ヴォロス さん プロフィール

  •  
ヴォロスさん: ヴォロスの不動産株式運用
ハンドル名ヴォロス さん
ブログタイトルヴォロスの不動産株式運用
ブログURLhttp://jreit.blog.jp/
サイト紹介文不動産企業に特化した不動産業や株式の情報を発信していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2017/05/27 15:47

ヴォロス さんのブログ記事

  • 三井不動産㈱ グループ長期経営方針 策定
  •  2018年5月14日に三井不動産グループの長期経営計画が策定されましたのでお知らせします。1.「VISION 2025」策定の背景と目的 三井不動産グループは、2015年度にグループ中期経営計画「イノベーション2017 ステージⅡ」を公表し、「国内事業競争力の一層の強化」と「海外事業の飛躍的な成長」に取り組んできました。  2017年度については、営業利益、親会社株主に帰属する当期純利益とも4期連続で最高益を更新するなど、順調に [続きを読む]
  • NTT都市開発㈱ 京都「新風館再開発計画」のホテルブランドが決定
  •  NTT都市開発㈱が京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町で進める「新風館再開発計画」について、エースホテルとホテル運営委託契約を締結したと発表しました。 名称は「エースホテル京都」の出店が決定し、2019年末の開業を予定しています。 NTT都市開発は、東京のみならず、全国主要都市で事業を展開しており、京都においても、2001年開業の「新風館」、2010年開業の「ラクエ四条烏丸」、2019年開業予定の「元清水小学校活 [続きを読む]
  • 認定住宅の新築等をした場合の認定住宅新築等特別税額控除
  • 1.認定住宅新築等特別税額控除とは 認定住宅新築等特別税額控除とは、個人が、長期優良住宅等の普及の促進に関する法律に規定する認定長期優良住宅に該当する家屋で一定のもの(以下「認定長期優良住宅」といいます。)の新築又は建築後使用されたことのない認定長期優良住宅の取得をした場合において、平成21年6月4日から平成33年12月31日までの間に居住の用に供したとき、又は、 都市の低炭素化の促進に関する法律に規定する低 [続きを読む]
  • 多世帯同居改修工事をした場合の住宅特定改修特別税額控除
  • 1.多世帯同居改修工事をした場合の住宅特定改修特別税額控除 多世帯同居改修工事をした場合の住宅特定改修特別税額控除(住宅ローン等の利用がなくても適用できます。)とは、個人が、自己が所有している居住用家屋について多世帯同居改修工事を行った場合において、当該家屋を平成28年4月1日から平成33年12月31日までの間にその者の居住の用に供したときに、一定の要件の下で、一定の金額をその年分の所得税額から控除するもので [続きを読む]
  • 省エネ改修工事をした場合の住宅特定改修特別税額控除
  • 1.省エネ改修工事をした場合の住宅特定改修特別税額控除 省エネ改修工事をした場合の住宅特定改修特別税額控除(住宅ローン等の利用がなくても適用できます。)とは、個人が、自己が所有している居住用家屋について一般断熱改修工事等(以下「一般省エネ改修工事」といいます。)を行った場合において、当該家屋を平成21年4月1日から平成33年12月31日までの間にその者の居住の用に供したときに、一定の要件の下で、一定の金額をそ [続きを読む]
  • 耐久性向上改修工事をした場合
  • 1.耐久性向上改修工事をした場合 耐久性向上改修工事(2の(5)の工事をいいます。)をした場合の住宅特定改修特別税額控除(住宅ローン等の利用がなくても適用できます。)とは、個人が、自己が所有している居住用家屋について耐久性向上改修工事(住宅耐震改修や一般省エネ改修工事と併せて行うものに限ります。)を行った場合において、当該家屋を平成29年4月1日から平成33年12月31日までの間にその者の居住の用に供したときに [続きを読む]
  • 耐震改修工事をした場合の住宅耐震改修特別控除
  • 1.耐震改修工事をした場合の住宅耐震改修特別控除 住宅耐震改修をした場合の住宅耐震改修特別控除とは、個人が、平成18年4月1日から平成33年12月31日までの間に、自己の居住の用に供する家屋(昭和56年5月31日以前に建築されたものに限ります。)について住宅耐震改修をした場合には、一定の金額をその年分の所得税額から控除するものです。(注)平成23年6月30日前に住宅耐震改修に係る契約を締結する場合には、一定の地域の要件 [続きを読む]
  • 災害を受けたときの住宅借入金等特別控除の適用期間の特例等
  • 1.災害を受けたときの住宅借入金等特別控除(特定増改築等)住宅借入金等特別控除の適用を受ける家屋(以下「従前家屋」といいます。)が、災害により平成28年1月1日以後に居住の用に供することができなくなった場合においても、平成29年分以後の適用期間内にこの控除を引き続き受けることができます。ただし、次に掲げる年以後の各年を除きます。 1.従前家屋若しくはその敷地の用に供されていた土地等又はその土地等に新たに建築 [続きを読む]
  • 転勤と住宅借入金等特別控除等
  • 1.転勤と住宅借入金等特別控除等 住宅借入金等特別控除又は特定増改築等住宅借入金等特別控除(以下「住宅借入金等特別控除等」といいます。)の適用を受けるための要件の一つとして、個人が、住宅ローン等を利用して居住用家屋の新築若しくは取得又は増改築等(以下「住宅の取得等」といいます。)をした日から6か月以内にその者の居住の用に供し、かつ、その年の12月31日まで引き続きその者の居住の用に供していることが必要と [続きを読む]
  • 要耐震改修住宅を取得し、耐震改修を行った場合
  • 1.要耐震改修住宅を取得し、耐震改修を行った場合  中古住宅を取得した場合の住宅借入金等特別控除の対象となる中古住宅は、耐震基準又は経過年数基準を満たすものに限られていましたが、平成26年4月1日以後に、これらのいずれの基準にも該当しない中古住宅のうち床面積が50平方メートル以上であるなどの要件を満たすもの(以下「要耐震改修住宅」をいいます。)を取得した場合において、事前に一定の耐震改修を行う旨の申請をした [続きを読む]