ハウェル さん プロフィール

  •  
ハウェルさん: AGA解体新書
ハンドル名ハウェル さん
ブログタイトルAGA解体新書
ブログURLhttp://cardamex.hatenablog.com/
サイト紹介文AGA(男性型脱毛症)の治療法について解説しています。
自由文AGA(男性型脱毛症)は内服のみで8割が改善します。なるべく分かりやすく解説します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 203日(平均0.2回/週) - 参加 2017/05/24 10:00

ハウェル さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 7.髪は生えるのか。(Simulation 3)
  • ここが1つ目の分岐点です。※この文章はあくまでもシミュレーションです。実際の経験談ではありません。さて、内服を始めてから半年が経過しました。まだ満足できる生え方ではないにしても、治療前と写真で比較すると違いが分かる程度には効果があった方が多いのではないでしょうか。ここで3通りの経過に分けてその後の方針についてアドバイスできればと思います。1.抜群に効果があり、これ以上増えなくても大丈夫。 [続きを読む]
  • 6.髪は生えるのか。(シミュレーション 2)
  • ここに注目。※この文章はあくまでもシミュレーションです。実際の経験談ではありません。さて、初期脱毛を乗り越え内服から1か月が経過しました。まだ髪は生えません。低血圧の副作用がなければ、満を持して フィナステリド1mg + ミノキシジル4~5mg /day に増量しましょう。増量してからも暫くは鳴かず飛ばずの日々が続きますが、ここは我慢して下さい。変化のない日々に憂鬱になることもあり、たまに性欲減退や体毛の増 [続きを読む]
  • 5.髪は生えるのか。(シミュレーション 1)
  • いざ、育毛の道へ。今回からは、実際に内服を開始したらどのようなイベントが待っているのかを時系列順にシミュレーションしたいと思います。早速ですがフィナステリド(以下『F』)とミノキシジル『M』の内服を開始します。内服は1日1回、時間は多少ずれても問題ありませんが、出来れば毎朝同じ時間に飲むことをお勧めします。最も大事なことは毎日続けて飲むことです。1つ注意点として、アルコールを飲む場合は前後3 [続きを読む]
  • 4.何をどう飲めば良いのか。
  • 最も大切なことは、毎日毎日飲むことです。繰り返しになりますが、AGA治療の本筋は、ヘアサイクルを伸ばす、フィナステリド(プロペシア)と、毛量を増やす、ミノキシジルの内服です。まずフィナステリドですが、男性ホルモンを悪玉男性ホルモンに変換する5α還元酵素を阻害します(正確には5α還元酵素typeIIの受容体を阻害します)。結果として悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)から毛根細胞が守られ、ヘアサ [続きを読む]
  • 3.AGAの何が問題なのか。
  • 恐怖は未知からやって来ますが、知ってしまえば後は1本道です。AGAにおける大きな問題点は、次の2点です。髪がすぐに抜けるため、細くて短い髪しか育たず、全体に頭髪が薄くなる。ヘアサイクルが短いまま放置すると、いずれ毛根細胞が死に、全く髪が生えなくなる。つまり、AGA対策としては短期的に毛量を増やすだけでなく、何十年も先まで髪が生えてくるよう、ヘアサイクルを伸ばす必要があります。ここで、AGA治療の [続きを読む]
  • 2.ヘアサイクルとは何か。
  • 300年生きれば、皆が等しくツルツルになります。ヒトがライフサイクルに縛られるように、毛根細胞はヘアサイクルに縛られます。ヘアサイクルとは髪が生えてから抜け落ちるまでの周期のことをいい、髪が伸びる「成長期」と、成長が止まり髪が抜け、次の髪が生えるまでの「退行期」「休止期」に分けられます。大切なことは3つです。本来であれば、ヘアサイクルは3〜6年の周期を持つ。AGAになると、ヘアサイクルは半年〜1年 [続きを読む]
  • 1.なぜ、髪は抜けるのか。
  • 戦うには、まず敵を知るところからです。AGA(男性型脱毛症)は、 DHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉男性ホルモンが毛根細胞を攻撃することにより生じます。攻撃された毛根細胞は、細く、すぐに抜ける弱い髪しか生やすことが出来ません。更に悪いことに、弱い髪が何度も生えたり抜けたりというヘアサイクルが繰り返されると、その毛根細胞からは一生髪が生えなくなってしまうのです。こうなってしまうと、残念ながら [続きを読む]
  • 過去の記事 …