starmalin さん プロフィール

  •  
starmalinさん: 着ラメク服
ハンドル名starmalin さん
ブログタイトル着ラメク服
ブログURLhttps://ameblo.jp/starmalin/
サイト紹介文身体に優しく寄り添う、温もりある着心地、煌めきある美しいお洋服を真心こめてお届けいたします♡
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2017/05/27 17:15

starmalin さんのブログ記事

  • 洋服だけではなく、パターンもリフォーム!
  • 原型は個人補正原型、パータンメイキングは体型補正パターンより品・質・素・美が溢れ出すお洋服をお仕立しております。 こんな服作りたい。あんな服作りたい。服作りは、作りたい服がどんどん膨らんでいきます! 雑誌の中やウインドショッピングの中から、作りたい服が見つかると再現したくなります。服にするためには、パターンが必要です。 ご自分でパターンメイキングしてみたけれど、パターンを購入してみたけれど、イメー [続きを読む]
  • お直し補正はフィッティング!
  • 原型は個人補正原型、パータンメイキングは体型補正パターンより品・質・素・美が溢れ出すお洋服をお仕立しております。 若い頃に購入して、捨てられなかったパンツリフォームご依頼です。大切に保管され状態もとても良く、お気に召していたことが伝わってきます。履けなかった理由は、体型が変化したとのこと。ウエスト6センチ出し、丈つめ3センチをして、甦らせます! ウエスト6センチ出しということは、ウエストだけ大きくす [続きを読む]
  • オーダーメイド服は遠い存在!?
  • 原型は個人補正原型、パータンメイキングは体型補正パターンより品・質・素・美が溢れ出すお洋服をお仕立しております。 お気に入りの服はどんな服ですか?デザインやラインやカラーが気に入っている?それだけでしょうか? デザイン・ライン・カラーと合せて、着心地の良さがありませんか。 先日、アクセサリーのオーダーをした時、オーダーのお話で担当のマネージャーさんと盛り上がりました。数年前から履いているお気に入りの [続きを読む]
  • 原型からの不具合発見!!
  • 原型は個人補正原型、パータンメイキングは体型補正パターンより品・質・素・美が溢れ出すお洋服をお仕立しております。 夏の補正講習会は4日目となりました。毎日、沢山の不具合服に触れられる滅多にない学びの時間になっています。 服の不具合の見抜き方、補正の仕方を学びます。 服の不具合は、服の上に出てきていていますが、ぼんやりと眺めていた状態から、見る。見る。見る!を繰り返していくと『ヘンなところ』がハッキリ [続きを読む]
  • 補正を知ると服がイキイキしますよ?
  • 原型は個人補正原型、パータンメイキングは体型補正パターンより品・質・素・美が溢れ出すお洋服をお仕立しております。 正しく補うと書いて『補正』といいます。洋服の補正とは、人それぞれの解釈があることを知りました。 わたしの考えの補正ではなく、正しく補うというところから書いてみますね。 服の中に人が入っている状態で、人と服とがぶつかったり、浮いたり.、引っ張られたり、空いたりします。この人と服との間で起き [続きを読む]
  • 袖あきは、服(腕)の出入り口
  • 原型は個人補正原型、パータンメイキングは体型補正パターンより品・質・素・美が溢れ出すお洋服をお仕立しております。 テレビの出演者、街ゆく人のお洋服の袖あき(赤??)が大きく開いているのをよく見かけます。 お若い人は、デザインで着られますが、年を重ねると袖あきは覗けないようにしたいところでもあります。胸の中まで見通しできることにもなってしまいます。着ている人は見えないですが、人が目につくところなので [続きを読む]
  • 中高年の方はどうしてニットを着ている人が多いの?
  • 原型は個人補正原型、パータンメイキングは体型補正パターンより品・質・素・美が溢れ出すお洋服をお仕立しております。 中高年・高齢者の皆さんのお悩みをお聞かせ頂きました。 中高年の方は、ニット生地の柄の服をお召しになっている方が多いですよね。なぜニット生地のお洋服が多いのでしょう? ニット生地は、伸びるからです。 ▼この方は、中高年の高年に近い年齢の方です。前と後ろを見比べてみると、背中がとても広く体型 [続きを読む]
  • パンツで股ズレ.....
  • 原型は個人補正原型、パータンメイキングは体型補正パターンより品・質・素・美が溢れ出すお洋服をお仕立しております。 パンツはお好きですか?アイテムの中でパンツがお好きな方は多いですね。スリム・ストレート・ガウチョ・フレアーなどなど、たくさんのパンツラインがあります。あなたは、ご自分にどんなラインが合うのかご存じですか? 今回のご依頼は、ギャザーウエストゆったりラインのパンツです。 『ゆったり』とは、 [続きを読む]
  • ”作りたい服のパターンが作れない!”
  • 原型は個人補正原型、パータンメイキングは体型補正パターンより品・質・素・美が溢れ出すお洋服をお仕立しております。 ▲昨日のブログ中での言葉より 採寸数値の直線をのせていくのは、平面の世界(平面上に点と点の直線から全体を描く図形)採寸数値の線と線を動かしていくのは、立体の世界(平面上に平面と曲面に空間の広がりをもった図形)どちらも同じ採寸数値を扱うのですが、数値を動かしていく世界を知ると数値をのせ [続きを読む]
  • 作りたい服のパターンが作れない!
  • 原型は個人補正原型、パータンメイキングは体型補正パターンより品・質・素・美が溢れ出すお洋服をお仕立しております。 既製服では自分に合う服がない→自分で服を作る→自分に合うパターンがない→自分でパターンを作る市販本パターンや販売パターンは、万人向けの既製服。自分に合うパターンを求めていくと原型作りに向かっていきます。 自分の原型はどのように作っていきますか?▼原型作りは、いろんな方式があります。文化 [続きを読む]
  • あなたの体型になったタイトスカート
  • 原型は個人補正原型、パータンメイキングは体型補正パターンより品・質・素・美が溢れ出すお洋服をお仕立しております。 パターン称号をオーダーメイドパターンへ、刻印いたしました。ひとつひとつのお洋服の型紙はカルテとして管理していき、これからもフォローさせて頂きます。 今回のオーダーパターン依頼は、タイトスカートです。 もちろん、オーダーメイドパターンですので、ご依頼人さまの体型となった型紙です。型紙完成ま [続きを読む]
  • 服のお直しは、補正
  • 原型は個人補正原型、パータンメイキングは体型補正パターンより品・質・素・美が溢れ出すお洋服をお仕立しております。 ▼こちらのズボンをお持ちになりお直しのご依頼です。 ウエスト3?出し2タックを1タックへ太幅から裾幅のライン変更 ▼履いて頂いた状態です。(前)無理無理ファスナーを閉じて履いて頂きました。タックも口が広がってしまい、お腹周りが苦しそうなのが見て分かります。後ろのお写真が保存されてず、 [続きを読む]
  • イメージ通りのワンピースに会えるには
  • 原型は個人補正原型、パータンメイキングは体型補正パターンより品・質・素・美が溢れ出すお洋服をお仕立しております (パーソナル カスタム スペシャル パタンナー ミチエ)Personal custom special patterner MICHIE です。 ●イメージ通りのワンピースができない!あなたは、どのようなラインのワンピースがお好きですか?ワンピースといってもさまざまなラインがあります。パターン製図付きの本を買っても、イメージと違う [続きを読む]
  • 人体からの服の誕生
  • 原型は個人補正原型、パータンメイキングは体型補正パターンより品・質・素・美が溢れ出すお洋服をお仕立しております (パーソナル カスタム スペシャル パタンナー ミチエ)Personal custom special patterner MICHIE です。 ●『人体からの服の誕生』 宇宙観満載のタイトル!! 内容は、とてもシンプルなことなのですけどね。。服作りを人と身体をベースとした、お話しをしていこうと思います。 洋服作りにもさまざまな道が [続きを読む]
  • あなたのウエストラインで作るスカート♪
  • 原型は個人補正原型、パータンメイキングは体型補正パターンより品・質・素・美が溢れ出すお洋服をお仕立しております (パーソナル カスタム スペシャル パタンナー ミチエ)Personal custom special patterner MICHIE です。 ●スカートはウエストで履くとはスカートを履いた時、タック・プリーツ・ベンツが裾で開いてしまうことありませんか?開いている状態が当たり前すぎて、デザインなのだとされてしまうことがあるようで [続きを読む]
  • 日本発!パタンナー称号授与
  • 念願の念願の、パタンナー称号をお受けしました! 称号名はPersonal custom special patterner(パーソナル・カスタムスペシャルパタンナー) 補正技術を通した個人対応パターンメイキングでの活動許可を頂きました。 技術とは、特別なモノではなく自分を信じ人のためにモノにぶつかり、長い年月の中で一つ一つを積み重ねてきて生まれてくるものだと思います。技術ありきではなく、人と服へ想いを持ち続け共に学んでいる仲間ととも [続きを読む]
  • 服の裏地は、あなたの皮膚
  • 先日、あるテレビ番組で本質の芸術品を取り上げていました。有名なオーダーメイドアクセサリーのデザイナーさんがこんなことを仰っていました。「出来上がったアクセサリーを、一点一点全て自分の肌で確かめます。」と。デザイナーさんは、必ず自分の身体で着け心地を確認されていました。見える表側のデザインと、肌に触れる裏側との両面が整ってお客さまのもとへ届かれるのです。 服の裏地も、同じです。肌に触れるのは裏地。表地 [続きを読む]
  • 型紙作りは折り紙みたい。。
  • 服は、1枚の布から形作られている。平面の布を立体の身体に着せつけていく。 型紙作りは、一枚の色紙から折り鶴を作るのと同じよう。。特に、型紙に体型補正を入れている時、折り紙をしているように感じたりします。 型紙・パターン製作後、裁断をして布を身体に合せていきます。身体は、凸凹があり丸みがあるから折り線のように直線だけでは、進めれない。そこが難しいところでもあります。 紙は、動かしても伸びない。でも布は [続きを読む]
  • 洋服作りのポイントは、人間観察
  • 女性の身体は、バスト〜ウエスト〜ヒップという曲線があり、このラインが美しさを表現してくれます。 服は、前と後ろの2面からなっており、脇と肩で合わされ人の身体を包む作りになっています。当たり前の仕組みだけど、あまり意識していないかも。。 身体の前面は、バストの高さ・お腹の膨らみetc....後面は、肩の厚み・肩甲骨の高さ・背中のくびれetc....身体のあちらこちらに凸凹しているのが人の身体の様子です。 特に女性はバ [続きを読む]
  • 原型に補正を入れるということ (肩線編)
  • いつも服が後ろにいってしまうこちらの方の原型を作図いたしました。後ろにいった肩線(服の肩線)とご本人の肩線(赤線)の差を測ってみますと、3?強ありました。 ▼青線が補正済原型で、赤線が文化式旧原型です。前と後ろのショルダポイント(SP)の差を測ってみると、補正済原型(青色)は、8.5?。文化式旧原型(赤色)は、2?。バストライン(BL)からショルダーポイント(SP)の高さが後ろが長く、前が短くなるのが前肩体型 [続きを読む]
  • 個人個人に合う型紙に出会っていますか?
  • 洋裁パターンは、どのようなものを使っていますか? 洋裁本に添付されているパターンを使用している人。スタイルブックなどの製図方法を参考にパターンを起こしている人。洋裁教室の先生の指導のもとでパターンを起こしている人。 いっぱい本を見たけれど、いろいろなお教室で教わっても体型に合う型紙ができない!!洋裁難民していませんか?(わたしは、その人でした。。) パターンオーダーのご依頼を頂いたお客様も、ご自分の [続きを読む]
  • 不具合のズレ・違い
  • 体調が悪い時、「具合が悪い。」って表現しますよね。。 ・気持ち悪い・お腹が痛い・身体がだるい・胃が痛い・腰が重いなどなど......調子の悪いときに言います。 身体のどこかしらが、いつもと違う感覚(違和感)がある時に使います。 服の不具合というのは、身体の具合が悪いのと似ているのかも。服と身体が合わない(調子が悪い時)に、服の中の身体と服の外の布に訴えてくる症状といえます。 服を着て、身体が感じる違和感・居心 [続きを読む]
  • 居心地のある不具合のない服を作るには
  • 不具合のズレ・勘違いについて記事をまとめていたら、その前に触れておきたいことがありましたのでお伝えしますね。 人は、ほとんどの時を服を着て過ごしているけれど、気づいていない居心地の悪さの中にいるのかもしれません。 なんとなく、手に取ってしまう服って着る回数は多くありませんか?身体はちゃんと気づいているのです。 お客さまに、服を着た時の居心地の悪さをお聞かせ頂きました。 「服が後ろにいってしまう」「前 [続きを読む]
  • 服の不具合の迷路から脱出!
  • こちらのモデルさんが仮縫いの服を着ている姿だと設定したとして、不具合はどこに出てきているのか見ていきたいと思います。・襟の開きが身体から浮いてプカプカしている。・服が肩から左右に落っこちている。・袖と身頃の切り替えしで、もたついてる。・袖がねじれている。・胸から脇に向かって斜めシワがある。モデルさんに合わせた服ではないので、全体に大きい感じがして、ワンサイズ大きい服を着ているようです。不具合をその [続きを読む]
  • スッキリしたラグラン袖
  • セクシーなヨーク・ラグラン袖のツーピースのパターンメイキングです。ラグラン袖は、お袖がネジれて仕上がったり、ダボっとしてしまったり、なんだかスッキリしない。そんなイメージがありませんか?本に記載通りの傾斜で引かれていませんか?上記のようにうまくいかないのは、あなたができないのではなくて、そうなってしまって当たり前。。(わたしもどうしてできないのだろう??の繰り返しでした。)うまくいかない原因はパター [続きを読む]