メンタルコーチ さん プロフィール

  •  
メンタルコーチさん: Feeling Tennis「メンタルアプローチで上手くなる」
ハンドル名メンタルコーチ さん
ブログタイトルFeeling Tennis「メンタルアプローチで上手くなる」
ブログURLhttp://feeling-tennis.com/
サイト紹介文「テニスが上達するにはわけがある!」大脳生理学を応用した最新テニス上達法で簡単上達!
自由文テニスはメンタル面が非常に大きく影響するスポーツです。これはプロ選手に限った事ではなく、一般のアマチュアのプレーヤーも同じ事。メンタルアプローチによるちょっとした気づきはテニスを大きく変えてくれます。
このブログでは、メンタルアプローチによるテニス上達のヒントをご紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2017/05/26 14:33

メンタルコーチ さんのブログ記事

  • 必要の無い事に気づけるか?
  • 今日のテーマは「必要のない事」です。伸び悩む方は「必要のない事」に気がつけずに同じ事を繰り返している場合が非常に多いです。逆に言えば、「必要のない事」に気が付く事ができるとテニスは自然と上達します。例えば、ネットミスが中々無くならないプレーヤーがいるとします。このプレーヤーは「そんなに低いボールを打つ必要が無い」事に気が付いていません。低いボールを打てば、ネットミスの確率が増えるのは当たり前の事で [続きを読む]
  • 必要の無い事に気づけるか?
  • 今日のテーマは「必要のない事」です。伸び悩む方は「必要のない事」に気がつけずに同じ事を繰り返している場合が非常に多いです。逆に言えば、「必要のない事」に気が付く事ができるとテニスは自然と上達します。例えば、ネットミスが中々無くならないプレーヤーがいるとします。このプレーヤーは「そんなに低いボールを打つ必要が無い」事に気が付いていません。低いボールを打てば、ネットミスの確率が増えるのは当たり前の事で [続きを読む]
  • テニスのイップス
  • テニスのイップスの症状イップスは様々なスポーツで見られますが、テニスもイップスで悩むプレーヤーが多いスポーツです。テニスにはフォアハンドストローク、バックハンドストローク、サーブ、フォアボレー、バックボレー、スマッシュの7つのショットがあります。7つのショットのそれぞれでイップスになる方はおられますが、中でも特に多いのはフォアハンドストロークとサーブです。また、球出しのイップスで悩む方も多いです。逆 [続きを読む]
  • 舌位とテニス
  • 舌位とは?今回のテーマは「舌位」です。舌位とは言葉の通り、舌の位置の事です。実は舌の位置と身体の状態は非常に密接に結びついています。舌の位置にも正しい位置があり、その位置が悪いと身体は本来の状態を保てなくなります。例えば、舌の位置が悪いと歯並びにも大きな悪影響を及ぼし、出っ歯になったり、受け口になったり、また、歯並びがバラバラになったりします。また、それ以外にも下記のような影響があると言われていま [続きを読む]
  • 問題を解決しようとすると問題は解決しない
  • 今回のテーマは「問題は解決しない」です。実はゴールに近づく為には問題は解決する事に集中してはいけません。こんな事を言うと「??どうして??問題を解決しないと前に進めないでしょ??」と思われるかもしれません。確かに一般的には目の前にある問題を解決する事が前に進むために一番大切な事だと考えられています。ですが実はこれが大きな落とし穴なんです。理由は問題を解決しようとすると頭の中のイメージは問題で埋め尽 [続きを読む]
  • サーブの打ち方
  • 今回はサーブの打ち方についてお話してみたいと思います。サーブはコントロールしなければいけないエリアが他のショットに比べると非常に狭く、高いコントロール力を求められるショットです。それでいて、同時に攻撃力も求められる為に、全身の筋肉を連動させる打ち方を身につける事も重要になります。つまり、他のショット以上に精度や再現性とパワー、スピードを求められるショットだという事です。その為には、筋力に頼るのでは [続きを読む]
  • サーブの打ち方
  • 今回はサーブの打ち方についてお話してみたいと思います。サーブはコントロールしなければいけないエリアが他のショットに比べると非常に狭く、高いコントロール力を求められるショットです。それでいて、同時に攻撃力も求められる為に、全身の筋肉を連動させる打ち方を身につける事も重要になります。つまり、他のショット以上に精度や再現性とパワー、スピードを求められるショットだという事です。その為には、筋力に頼るのでは [続きを読む]
  • フォアストロークを安定させるコツ
  • 今日はフォアストロークを安定するコツについてお話ししたいと思います。テニスはミスのスポーツですから、安定したショットを身につける事はとても重要です。中でもフォアストロークは使う頻度がとても高いショットですから、安定したフォアストロークを身につけると試合はとても優位に運ぶことができます。ただ、一口に「フォアストロークを安定させる」と言っても色々な要素があります。テクニックの問題もあれば、メンタルの問 [続きを読む]
  • 心が弱いとイップスになる?
  • 「イップスは心が弱いのが原因」こんな事を言う方がいます。また、実際にイップスでお悩みの方の中にはこんな風に考えている方が少なくありません。ですが、私はそうは考えていません。もし、あなたが同じようにお悩みなら、安心してください。心の弱いからイップスになるわけではないんです。心が弱くてもイップスにならない方もいれば、逆に心が強くてもイップスになる方もいます。イップスの直接の原因は心の問題ではありません [続きを読む]
  • フォアボレーが苦手と言う方に
  • 今回はフォアボレーが苦手と言う方へのアドバイスです。ただ、一口に「苦手」と言っても、その理由は色々なケースが考えられます。ですから、魔法のように「これで大丈夫」なんてアドバイスはありません。それぞれの問題を解決するにはそれぞれ違うアプローチが必要だからです。ですが、実はどんな事が原因になっていても、全員に当てはまるアドバイスが一つ存在します。今日はそんなお話をしてみたいと思います。実は「苦手」と技 [続きを読む]
  • 送球イップスの治し方
  • 今回は送球イップスの治し方についてお話ししたいと思います。送球イップスで悩んでしまうとほとんどの方は「正しい投げ方や正しい身体の使い方を身につける」事でイップスを克服しようと考えると思います。ですが、実はこれが一番大きな落とし穴です。正しい投げ方や正しい身体の使い方を練習して身につけようとすると、余計にイップスの症状が進行する事がほとんどで、多くの場合、余計に泥沼にはまって、抜け出せなくなります。 [続きを読む]
  • パターのイップス
  • ゴルフもイップスで悩む方が非常に多いスポーツです。中でも、最も多いのはパターのイップスでしょう。トッププロの中にもパターのイップスで悩む方は少なくありません。あの宮里藍さんもパターのイップスになった事が引退の原因の一つだと言われています。元々、パターは彼女の大きな武器だったんですが、ある時を境にイップスになってしまったんですね。ですが、これは何も宮里藍さんに限った事ではありません。イップスはある時 [続きを読む]
  • フォアボレーが浮く理由
  • 今日のテーマはフォアボレーが浮く理由です。浮くというのは、自分がイメージしているより、高くボールが飛び出していく事です。また、相手のボールの勢いに負けて、力の無いボールが飛んで行くのも特徴です。このようなボールでは、自分がイメージしているところにボールをコントロールする事もできませんし、また、威力のあるボールを打つ事もできません。さて、では、どうしてフォアボレーが浮いてしまうのか?どこを修正すれば [続きを読む]
  • 短い距離が投げれないイップス
  • 一口にイップスと言っても、その症状は人によってバラバラです。ですが、野球の場合、短い距離で投げようとするとイップスの症状が出る方が非常に多いです。遠投や、全力で投げるとそれなりにコントロールできるのに、短い距離のキャッチボールやトスバッティングの為にボールを投げると、突然、「ボールがどこに飛んで行くか、分からなくなる」こんな方が非常に多いんですね。では、なぜ、こんな事になってしまったか?一番多いケ [続きを読む]
  • テニスの自信をつけるには?
  • 今日のテーマは「テニスの自信をつけるには?」です。自信とは「自分を信じる」と書きます。つまり、自分で自分自身を信じる事ができるようになると自信は自然と身についてきます。では、どうしたら、自分を信じる事ができるか?実は難しいわけではありません。自分で自分をコントロールできるようになれば、良いのです。「自分で決めた事を必ず、実行する」ようになると自分を信じる事ができるようになります。逆に自分で決めたに [続きを読む]
  • 藤浪投手のイップス
  • 阪神の藤波投手にもイップスの疑惑がありますね。実際に見ていないので、確かな事は分かりませんが、動画を見る限りはイップスの可能性はあります。ですが、もし、イップスであったとしても、現状は非常に軽度だと思います。また、もしかしたら、イップスではなく、ただ、ボールをコントロールする感覚が甘いだけかもしれません。元々、コントロールが良い方ではなかったですし。ですが、今後、重度のイップスになる可能性はありま [続きを読む]
  • テークバックをコンパクトにするには?
  • 今日は「テークバックをコンパクトにしたい」という生徒さんからご質問をいただきましたので、その内容をシェアしたいと思います。Kさん:「質問です。戸村コーチのメールクリニック配信してもらってます。他のことは考えずに、ボールに集中すると集中力が上がる。とあり実践しようとしています。今テイクバックが大きいのでコンパクトにしたいと思って素振りなどしているのですが、実際にボールを打つと、今までのフォームに戻り [続きを読む]
  • 「今」に集中するとイップスは改善します
  • 今回はイップスになってしまう人の特徴についてお話ししたいと思います。イップスはメンタルが直接の原因ではありませんが、メンタル的な影響を大きく受けている事は間違いがありません。ですから、メンタル的な特徴があります。では、それはどんな特徴か?それは、集中する対象が「過去」や「未来」に移る事です。意識する物が「過去」や「未来」の物だと言っても良いです。例えば。「また、暴投したらどうしよう・・・」「また、 [続きを読む]
  • プレッシャーは打ち克ってはいけない
  • 今日はプレッシャーに強くなる為のヒントについてお話ししたいと思います。プレッシャーに強くなる為に、最も大切な事はボールへの集中力を高める事です。ボールへの集中力が高まると、プレッシャーを感じない状態に入る事ができるからです。実は「プレッシャーに強い」と言われる人達はプレッシャーを感じながら、その重圧に耐えながら、打ち克っているわけではありません。プレッシャーその物を感じない状態に入っているのです。 [続きを読む]
  • イップスは技術不足?
  • 「イップスなんて技術不足だよ」と言う方がおられます。ですが、本当でしょうか?私はそうは思いません。理由は昨日まで普通にできていた事が急に出来なくなるからです。確かに、「技術レベルが低いために、安定していないから、急に出来なくなった」と言う考え方もできますし、そのような状態が存在する事もわかります。例えば、野球であれば、安定して送球する為の手首や肘、腕、肩の使い方・・・テニスであれば、ラケット面の合 [続きを読む]
  • ショートラリーが苦手な人へ
  • 今回はショートラリーが苦手な方へおすすめの記事です。ショートラリーが苦手な人は何が問題なのか?まず、結論をお話しします。ショートラリーが苦手な人に足りない感覚はボールの衝撃の強さを感じる触覚です。この触覚を磨けば、ショートラリーはとても簡単に上達します。「ショートラリーが苦手」と言う方はほぼ間違いなく、触覚ではなく、スイングやフォーム、またはスピンの量でボールをコントロールしようとします。ですが、 [続きを読む]
  • ショートラリーのイップス
  • 今回はショートラリーでイップスが出てしまう場合の治し方についてお話しします。ショートラリーのイップスは短い距離感が無いまま、正しいスイングやスピンをかけるスイングを身につけようと練習すると出てくるケースが非常に多いです。理由は正しいスイング(スピンをかけるスイング)と短いボールの距離感が結びついていないからです。「正しいスイングをすると飛びすぎる」状態になるにも関わらず、ボールは短い位置にコントロ [続きを読む]
  • ショートラリーのイップス
  • 今回はショートラリーでイップスが出てしまう場合の治し方についてお話しします。ショートラリーのイップスは短い距離感が無いまま、正しいスイングやスピンをかけるスイングを身につけようと練習すると出てくるケースが非常に多いです。理由は正しいスイング(スピンをかけるスイング)と短いボールの距離感が結びついていないからです。「正しいスイングをすると飛びすぎる」状態になるにも関わらず、ボールは短い位置にコントロ [続きを読む]
  • イップスのトリガー
  • 今日はイップスでお悩みの方に向けての記事です。イップスは簡単に言えば、条件反射です。条件反射とはある条件が整った時に、無意識に起こる癖のような物です。ですから、イップスの症状が出る状況は限定されている事がほとんどです。例えば。距離が短い時にだけ現れるフォアストロークの時だけ現れる回転をかけようとした時だけ現れる球出しの時に現れる状況は人のよって様々なので無数にありますが、とにかく、限定された状況で [続きを読む]
  • イップスのトリガー
  • 今日はイップスでお悩みの方に向けての記事です。イップスは簡単に言えば、条件反射です。条件反射とはある条件が整った時に、無意識に起こる癖のような物です。ですから、イップスの症状が出る状況は限定されている事がほとんどです。例えば。距離が短い時にだけ現れるフォアストロークの時だけ現れる回転をかけようとした時だけ現れる球出しの時に現れる状況は人のよって様々なので無数にありますが、とにかく、限定された状況で [続きを読む]