鶴女 さん プロフィール

  •  
鶴女さん: 鶴女の雑記帖
ハンドル名鶴女 さん
ブログタイトル鶴女の雑記帖
ブログURLhttp://tsuruzyo-note.com/
サイト紹介文法政通教史学科に入学したアラフィフ独身です。通教のこと・本・美術館・史跡巡りをつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 203日(平均1.7回/週) - 参加 2017/05/28 14:55

鶴女 さんのブログ記事

  • 秋の奈良の旅3『高札場とならまち格子の家』
  • ダラダラと続いております、秋の奈良の旅。前回までの記事はこちらから。 鶴女の雑記帖 秋の奈良の旅1『第69回正倉院展―奈良国立博物館』http://tsuruzyo-note.com/2017/11/syosoin69/昨日の「国宝展」に続き、本日は「正倉院展」です。奈良国博は春の「快慶展」以来ですが、春は体調もいまいちだったので、快慶展と興福寺の阿修羅像を見て早々に東京に... 鶴女の雑記帖 秋の奈良の旅2『東大寺・正倉院外構・東大寺ミュージ [続きを読む]
  • 【勉強の進捗】2017年11月  基礎が足りない!?
  • 11月の勉強の進捗です。今年も残すところあと1か月を切りました。法政通信の12・1合併号が届きました。冬スク期間中に卒論の一般指導が開催されますが、その日程もでてます。私も出席しようと思っています。それから「通教生のつどい」が1/25(木)17時30分より開催されますね。いろいろ情報交換できるいい機会なのですが、仕事との兼ね合いが微妙で現在思案中。 スクーリングは順調だけど秋スクのうち「西洋美術史」「東洋史 [続きを読む]
  • 肥後細川庭園の紅葉ライトアップが美しい
  • 文京区立肥後細川庭園で秋の紅葉ライトアップが開催されています。仕事帰りに見に行きました。参加費300円で、幻想的な紅葉が堪能できます。 ひごあかり肥後細川庭園は、肥後熊本藩・細川家の下屋敷跡になります。回遊式泉水庭園で、斜面や森や湧き水まであります。曇りでしたが風の無い日だったので、池が鏡面のように光を映し出してそれはもう幻想的な風景でした。こちらは冬の風物詩・松の雪吊り。少し遠目から雪吊り全景。紅 [続きを読む]
  • 「オットー・ネーベル展」−ザ・ミュージアム
  • 渋谷のザ・ミュージアムで「オットー・ネーベル展」を見ました。クレー、カンディンスキー、シャガールと同時代の前衛画家です。残念ながら、私はネーベルの名は全然知りませんでした。今回は日本初の回顧展になります。 あまり知られていない前衛画家1892年にドイツのベルリンで生まれたネーベルは、建築を学んだり演劇学校に通い、第一次世界大戦で兵役についた後、画家になることを決意しました。舞台俳優をやっていた若い頃の [続きを読む]
  • 後期週末スクーリングが結構楽しい
  • 本日より後期週末スクーリングが始まりました。今回受講しているのは「日本史」。一般科目なので3年編入だと卒業単位としてはカウントされず、スクーリング単位として充当されるだけです。それでも受講しようと思ったのは史料の性質やその調べ方を修得したいのと、日本史のおさらいを兼ねてです。授業の内容は、古代史をテーマに史料を客観的に評価しながら東アジアにおける倭国(日本)や律令国家の成立など。こう言うとなんだか [続きを読む]
  • 【東京文化財ウィーク2017】都心の重要文化財建築を見る
  • 東京文化財ウィークで面白そうな催しに参加しました。 鶴女の雑記帖 東京文化財ウィークのすすめhttp://tsuruzyo-note.com/2017/09/tokyobunkazai/「東京文化財ウィーク」って知ってますか?都内にある文化財を一斉に見せる『公開事業』と、文化財巡りや講座などを行う『企画事業』の二つがあるのですが、要するに期... NPO法人東京シティガイドクラブが主催している文化財めぐりのうち、「都心の重要文化財建築を見る」というコー [続きを読む]
  • 秋の奈良の旅1『第69回正倉院展―奈良国立博物館』
  • 昨日の「国宝展」に続き、本日は「正倉院展」です。奈良国博は春の「快慶展」以来ですが、春は体調もいまいちだったので、快慶展と興福寺の阿修羅像を見て早々に東京に戻ってしまいました。今回の旅行は体調もばっちりで、奈良を見倒す気まんまんでしたが、あいにくの雨模様。昨日の京都は快晴で暑いくらいだったのですが、奈良の気温はちょっと低いかな。がしがし歩くのだったらいいくらいかも。昨日の京都と今日の奈良を足して2 [続きを読む]
  • 秋の京都の旅2『桂離宮を参観』
  • 秋の京都の旅の続きです。午後からは桂離宮の参観と、夕方近くに東寺に行って来ました。お天気には恵まれましたが、日中はちょっと暑かったかな。午前中に行った「国宝展」の記事はこちら 鶴女の雑記帖 秋の京都の旅1『「国宝展」−京都国立博物館』http://tsuruzyo-note.com/2017/11/kokuhoten/春に引き続き、秋の京都・奈良の旅に行ってきました。今回のお目当ては京都国立博物館の「国宝展」・桂離宮見学・奈良国立博物館の「 [続きを読む]
  • 秋の京都の旅1『「国宝展」−京都国立博物館』
  • 春に引き続き、秋の京都・奈良の旅に行ってきました。今回のお目当ては京都国立博物館の「国宝展」・桂離宮見学・奈良国立博物館の「正倉院展」です。東京駅朝6時発の新幹線で京都へ。車窓から見た朝日が眩しい・・・。8時過ぎに京都駅着。まずは「国宝展」を観に京都国立博物館へGO! 予想していたけどすごい混雑ぶり8時半ごろ博物館前に着いたのですが、すでに長蛇の列。博物館正面から始まって横の道の奥までずっと人が続い [続きを読む]
  • 【勉強の進捗】2017年10月 いろいろ盛り込みすぎているこの頃
  • 11月に入ってしまいましたが、勉強の進捗です。法政通信11月号も届きました。来年度の試験やスクーリング日程が出ています。日程だけではスクーリング計画は立てにくいのですが、法政大が提供しているWEBシラバスでは2015年度まで検索できるので、開講科目の大体のあたりだけつけています。 10月のスクーリング状況「西洋史概説」「西洋美術史」「東洋史概説」のスクーリングを継続中です。特に「西洋史概説」は、講師の大谷 [続きを読む]
  • 「江戸の琳派芸術」ー 出光美術館
  • 出光美術館に「江戸の琳派芸術」展を観に行きました。台風の前日の雨の強い夕方でしたが、なかなか結構な人出でした。琳派は人気ありますね。今回は酒井抱一と鈴木其一を中心とした19世紀前半の江戸の琳派にスポットを当てた展示となっています。酒井抱一の風神雷神この展覧会の私の中の目玉はなんといっても酒井抱一の「風神雷神図屏風」。琳派のアイコン的存在の風神雷神ですが、やはり有名なのが京都・建仁寺所蔵(建仁寺にあ [続きを読む]
  • 門前仲町に若冲を見に行く
  • 門前仲町で若冲展!?伊藤若冲といえば、2016年に東京都美術館で開催された「生誕300年記念 若冲展」の混雑ぶりが思い出されます。私も平日午後から「カラヴァッジョ展」に行き、そのあとに夜間公開で観ようと思っていたのですが、夕方ですら150分待ちだったため諦めたという思い出があります。(この程度の待ち時間はまだマシなほうだったのかもしれませんが。。。)今回見てきたのは個人所有の若冲の掛け軸と屏風。老舗の天ぷら [続きを読む]
  • 「運慶展」とその関連特集 東京国立博物館
  • 東京国立博物館に「運慶展」を観にいきました。春に奈良に「快慶展」を観に行って以来、この展覧会を楽しみにしていたのです!春の快慶展はこちら。 鶴女の雑記帖 京都・奈良の旅(快慶展・興福寺編)http://tsuruzyo-note.com/2017/06/nara1/こんにちは、鶴女です。もともとこの旅の目的は、奈良国立博物館で「快慶展」を観ることだったのですが、なにやら前日の京都が盛沢山になってしまいました。。。京都の...行ったのは会期も [続きを読む]
  • 【勉強の進捗】2017年9月 今頃ですが・・・
  • 10月も1週目に突入してしまいましたが、定例の進捗状況です。何もかもが中途半端な状況で・・・リポートに手を付けていますが、「日本美術史」「日本古代史」「日本中世史」「日本史概説」の平行作業のせいで、どれもこれも中途半端。さすがにこのままでは終わらないかも、という焦りもあって優先順位をつけました。まずは「日本美術史」に集中です。その次は「日本古代史」。その後は11月の週末スクで「日本史」を履修するので、 [続きを読む]
  • 東京文化財ウィークのすすめ
  • 「東京文化財ウィーク」って知ってますか?都内にある文化財を一斉に見せる『公開事業』と、文化財巡りや講座などを行う『企画事業』の二つがあるのですが、要するに期間限定で東京都の文化財や史跡を公開しちゃいます、関連の講座なんかも開いちゃいます、みんなぜひ来てね! という企画です。それぞれの期間はこんな感じです。文化財巡りや講座   2017年10月1日(日)〜11月30日(木)文化財の特別公開期間 2017年10月28日 [続きを読む]
  • 秋のスクーリング計画(2017年度)
  • 秋のスクーリング計画を若干修正しました秋スクの履修登録が始まりました。まだの方、9/25までですのでお忘れなく!鶴女の秋スクは西洋史概説・西洋美術史・東洋史概説の三本立ての予定。あと、11月週末スク「日本史」の予備登録もしています。(受講許可がおりればいいけど)メディアスクは受講許可は出ましたが、今回は見送ることにしました。後期は他学部の講座より、自学部の科目優先に。それでも最大4教科のスクーリングです [続きを読む]
  • 「正倉院フォーラム」に行って来ました
  • 2005年から読売新聞が毎年開催している「正倉院フォーラム東京」に行ってきました。倍率高そうだな・・・と思いながら、ダメ元で応募したら当選!この秋、奈良に正倉院展を観に行く計画を立てているので、その予備知識を得るためにもとても有意義な講演でした。基調講演は奈良国立博物館館長の松本伸之氏の「至宝!正倉院宝物をみる」。それから染織の専門家として東京国立博物館名誉館員・客員研究員の沢田むつ代氏の講演「正倉院 [続きを読む]
  • 「百年の散歩」多和田葉子
  • ベルリン在住の作家、多和田葉子の「百年の散歩」を読みました。ベルリンではないどこかベルリンの実在する10の通りを主題にした連作集で、舞台はどれもベルリンのはずなのに、読み進めていくうちにどこの国の話かわからなくなる。そもそも、私たちが暮らしているこの次元の話なのだろうか。だんだん自信がなくなる・・・。異次元というほどではないが、ほんのちょっとだけずれているパラレルワールド。そこに頭だけ突っ込んでし [続きを読む]
  • 【勉強の進捗】2017年8月 春スクと夏スクの結果が出た!
  • 春スクと夏スクの結果春スク 日本美術史 A夏スク 日本史概説 A少なくとも、試験を受け損ねた春スクの日本史概説のリベンジ(?)は果たせた模様。実は日本美術史はもしかしたらA+が取れるかも・・・と密かに期待していたのですが、現実はそう甘くなかったです。きっと第一問目の作品名・所蔵者・年代を記述するほうで足をひっぱたのでしょう。確実に間違えたところが二か所はあった気がする。。。何はともあれ、まだスクー [続きを読む]
  • 「ボストン美術館の至宝展」−東京都美術館
  • 東京都美術館で開催中の「ボストン美術館の至宝展」に行って来ました。 よくある著名美術館の名品を紹介・・・といった感じの展覧会を想像していました。確かにそういった面もありますが、今回は絵画のコレクター達が寄贈した作品が中心という、ちょっと違う視点からのコレクションというのもあって、なかなか興味深かったです。上野恩賜公園の夏の夕暮れ時。昼間の蒸し暑さそのままで、駅から美術館に向かって歩くだけで汗が流れ [続きを読む]
  • 2017年春メディアスクの結果
  • 春メディアスクで受講した「日本芸能史」の結果がでました。評価「B」中間リポートは、体調不良その他もろもろのため、結構ぎりぎりに提出して評価「C」だったことを考えると、最終リポートはがんばって良かった〜としみじみ思いました。いやいや、春夜間スクの試験対策も並行していたことを考えると、ホント良くやったかも。 鶴女の雑記帖 スク―リングが終わった!(1教科だけだけど)http://tsuruzyo-note.com/2017/07/sukue [続きを読む]
  • 日大通教と法政通教の違い(その2)
  • 春・夏とスクーリングもひと段落したので、このへんで日大通教と法政通教の「スクーリング」の違いなど書いてみようと思います。<外濠校舎4階から下を見たところ> スクーリングの開講頻度法政通教に比べて、日大通教のほうがスクーリング開講数は多いです。東京開催のスクーリングだけをピックアップして比較してみると下の表のような感じです。(日大通教は昨年度実績ですが、今年度も大きく変わることは無いと思いますのでご [続きを読む]
  • 「祈りのかたち 仏教美術入門」−出光美術館
  • 出光美術館で開催中の「祈りのかたち 仏教美術入門」を見てきました。今回の展覧会は、仏教信仰から生み出された仏教美術についての入門編として参考になりました。 帝劇ビル9階にある出光美術館へは、専用エレベーターに乗ります。ドアのデザインが素敵。 まずは「仏像・経典・仏具」など、祈りにかかせないものの展示から入り、「密教美術」「弥勒・普賢信仰の美術」「浄土教の美術」「禅宗の美術」とそれぞれの宗派による美 [続きを読む]