硲 博則 さん プロフィール

  •  
硲 博則さん: 硲 博則のブログ
ハンドル名硲 博則 さん
ブログタイトル硲 博則のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/ryuka0816/
サイト紹介文日頃思ったことを、簡潔に、詩のような形で載せています。
自由文日常思ったこと、感じたことを呟いていきます。私のつぶやきはつまらないかもしれません。ただ、少しでも、一度でも見て頂けると嬉しいです。 https://www.facebook.com/sakopage(facebook)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 149日(平均6.8回/週) - 参加 2017/05/29 16:54

硲 博則 さんのブログ記事

  • 落ち葉が端に
  • 落ち葉が端に集まって。ただ風に吹かれて端に寄っただけかもしれない。でも僕には、落ち葉たちが意志を持って集まったように見えた。お互いが離れないように、手をつなぎ合って。寒さに凍えないように、孤独に凍てつかないように。身を寄せ合っている姿が、とてもかわいらしく見えた。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • 茂っていた葉が
  • 茂っていた葉が、空が見えるほどに疎らになっている。次の世代に繋ぐために、今は一旦小休止。冷たい風にさらされて、それでも樹は揺るがない。いつかはまた茂ることを知っているから。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • 空を見る
  • 空を見る。一人で見る空もいいけれど。誰かと一緒に見る空は、もっと見え方が違うかもしれない。実際に隣にいなくてもいい。ただ空を見ていてくれれば、それでいい。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • 雨粒とともにある
  • 雨粒とともにある赤い花。水も滴るいい女、ならぬ、いいお花。女性でも花でも、濡れていると、より魅力的になるのはなぜだろう。その肌に、花弁に触れたくなるのはなぜだろう。でも僕には触れるような度胸はない。遠くから見ていることしかできない。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • 錆ついて
  • 錆ついて捨て置かれている。かつては必要であり、使われていたもの。新しいものと取り替えられ、役割を終えた。捨て置かれて、かつての自分と同じ役割を果たすものを見て。どんな思いだろう。それは今日も静かに佇んでいる。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • 雨の中の蕾
  • 雨の中の蕾。雨粒を受けて、蕾も寒そう。これだと、まだ花開かないかもしれない。固く閉じられた蕾は、いつ開くのだろう。寒さに耐えている姿を見ながら、近いうちに開くだろう、花の姿を想う。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • 壁を雨が濡らす
  • 壁を雨が濡らす。乾いているときは見えないものも、雨が浮かび上がらせる。濡れることは、普段隠しているものを透けて見せてくれる。見せたくないもの。見たくないもの。雨が降っているときにだけ、見えるもの。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • 景色は一つだけじゃ
  • 景色は一つだけじゃない。路面に映った影も、一つの景色。乾いた景色を、少しだけ潤してくれる。形を変えて、色を変えて。景色は今日も移り変わる。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • 紫の葉に
  • 紫の葉に白い花。普段見慣れない色に思わず立ち止まった。どんな色でも、懸命に咲いている。周りには仲間はいない。姿見えず仲間、どこかで同じように咲いている仲間とともに。葉を茂らせ、咲いている。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • 日が路面を
  • 日が路面を照らす。路面にできる光と影。その光と影を踏みしめていく。僕の中にも、光と影がある。同じように、踏みしめていく。光に魅入られ過ぎないように。影に怯え過ぎないように。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • 花は一輪だけじゃ
  • 花は一輪だけじゃない。同じ場所でたくさん花開くこともあれば、違う場所で花開くこともある。この花が今、どこかで同じように咲いている。ここと同じように、風に揺られながら。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • 実りの季節
  • 実りの季節。これから、たくさんの果実が実るんだろう。それは人も同じ。人は秋だけでなく、いつでも。いつでも実をつけることができる。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • 目覚めたとき
  • 目覚めたとき、少し震えていた。肌寒かったのか。それとも心細かったのか。僕はガスコンロに火をつけた。部屋の中が少し温まる。今日も温まるために、街へ出ていく。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • 壁の隙間から
  • 壁の隙間から、緑が見える。どうやって根付いたのか。これからどうなるのか。更に茂っていくのか。それとも枯れ落ちてしまうのか。秋にしては温かい風が吹き抜けていった。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • どうして空の
  • どうして空の写真を撮るんだろう。空には雲しかないから。余計なものがないから。僕は余計なものをたくさん背負っているからだろうか。捨てる強さも、耐える強さもないから。空を見上げるんだろう。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • かつては
  • かつては見上げていた葉。今は足元に枯れ落ちて、見下ろしている。いつも変わらないものはない。いい時も、悪い時も。二つの間を行き来する。今はどうだろう。どちらにしても、一喜一憂する必要はない。物事は移り変わっていくから。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • 同じように見える
  • 同じように見える路面。それでも、わずかに違いがある。雨上がりの湿った路面。暑さにさらされた乾いた路面。柔らかい路面や固い路面。波打った路面や凪いでいる路面。変わるはずのない路面が、毎日違う顔を見せる。それを足裏に感じながら、生き物も機械も、毎日を生きている。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • 夜の空にも
  • 夜の空にも雲はある。白い雲のはずが。夜の暗闇の中では、灰色に見える。雲自体は変わらないのに。人の見方も当てにならないものだ。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • 止めようと思っても
  • 止めようと思っても、止められない。今が続いてほしいと思っても、時は流れていく。もし自分の幸せだった時間だけを生きられたら。でもそれだと、幸せということを実感できないかもしれない。不幸せがあるからこその幸せだから。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • 夜空を見上げて。
  • 夜空を見上げて。大きな灯りが目に入ってきた。人口の灯りだけれど。真っ暗な夜の中では、ただ灯りがあること。それがどれだけ心の支えになるか。今夜も、灯りを探すだろう。どんな小さな灯りでも、その灯りは大切なもの。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • 緑の絨毯
  • 緑の絨毯。そこには、アスファルトとは違う感触がある。固く跳ね返す感触ではなく、柔らかく受け止めてくれる感触。アスファルトもなくてはならないものだけれど、この柔らかさも忘れたくない。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • どんな場所にでも
  • どんな場所にでも緑は芽吹く。こんなところにも。緑は当たり前のように、どこでも目に入る。その”当たり前”は、”当たり前”ではないかもしれない。もう少しだけ、この緑を見ていたい。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • 気持ちをリセット
  • 気持ちをリセットしたい。一日の始まり、週の始まり。昨日までの自分をゼロにして。ゼロからまた積み上げていく。ゼロになることは悪いことじゃない。嫌なこともゼロにできるのだから。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • 夜の風景
  • 夜の風景。暗がりに見えるのは、何?わずかな明かりの下に、かすかに見えるのは。僕は目を凝らす。一瞬見えた気がして、わかった気になるけれど。やっぱりわからない。もう一度見たくて、僕は目を凝らし続ける。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]
  • ガードレールの裏側
  • ガードレールの裏側。人を守るために作られたものなのに、ひどく心細さを感じる。人はガードレールから守られる。ガードレールは誰から守られるのだろう。へこんでも、折れ曲がっても。立ち続けるその姿。ガードレールが無くてもよくなるように。そんな道路ができればいいと思った。デビューを果たした仲間たちです。ぜひご覧ください!※オリジナル曲を作りました。ぜひ、お聴きください! [続きを読む]