ろころん さん プロフィール

  •  
ろころんさん: パイナップルとカラ○ーチョ
ハンドル名ろころん さん
ブログタイトルパイナップルとカラ○ーチョ
ブログURLhttps://ameblo.jp/rokoron5ewa10/
サイト紹介文約4年、うつに苦しんだ夫が2014年12月に1人で旅立ってしまいました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 345日(平均0.9回/週) - 参加 2017/05/25 11:17

ろころん さんのブログ記事

  • お彼岸だけど
  • お彼岸ですね。今日は祝日で仕事がお休みなので夫と父のお墓へ行こうと思っていたけど生憎の雨...天気のせいか気分は晴れません。で、出かけるのをやめました. 2人とも苦笑いしてるかなーごめんね。 その代わり、副世話人をしている集まりのホームページの不具合だったところ訂正。ちょっとすっきり。ホームページを見てくださってる方の役に少しでも立てればと思います。 ↓↓副世話人をしています↓↓アルシエロ〜伴侶の死別経 [続きを読む]
  • 雨の日はダメ
  • 私は雨が嫌い。雨が降らなければ生きていけないことはわかってるけどね。 夫が私の職場で働きだした初日は見事な土砂降り。今考えれば前途多難の意味だったのかもしれない。夫が亡くなってるのを見つけたのは小雨。なんかね、雨が降ると、この2日間のことを思い出してしまう。 気分が落ち込むせいか、夫との嫌なことも思い出してしまってる。亡くなった人のことを悪く思ったらいけないのだけど私も夫に嫌な思いをさせたこともあっ [続きを読む]
  • まあ、いいんだけど
  • 姪(実姉の娘)が結婚したと母から聞いたのは昨年末。結婚式は自分たちでお金を貯めてから行うと決めてるそうだ。 お正月、姪が旦那様と一緒に帰省して姉家族と同居してる義母、義妹家族、私の母と食事をしたらしい。旦那様と私の母は初対面。そして、母のところには「結婚しました年賀状」が着ていた。 私のところ?なーんにも。 姪が結婚したことも直接姉からは聞いてない。だから年賀状も着てない。まあ、姉からも年賀状着てま [続きを読む]
  • あの頃に戻りたい?
  • 死別の方と話していると「あの頃に戻りたい」とよく耳にします。 そう思える人は幸せだったからですよね。そう思える時間があったことはとても幸せなこと。そう思える時間があって私は羨ましく思ってしまいます。 私は不幸だったのか?いえいえ、決してそうじゃない。もちろん幸せな時間もありました。幸せな思い出もたくさんある。それに対してはとても感謝しています。 でも... 今はまだ辛かった時間のほうが強いんだと思う。夫 [続きを読む]
  • 当たり前ことなんてない
  • この世に当たり前のことなんてない。当たり前のように隣にいたはずの人がいないし。夜、眠って朝を迎えられることも当たり前じゃないんだよね。永遠なんてないのだから限られた時間を大事にしなくてはいけないなと思う。でもつい、だらだらと過ごしてしまうけど。毎日、気を張ってないと前に進めないからたまにはだらだらも必要かなと言い訳してみる。クヨクヨしてる時間は勿体ないからそれは止めた。 [続きを読む]
  • 浮き沈みと感謝
  • このところ、ちょっといつもの私じゃない...うまく説明できないけど。 以前の私なら、とても凹んでたと思うような気がする。人間だから気持ちの浮き沈みがあって当然。 うぅぅぅぅぅ 誰か助けておくれと思うことだってあるけどその誰かがいなくなってるわけで... 退職した上司は離婚裁判中。帰宅して誰もいないことに耐えられないと思うと私やパートさんに時間関係なく電話をしてくる人。 そう、食事の支度で忙しくしていようが [続きを読む]
  • こんなことを言ったらいけないけど
  • 知り合いの義弟が亡くなった。(知り合いのご主人の妹の旦那さまが)60代前半だったらしい。肺炎からの急死。 旦那さまにべったりの奥さんだったらしく知り合いの方は可哀想で見ていられないと言ってました。 確かに、亡くなってしまったのは言い表すことができないくらい悲しくて苦しいこと... 年齢は関係なく、本人にとっては辛い経験であるのには違いない。 でも...こんなことを言ったらいけないけど60代まで一緒に過ごせたの [続きを読む]
  • つぶやき
  • ここ最近、仕事が何故か忙しい...私は事務員。職場では1人しかいない事務員なので自分の仕事はもちろん上司などから頼まれた雑用は1人で片付けないといけない。今の会社に勤めて3年半。どんどん仕事が増えてないかい? まあ、仕事が忙しいと余分なこと考えなくていいのだけれど... 今もだけど、ほとんど事務所に1人でいるので電話はかかってくるけど1日、誰とも会わないときもある。 家でもほぼ1人。1人は嫌いじゃないけど [続きを読む]
  • みな同じ
  • 死別経験のある人と話をしていると安心します。 「ちっ」と思うことはみな同じだから。 休日のスーパーの夫婦連れ。子供さんが小さいと運動会、クリスマス、お正月、誕生日、結婚記念日などなどイベントのたびに感じること。 そういう会話をすると「よかったぁ、みんな同じこと思うんだね」と苦笑い。自分だけじゃない。ひとりじゃないんだなぁと感じる。 だから、つい死別経験者同士で集まることが多い。みんな心のリハビリ中。 [続きを読む]
  • ドラえもん
  • たぶん、Facebookに載ってたのを読んだのだと思うけどドラえもんの名言。 「過ぎたことを悔やんでもしょうがないじゃないか。目はどうして前についていると思う?前に進んでいくためだよ。」 「悩んでる暇に1つでもやりなよ。」 すごく納得。ドラえもんてすごい! [続きを読む]
  • 夫からのメッセージ
  • スピリチュアルなことは信じる人と信じない人がいる。私は信じている。 今年、あ、年が違うから、もう昨年になるのか。結婚記念日(27回目)が過ぎたある日、仕事で伝票を見ながら入力していたときのこと。 日付と伝票№を入力する単純な作業。日付は結婚記念日だった。そして何気に伝票№を見ると....末尾3ケタが夫が使っていた名前の語呂合わせだと気付いた。 おお!これは夫からのメッセージに違いない! と勝手に思い、嬉し [続きを読む]
  • 人のためなら頑張れるかも
  • 人間て自分のためには頑張れないけど人のためなら動けるし、頑張れる。 友達の受け売りなんですけどね。 自分ひとりでご飯を食べるとしたらお茶漬けでもいいやって思うけど家族がいたりすると、作らなくちゃって思うでしょう? そうだ。まさしく今の私。 自分のためにやってみようと思うこと例えば、ダイエット(笑)例えば、通信教育。見事に挫折中...( ̄ ̄;) でも誰かのためには動ける。例えば、息子のご飯作り。例えば、母とのド [続きを読む]
  • ホームページ
  • 昨日の記事で少し触れたのですけど死別の会の幹事になっている友達のお手伝いをしています。それも1年半が過ぎたのでホームページを作ろうということになり私が作成することに。 詳しくはないのだけれど、元からPCに触ることが好きなので楽しみながら作ってみました。文章は幹事である友達が考えて出来上がったのがこちら↓アルシエロ 〜al cielo〜会の内容としては40代、50代が中心の伴侶を亡くした経験のある者同士の関西、東 [続きを読む]
  • 丸3年経った今の私
  • 夫が亡くなって丸3年。悲しみや寂しさは、正直、変わりません。私にお迎えが来るまで、ずっと変わらないでしょう。 でも私は、3年前とは違います。その思いは抱えたままだけれど伴侶を亡くした方々と話すようになって前を向けるようになって自ら命を絶つということは許されることではないけれど夫にはそれしか思いつかなかったのだろうと思うようになりました。 そして最近、特に思うことは自死遺族はひっそりと生きている。自 [続きを読む]
  • ストレス
  • 夫の3度目の命日が近づいた頃のお話。 その頃の悩みは瞼の痙攣。最初は片目だけだったのに両目の瞼がピクピクと。調べてみたら、ストレスから起こるとのこと... 命日が過ぎ、一旦、治まったので夫の命日が近かったからかなーと思っていたのですが。 そしてすぐ、また症状が出始めたのです。今度は口元というか法令線あたりと言ったらいいのかしら?そこがピクピクするようになったのです。 よーく考えてみると、そのピクピクは職 [続きを読む]
  • TV取材協力その後③
  • これまた、ずいぶんと間が空いてしまいましたが、自分の記録の為に書いておこうと思います。 電話応対をしてくださったプロデューサーさんと今回初登場のプロデューサーさんが東京からやってきて私と、死別の会をまとめてくれている友達に付き合ってもらって会いにいきました。 の続き... 結果的に言えば、初登場のPさんが平謝りしてくれました。TV番組がどうやって作られていくか私は全然知らなかったけれど、ディレクター→ [続きを読む]
  • TV取材協力その後②
  • BPOから連絡があったとき、期待通りの対応でなかったので、その日は胃が痛くなっちゃって、夕飯作りもパス。息子には申し訳なかったけど、「かあちゃん、ちと具合悪し。夕飯、自分の分だけゲットしておくれ」てな内容のメールを送って、夫の遺影を見ながらボーっと考えごとをしたのを覚えています。 そして、プロデューサーを会うことが決まってからの1週間はお友達と作戦を練るような会話を(笑)何て言われるかわからないので [続きを読む]
  • TV取材協力その後①
  • 前回の更新から10日も経っていました。職場でもキツイことあったし、TVの取材協力のことも実はまだ引きずってました...時間が経つほどなんだかなぁって気持ちが強くなって、ずっとモヤモヤして。 取材にきたディレクターさん→プロデューサーさん→BPOに話したところで相手にされないというか...不信感というか裏切られたような気持ちもあるけど、自分に対しても情けないやら腹立たしいやら... そんな中...プロデューサーさんか [続きを読む]
  • キツイ...
  • うちの職場に1か月だけど夫もいたので死因も鬱病だったことも知ってる職場の面々...私がいつもいる事務所にいるのは上司2人とパートさん。他は滅多に来ない。 先日、上司の1人が「こんなにやること、考えることがいっぱいあると、早くろころん旦那(実際は夫の下の名前を呼び捨て)に会いに行っちゃいそうだなぁ」と言った。冗談なのはわかるけど、なにそれ? っていうかあんたみたいな人は鬱病にはならないと思うぞ?言いたいこ [続きを読む]
  • これってやばい?
  • 今日で6月も終わりますね。月末で金曜日...事務員の私にとってはなんちゃらフライデーって何?の世界。まあ、うちの会社には最初からまったく関係ないけど。 いやーここのところ...家に帰っても何もやる気がしません。前はさっさと夕食の後片付けをしてTVや録画してある番組、DVDを見ながら趣味の編み物に没頭したりしてたのですけどね...片付けをすること自体、やる気がなかなか起こらない。やっと片付けてもそのあと何もす [続きを読む]
  • ひとりじゃない
  • 今回の件で思ったことがあるんです。私はひとりじゃないと。一緒に怒ってくれる。自分のことのように悔しがってくれる。心配してくれる。抗議することにも相談にのってくれる。夫がいなくなってしまってからは自分で考えて決断してきたけど今は相談できる友達、仲間がいる。悔しい結果にも一緒に腹をたててくれる。ひとりじゃないんだと心強く思いました。感謝、感謝です。 [続きを読む]
  • 鼻で笑われた
  • 取材協力した件。番組のVTRに出てきた人は私?と思ってしまうほど人間性を疑う人物にどうみても思えてね。番組に酷くないですか?って言ってみた。でも誰も前のテーマとは繋げてみないし間違ったことは放送してないから訂正はできないと。腹の虫がおさまらない…でB○Oに申し立ててみましたが、結局、テレビ局と話してほしいとのこと。えー?それじゃ申し立ての意味あるの?終いには話した私が悪いみたいな遠回しな言い方。鼻で笑 [続きを読む]
  • 傷口に塩
  • 死因は違っても海○蔵さんと同じように大切な伴侶を亡くし毎日必死で真面目に生きている…私なりに。私が悩んでたように同じように悩んでいる人がいるのなら役に立ちたいと思ったから取材協力したのだけれど嫌な思いをして悔しく悲しいという傷口に塩を塗られることがあるんだなと思いました。テレビをはじめ、報道をみる目が変わりました。これって本当なんだろうか?って。芸能人が不祥事を起こした件だって面白おかしく真実を [続きを読む]
  • 思い出す
  • TVを観ているとあの日を思い出します。 途方に暮れる...まったくそのとおり。 同じ経験をしたみなさんもそうですよね。 こんな経験したくなかったー ふぅ 穏やかに過ごせる1日でありますように... [続きを読む]
  • あーーーーーもう!
  • 死別の会の中で私が番組に出ると言うことを宣伝してくれた友達がいたので、私のことをよく知らない人も観たわけで... あの内容を観て、すっかり誤解してる人が出てきました。 悲しすぎる... [続きを読む]