シャン さん プロフィール

  •  
シャンさん: シャンのブログ
ハンドル名シャン さん
ブログタイトルシャンのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/shanjog/
サイト紹介文トレイルランニング、ウルトラマラソン、ロングレース関連の備忘録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2017/05/25 00:05

シャン さんのブログ記事

  • 第5回上州武尊山スカイビュートレイル ⑤ 〜ゴールまで〜
  • A5を出るとゲレンデからすぐ山林に入ります。エイドを出るときはまだ地面はしっかり見えていましたが、山に入ると暗くすぐにライト点灯。少し登ってからトレイルの長い下りが続きますが、ポールがあまり有効に使える足元じゃありません。2km程下るとロード区間に出ます。 ロード区間は十分明るく再びライト消灯。ここも緩やかな下りが3km続きしっかり走れる区間です。下り切った後林道が登りに変わったとこでようやくポール [続きを読む]
  • 第5回上州武尊山スカイビュートレイル ② 〜上州武尊山山頂まで〜
  • 70のスタートは120の第2エイドから。 スタート時は快晴、写真では色が飛んでしまってますが、遠くに朝日岳が映えています。(星野緑さんがスタッフに聞いてくれ教えてもらいました)スタート直後からゲレンデ直登、歩いている人がほとんどですね。 距離表示は120をベースに1km毎のカウントダウン。75kmなので100kmから25kmマイナスしたものが70コースの残となる。 30分弱でスキー場トップに到着し、走れ [続きを読む]
  • 第25回奥武蔵ウルトラマラソン ④ 〜ゴールまで〜
  • 丸山AS到着。コース最高地点&折り返し地点です。 エイドに行く前に夏姫の待ち行列に直行です。男性のみならず、女性も列に並ぶ人気ぶり。このエビデンスは外せないよねーと息を切らしながら並んだ若い好青年と意気投合。 毎年毎年、単純だけどストイックな庶民派ランナーの期待に笑顔で応えてくれ、おじさん相手でもとても気さくで、過酷で一般的にはおかしいカテゴリのレースの中、癒しを与えてくれる夏姫様、感謝、感謝です。も [続きを読む]
  • ハセツネ2017 ⑧ 〜振り返り〜
  • 今回の一番の収穫はトレランポールの活躍でした。 昨年初めて使ったときはいまいちその有用性が実感できずにいましたが、前回のおんたけで緩やかな登りでの使い方に目覚めそれだけでも十分と思ってまっしたが、ハセツネでは登りも下りも様々な地形があり、体調も悪いこともあってトレランポールに頼っていました。その結果大岳山の岩場以外では使い続け、手放せなくなる程になりました。 次に吐き気対策ですが、おんたけ、ハセツネ [続きを読む]
  • ハセツネ2017 ⑦ 〜ゴールまで〜
  • 大岳山山頂です。 写真は暗いですが、ランナーやスタッフも多くにぎやかで、若い女性スタッフさんがみんなを元気に送り出してくれ、雨も降り寒いのに本当にありがたい。 山頂付近の岩場を抜けるとゴールまで整備された約20kmの下り基調のトレイルで、途中水場もあり、ゴールまで自分の体力以外心配することはなくなりました。 整備されたトレイルに抜けてもポールを使ったパワーウォークを継続。平地なら中途半端に走るより [続きを読む]
  • ハセツネ2017 ⑥ 〜大岳山まで〜
  • 御前山到着 小さな山頂ですが、ここでもたった一人でスタッフがテントを張ってランナーを待っていてくれます。ランナーの明かりが見えると大声で呼びかけてくれとても勇気づけられます。 ここまでの登りで一番頭の中を占有してたのは、粉末コーヒー牛乳のことです。補給の主力がとれないと完走もやばくなりますので、ずっと考えてました。 やっぱ配合じゃなく水が足らないんだろうと思って、粉末と水の入れる順序がいつもと違って [続きを読む]
  • ハセツネ2017 ⑤ 〜御前山まで〜
  • 月夜見第2駐車場、第2関門です。 大きなブルーシートが何か所も敷かれ、アスファルト上に陣取ってる人も多いですが、ブルーシートも空きがあり、スペース的には充分なエイドです。 ブルーシートに座ろうとしたらスタッフが前の人が落とした土を掃き出してくれました。 ここではハセツネ唯一の補給として水orポカリ1.5Lもらえます。 ペットボトルごともらうことはできず、その場で1.5L分自前のボトルに入れるしかありません。 [続きを読む]
  • ハセツネ2017 ④ 〜月夜見第2駐車場まで〜
  • 三頭山山頂は地面が少し濡れ所々泥状です。 浅間峠を過ぎたあたりから雨がパラついているのが感じられましたが、木の枝葉で遮られる程度で体を冷ます程ではありませんでした。 抑えに抑えていることもあり胃も風邪も今ところ大きな問題はありません。 水は浅間峠から400ml消費で、残り750mlです。 喉が渇くまで我慢し喉を潤す程度だったのですが、風邪のせいもあり、喉が潤うととたんに痰が絡むようになり吐き出してしまいます。 [続きを読む]
  • ハセツネ2017 ③ 〜三頭山まで〜
  • 浅間峠は光と人であふれてます。 少し下ったとこにトイレがあり列ができてましたが、それほど待つことはありません。浅間峠は狭く、休憩の地面も少し探してしまいます。 まず補給、おんたけで試した粉飴ベースのコーヒー牛乳登場です。ハセツネは1か所しか水の提供がないので、濃縮タイプをあらかじめ作ってきました。前回作った150ml用レシピに粉飴の量のみそのままでそれ以外を2/3にして100ml(約220kcal)版をつくり、シェイク [続きを読む]
  • ハセツネ2017 ② 〜浅間峠まで〜
  • 体調が悪いせいもあり、完全に完走目標に吹っ切れ序盤から色気を出さずにマイペースです。 町を抜け1km程度過ぎたあたりから早速渋滞が始まりました。山林の中で火照った体の人が大勢いるのに不思議とやぶ蚊は集まってこないものです。 昨年スズメバチの影響でコース変更があったあたりで、偵察と思われるスズメバチが1匹うろうろしてます。この身動きが取れない状況でなんかの拍子に刺激を与えると非常にまずい状況になってし [続きを読む]
  • ハセツネ2017 ① 〜スタートまで〜
  • 2017年10月8日 日本山岳耐久レース 通称ハセツネが開催されました。今回は昨年リタイアしたので今年はリベンジです。 ところが、体調は最悪、風邪で前日夜まで熱が引かず、治療専念のため寝てばかり、準備も気合いが入らず中途半端です。今回普段考えられないいくつかの失敗をしてます。 当日朝、平熱より少し高めの微熱程度に引いたので覚悟を決めて行くことにしました。 武蔵五日市駅を降りると歓迎の横断幕です。 会場までの [続きを読む]
  • ONTAKE100 2017 ⑥ 〜振り返り・吐き気対策〜
  • ここ一年悩まされ続けてきた吐き気の対策が一応うまくいったので、整理しておく。 過去のレースで分かってきたこと。 ・食欲なくなり、ジェル等ほとんど食べれなくなる。 ・スポドリも飲めなくなる。 ・吐き気の症状が出た後でもエイドの牛乳は飲めた。しかし常温保存できない。 ・コーヒー味の豆乳も飲める。これは常温保存できる。しかし重い。 ・ガスター10は効果がなかった。 ・吐き気発症時ナウゼリン等の吐き気止め [続きを読む]
  • ONTAKE100 2017 ⑤ 〜ゴールまで〜
  • 63km地点の第二関門到着しました。 トイレは2基、すいていたのでドロップバックをもらう前に即並びましたがドロップバックはゴール100m前ぐらいから無線で連絡が行き、到着時にはすでに準備されておりスムーズです。 ドロップバッグを受け取り、ヘッドライトを戻し、Tシャツ着替え、麦茶、粉末コーヒー牛乳、ジェルを追加。補給用の水ももってきたので、エイドでもらったのはオレンジのみでした。 テントの日陰部分は満員のため、 [続きを読む]
  • ONTAKE100 2017 ④ 〜第二関門 63km地点まで〜
  • 第一関門を出ると、説明会で走りやすいと言われた区間です。適度な斜面の下り基調の林道が続きます。日が昇り明るいがまだ気温はまだ高くなく、それほど注意が必要な路面ではなかったです。 体調も良くなってきて下りは快調にペースがあがり、登りで抜かされた人をほどんど抜き返していきます。このあたりは所々にグループが形成され集団で走っており、集団をぬかすと暫く一人旅でまた集団という繰り返しでした。 コースは沢沿い [続きを読む]
  • ONTAKE100 2017 ③ 〜第一関門 32km地点まで〜
  • 今までAmbitのログデータがアップロードできず、サポートに対応してもらってやっとアップロードが出来、通過時間等やっと確認できるようになりました。 ---最初の小エイド、ウォーターエイドです。途中歩かずいいペースでこれたので完走ギリギリペースよりだいぶ貯金ができました。 トイレは4基だったと思います。二人待ちぐらいでした。 スタート時はスポドリのみ2本のソフトフラスクに入れてきたのですが、早くも味覚が変わって [続きを読む]
  • ONTAKE100 2017 ② 〜小エイド23km地点まで〜
  • スタート時のライトは腰の一灯としました。ヘッドだとガスった時見にくいのと腰の方が重みの実感が軽減され、林道なので手前以外あちこち照らす必要ないと考えました。今回もいくつかテーマを持って臨みました。最初のテーマは11km地点までの登りは走り切るです。関門は序盤程厳しく、後半になるにつれ緩くなる。そのため中途半端な温存はせず序盤から頑張ろうと。マップの高低図では、登り一辺倒だが林道なので登りとやや平坦な [続きを読む]
  • ONTAKE100 2017① スタートまで
  • 2017年7月15,16日にOSJのONTAKE100が開催され100kmの部に行ってきました。去年までおんたけウルトラトレイル100kmという大会名でしたが商標関連で名称変更になったようです。今年のエントリーも15分ぐらいで受付終了してしまう人気大会です。 受け付けが15:00からなので久しぶりにゆっくりな出発と思いきや3連休の初日ということで、高速に乗るまでの国道等も混雑し、王滝村まで結構時間がかかってしまいました。 会 [続きを読む]
  • 奥久慈トレイルレース2017 ⑥ 〜龍神橋まで〜
  • 湯沢峡エイドです。 このエイドでは薄目のアクエリアス、おやき等がありましたが、薄目のアクエリアスも酸っぱく感じ始めたので、水をもらい粉末麦茶で麦茶を作ります。麦茶はいつでもおいしく飲めるので今回は粉末麦茶を持ってきました。胃が疲れてるのでおやきは残念ながらパスです。 この時点でもう第2関門での完走限界時間をクリアするのは不可能だと思いました。問題はここでリタイアするか、龍神橋まで行くかです [続きを読む]
  • 奥久慈トレイルレース2017 ⑤ 〜湯沢峡エイドまで〜
  • 持方エイドを出るとコース最高ポイントの男体山を目指します。暫くは緩やかな登りが続きますが斜度が急になるまでの約1km程度は頑張って走ります。150mの急登ですが、ここを超えると湯沢峡エイドまで下り基調になるためもうひと頑張りです。頂上は開けて景色がよいです。シート広げて大休止したいぐらい。 この時点ですでに胃の調子が悪くなってきてたので薬を飲んでジェルも補給します。 今回ジェルはハニーステ [続きを読む]