山嵐 さん プロフィール

  •  
山嵐さん: 介護施設の真実〜現場からのSOS〜
ハンドル名山嵐 さん
ブログタイトル介護施設の真実〜現場からのSOS〜
ブログURLhttp://www.kaigosos.com/
サイト紹介文介護施設で働く男が真実のみを書くブログ。這いつくばって生きる人生と真実を温かい目で見守り下さいませ。
自由文介護福祉業界は3K(きつい、汚い、危険)などと言われますが、実際は10K(きつい、汚い、危険、苦しい、給料が安い、腰が痛い、休憩が取れない、休暇が取れない、格好悪い、窮屈)くらいは軽くあります。
僭越ながら自己紹介とブログの概要→http://www.kaigosos.com/article/449412175.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供355回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2017/05/27 03:40

山嵐 さんのブログ記事

  • 【身バレの恐怖】ブログの存在が会社にバレてしまったらどうするか
  • 2017年4月から当ブログを開設して様々な介護業界の闇や自分の勤務している介護施設の真実について記事を書いてきました。1年以上もの間、ほぼ毎日記事を更新していると、お陰様でアクセス数やPV数も月平均8万PVを超え、検索エンジンからの流入も6割を超えるようになってきました。ブロガーとしては大変ありがたい状況なのですが、ひとつ不安要素があるとすれば「身バレ」です。「介護施設の真実」というブログタイトルに恥じないよ [続きを読む]
  • 「来月のリーダー会議はリーダー全員参加」という上司からの通達
  • 介護職員の人手不足により2つのユニットを閉鎖し利用者の受け入れも制限している状態なので、暫くの間「リーダー会議」というものも開催されませんでした。私はリーダー会議というものは「不毛な会議のひとつ」だと思っているので、ありがたいことだったのですが、先日上司から「来月はリーダー会議をするので、リーダーは全員参加するように」という通達がありました。まだまだ人員不足を解消できていない状態なのに、この期に及 [続きを読む]
  • 実は奥が深く難しい「介護現場の見守り」とは?
  • 介護現場には「見守り」という業務があります。入職して間もない職員や応援に来た職員にやってもらうことの第1位になるのではないかと思います。何故かというと、利用者のことをよく知らない状態で・食事介助・入浴介助・排泄介助などの直接的な介助をするのは職員にとっても利用者にとっても負担となり、リスクにも繋がりかねないためです。一時的、スポット的又は不慣れな職員の場合は、そういった理由で「見守りをお願いします [続きを読む]
  • 【介護業界の現状】介護施設にありがちな「派閥」はもうこりごり…?
  • どの業界・業種の会社でも従業員の中で「派閥」というものがあるかと思います。「うどん派」「そば派」程度の派閥ならあまり問題になりませんが、介護施設内の派閥は色々な問題と特徴があります。◆介護施設の派閥の特徴「派閥」と聞くと、対立関係にある2つ以上の集団をイメージするかもしれません。確かに厳密に見ていくと細々した派閥がいくつもあります。例えば・課長クラス寄りの派閥・主任やリーダー寄りの派閥・おばちゃん [続きを読む]
  • 医者のプラセボ(プラシーボ)効果は絶大
  • プラセボ(プラシーボ)効果とは、「偽薬効果」とも言われています。本来は薬効として効く成分がない薬(偽薬)を投与したのに、病気が快方に向かったり治癒したりすることがあります。恐らく、偽薬であっても信じて服用することによって「精神的な安心・安定」だとか「病は気から」ということに通じ、効果が表れているのだと思われますが、その詳しいメカニズムは解明されていないようです。特に高齢者は「薬」に対して「特別な感 [続きを読む]
  • 介護現場の上司の「しんどい時は遠慮なく言いなさい」という無意味な配慮
  • 常に人員不足の介護現場ですから、最近は職員に対しても「表面上は口当たりの良い言葉掛け」が行われるようになってきました。「しんどい時は無理をせずに言って下さい」「出来るだけ残業をせずに帰ってもらう為に、優先順位をつけて仕事をして下さい」言葉掛けはありがたいのですが、結局はその後の対応や対策がないと根本的な解決にはならないので、「言った所で何も変わらない」という現実があるのも確かです。◆そもそも毎日「 [続きを読む]
  • 夜勤明けで理事長(施設長)に謎の声掛けをされた結果
  • この前の夜勤明けの日に、退勤のタイムカードを押し、更衣室で着替えを済ませ職員通用口から外へ出ると理事長(施設長)にバッタリと会いました。理事長は名義上は法人ナンバー1ですが御年70歳を超えていて、介護保険制度のことやケアマネが何をする人かもよくわかっていないような人物なので、実際は法人の「象徴」のような存在で、主な仕事は施設周りの草取りになります。ですから、うちの施設において実質のナンバー1はこの理事 [続きを読む]
  • 「人員不足の介護施設」に求人応募がこない3つの原因
  • 多くの介護施設で介護職員等の人材が不足しています。その理由を簡単に言ってしまえば「ブラック体質だから人材が不足している」と言い切ってしまってもいいかと思います。「低賃金」という理由もありますが「何で低賃金なのに、こんな嫌な思いをして働かなければならないんだ」という事に行き着いてしまいます。そもそも「介護職員に支給される低賃金では生活が成り立たない」という人は最初から避けて通る職業です。最近では「ホ [続きを読む]
  • 「身体拘束」の研修では教えてくれない「グレーゾーン」の在り方
  • 先日、施設内で「身体拘束」に関する研修がありました。この度の介護報酬改訂で、身体拘束に関する減算の見直しがあったからだと思われます。「介護職員その他の従事者に対し、身体拘束等の適正化のための研修を定期的に実施する」となっています。◆研修の内容は?上記画像のプリントが「拘束についての意識調査」です。拘束と思うものに〇もしかして…と思うものに△拘束ではないと思うものに×をつけて下さい。1.自分で柵を外せ [続きを読む]
  • またユニットリーダーが辞めていきます
  • 退職ブームはまだまだ続いています。昨年ケアマネ試験に合格し、研修も今月で修了したばかりの20歳代の若いユニットリーダーも「夏頃に辞める」という確かな噂が流れてきたので、早速本人に直接話を聞いてみました。◆「夏頃」っていつ?夏場の介護現場は暑さで体力を奪われていく過酷な状況になります。エアコンが入っているものの、利用者に対する温度設定となっている為に、基本的に「冷房28度設定」です。バタバタと動き回って [続きを読む]