夕化粧 さん プロフィール

  •  
夕化粧さん: 比企丘陵の自然
ハンドル名夕化粧 さん
ブログタイトル比企丘陵の自然
ブログURLhttps://musasino01.exblog.jp/
サイト紹介文野鳥を主に撮影して楽しんでいます。自分が撮りたいと思う鳥なら多少遠くても出かけてしまいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供349回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2017/05/26 10:51

夕化粧 さんのブログ記事

  • オオルリの若い雄
  • オオルリの若い雄には黄金に輝く斑模様が有ります。この模様は期間限定で時間が経つと消えてしまいます。子の斑模様を持つ 巣立ち後間もない雄の若を撮りたくて昔は好く通ったものでした。 歳のせいで最近は通う気力が薄れてしまいました。それでも避暑を兼ねて たまには様子を見に行こうと出かけました。運好く丁度好い塩梅の金色に輝く斑模様の若い雄が出て来ました。いつも思う事ですが鳥撮りは運ですね。撮り... [続きを読む]
  • 北海道遠征47 コルリ
  • 支笏湖野鳥の森の観察舎を訪れるのは2回目になりますが 出て来る鳥は毎回同じようです。ここは覗き窓から観察するので覗き窓の好い場所を確保しないと 好い画が撮れません。四角に囲われた二つの辺に窓が有りますが 水場を覗く窓の角度が悪くて せいぜい3人が限度です。工夫すれば倍の6人位は可能でしょう。そんな訳で囲いの上から写したコルリです。6月28日 支笏湖野鳥の森にて [続きを読む]
  • 北海道遠征45 ベニマシコ
  • 夏の北海道へ行くと彼方此方の原生花園でベニマシコと出逢うことができるけどいつも根室の公園へ行けば目の前で しかもスッキリと写せるので根室で写せば好いと思って他のポイントではあまり真剣に写さずに通り過ぎて来ました。ところが今年の根室の公園はベニマシコの声も聞こえず空振りに終わってしまいました。そんな訳でオホーツク海岸沿いの原生花園で写したベニマシコのアップになります。6月21日 シブ... [続きを読む]
  • 北海道遠征44 オオジュリン
  • 2〜3年前は原生花園へ行っても小鳥が少なかったように感じましたが 今年はお馴染みの鳥ですがノゴマをはじめノビタキやコヨシキリやオオジュリンが当たり年のようで彼方此方で見られました。他にもホオアカやツメナガセキレイも何時もの場所で見られたので充実した鳥撮りになりました。6月18日 オムサロ原生花園にて 数少ないエゾカンゾウの花絡みが撮れました。 [続きを読む]
  • 北海道遠征43 アカゲラ
  • この公園へ行くとかなり高い確率でアカゲラの子育てとエゾリスに出逢うことができます。今年も様子を見に行くと桜の木の洞からアカゲラの幼鳥が賑やかに鳴いている声がしました。車へ機材を取りに行って雛の居る洞へ戻ると鳴き声が聞こえません。周りを見ると巣立ちした幼鳥が2羽枝に止まっていました。機材を取りに行って戻るまで僅か5分程度の間に巣だっていたのです。巣立ちの瞬間は見られなかったけど巣立ち雛... [続きを読む]
  • ヤブサメ
  • 今年の水場はヤブサメの出が好いようです。この日も機材をセットして間もなく出て来ました。他にもカラ類やヒタキ類も出て来ました。 帰り間際にはヤブサメの若も出て来ました。成鳥も尾羽は短いけど若鳥の尾羽は殆ど見えませんね。 [続きを読む]
  • キビタキのエンゼルポーズ
  • 先日水場でキビタキとオオルリの若を写したのですが別々に出て来ると どちらがキビタキなのかオオルリなのか分からなくなってしまいました。(一緒に出て来ても分からないかも)ヒョッとするとオオルリ若雌かもしれませんがキビタキにしちゃいました。一瞬でしたがスッキリした枝に止まってエンゼルポーズをしてくれました。 [続きを読む]
  • 北海道遠征39 サラブレッドの町
  • ほぼ目的を達成したので そろそろ帰る準備を始めました。帰りの船も小樽〜新潟なので少しずつ西に向かいました。国道235号を苫小牧方面へ行くと牧場に馬が見えました。 更に進むと「道の駅サラブレッドロード新冠」がありここには有名なハイセイコーの像が建っていました。雨が降っていましたが移動日だったので影響は無かったです。6月27日 国道238号線沿い 及び道の駅サラブレッドロード新冠にて [続きを読む]
  • 北海道遠征38 タンチョウ
  • 昔はタンチョウと云えば釧路湿原が相場でしたが 最近は少数が彼方此方にバラケテ子育てをしています。野付半島や走古丹・藻散布・風連湖などでも見られます。今年は孵化してそれ程日数の経ってない可愛い雛を連れた番に逢うことができました。6月24日 風連湖畔 レイクサンセットにて [続きを読む]
  • 北海道遠征36 マキノセンニュウ
  • チリリリリ・・・と虫が鳴くような細い声が聞こえて来た時 この声は間違いなくマキノセンニュウと確信しました。鳴き声のする方へ行くと目の前で警戒することも無く囀っていました。数年間探し求めたマキノセンニュウにやっと出逢うことができました。 今年の遠征の一番の目標はマキノセンニュウを写すことだったので 取敢えず達成することができたので この日から気分的に余裕を持って行動することができました。... [続きを読む]
  • 北海道37 ギンザンマシコの飛翔
  • 北海道シリーズも概ね一回りしたので これから二巡目に入ります。知床峠で出逢えたギンザンマシコ!素晴らしい天候に恵まれ 目の前に飛んで来たギンザンマシコを写したのは初めてです。こんな感じで撮影をしています。因みに私は手持ち撮影で左の赤いジャンパーを着た方の左側で撮りました。駐車場側へ出てくれると光の具合は好いけれど石垣の上に柵が有るので踏み台が無いとチョッと厳しいです。6月23日 知... [続きを読む]
  • 北海道遠征35 
  • 今年の夏の北海道は何処へ行ってもコヨシキリが見られると云っても過言ではありません。オムサロ原生花園でも彼方此方から囀る声が聞こえて来ます。 自生するオオイタドリ?の葉の上に乗って囀るコヨシキリは 一層可愛く見えてしまうのは私だけでしょうかね?6月18日 オムサロ原生花園にて  [続きを読む]
  • 北海道遠征34 アオジ
  • アオジは冬鳥としてMFにもやって来て 極普通に見られるので珍しくも無いけど目の前に出て来ると写してしまいます。 春先にMFで見るアオジの方が綺麗に見えるけど この個体は雌なのかな???6月21日 シブノツナイ湖にて [続きを読む]
  • 北海道遠征32 ツメナガセキレイ
  • 以前は北海道の一部の地域で繁殖をしていたツメナガセキレイも 最近は繁殖地が拡大されています。シブノツナイ湖も繁殖地の一つで 行けばかなり高い確率で見る事ができます。訪れる時季によって行動パターンは違うけど子育て中に出逢うことが多いです。今年はこれから巣の場所を決めるのか番で巣を掛ける場所を見付けている最中のような行動をしていました。6月21日 シブノツナイ湖にて [続きを読む]
  • 北海道遠征30 白いエゾリス
  • 昨年の秋から帯広畜産大学構内に白いエゾリスが居ると云う事だったので立ち寄りました。構内と云ってもかなり広いのでどの辺なのか見当もつきません。道内で出逢ったCMが写して来たというのでお聞きすると生協の周りで写したと云うので行ってみたけど見つからず 暫く探しても分からず諦めて望岳台へ向かいました。157?程の道のりをひたすら走って現地に着くと散策路2コースが閉鎖されていました。これじゃあ目... [続きを読む]
  • 北海道遠征29 タンチョウの親子
  • 根室へ行くと風連湖の畔に有るレイクサンセットに必ずお世話になっています。カフェやレストラン宿泊施設のログコテージが有ります。レイクサンセットの周辺で子育てをするタンチョウが居ます。 今年はタイミング良く1羽の雛を連れてコテージの近くへ来ていました。 このくらい小さくて可愛い時に写したいと思っていたので出逢えてとても嬉しかったです。 風連湖に沈む夕日が赤く染まり湖面に写り込み そこで餌を... [続きを読む]
  • 北海道遠征28 マキノセンニュウ
  • 初めて北海道を訪れた時は マキノセンニュウなんて小鳥が居るなんて知りませんでした。そんな時 鳥友が写してきた小鳥を見て 地味だけど何と魅力的なんだろうと思いました。次に遠征をした時は写して来ようと 何度か挑戦したけれど撮ることができませんでした。そんな訳で 今年の遠征での第一目標はマキノセンニュウを写すことでした。比較的撮り易いと云われるワッカ原生花園で早朝から待ったけどダメ! シブ... [続きを読む]
  • 北海道遠征26 ギンザンマシコ
  • 夏の遠征で撮っておきたいものの一つはギンザンマシコです。過去に知床峠でギンザンマシコと満足のいく出逢いは一度もありませんでした。今回は素晴らしい出逢いがあるのだろうかと期待して1回目は6月20日早朝に峠を目指しました。天気は悪くなかったのに本命は現れずでした。2回目は6月23日です。この日はクマを撮って峠へ直行しました。朝から天気は好くて 今出てくれたら最高だと思いながら待ちました。... [続きを読む]