umi さん プロフィール

  •  
umiさん: 推理小説読んでみる?
ハンドル名umi さん
ブログタイトル推理小説読んでみる?
ブログURLhttp://kirakunimystery.hatenadiary.jp/
サイト紹介文初心者も楽しめるおすすめの推理小説や、読書がより楽しくなるアイテムなどもご紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 341日(平均1.6回/週) - 参加 2017/05/29 00:51

umi さんのブログ記事

  • ポジティブになりたいスーパーネガティブ野郎です
  • こんばんは〜。今日のお昼間は凄く暖かくて、少し暑いくらいの日差しがとても気持ち良かったですね。冬が苦手(夏も苦手)なもので、春が来ると嬉しくなります。ちなみに、今から書くことはすごくどうでもいい内容です。読まないと、なんてご無理をなさらないでくださいね…!!!笑前回もアッサリと国内ミステリ―を紹介した記事をなんとかかんとか投稿したのですが、実はその数日後、もう一記事ミステリ―無関係の投稿をしてい [続きを読む]
  • 【東野圭吾】『十字屋敷のピエロ』あらすじ紹介
  • 2018年初更新ということで今更ですが、あけましておめでとうざいます。今年もぼちぼちやっていくので、何卒よろしくお願いいたします(^-^)さて、久しぶりの更新、新しくあれこれ本を読む余裕がないので、ふと目についた東野圭吾の『十字屋敷のピエロ』を簡単に、ネタバレしないよう気をつけつつご紹介しようと思います。関係ない話ですが、ピエロってなんであんなに怖いのか、不気味なのか、、、。なんででしょうね(・・?十 [続きを読む]
  • 『陰摩羅鬼の瑕』のあらすじ&感想【京極夏彦】
  • 京極夏彦の<百鬼夜行シリーズ>『陰摩羅鬼の瑕』が読みたくなって、再読しました。めちゃくちゃ時間かかりました…。さすが鈍器の如き分厚さ。持ちにくいったらない…けどその分厚さが癖になる…_(:3」∠)_あ、タイトル読みづらいですが『おんもらきのきず』と読みます。久しぶりの更新!極力ネタバレしないよう気をつけつつ、あらすじと感想で『陰摩羅鬼の瑕』をご紹介します。あらすじ白樺湖畔にそびえる「鳥の館」の主、 [続きを読む]
  • 継続しては難しいけど、ちょこちょこ更新していきたい
  • なかなか落ち着かない毎日ですが、たまに本を読む時間もとれるようになりました。とれないことも多いのですが(´_ゝ`)それでもずっと放置していたくないですし、ほんとたまにでも良いから更新していこうかな〜と。需要あんのか?と問われれば「いや、ただの自己満足☆」としか答えられないようなブログですが(笑)いつか私が定期購読している方々のように人が読みたくなる文章を書けるようになったら嬉しいなぁなんて憧れな [続きを読む]
  • 久々の更新!なかなか片付かない我が家…。
  • 久しぶりの更新になりました。またも推理小説に関係ない記事になってしまいますが、引っ越しじゃなんじゃでバタついている毎日についてもこちゃこちゃ書きたくなりまして(;´∀`)最近、お引越しというなかなかビッグなイベントを終えました。終えましたと言っても、まだまだ片付かないなんとも混沌としたお家で過ごしています。引っ越す前から、「インテリアは好みのもので揃えたい」「以前より収納をスッキリと!」「少し広 [続きを読む]
  • しばらく更新をストップします(>_<)
  • しばらくブログを更新できなくなります(;_;)最近、あまり新しい記事も書けず、本も読めずにいました。理由は、時間の使い方が下手過ぎて…気が付いたら1日が終わっている…! - 推理小説読んでみる?というしょーもな記事でも書いたように、自分で時間を上手く使えずにいたせいなんですが(;´∀`)実はあれからいきなりお引越しが決ったりなんじゃして、やること盛りだくさんになってしまいまして。更に推理小説を読んだりブロ [続きを読む]
  • 時間の使い方が下手過ぎて…気が付いたら1日が終わっている…!
  • 今、私は本当に時間の使い方が下手だと実感しています。だからどうしたって話なんですけども、「推理小説の紹介をしていきたいな!うん!」と始めたブログだと言うのに、最近びっくりするくらい推理小説は読めていないし、毎日ブログを書く時間も足りてないし、そもそも自分のこと何もできてなくね…?という状態。ちょいと言い訳すると、実家暮らしではありますが、自分のこと以外にも、多忙な両親の代わりに家事もそこそこ [続きを読む]
  • 人間付き合いは苦手でも、やっぱり一人は寂しいもんです
  • 人間関係ってめんどくさい疲れる…でも一人では寂しいんだ!人付き合いは苦手でも、猫のように孤高を貫くことは私にはできそうにない…!どうも。ちょっと久しぶりの更新ですが、推理小説とは全くもって無関係であります。ただただ、人付き合いが苦手でへばっていた私の近況です(´_ゝ`)ここ数日、かなり久しぶりに外出して数少ない大切な友達に会ったりなんだしていて、タイトル通り「あぁ…人付き合いって凄く疲れる、でも [続きを読む]
  • ガストン・ルルー『黄色い部屋の謎』あらすじ&感想
  • 古典で本格密室もの!ガストン・ルルー『黄色い部屋の謎』って?今日は、古典で本格ミステリーで有名なガストン・ルルーの『黄色い部屋の謎』をあらすじや感想とご紹介していきます。『黄色い部屋の謎』、訳によっては『黄色い部屋の秘密』は、フランスのミステリー小説です。1908年に刊行されたものなので100年以上昔の作品ですが、今もなお読まれているだけあってやっぱり面白い。密室ミステリーとしても有名で、密室ミステ [続きを読む]
  • 【綾辻行人】の館シリーズ第五作!『時計館の殺人』感想
  • 綾辻行人の〈館シリーズ〉から『時計館の殺人』を感想と共にご紹介綾辻行人の〈館シリーズ〉の中でもお気に入りの、『時計館の殺人』をあらすじや感想とご紹介します。『十角館の殺人』も大好きなんですが、この『時計館の殺人』も、これぞミステリ―の王道!といった推理小説でとても好き。第四作までも一応ちょこちょこと順番にご紹介してきているので、未読なら見てやってください。『十角館の殺人』をご紹介している、衝 [続きを読む]
  • H ZETT Mさんのピアノを聴くのにはまっています
  • ピアノマジシャン・H ZETT Mさんをご存知ですか?私はほとんどピアノ弾けないんですけど!楽器を演奏できるって憧れませんか。そんで最近はH ZETT Mさんというピアノものすんごい方のピアノにはまってまして、カタカタとパソコンのキーボードを叩いている間にかけてまして。?H ZETT M Official HomePage青い鼻のまるでピエロのようなそんなお茶目な風貌で、かつて侍ジャズバンドPE'Zで活躍していたヒイズミマサユ機や、東京事 [続きを読む]
  • 酷い肩こり!解消したい!
  • 肩こりが酷過ぎて読書もパソコンもきつい…もともと姿勢が悪く筋力不足の私は最近特に肩こりが酷いことになっております。まるで石のようにガチガチでしんどいったらありゃしない。(注:この記事は特に肩こりについて詳しくお悩み解決してるものではありません。私の肩こりが酷いので、原因調べただけの記事です。目を酷使すると肩こりが悪化するので、よほど暇か、肩こらない健康優良児のあなたはどうぞ暇つぶしてみて('ω')ノ) [続きを読む]
  • 映画『ソロモンの偽証』観ました あらすじ&感想
  • 宮部みゆき原作の『ソロモンの偽証』をぶっ通しで観ました宮部みゆきの『ソロモンの偽証』を読んでいないんですが、映画を先に観てしまいました。昨日、夜中にやっていたので2度目の鑑賞になりました。まだ映画しか観ていないからこそ感じた映画の感想を含めてご紹介したいと思います。結論的には、面白かったけど、やっぱりいろいろ描写が足りないんだろうな〜という感じが…。2度目ですが、やはりその感じがぬぐえませんでし [続きを読む]
  • 有栖川有栖『ロシア紅茶の謎』火村×アリスが活躍します
  • 火村×アリスが活躍する『ロシア紅茶の謎』あらすじ&感想人に貸していた有栖川有栖の『ロシア紅茶の謎』が返ってきましたので、今日はこちらを。火村英生と作家アリスが活躍する短編ミステリ―『ロシア紅茶の謎』をご紹介します。最近、眼精疲労のせいだと思われる頭痛が酷い私ですが、負けずにパソコンに向います。原因は、”スマホでネットサーフィンし過ぎ”だと思います。パソコンもスマホも、ほどほどにした方が良いです [続きを読む]
  • 綾辻行人〈館シリーズ〉以外のおすすめ!『霧越邸殺人事件』
  • 綾辻作品のおすすめは〈館シリーズ〉だけじゃない!”綾辻行人”と聞けば、あなたは何を思い浮かべますか?かなりの方が、叙述トリックを使ったミステリ―や、〈館シリーズ〉をイメージするのではないかと思います。勝手にそう思っています。kirakunimystery.hatenadiary.jp実際、綾辻行人の〈館シリーズ〉はめっちゃ面白い。好きです。続いていた読書離れ生活から、私を一瞬にして引き戻したシリーズでもあります。衝撃の一 [続きを読む]