Lady Green さん プロフィール

  •  
Lady Greenさん: わたしの英語学習法
ハンドル名Lady Green さん
ブログタイトルわたしの英語学習法
ブログURLhttps://howihavestudiedenglish.amebaownd.com/
サイト紹介文英会話スクール講師を得てフリーランス英語講師に。日本で英語を習得したプロセスを振り返ってみます。
自由文大学・企業研修講師をしながら翻訳スクールに通って勉強中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2017/05/24 12:05

Lady Green さんのブログ記事

  • 英検1級合格に向けて
  • 試験対策をしようと思えば、英語力を磨くだけでなく試験の傾向に合わせた学習も必要になってきます。TOEIC、英検、TOEFLetc.みんなそれぞれにタイプが違う試験なので、それに応じた学習が必要。英検1級突破を目指そうと決めて私が取り組んだのも、この「試験対策」でした。つまり、「英検の問題を解くこと」です。それ以前にも英検1級を受験した大昔に、英検対策の教材を購入してましたが、内容が古くて新しい英検に対応 [続きを読む]
  • 英検1級と病気との関係
  • かなり久しぶりの投稿です。1ヶ月ぶり位でしょうか?もうすぐ英検ということで、今日はちょっと英検学習のことを書いてみようかなと思います。とは言え、英検受験したのはもう随分と前のことなので、何から書いたものかちょっと悩んでしまいます。ちなみに英検初受験は高校生の時。3級、2級に合格しています。当時は準2級というのはまだ出来ていませんでした。どちらも確か1回で合格した気がします。準1級は大学生の頃。 [続きを読む]
  • 英会話に語彙力は必要ない
  • 語彙力はたくさんあればあるほど良いと思われそうですが、ことSpeakingとなると実は必ずしもそうではないのだと思います。リスニングやリーディングといったインプットの場合は、たくさん単語を知っている方が有利に働くことは間違いありません。どんな素材を使うかによっても出てくる単語は違ってきますが、ニュースを英語で聞いていれば難しい単語がたくさん出てきますし、洋書を読んでいればこれまたやはり難しい単語 [続きを読む]
  • ネイティブみたいに話さなくていい
  • 先日のブログ記事に書いたEnglish Journalの話の続きです。日本人のネイティブ信仰についての記事もあって、これもとても興味深い。私も常々感じていることですが、どうして多くの日本人はネイティブのような英語を話せないといけないというふうに感じているのか。やはりネイティブの英語に対する憧れというのがあるのかもしれません。振り返ってみれば私もそうだったかもしれないし、今は翻訳の勉強もしているのでネイ [続きを読む]
  • 中級レベル脱出法
  • イングリッシュジャーナルのバックナンバーを読んでいます。 2018年の1月号のテーマは「日本人の英語」この特集がなかなかに面白いです。いろんな方たちが日本人が話す英語についてその問題点は何なのかということを話されているのですが、やはり共通に感じる日本人ならではの問題点があるようです。例えば、「日本人は声が小さい。」これはおそらく日本人のシャイな性格であったり、それから英語への自 [続きを読む]
  • いい意味でのアグレッシブさが大事
  • 日本で英語を勉強しても海外で英語を勉強しても、どちらでも言えることだと思いますが、上達したいと思ったらとにかくあらゆる機会を利用することです。受け身の学習ではダメ。私は学生時代も、仕事で英語を使うようになってからも、その時その時で自分に与えられた環境の中で英語を使う機会、学ぶ機会を使って自分の英語力を上げる努力をしてきました。受け身の学習では英語力は上がりません。それは日本にいても海外に [続きを読む]
  • 短期間でTOEICスコアの大幅アップは可能?
  • 昨年から始めたこのブログ。かなりゆるゆる更新ですが、にも関わらず訪問して下さる方がいて嬉しいです。せっかく来てくれても新記事ないのは申し訳ないんですが…。一方で、どこからか私のブログを見つけて来てくださる方もいらっしゃるよう。昨年8月に書いた古い記事がよく読まれているようです。900点突破に苦心されている方が多いのかな。 TOEIC800点から900点への道程 [続きを読む]
  • ビジネス英会話vs日常英会話
  • 仕事で英語を使う、もしくはこれから転職して英語を使う仕事に就きたい。そういう理由で英語を勉強する人も多いと思います。書店に行けばビジネス英語の教材がたくさん見つかるし、英会話スクールでもビジネス英会話のクラスがあったりします。ビジネス英語も日常英語もどちらも同じ英語なんですが、「仕事で英語を」と思っている人にとっては、「ビジネス英語」という響きに引かれるようです。通常の英会話と一体何が違 [続きを読む]
  • わたしの単語学習法
  • 語彙力アップは私にとって永遠のテーマです。一番苦手と言ってもいい。英検1級も取りましたが、語彙問題は全く歯が立たない。そろそろホントに何とかしたいと、去年位から語彙学習に取り組み始めています。スマホの単語学習アプリで勉強してみたり、ボキャビルの本を買ってみたり。色々と試してみて、改めて効果的な語彙学習の方法について色々と気付くことがあります。以前から感じていたことでもありますが、単語はや [続きを読む]
  • しつこい位に繰り返す
  • 多読・多聴は少しやさしめの物でする。この「やさしめの物をたくさん」インプットすることは、アウトプット力のアップに効果があります。大抵の場合、聞いて理解できる、読んで理解できるものと、自分が実際に使えるものとの間には大きな差があります。特に日本人はそう。わかるんだけど、スピーキングでは出てこないということが多い。語彙や文法の知識はたくさんあっても、使える程には理解できてなかったり定着してな [続きを読む]
  • 多読・多聴はいい加減に
  • 英語力を上げていくためには、精読や精聴といった細かい作業も必要ですが、その一方で、多読や多聴といったざっくり学習も必要です。細かいことはあまり気にせずに、大まかな内容がわかればオッケーとして、たくさん英語に触れていく。知らない単語があっても気にしない。前後の流れから意味を推測して、とにかく次に進んでいきます。いつも真面目にきちっとやっている人は、こういう「適当」で「いい加減」な聞き方読み [続きを読む]
  • リーディング練習でリスニング力を上げる
  • リスニングが出来ない理由の1つに、情報処理のスピードがついて行かない事があると書きました。内容を理解するのに時間がかかって、話しのスピードについて行けず、どんどん置いてけぼりになって行ってしまうのです。この対策として出来ることって何でしょう?1つには、英語の語順に慣れるということがあると思います。日本語では、いつ、誰と、どこでといった細かい情報が先に来て、それから主語、目的語、最後に動詞が [続きを読む]
  • 英語の基礎トレ方法
  • 先日の記事で書いた基礎トレについてもう少し詳しく書いてみます。大まかな流れといくつかの注意事項の確認です。基本の流れなので、色々とアレンジすることも可能です。①スクリプトを見ずにリスニング。大意を取ります。どれだけ内容を理解できるかのチェックでもあります。1回でわからなければ、2、3回聞き返してもオッケー。この後にオプションとしてディクテーションをするのも良いです。精聴のトレーニングになり [続きを読む]
  • 英語トレーニングは筋トレと一緒
  • リスニング力アップには、精聴と多聴の両立のアプローチが必要。前回記事で書いたディクテーションは精聴にあたります。ディクテーションをした後、スクリプトと照らし合わせながら音声を聞き返してみたり、同じように音読してみたりすればさらに効果的。ちなみに私は長らくディクテーションをしていません。私がよく取るアプローチは、①まずは全体を通しで聞いて大まかな内容をチェック②スクリプトを確認③スクリプト [続きを読む]
  • ディクテーションの効果
  • リスニング練習としてディクテーションが良く知られていますが、これって必須の学習法でしょうか?これによってどんな効果が得られるんでしょうか?私自身の経験について話してみると、短大時代に毎週、授業の課題としてディクテーションをしていました。仕事を始めてからは、一時期アルクのヒアリングマラソンをしていた時があって、その時期にやはり時々ディクテーションをしていました。最近はさっぱりしていませんし [続きを読む]
  • 聞き取りができない理由
  • 日本人学習者にはリスニングが苦手という人が多いですよね。学校の授業であまりリスニングをやってこなかったという人は、特に苦手意識が強いようです。TOEICのリスニングなんかも、「一度しか聞けない」と思うと緊張するし、聞かなきゃと思うとかえって聞けなかったりして。実は私も、試験のリスニングではやっぱり緊張します。通訳ではなく翻訳家を目指すのも、聞き取りに自信が持てないというのが、理由の1つだったり [続きを読む]
  • 易しい単語を使いまわす
  • スピーキング力をアップしようと思えば、まずはとにかく易しい単語を使い倒すこと。会話でそんなに難しい単語を使う必要は全くないのです。難易度の高い単語ほど使える場面が限られているし、応用が効きにくく、使い方を間違えやすくもあります。使える場面の限られた難しい単語を覚えるよりも、色んな場面で使える易しい単語を覚える方がずっと効率的で効果的。単語を覚える時はただ意味を丸暗記するのではなく、どんな [続きを読む]
  • 海外留学は必要か?
  • 海外留学して帰って来ると、リスニング力が向上しているということは非常に多いです。日本で生活していると、英語を聞かない日もありますが、英語圏で生活していれば日々英語に触れる毎日です。たくさんの英語を耳にする。「英語のシャワー」を毎日浴びるわけです。放っておいても英語はどんどん入ってきます。話す機会も多いですから、やはりある程度英語慣れして帰ってくる人が多いのは確かでしょう。「英語は習うより [続きを読む]
  • 心のブロックを外す
  • 「失敗から学ぶ」という感覚のある欧米人に対して、日本人には「失敗してはいけない」「間違えたら恥ずかしい」という感覚が強いように思います。さらに、「空気を読む」という文化がある日本では、周りの目を気にする人が多いので、英語を話すことへのハードルがなかなかに高いです。自分の英語に自信が持てない中、ネイティブ相手に英語で話す、というのは勇気のいることですよね。変なこと言って笑われたら恥ずかしい [続きを読む]
  • リスニングは気長に、たくさん
  • 外国人と一緒に仕事をしていたのに、こんなことを言うと笑われるかもしれませんが、実は結構「外国人が苦手」でもありました。単に人見知りしていただけのところもありましたが、やっぱりちょっと気後れしてしまうのですよね。日本人の中にいると「帰国子女っぽい」と言われましたが、外国人の中に入ると、途端にシャイな日本人の私が顔を出したりします。当時は今より英語力も低かったし、自信もなかったので、ネイティ [続きを読む]
  • リスニングの壁
  • 英語学習を始めてまず最初にぶち当たるリスニングの壁は、「英語の音」が聞き取れないということ。自分が思っている英語の発音と、実際にネイティブが発音する音は異なっているので、「実際の発音」に慣らしていくことが必要です。文字で見ればわかるものが聞いたらわからない、というのは、発音を聞き取れていないということです。自分の思い込みの発音を捨てて、実際の発音をインプットし直さないといけません。その際 [続きを読む]
  • 易しいものでスピーキング練習
  • 初心者クラスの英会話指導をすることで、私自身の会話スキルも伸びていったと感じるのですが、特に良かったと思うのが基礎文法をしっかり練習出来たことです。テキストに載っている文法は、シンプルなものが多くて、例えば単純現在形でDo you, Does she, Are you, Is he, Are they といった形を会話の中で練習していったりするのですが、こういった簡単な文法も、頭で理解することと実際に使えることとは別もの。とっさ [続きを読む]
  • 日本にいながら英語環境
  • 英会話スクールで働き始めて、毎日英語を使う日々が始まりました。非常勤講師ではありましたが、週に5日、毎日数コマレッスンがあります。忙しい日はほぼフルタイムに近く仕事していました。レッスンは基本的に全て英語で行います。初心者クラスでも英語オンリーです。スクールに行けば外国人講師もいますから、レッスン時間以外でも英語で話しをします。毎週あるスクールのミーティングや、教師ミーティングも英語で行 [続きを読む]
  • 英会話スクール講師になる
  • 英会話スクールで講師をすることになった時、正直はじめは「本当に私の英語力で英会話講師をしてもいいのかな」と不安もありました。とは言え、採用試験にちゃんと通ったわけだし、研修もちゃんと受けての仕事スタート。教えるクラスも最初は初級クラスだけだったし、テキストもあるので準備して挑めば大丈夫!と腹をくくって始めたのでした。初心者のクラスを教える際に大切なのは、楽しくレッスンを受けてもらえるよう [続きを読む]
  • 会話の流暢さを上げるコツ
  • お久しぶりです。前回の記事から随分と時間が空いてしまいました。今日は会話の流暢さを上げるコツについて書いてみたいと思います。前の記事にも書いた通り、「発音」と「流暢さ」が、私の英語がそれらしく聞こえた理由でした。そんなに大した事を言ってなかったんですが(笑)、この2つが出来ると「英語が話せる人」のように聞こえるんですよね。さて、「流暢さ」って何なのかというと、「会話を途切れさせずに、流れ [続きを読む]