スピカ さん プロフィール

  •  
スピカさん: すぱーずなび
ハンドル名スピカ さん
ブログタイトルすぱーずなび
ブログURLhttp://spursnavi.com/
サイト紹介文トッテナム・ホットスパーファンブログ
自由文トッテナムの試合レビューや気になるニュースを記事にしていきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 180日(平均5.6回/週) - 参加 2017/05/27 01:56

スピカ さんのブログ記事

  • 代表でも桁違いの存在感、クリスティアン・エリクセン
  • 今週行われたロシアワールドカップ予選の結果により、出場する全32チームが決定いたしました。圧巻の活躍を見せたエリクセンを中心にスパーズの選手たちの戦いを調査いたします。予選を戦うメンバーたち概ねの予選は終わっていましたが、アフリカ予選とヨーロッパのプレーオフなんかはまだ残っていました。あとはアジアと南米とかの大陸間プレーオフも。参戦していたのはデンマーク代表のクリスティアン・エリクセンとコートジボワ [続きを読む]
  • 負傷者も戻り、充実しているサイドバック
  • クラブでの試合がないので現在のチーム状況を整理しましょうシリーズをお送りしています。今回はサイドバックにフォーカスしてみたいと思います。サイドバックとウィングバックトッテナムは3バックと4バックを使い分けるチームです。現在所属している選手では今シーズン加入したオーリエを除き、全員が4バックのみで戦っていた時代に獲得した選手で、当初はサイドバックとして考えられていました。しかし昨シーズンチェルシーが作 [続きを読む]
  • 使い分ける2つのフォーメーション
  • 今シーズントッテナムは複数のフォーメーションを使用するチームに変貌しました。昨年の前半は4-2-3-1で後半はチェルシーに始まる3バックの流行に乗り、3-4-2-1がメインでした。今は4バックはほぼ使用していません。アルデルヴァイレルト、フェルトンゲン、ダイアー、サンチェスのうち二人が欠場しない限りは3バックのフォーメーションがメインです。主に使うのは3-4-2-1と3-5-2の二つ。これに関して考えてみます。カウンター型、3 [続きを読む]
  • 「トッテナムは世界一のクラブ」
  • 今週はプレミアリーグはお休みです。試合がないと記事を書くのが大変なのですが、嬉しいニュースが出ていたのでピックアップ退団の噂を一蹴2014年にサウサンプトンからやってきたアルゼンチン人監督マウリシオ・ポチェッティーノもともと評価の高い監督でしたが、スパーズに来て4年目でさらに評価を高めています。就任以降5位、3位、2位と着実に順位を上げ、先日のチャンピオンズリーグのレアル・マドリーとの戦いで1勝1分と勝ち越 [続きを読む]
  • 2017-2018シーズン中間査定〜10節終了時点〜
  • 2017-2018シーズンもおよそ4分の1が終了しました。早いですね〜ここまでの戦いを振り返り、各選手の採点をしてみたいと思います。成績プレミアリーグ3位:6勝2敗2分 19得点7失点カラバオカップ4回戦敗退チャンピオンズリーググループH 1位:3勝1分 10得点3失点GKウーゴ・ロリス採点:8プレミアリーグとチャンピオンズリーグは全試合に出場後ろからの繋ぎにも貢献し、セービングも安定している。決定的なセーブで試合を左右する [続きを読む]
  • 王者を倒す最大のチャンスだ vs レアル・マドリー
  • グループステージ首位の座をかけてホームに欧州王者を迎え撃つ。願ってもない展開です。さあいざ。弾みをつけたい両チーム好調なシーズンを送ってきたトッテナムは2連敗でこの試合を迎えることになりました。そんなに悲観することはないでしょう。カラバオカップのウェストハム戦はサブ組中心だったし、ユナイテッド戦もボロボロだったわけではない。この2試合にいなかったハリー・ケインも復帰したようで、ここ1年で最も負傷者が [続きを読む]
  • 休息とアピールと結果 vs ウェストハム・ユナイテッド
  • 厳しいと思われていた連戦もここまでは絶好調です。レアル・マドリー、リヴァプールと続いた中では比較的「やりづらい」相手になるでしょう。本日はカラバオカップ4回戦、ウェストハム・ユナイテッド戦です。監督解任も間近なのか前回対戦したのは9月23日のリーグ戦でした。その時は3点を先行しながらも、後半の追い上げで3-2と心臓に悪いゲームでした。その後スウォンジー、バーンリー、ブライトンと戦って1勝1敗1分です。すでに [続きを読む]
  • 最も苦手とする相手と vs リヴァプール
  • ミッドウィークのレアル・マドリー戦から中4日比較的時間を空けることがてきました。強豪との連戦は続きます。ホームでにリヴァプールを迎えます。唯一勝ったことのない相手ユルゲン・クロップ監督がリヴァプールでの3年目を迎えています。ドルトムント時代より自身の代名詞となっているゲーゲンプレスを馴染ませた今年は勝負の年になるはずでした。相変わらず攻撃サッカーは魅力的なのに守備が改善されないので、派手に得点が入る [続きを読む]
  • 最も苦手とする相手と vs リヴァプール
  • ミッドウィークのレアル・マドリー戦から中4日比較的時間を空けることがてきました。強豪との連戦は続きます。ホームでにリヴァプールを迎えます。唯一勝ったことのない相手ユルゲン・クロップ監督がリヴァプールでの3年目を迎えています。ドルトムント時代より自身の代名詞となっているゲーゲンプレスを馴染ませた今年は勝負の年になるはずでした。相変わらず攻撃サッカーは魅力的なのに守備が改善されないので、派手に得点が入る [続きを読む]
  • レアル・マドリー戦でダニー・ローズが復帰
  • レアル戦の終盤に約8か月ぶりにダニー・ローズが戦線復帰を果たしました。長い長い離脱期間でしたが、大きな戦力がついに戻ってきたぞ。移籍の噂は過去のもの1月31日のサンダーランド戦の負傷以降、思わぬ長期離脱となってしまったローズは出られないことへの苛立ちもあり、何かとメディアを騒がせる発言を繰り返してきました。「僕はお金を全てだと思うような人間ではないが、みんなも僕ももっと報酬を得るべきだ」「15年もサッカ [続きを読む]
  • 最大の力試しの場だ vs レアル・マドリー
  • ボーンマス戦から中二日、やってきましたシーズン最大級のビックマッチ、サンチャゴ・ベルナベウにおけるレアル・マドリー戦です。世界一のチームとの戦い史上初のチャンピオンズリーグ2連覇を果たし、名実ともに21世紀最高のクラブというに相応しいチーム夏に目立った補強はありませんでしたが、多少の選手を放出してもぐらつかないほどの選手層を有しています。今年は早くもバルセロナに差をつけられ、好調ヴァレンシアも挟みリ [続きを読む]