Carpositive さん プロフィール

  •  
Carpositiveさん: Carpe diem 野球はドラマ!
ハンドル名Carpositive さん
ブログタイトルCarpe diem 野球はドラマ!
ブログURLhttps://www.carp.website/
サイト紹介文広島東洋カープの事を勝手気ままに語ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供247回 / 114日(平均15.2回/週) - 参加 2017/05/24 13:17

Carpositive さんのブログ記事

  • 持ち味。
  • 【セ・リーグ 広島4―3DeNA ( 2018年4月26日 横浜 )】 カープ三連勝。DeNAをスイープ!DeNA東投手はルーキーながらすでに2勝をあげている左腕ピッチャー。私もドラフト時にカープに欲しい投手だと思っていました。なかなか打てないと予測していましたが、カープ打線は初回から3点を奪います。これはいけると思ったら、祐輔がいきなり失点。2回表の絶好のチャンスも生かせず、同点にされてしまいました。 [続きを読む]
  • バランス。
  • 【セ・リーグ 広島11―5DeNA ( 2018年4月25日 横浜 )】 浜スタで連勝です。カープ打線猛爆。竜平が3安打、4打点。野間くんがスタメン起用に答えて3安打、2打点。印象的だったのは砂田投手との対戦です。課題の左ピッチャーでしたが、粘りました。この調子で頑張ってほしいですね。岡田くんはこの試合も良くはなかったですね。七回 87球 被安打7 失点5。普通の試合展開なら負け投手です。彼のフォームは極 [続きを読む]
  • 完投の意味。
  • 【セ・リーグ 広島7―2DeNA ( 2018年4月24日 横浜 )】 カープ連敗ストップ。そして首位に返り咲きです。祐太は9回1/3 を投げて123球 被安打5失点2。完投まで後一歩。素晴らしい投球でした。前回の投球はフロックではない事を証明しましたね。この試合はDeNAの拙守もあり大差がつきましたが、浜スタはホームランが出やすいですし、私は最後までわからないと思っていました。祐太の投球がテンポ良く球数 [続きを読む]
  • チーム方針。
  • 【セ・リーグ 広島2―3中日 ( 2018年4月22日 ナゴヤD )】 カープ三連敗。ドドドーと負けてしまいましたね。??バティの守備に関しては折り込み済みですが、やっぱり残念ですよね。大地は六回 88球 被安打7 失点3。変化球はカットボール主体でストレートもスピードを抑えてコントロール重視の投球だったかと思います。バッテリーの方針は正解だと思いました。モヤに対してはストレートが多かったですし、少し甘い [続きを読む]
  • 犠打。
  • 【セ・リーグ 広島3−4中日 ( 2018年4月21日 ナゴヤD )】 カープ連敗。しかし試合の内容は決して悪くなかったと思います。KJの投球は安定感がありました。2・3・4回は三者凡退で抑えましたし、7回 108球 被安打6 失点3という内容はまずまずだと思います。要所で打たれたというのは、反省点でしょうけど…。野間くん、バティは良かったですし、石原捕手も犠牲フライで得点に貢献しました。問題は犠打。バント [続きを読む]
  • 1/143。
  • 【セ・リーグ 広島7―11中日 ( 2018年4月20日 ナゴヤD )】 カープ連勝ストップです。祐輔は6回 104球 被安打11 失点4。今シーズンの祐輔の投球は今のところ良いとは言えないですね。打たせるのは良いのですが、内野ゴロを打たせるように投げなければなりません。頑張ってやー。祐輔!7回表堂林くんのポテンヒット。これは中日の守備ミスでしょうけど、良くセカンドまで陥れましたね。ここから安部ちゃんの意 [続きを読む]
  • レッドキングダム。
  • 【セ・リーグ 広島5―4ヤクルト ( 2018年4月19日 マツダ )】 全員野球。メンバーオール出場でサヨナラ鯉ほー!私は現地観戦でした。マツスタに到着した瞬間に岡田くんが2失点。これからこれからと思いつつ、ブキャナン投手の前にサクサクと攻撃終了していきました。4回裏佳浩のヒットからツーアウトになりながらもサードまでランナーが進み、打順はブラッド。そろそろ1点だけでも返したい。しかしサードゴロでチェン [続きを読む]
  • 冷静と情熱のあいだ。
  • 【セ・リーグ 広島3―2ヤクルト ( 2018年4月18日 マツダ )】 カープ4連勝。キャンプで胸に打球を受け、調整が遅れていた中村祐太投手の今季初登板。エクセレント!この試合の祐太のピッチングは今シーズンのカープ投手陣の中で今のところ最高の投球だったと思います。ピッチャーは試合を支配する存在。打者、走者、相手の作戦の予測、自軍の首脳陣からの指示、全ての事を処理しなければなりません。22歳の彼が支配し [続きを読む]
  • エスケイピスト。
  • 【セ・リーグ 広島5―4巨人 ( 2018年4月15日 東京D )】 心臓が破裂しそうになりました。野球の怖さそして面白さを体験。初回から試合が動きました。コースケツーベース 涼介の犠打 佳浩はフォアボールを選び、竜平のタイムリーで得点。佳浩が惜しくもホームアウトで2点目は取れませんでしたが、幸先良いスタートでした。この試合の大地の投球はどうか?イソのリードは?解説の野村前監督はストレートの制球が良くない [続きを読む]
  • 守備力。
  • 【セ・リーグ 広島3ー2巨人( 2018年4月14日 東京D )】 カープ勝ちました!KJはいつも通り打たせてとるピッチングを展開。投げるリズムが良いですし、石原捕手の要求通りに投げる事が出来るピッチャーなので、観ていて気持ちが良いですね。7回にゲレーロにホームランを被弾し、1点差に迫られましたが、野間くんの良い守備でダブルプレーでチェンジ。ここが勝敗を分けたと思います。この試合は下水流選手と美間くん [続きを読む]
  • 配置転換。
  • 【セ・リーグ 広島2―10巨人 ( 2018年4月13日 東京D )】 カープ大差での敗北。祐輔が初回からホームランを2本被弾し、試合はほぼ決まってしまいました。打たせてとるには打者にバットを振らさなければなりません。甘いコースに投げる事も必要だと思います。しかしコースが真ん中に入りすぎるとホームラン。ピッチングは難しいですね。祐輔は5回には菅野投手に打たれ、マギーにもホームランを被弾。結果8失点(自責 [続きを読む]
  • 捕手力。
  • 【セ・リーグ 広島5―1阪神 ( 2018年4月12日 甲子園 )】 カープ勝利。まずは連敗がストップして一安心ですね。岡田くんの投球は不安定な立ち上がりでしたが、尻上がりに良くなりました。カーブを上手くつかって緩急をつける事が出来ましたし、変化球でストライクがとれたので良い配球が組み立てられたと思います。イソと岡田くんで打ち合わせしてクイックの方が良いと判断したとの事。今シーズン開幕直前に一軍に滑り込 [続きを読む]
  • 修正力。
  • 【セ・リーグ 広島1―4阪神 ( 2018年4月11日 甲子園 )】 カープ4連敗。首位陥落です。中村恭平投手の2年振りの登板でしたが、結果でず。個人的には恭平くんは良いピッチングをしていたと思っています。バックドア、ツーシーム等を上手くつかいながら、ストレートを生かして的を絞らせない投球が出来ていました。問題は球数による疲労からの修正。制球が効かなくなり、自滅した形になりました。この課題は全ての投手に [続きを読む]
  • リセット。
  • 【セ・リーグ 広島3―4阪神 ( 2018年4月10日 甲子園 )】 薮田くんは五回1/3 104球 8四球3失点という内容。苦しい状態です。新しい変化球も覚えて今シーズンを迎え、更なる飛躍を目指した薮田くんでしたが、開幕2試合でローテから外れる可能性も出て来ました。畝コーチは配置転換を示唆しているようですが、個人的にはこれ以上無理をせず、一度ファームにて焦らずに調整した方が良いと感じています。もちろんチ [続きを読む]
  • 投球術とフィジカル。
  • 【セ・リーグ 広島3―5DeNA ( 2018年4月8日 マツダ )】 DeNAに連敗。マツスタの全方位応援も届かず。個人的に一番のライバル球団と思っているDeNAですが今は万全ではない。今永 濱口 ウィーランド投手がいない中、負ける訳にはいかなかったのですが、京山投手も良い投手ですね。開幕してここまで、カープはやはり打の力で勝ってきたと言わざるを得ない。投手陣が元気がないですね。大地は六回途中4安打2失点で降板 [続きを読む]
  • 名コンビ誕生。
  •  「広島8−3中日」(1日、マツダスタジアム) カープ3連勝!大地は5回1/3を4安打2失点、9奪三振で今季初勝利を挙げました。先頭打者は大島選手。ストレートで押していきます。ボール球が先行して心配しましたが、最後はボール球をスイングで三振。京田選手には変化球でストライク先行。最後はストレートを外角へ。イソの構えたミットへ吸い込まれていきました。ボール球でしたがストライクコール。アルモンテ選手はフ [続きを読む]
  • 名コンビ復活。
  •  「広島6−2中日」(31日、マツダスタジアム) カープ連勝!一昨年のKJのような安定感でした。石原捕手との呼吸もばっちりです。2回表に福田選手にソロホームランを被弾しました。外角高めのツーシームをタイミングよく振り抜かれましたね。この後守備のミスが重なりました。安部ちゃんの送球ミスとブラッドのセカンドへの送球が少し高かったことでノーヒットでセカンドまで進まれてしまいます。KJのクロスファイアがボ [続きを読む]
  • 2018ビクトリーロードスタート。
  •  「広島6−3中日」(30日、マツダスタジアム)4年振りのオープニングゲーム勝利!我らがカープは幸先の良いスタート。先行逃げ切りとはならず、逆転のカープ発動でした。祐輔の投球は6回 96球 4安打 3失点で、一昨年の祐輔を見ているような展開。6回表に逆転された後ブラッドのホームランで同点。安部ちゃんにもヒットが出て翼が見事に送りバント成功し、メヒア投入で祐輔は交代となりました。このタイミングで祐輔が [続きを読む]
  • 「赤いシリーズ2018」開催のお知らせ!
  •  広島のブラッド・エルドレッド内野手(37)が26日、開幕・中日戦(30日・マツダ)での対戦が濃厚な小笠原撃ちに意欲を示した。昨季は7月1日に左腕から3連発の離れ業。左足を負傷した新井が不在で、開幕戦先発が濃厚な来日7年目の助っ人。お得意さまを粉砕して、開幕ダッシュに弾みをつける。 自信がにじみ出ていた。リーグ3連覇へ向けた戦いが始まる3・30まであと4日。中日の開幕投手は3年目左腕の小笠原。先発 [続きを読む]
  • 大地のR&B。
  •  「広島4−2ソフトバンク」(25日、マツダスタジアム)カープのオープン戦最終戦は勝利で終える事が出来て、マツスタの3万人を超えるカープファンもまずは一安心でしたね。私はTV観戦でしたが、レギュラーシーズンかと見紛うばかりの真っ赤なスタジアムに感動しました。前回の登板で変化球の制球に課題があった大地。個人的に一番好きで気になる選手です。前回の投球の映像をチェックし、投げ急いでいたと気付いたようです [続きを読む]
  • ストーリータイム。
  •  「オープン戦、ソフトバンク6−5広島」(24日、ヤフオクドーム) KJの先発です。安定感のあるピッチングで6回3安打1失点。流石KJ安心しました。もちろん際どいコースをとってもらえた事もポイントだとは思います。佳浩のグランドスラムも早々に飛び出して、VICTORYの文字が頭に浮かんできましたが、野球というスポーツはやはり他のスポーツとは違うのです。ジャクソンがリリーフとしてマウンドに上がり、15 [続きを読む]