犬力 さん プロフィール

  •  
犬力さん: いまここに、あるもので
ハンドル名犬力 さん
ブログタイトルいまここに、あるもので
ブログURLhttp://slowinputslowoutput.hatenablog.com/
サイト紹介文パーマカルチャー、ミニマリズム、百姓の智慧、を駆使して、小さく豊かに自給して暮らす
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 176日(平均2.1回/週) - 参加 2017/05/25 10:10

犬力 さんのブログ記事

  • 片道720円でクルーズが楽しめる久里浜フェリーは超おすすめ
  • ちょっといい気分になれるフェリーの旅久々に地元三浦半島ネタです。三浦半島から房総半島はフェリーに乗って往復することが出来ます。久里浜⇔金谷間です。これが知る人ぞ知るとても素敵な体験なのです。片道大人720円、子供360円の安さ+往復券は7日間有効って!自転車や自動車はもっと高額ですが、乗れます。だからサイクリングやツーリングを楽しみたい人にもおすすめ。乗船時間は40分とこれまたちょうどよい時 [続きを読む]
  • 短期労働契約を有利に使いこなせば、もっと自由な時間と空間が手に入ります
  • ここ一年で労働スタイルが変わりました ブログを始めた2015年頃は、週2〜4日で長期間働く、というスタイルでした。ここ1年は、週5日のフルタイムで短期間働く、というスタイルにしています。 これが私の都合にかなり合うことに最近気づきました。 短期労働契約の利点 私がやっているのは、主に期間限定の派遣事務です。ほとんどの人が「安定しない」「次の仕事があるかわからない」などとネガティブに思っているでしょう [続きを読む]
  • 玄米を炊くのは超簡単! 土鍋じゃなくてうちにある鍋ですぐ炊けます
  • 主食は玄米、おかずも玄米でいいくらい炊きたての玄米をちょっと蒸らして、おこげを確認して、マイ茶碗によそってほくほく食べる。梅干、海苔、生卵、そういったシンプルおかずもいいけれど、おかずもなくていいくらいです。味噌をポットのお湯で溶かして簡易スープにしたり。玄米だけで美味しいので、ものぐさ度があがります。玄米は普通の鍋で、誰にでも美味しく炊けます 以前も少し↓の記事に書いたのですが、写真付 [続きを読む]
  • かごの鳥の官能 『ベティ・ブルー』
  • 「お休み、かたつむりくん」その一言は衝撃でした。私が知る中で、最も清純でエロティックな呼びかけです。近いうちやってみよう!未見で気になる方は本編をご覧ください。開始5分くらいで分かります。主人公(男)は激しい感情を持つベティと出会い、すぐにとりこになる。むかつく大家に業を煮やして借り家を燃やし、二人は逃避行。風変わりな友人たちや行った先の人々に助けられたり迷惑を被ったりしながら、安住の地を手に [続きを読む]
  • たまにはパンツもはきます。その名はRungu
  • パンツ&ブラ無し生活を始めましたが、必要なときにはお気に入りの下着を着けます。バリで作られている、オーガニックコットンの下着たち。Runguwww.dewirungu.com「ゆるりブラ」と「ゆるりパンツ」両方持っていますが、 パンツを愛用しています。自分ではき方を選べるのが魅力基本はいわゆる『ふんぱん(ふんどしパンツ』、片ヒモパンツです。でもこれ、Tバックにしたり、きつめに設定することも可能。サイトでも親切に [続きを読む]
  • パンツもブラジャーもやめたら楽すぎて驚きました
  • 久しぶりのブログに書く内容じゃないかも知れませんが、書きます。※性的な内容はありませんが、排泄器に関する記述があります。 苦手な方はご遠慮下さい。パンツとブラジャーをやめた理由それは、、、毎日手洗いするのが面倒臭くなったから!私は下着を手洗いしていました。パンツもブラも基本は洗濯機に入れませんでした。そうすると毎日下着を洗わなきゃならないんですね。(当たり前)「うーん、面倒くさい。 あ、そ [続きを読む]
  • 学校で学ぶべきなのは、自信よりも自律
  • 大統領、を演じる子供たち以前見て違和感を持ったドキュメンタリー。今はその違和感の正体がよくわかります。将来はアメリカ合衆国大統領になりたいと語る3人の若者に高校から大学まで密着し“政治家予備軍”である彼らの成長と葛藤からアメリカ社会を垣間見るドキュメンタリー ? @動画大統領を目指す(!!)アメリカの超優等生人を追ったドキュメンタリー。とにかく3人とも薄気味悪い(笑)それは彼らが理想の大統領 [続きを読む]
  • お弁当は玄米のお握りだけでいい
  • 参考になることだらけのむしろ台所診療所最近のお気に入りブログの一つです。考え方だけでなく、実際の生活でもとても参考になります。選択肢を最小限にすれば迷わない、のは食も同じ特に食事の用意については目から鱗になりました。とにかく『しない』『減らす』をキーワードに、飽きないし疲れない食事の用意をすることを心がけたいと思います。私は独り者ですが、それでも食事の用意を面倒と感じることがあります [続きを読む]
  • ブログ名前を変更しました
  • いまここに、あるもので生きていく『スローに働いて、スローに遣う』という名前でブログをやっていましたが、『いまここに、あるもので』に変更しました。そのままです。いつかではなく、今。どこかではなく、ここ。足りないものではなく、もう既に持っているもの。に焦点を置くだけで、世界は一気に豊かになります。今日本に生きているほとんどの人が、それとは真逆の世界観を持っているはずです。今ではないいつか [続きを読む]
  • 家族が欲しいと思わない理由は、コスパなどではない
  • 時間と空間を共有し続ける家族ヨーロッパ系と日系のミックス、外国籍の友人家族がいます。彼らは恐ろしいほど時間と空間を共有しています。10代の頃に出会った夫婦は、今もほとんど一日中一緒。プラス未就学の子供と義理のお母さんもほとんど一緒です。自営業だから物理的に可能なのですが、知り合った当初は驚きました。もっと驚きだったのが、喧嘩や言い争いをしている姿を見ないこと。3人とも好き勝手していて、誰かが [続きを読む]
  • 子供は誰でも天才でなくていい。個人であればいい。
  • 天才じゃなくて、『スーパー都合のいい子』になって欲しいだけでは?ここ数年で、子供は別に学校に行かなくてもいい、と確信を持てるようになりました。文部省の用意する学校は人材工場ですから。子供は誰でも天才、というような甘い言葉の裏には、都合よく労働する高スペックの人材が欲しい、という本音が隠れています。教育観・家族観を変えた二組の家族一組は不登校の子供さんがいる家族です。しかし一般的な不登校 [続きを読む]
  • なぜ若い人たちは消費に魅力を感じないのか
  • 「消費に疲れた」と彼女は言った一世代若い友人達が、物欲がないというのは以前書いた通りです。slowinputslowoutput.hatenablog.com私は彼女達のほとんどに「欲しいものないの? 私20代の時は洋服欲しかったよ。 チープで可愛いのが似合わない年齢になっておさまったけど。」そう聞きまわっていました。「あんまり無いですねえ。でも皆が皆そうって訳じゃないですよ。 ファストファッションとか買い捲ってる子もいま [続きを読む]
  • 漂白された文化の中で育った私たちの音楽
  • マイケル・スタイプの声が好き久々にREMが聞きたくなったのは、夜にガーデニングしていたからです。R.E.M. - Gardening At Night - 6/9/1984 - Capitol Theatre (Official)詩も音楽も好きですが、何よりマイケル・スタイプの声が好きです。聴いてると安心します。誰かと聴くのではなく、一人で聴きたい音楽があります。自分の内側に向かうとき、内省的になるときに聴く音楽。Velvet UndergroundThe Velvet Underground [続きを読む]
  • 子供の夢はじゃんじゃん壊したい
  • 子供は消費者として成長していくまだ姪っ子たちが小さい頃、一緒にテレビを見ていて驚いたことがありました。誰もが知っている30分アニメ(美少女たちが悪を倒すやつ)です。前編後編と10分ずつでその間にコマーシャル、という一般的な構成ですが、私には前編後編こそがコマーシャルで、コマーシャルこそがメインに思えました。作品中に、美少女達が持つアイテムが欲しくなるようにいくつもの細工がしてあり、(きらきら光 [続きを読む]
  • ミドルクラスの夢に消費されたユーミン
  • 誰でもユーミンの歌の主人公になれた1979年生まれの私はユーミン世代ではありません。戦後生まれの母も、団塊ジュニアの姉も違います。それでも皆ユーミンが好きです。(ストライクなのは70-80年代に青春期を過ごした60年代生まれでしょうか。)ユーミン(とサザン)のお陰で神奈川県の海沿いと横浜がお洒落なもの、固有名詞を歌詞に乗せてもオッケーなものになりました。それ以上に、中流家庭(ミドルクラス)の人達もお洒 [続きを読む]
  • 豊穣に触れる日々
  • 豊穣に囲まれていることを知れ豊穣とは溢れるばかりの豊かさ。『豊穣の海』とか。でも遠い海や銀行の金庫にだけそれがあるわけではありません。10個くらいもらった種マメを植えて、苗を間引いて5つくらいにして、そこからいくつにも茎が分かれて花が咲いた結果。赤そらマメちゃん達。収穫はこれで半分くらいです。ベールの中で眠っているかのように可愛いです。そしてその他の豊穣。レモンバームホームセンタ [続きを読む]
  • 核家族は、家族がばらばらになりやすい形態
  • TEDでも知られる植松努さんの言葉が的を得すぎ以下、一部抜粋です。消費型社会の売り上げを増やすのは簡単です。(1)わざと壊れるモノをつくる。(2)家族や仲間をばらばらにする。(世帯数を極限に増やす)(3)不安やコンプレックスをあおる。自信を売る。(4)無能にする。自分には何もできないと思い込ませる。個人とコミュニティを無力化すれば、お金に依存せざるを得なくなります。植松さんは私も最近知りまし [続きを読む]
  • 万能なラベンダーで手軽にチャイを楽しむ
  • 万能ハーブの一つ、ラベンダー以前から欲しかったラベンダーの小さな苗を購入しました。虫除け・お香代わり・食用と様々な用途に使えるラベンダーは、一つ持っていて損はありません。ローズマリーと同じくらい万能です。ところが!他のハーブたちと共に庭に置いていたところ、元気がなく枯れ初めているように見えました。調べてみるとラベンダーは・乾燥気味に育てる・直射日光が当たらない場所がよいとのこと。また、 [続きを読む]
  • 週末の朝に聞くMUSICA 
  • ほととぎす、ひばりの声をバックにコーヒー。も乙ですが、麻のような手触りの軽やかな音楽もいいです。G.LOVE and Special Sauce家の近所に越してきて欲しい人ナンバーワン。フロントポーチにG.Loveっていいね!この人よく引き語りをあげてるのでそれがおすすめ。隣の家から聞こえてくるかのような臨場感があります。ずーとるびのカバー♪キャップ後ろ被りとスキャットがこんなに似合う人は他にいるでしょうか。 [続きを読む]
  • 若さに対して敬意を払う必要性
  • 経験に対するように、直感と感覚に対して敬意を払う自分より若い人達に対して、怖がらせる・脅すという接し方しか知らない人は沢山います。親や年長者にずっとそうされてきて、それ以外の方法が分からないのでしょう。年長者に対して払う敬意の根拠はなんでしょう。知識、経験など、長らく生きないと手に入れられないものです。それと同じように、若者に対して払う敬意の根拠を考えてみます。偏見の無さ、直観力、感受 [続きを読む]
  • 永遠に頑張らない。永遠に今のままでいい。
  • 仕事も恋愛も家事も育児も介護も100%、は出来ない湿気は多いけどよい天気です。朝から赤いソラマメを剥き剥きし、土鍋でグリーンピースのご飯を炊きました。昆布とお塩をちょっと加えました。ラバンダー水で淹れたコーヒーを飲みつつ、ネットサーフしているとこんな記事が。男性学を研究されている田中俊之さんのものでした。「仕事も恋愛も家事も育児も介護も100%しなければならない」誰がこういう嘘や幻想をばら [続きを読む]
  • 食料の買い方を変えるだけで、家計も空間もすっきりする
  • 2ヶ月で16万強しか使っていなかった ふと通帳の出入りを調べてみたところ、3月終わりから2ヶ月で16万ちょっとしか遣っていませんでした。 そのうち3万くらいはミニトリップへ出かけた費用なので、生活費は月7万弱(家賃光熱費込み)だけということになります。 一人世帯・シェア暮らし・野菜自給といっても、かなり押さえて暮らしていると思います。ちょっと感動してしまいました。 食料の買い方 [続きを読む]