の多様化に伴い、お一人様がいつの間にやら世間に受け入れられてきました。勿論登山もその流れを受けて、単独行を楽しむ方は増加の一途を辿っていそうな気がします。由々しき問題ですが、遭難者の多くは単独行が多い傾向にあるらしいです。そういった問題を知ってか知らずか、ハイシーズンである夏から、登山者が一気に減少する冬に至るまで、いわゆるソロハイカーを見ない日は無い。と言っても過言ではないでしょう。近代登 [続きを読む]
  • 雲と紅葉と時々雪と。白馬三山縦走の山旅へ。
  • 悉く憎き台風に週末がつぶされた2018年の秋山。SNSでは皆さま台風の進路予報に一喜一憂していたように思います。勿論僕もその一人。天気予報を見ない日は無かったと言えましょう。そうこうしている内に、標高の高いところから山肌を染め始めた紅葉も終盤に差し掛かりつつある。という情報を得て少々焦った僕は、かねてより休み希望を出していた日程と天気とが丁度ぴったんこカンカンだったので、今年の目標にしていた白馬三山縦走 [続きを読む]
  • 僕が登山でよく参考にさせて頂くサイトやYoutubeをまとめました。
  • 普段からよく閲覧させて頂いているブログや動画を勝手に紹介したいと思います。目次登山系ブログI AM A DOGはらですぎ登山と写真で仕事をしている人Red Sugar今日という日を忘れずに登山系YOUTUBEITAGAKI.TVJINmeucoracao7最後に登山系ブログまずはブログから紹介です。写真がお上手だったり、文章が面白かったり詳細に書かれていたりして読んでいて飽きない。山行の度にお世話になることが多いです。I AM A DOG東京に多摩に在住し [続きを読む]
  • 燃ゆる紅葉を観に、焼岳に日帰り登山してきました!
  • 例年になく雨が降り続いた2018年9月。丁度休みと晴天の予報が重なったので、北アルプスの前座的存在である焼岳へ、紅葉狩りも兼ねて日帰り登山してきました。前座的存在だなんて失礼なほどに、吹きあがる噴煙に地球の鼓動を感じさせられる、焼岳は偉大な山でした。目次焼岳について山行記録新中の湯ルートで焼岳山頂まで焼岳山頂から上高地へ下山最後に焼岳について焼岳は飛騨山脈の主稜線上にあり、標高は2455m。アカンダナ山と割 [続きを読む]
  • 2018年、平成最後の夏山登山まとめ!
  • 平成最後の夏は酷暑に苦しんだ印象が強いですよね。暑い暑いと悶えているうちに、季節は移ろいで、いつの間にか秋を迎えてたようです。山はすっかり紅葉に染まっているところが多く、まさしく秋模様。短かった夏を終え、長い冬に向けて、山では木々が冬支度を進めています。女心と秋の空はなんとやらといった具合に、台風や秋雨前線のおかげで中々思ったように秋山へ行くことができていない方も多いのではと愚考します。勿論僕もそ [続きを読む]
  • 一年生になっても、大人になっても。友達は100人もできない件
  • 親友といえる存在は果たして?目次はじめに友達が「できる」のは高校まで。友達とは何なのかお友達が欲しい寂しいあなたに最後にはじめに最近ふとしたタイミングで、懐かしい歌を耳にする機会がありました。 今はどうだか分かりませんけれど、自分が小学校へ入学した時に歌わされた、思い出のある歌です。いちねんせいになったら いちねんせいになったら ともだちひゃくにんできるかな ひゃくにんでたべたいな ふじさんのうえでお [続きを読む]
  • 平成最後の夏。遥か薬師岳から、雲ノ平を経て槍ヶ岳へ。後編
  • 2018年夏。薬師岳から雲ノ平、鷲羽岳を越えて槍ヶ岳までテント泊で縦走してきました。今回は三俣山荘から三俣蓮華岳・双六岳を経て目的地である槍ヶ岳、そして下山までの後編の記録となります。前編は以下をどうぞ。平成最後の夏。遥か薬師岳から、雲ノ平を経て槍ヶ岳へ。前編北アルプス最深部、薬師岳から日本最後の秘境として知られる雲ノ平を経て、鷲羽岳を超えて槍ヶ岳に会いに行く。 文字通り野を超え山を越えた、平成最後の [続きを読む]
  • 北アルプス縦走を通して学んだ3つのコト
  • 平成最後の夏、3泊4日の日程で北アルプスを縦走してきました。平成最後の夏。遥か薬師岳から、雲ノ平を経て槍ヶ岳へ。前編北アルプス最深部、薬師岳から日本最後の秘境として知られる雲ノ平を経て、鷲羽岳を超えて槍ヶ岳に会いに行く。 文字通り野を超え山を越えた、平成最後の夏。テント泊での長期縦走の記録の前編です。yuruyama.com2018.08.31 縦走とはご存知の通り山から山へと歩き通すことであり、各登山雑誌やブログなどを [続きを読む]
  • 北アルプス縦走を通して学んだ3つのコト
  • 平成最後の夏、3泊4日の日程で北アルプスを縦走してきました。平成最後の夏。遥か薬師岳から、雲ノ平を経て槍ヶ岳へ。前編北アルプス最深部、薬師岳から日本最後の秘境として知られる雲ノ平を経て、鷲羽岳を超えて槍ヶ岳に会いに行く。 文字通り野を超え山を越えた、平成最後の夏。テント泊での長期縦走の記録の前編です。yuruyama.com2018.08.31 縦走とはご存知の通り山から山へと歩き通すことであり、各登山雑誌やブログなどを [続きを読む]
  • 平成最後の夏。遥か薬師岳から、雲ノ平を経て槍ヶ岳へ。前編
  • 30年ほど続いた、平成最後の夏。どうせなら例年にした事がない体験をしたい!と思った方も少なからずいたはず。僕の場合、それは登山での長期縦走でした。貴重な夏休みを駆使し、3泊4日の日程で。富山県は折立から日本100名山の一つであり全国の薬師岳の最高峰である薬師岳に寄り道し、知る人ぞ知る日本最後の秘境。雲ノ平を経て、長野県は北アルプスの象徴である槍ヶ岳を目指した記録です。3泊4日は長いから、前編・後編の二部構 [続きを読む]
  • 【旅行記】台風の近づく中で、鎌倉散策&写真撮影してきた!
  • 下手のもの好きといいましょうか、登山に付随して写真撮影も楽しめるようになってきた今日この頃。使っているうちにf値とかISO等が分かるようになってきた自分としては、構図とか色彩とかは更に一段階上のレベルです・・。(笑)そんな自分ですが、台風の近づく鎌倉を歩いてきたので写真と共に振り返ろうと思います。目次波に攫われそうになりながらも江の島まで江の島から鎌倉への帰路。鎌倉を歩いて撮影して思った事。波に攫われ [続きを読む]
  • 1年間、salomon OUTpath GORE-TEX®を履き倒してみた。
  • 今回は2017年の秋頃に発売されたトレランシューズである、salomon OUTpath GORE-TEX®(以下アウトパス)をおよそ1年間。秋から残雪期、そして夏山縦走にわたってみっちり使い込んだので、そのレビューでっす!極上のフィット感と、オサレなトレランシューズを是非に。目次何故SALOMON OUTpath GORE-TEX®を選んだのか。アウトパスの大まかなスペックやサイズ感についてサイズ感について1年間履き倒して分かった、使用感。良かった [続きを読む]
  • 皆の安全登山を願いながら。一ノ沢から常念岳へ小屋泊登山してきた。
  • 7月下旬。ずっと登りたい登りたいと思っていた常念岳へ行く機会が、思いもしないところから現れました。何と医療スタッフ。山のハイシーズンである夏期。山小屋に併設して、色々な大学が診療所を開設している場合があります。今回は常念小屋に併設されている、信州大学常念診療所にて医療スタッフとしてボランティアに参加してきました。詳細はあまり載せられませんが、貴重な体験となり今後の自分のキャリアを考える材料の一つに [続きを読む]
  • 快適な登山に向けて、自分が考える登山装備の軽量化のコツ
  • 当ブログでアクセス数のトップに君臨する(そんなアクセス数ないけれど)、登山装備軽量化の記事。 特に登山のハイシーズンである夏場には、軽量化の必要性に駆られるのかアクセス数が増加する傾向にあるようです。(笑)重い登山装備・・。軽量化やUL(ウルトラライト)について考えてみた。重たいテント泊装備に心が折れたので、登山装備の軽量化やUL(ウルトラライト)について考えたり実際に登山装備の軽量化を図っています。 [続きを読む]
  • 北岳から間ノ岳・農鳥岳と、灼熱の白峰三山を縦走してきました。
  • 2018年夏山シリーズ第2弾。南アルプス北部の主脈。そして縦走路としては国内トップの標高を誇る憧れの白峰三山。 今回は真夏の白峰三山。広河原を登山口とし、北岳、間ノ岳、農鳥岳を1泊2日で駆け抜けてきました!目次白峰三山とはなんぞや北岳間ノ岳農鳥岳縦走ルートについてモデルコース今回辿ったコース(1泊2日)今回使用した広河原へのアクセス山行レポートday1:広河原から北岳を経て北岳山荘まで。rest1:北岳山荘周辺でのライ [続きを読む]
  • 盛夏の唐松岳が、心躍る高山植物の宝庫だった件。
  • 7月恒例の海の日を含めた3連休。振り返ってみると、去年は燕岳から大天井岳へ登っていたようです。自分の登山史上、一番多くの方と交流があった素敵な思い出です。【北アルプス】燕岳から大天井岳を目指して【前編】はじめに 7月中旬。海の日を交えた3連休。世間とはやや休みの形態が違う僕にしても、幸か不幸か何故か2連休を頂くことができました。さてどこへ行こう。 梅雨明けしていないとは言え、きっとどこの山も混んでいるの [続きを読む]
  • 高山病の原因と症状、そして対策について。現役ナースがまとめてみた。
  • 本格的な夏の到来。 新しく登山を始めてみよう、富士山に登ってみようかという初心者の方も多いでしょう。ド直球ですが、本当に登山は良いものです(語彙力はどこへ)。是非とも楽しんでください。登山について調べていると、「レインウェア」や「登山靴」等の必ず目にする文言の中に「高山病」も挙がると思います。 それとなーく症状や対策は分かっているけれど・・。なってしまったらどうしよう・・。と言う方が多いはず。出自か [続きを読む]