ムータロウ0101 さん プロフィール

  •  
ムータロウ0101さん: 僧帽弁閉鎖不全症の犬の記録
ハンドル名ムータロウ0101 さん
ブログタイトル僧帽弁閉鎖不全症の犬の記録
ブログURLhttp://heartdiseaseindog.blog.fc2.com/
サイト紹介文我が家の犬が僧帽弁閉鎖不全症になりました。記録用としてブログを立ち上げました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 76日(平均0.7回/週) - 参加 2017/05/28 13:44

ムータロウ0101 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • セカンドオピニオン
  • 私の友人に前職が動物病院の方がいました。働いていた病院は県内では、かなり有名な動物病院でした。その友人に相談したところ、いろいろなワンちゃんが診察に来るし症例数が多いはずだから1度友人が働いていた病院の院長先生に診てもらっては??と言うアドバイス元々、いろんな角度からいろいろな意見を聞いてみたかったのでその病院を紹介してもらうことにしました。・聴診・レントゲン・超音波検査やはり、中〜重度初期の僧帽 [続きを読む]
  • 友人のキャバちゃんの僧帽弁の話
  • 僧帽弁になったキャバのわんちゃんの話を2人から聞くことが出来ました。1人の方は、気付いた時には肺水腫を起こし、重篤な状態だったようです。それから、間もなく亡くなったようです。もう1人の友人のキャバちゃんは、年一の検診で心雑音早めに分かったそうで、分かった段階でキャバリアという犬種柄、即、お薬を服用していたそうです。友人のキャバちゃんは温厚で性格のいい吠えないわんこさんでした。お薬を服用しても、15 [続きを読む]
  • 僧帽弁閉鎖不全症の本と出合う
  • かかりつけの先生から言われたのは、・6才なので体力面では心配ないので手術という方法も選択肢に入るとのこと・かかりつけの病院では手術はしてないが、関東の上地先生と言う方が僧帽弁手術を行っているということ・愛犬は肺水腫は今現在起こして無いとのことそこで、家に帰るなり、上地先生をウェブで検索してみると上地先生が出されている本がヒットしました。早速、Amazonでポチ!!本が到着するまでの間は、僧帽弁になったわ [続きを読む]
  • 咳の診断確定
  • 10月に入り相変わらず咳が出ていたので、かかりつけ医に行き、聴診をしてもらうと、心雑音。以前8月お盆に(かかりつけ病院が休みの為)近隣病院に行った際に、6才でしょ?若いから大丈夫だと思うけど。と、医師に言われていたので、なんとなく咳は心臓病じゃあ〜ないだろうと、思っていたのですがレントゲン、エコーを撮ってもらった結果、6才にしては、中度〜(もしくは重度手前)の僧帽弁閉鎖不全症と分かりました。頭の中 [続きを読む]
  • 2匹だから気付く点、気付かない点
  • 同犬種で、2匹年齢の近い犬が居るので気付く点、気付かない点があります。いい意味でも悪い意味でも・・・・逆くしゃみが多いメス犬が居るから、オス犬(僧帽弁)の咳の症状も逆くしゃみだと勘違いした・メスが同時期に病院でケンネルコフと診断されたので、オス犬(僧帽弁)もケンネルコフだろうとレントゲン診断をお願いせず、薬で様子を見ることにした。2匹いるので、そう思い込んでしまいました。ですが逆に2匹いるのになぜ [続きを読む]
  • お盆の休みに咳が悪化。。。
  • 我が家にはもう一匹同犬種で年下のメスの犬がいますそのメスはオス犬より体格が小さく我が家に来た当初より、よく逆くしゃみをする犬。もちろん、病院で診て頂いたのですが異常が無いということです。なので、オス犬も逆くしゃみだろうと、気にしつつも、病院に掛かるまでではないだろうと思っていました。ですが8月に入り、やたら咳が気になりだしたのです。2匹で遊び興奮するとやたら、咳き込む。ただ丁度その時期、メス犬がケ [続きを読む]
  • 僧帽弁と診断されたのは・・・
  • 診断されたのは、10月のこと。僧帽弁閉鎖不全症はキャバリアの疾患というイメージがありキャバを飼う際は注意したい病気との認識程度でした。我が家の犬はちなみにチワワです。実は、動物病院の専門の先生から聞いた話では今現在は病院にこの病気で来るわんこのほとんどはチワワだそうです。さて我が家は秋口に診断されたのですが、症状らしきものが出たのは4月でした。実は、今まで出なかった咳が出始めたのがこの時期。しかし [続きを読む]
  • 過去の記事 …