堂柿弘也 さん プロフィール

  •  
堂柿弘也さん: 怪物映画好きの定期レポート
ハンドル名堂柿弘也 さん
ブログタイトル怪物映画好きの定期レポート
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tekitouna_ao/
サイト紹介文モンスター、怪獣、ゾンビ、SF、エイリアン、鮫、鰐、恐竜、実験失敗←ぐっとくる人に向けたブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 145日(平均2.8回/週) - 参加 2017/05/25 01:25

堂柿弘也 さんのブログ記事

  • SF映画「サイレントランニング」紹介。
  •  個人的に観て欲しい昔のSF映画紹介②サイレント ランニング [DVD] [DVD]製作国:アメリカ 製作年:1972年  85分 原題:「SILENT RUNNING」出演:ブルース・ダーン、クリフ・ポッツ、ロン・リフキン、ジェシー・ヴィント、監督:ダグラス・トランブル あらすじ:科学技術で気象コントロールも可能な近未来。気象コントロールの為に地球からは植物が全て取り除かれて宇宙船で実験の為に保存されていた。しかしわずかに [続きを読む]
  • 漫画紹介「スマグラー」
  • 漫画の紹介です。SMUGGLER (アフタヌーンコミックス) [Kindle版]作者:真鍋昌平出版社:講談社(アフターヌーンコミックス)既刊:全一巻(完結)大雑把な内容:主人公は流されるままに生きていた青年の砧涼介(きぬたりょうすけ)。流されるまま生きてきた結果300万円の借金を背負ってしまう。借金返済のため紹介されたのは、日当5万円の運送屋。日当5万円の仕事が当然真っ当な物であるはずなく、ヤクザ絡みの厄介なトラブル [続きを読む]
  • 「世界の中心で愛を叫んだ獣」感想。
  •  小説の感想・紹介です。世界の中心で愛を叫んだけもの (ハヤカワ文庫 SF エ 4-1) [文庫] 作者:ハーラン・エリスン 翻訳:浅倉久志 伊藤典夫出版社:早川書房文庫:511ページ 内容紹介:人間の思考を超えた心的跳躍のかなた、究極の中心クロスホウエン。この世界の中心より暴力の網はひろがり、全世界をおおっていく………。現代における”パンドラの箱”寓話を描いてヒューゴ賞を受賞した表題作をはじめ、核戦争後、がれ [続きを読む]
  • 狼男ホラー「ローンウルフ〜真夜中の死闘〜」感想。※ネタバレあり。
  •  今回紹介する作品はこれ↓ローンウルフ 真夜中の死闘 [DVD] [DVD]製作年:アメリカ  製作国:2014  96分  原題:Late Phases出演:ニック・ダミチ、イーサン・エンブリー、ランス・ゲスト、エリン・カミングス、ルターニャ、アルダ監督:アドリアン・ガルシア・ボクリアーノ●総評:C●キャラクター………〇、アンブロースのキャラは立ってたと思うが、盲目設定はいるのだろうか?●ストーリー…………△、ヒューマ [続きを読む]
  • チュパカブラ映画「デビルズタイド」感想。 〜B級要素の闇鍋〜
  •  今回紹介する作品はこれ↓デビルズタイド [DVD] [DVD] 安定のアルバトロスクオリティ。 個人的には、アルバトロス作品は2005年前後が一番バカバカしくて好きです。製作年:2005  製作国:アメリカ  88分 原題:CHUPACABRA DARK SEAS出演:ジョン・リス・デイビス、ジャンカルロ・エスポジート、ディラン・ニール、シャーラン・シモンズ、デビット・ミルバーン、ポーラ・シュウ、チェラン・シモンズ監督:ジョ [続きを読む]
  • 「デスカッパ」感想 〜映画監督に必要なのは予算と気分転換である〜
  •  今回紹介する作品はこれ↓ 「死の河童」なのか「河童です」のアナグラムなのか、それとも両方なのか存じませんが凄いタイトル。昭和の怪奇映画みたいだ。 レビューはしますが視聴はあまりお勧めしません。ここまで力いっぱい自信を持ってお勧めしない作品も珍しい。カルト映画を作ってやろうという魂胆が透けて見えて嫌だ(笑) その手の映画のマニアは必見。 あ、予告編だけは観ていって下さい。予告編でだいたいどんな映画か [続きを読む]
  • 「ゴーストシャーク」感想。 〜【悲報】サメ映画、もうなんでもあり!〜
  •  さて夏真っ盛りですね。今回は「夏と言えば海、海と言えばサメ」というインドア派の貴方も、「夏と言えば怪談、怪談と言えば幽霊」というインドア派の貴方も両方楽しめる作品を紹介したいと思う。…アウトドア派?海に行く途中で車内で観ればいいんじゃない? そんな訳で今回紹介する作品はこれ↓ゴースト・シャーク [DVD] [DVD]製作年:2013 製作国:アメリカ 87分 原題:「GHOST SHARK」出演:マッケンジー・ロスマ [続きを読む]
  • 「28日後」感想 〜走るゾンビのはしり〜
  •   B級作品のレビューばっかり書いていくのも疲れたので、この手の怪物映画の中でもよく出来た傑作のレビューを時々は書いていきたいと思う。イメージとしては、もやしと納豆だけの食生活をしていたら倒れてしまった男子学生。(なんのこっちゃ…) そんな訳で今回紹介する作品はこれ↓28日後… [Blu-ray] [Blu-ray] 今ではすっかり定着した感じのする”走るゾンビ”ですが、その走りである作品がこの『28日後』と『ドーン・ [続きを読む]